ダッチオーブンといえばユニフレーム!シーズニングは必要?

キャンプなどのアウトドアで、ダッチオーブンを持参する方が増えてきています。

ダッチオーブンには多くのメーカーのものがありますが、オススメの1つにユニフレームのダッチオーブンが挙げられます。

ここではユニフレームのダッチオーブンの魅力についてと、使いはじめる前にシーズニングは必要なのかについてお話をしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプもおしゃれに楽しむ!男女別服のコーデ例をご紹介!

いざ、親しい仲間でキャンプに行くことが決まった際に、どんな服を着ていけばいいのか悩みませんか。...

キャンプでおしゃれに差がつく小物アイデアをご紹介!

アウトドアで定番のキャンプは、毎年流行を変えて進化し続けています。その中でも、おしゃれな小物...

ペトロマックスhk500を使いこなす!炎上時の対処法とは

灯油を燃料とするペトロマックスのランタン・hk500は、独特の揺らぎのある灯りが特徴です。2...

一度は食べたいキャンプのご飯とソロキャンの醍醐味を伝授!

キャンプといえば、家族や仲間内で行くというイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし、最近で...

バーベキューの差し入れに!夏と秋に適した嬉しい物とは?

バーベキューにお呼ばれした時、手ぶらで参加するのは気が引けます。そんな時には、みんなに喜ばれ...

SOTOのバーナーとイワタニプリムスならどっちを選ぶ?

登山やキャンプで使用するガスバーナーは色々なメーカーから発売されていますが、どれを選んだらよいの...

初めてでも美味しく!SOTOの燻製器の使い方と簡単レシピ

キャンプの華、アウトドア料理。多彩なメニューの中に『燻製料理』があります。「やってみたい...

モンベルのクッカー13は使いやすい?数字の意味はなに?

キャンプや登山で調理をする時に必要となるクッカーですが、モンベルのクッカーの使い勝手はどうなので...

これで長持ち!スノーピーク「まな板セット」のお手入れ方法

洗練されたデザインと、品質の高さが人気のアウトドアメーカー「スノーピーク」。そんなスノーピーク...

モンベルのエアマットの空気の入れ方は?使える空気入れは?

テント泊であっても車中泊であっても、快適な眠りは誰しもが追求したいものです。そのようなユーザー...

キャンプファイヤーでおすすめのゲーム!幼稚園・保育園児に

キャンプのメインイベントと言えば、キャンプファイヤーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。...

スキレットのサビは食べたら体に悪い影響があるのか?

アウトドア用の調理器具として大活躍のスキレット、これを使うと普通のお肉も格別に美味しく感じますよ...

コールマンのガスランタンは野営に良し!マントル交換の方法

キャンプなどのアウトドアで使う照明と言えば、ガスランタンがあります。しかし、ガスランタン...

コールマンのランタンが不調?ジェネレーター交換が必要かも

コールマンのガソリンランタンは、アウトドア活動で頼りになる光源であることから、多くの人に愛用され...

飯盒炊爨?飯盒炊飯?その違いを徹底解説!

みんなでキャンプを楽む時は、野菜切り係や火の準備の係やテントを張る係などそれぞれ分担しますね。...

スポンサーリンク

ユニフレームダッチオーブンの特徴とは?

アウトドアアイテムの1つにも挙がる、ダッチオーブン。

多くのメーカーがあるなかで、人気の1つにユニフレームのものが挙げられます。

このユニフレームのダッチオーブンには、どのような特徴があるのかをまずはみてみましょう。

1番の特徴は、「黒皮鉄板」の素材で作られていることです。

「黒皮」とは、製造工程のなかで、鉄を約1200度もの高温で加熱することで、表面が酸化変質を起こして発生する酸化皮膜のことをいうのです。

そして、これを1枚の鉄板にし、鍋状にプレスして成型したものが、ユニフレームのダッチオーブンになります。

ダッチオーブンの多くは、黒い鋳鉄製で作られています。

この場合のダッチオーブンは、鋳物素材を溶かして型に流し入れて、成型しているのです。

ユニフレームのものは、素材も違えば製造工程も違いますので、ほかのダッチオーブンにはない魅力がつまっています。

その魅力の1つにお手入れが簡単なこともあるのですが、シーズニング以外にもダッチオーブンには大切なお手入れがありますね。

そのお手入れが、鋳鉄製のダッチオーブンよりも簡単にできるのです。

そういった魅力の部分を、次の項でみていきましょう。

ユニフレームダッチオーブンの魅力を知ろう!

ユニフレームのダッチオーブンの1番の特徴に、「黒皮鉄板」であることをお話ししましたね。

「黒皮鉄板」であることで、どのような魅力が生まれているのかをここでお話しします。

先ほども少しお話に出ましたが、「お手入れが簡単」ということがまず挙げられます。

黒皮という素材そのものが、酸化変質を起こした皮膜となっているため、洗剤や金たわしでゴシゴシ洗っても傷つきにくいのです。

また、使用したあとのお手入れは、洗剤でダッチオーブンを洗って乾かし、油を塗ってコーティングすれば終了です。

鋳鉄製のダッチオーブンの場合は、より焦げにくく、より使いやすくするために、使用したあとに油を染み込ませる作業をしなくてはなりません。

そのため、使用したあとに洗剤で洗うことはできないのです。

油を染み込ませるのに時間がかかってしまいますので、使用したあとの労力もかなりかかってしまいます。

それに比べて、ユニフレームのものでしたら簡単で、時間もあまりかけずにお手入れができますから、魅力の1つといっても良いのではないでしょうか。

ほかにも、サビにくいといった魅力も挙げられます。

酸化皮膜である黒皮が、ダッチオーブンの表面を保護する役割をしているので、赤サビが発生しにくくなっています。

ただし、決してサビないというわけではないので、使用したあとはお手入れを行うことを忘れずにしてくださいね。

さらに、頑丈であることも魅力の1つですね。

1枚の鉄板をプレスして成形しているので、強い衝撃だったり急激な温度の変化が起こっても、割れにくくなっているのです。

例えば、鋳鉄製のダッチオーブンの場合、高温のダッチオーブンのなかに冷たい水を入れると、急激な温度変化によって破損してしまう恐れがあります。

しかし、ユニフレームは製造工程により、急な温度の変化にもついていけて、うっかり落としたとしても割れにくくできているのです。

このような魅力がいっぱいありますので、ユニフレームのダッチオーブンは、多くのメーカーのなかでも人気の1つになっているのです。

では、ほかのダッチオーブンと素材などが違うユニフレームのダッチオーブンは、ほかのものでも行われるシーズニングは必要なのでしょうか。

つぎでみていきましょう。

ユニフレームダッチオーブンにシーズニングは必要?

ユニフレームのダッチオーブンは、ほかのダッチオーブンとは違う素材、違う製造工程によって、違う魅力が引き出されています。

それでは、ほかのダッチオーブンが行っているシーズニングについてはどうなのでしょうか。

シーズニングは、時間がかかる作業でもあるので、回避できるのであればしたいところです。

しかし、ユニフレームのダッチオーブンであっても、シーズニングは必要といえるでしょう。

購入し使いはじめる前には、行っておいたほうが良いですね。

なぜなら、購入したてのユニフレームのダッチオーブンには、「クリアラッカー」というサビ予防のためのワックスが塗られているのです。

シーズニングを行わずに使ってしまうと、せっかく作った料理がワックスの臭いがついてしまい、台なしになってしまうこともあり得ます。

美味しい料理をキャンプなどで味わうためにも、シーズニングは行っておくようにしましょう。

ユニフレームダッチオーブンのシーズニング方法!①

ユニフレームのダッチオーブンもほかのものと同様、シーズニングが必要といえますので、ここではシーズニングの方法をご説明していきます。

シーズニングを行ううえで準備するものは、以下のとおりです。

●食用油(できればオリーブオイル)
●野菜くず(キャベツの芯や大根の葉っぱ、野菜の皮など)
●キッチンペーパー

用意したら、早速シーズニングをはじめましょう。

【1】本体とふたを空焼き

ふたにもクリアラッカーがついていますので、ふたも一緒に行いましょう。

15分くらい経つと、クリアラッカーが焼けはじめて煙も出てきます。

【2】クリアラッカーが焼けるまで空焼き

煙が出なくなったときが、クリアラッカーが焼けきったサインです。

きちんと焼き切られると、ダッチオーブンには艶がなくなり、黒皮鉄板の色が強調されてきます。

【3】本体に油を薄く塗り、野菜くずを炒める

これにより、鉄臭さを取り除く効果が期待できます。

ニンニクがあれば、野菜くずと一緒に炒めると、鉄の臭いを取り除きやすいですよ。

ユニフレームダッチオーブンのシーズニング方法!②

引き続き、こちらでもユニフレームのダッチオーブンのシーズニング方法をご説明していきます。

【4】野菜をしっかり炒めたら火を止めて冷ます

炒めた野菜は処分するようにしましょう。

【5】熱がある程度なくなったら、洗剤で洗う

いつも使用している洗剤で問題ありませんので、軽く洗いましょう。

ふたも一緒に洗ってください。

【6】洗い終えたら、よく乾燥させる

ダッチオーブンから水分がなくなるまで、よく乾かしてください。

【7】乾燥したあとは、オリーブオイルなどの油でコーティング

油をキッチンペーパーで薄く敷き、コーティングすればシーズニング終了です。

シーズニングを終えると、ダッチオーブンにまた艶が出てきますよ。

空焼きで時間がかかってしまいますが、キャンプに行ったときでもできますので、料理の前に行うようにしてくださいね。

シーズニング後は早速料理を!オススメレシピをご紹介

ユニフレームのダッチオーブンにシーズニングを行い終えたら、早速料理をしてみましょう。

ここでは、キャンプにオススメのレシピ、「ローストビーフ」をご紹介していきます。

【材料】

●牛ロース肉…ブロック2kg~3kg
●塩コショウ…適量
●オリーブオイル…適量

【作り方】

1、牛肉は常温に戻しておき、塩コショウで下味をつけておきましょう。

2、熱したダッチオーブンに、オリーブオイルを敷いて牛肉を焼きます。

このとき、牛ロース肉の表面に焼き色がつくくらいまで焼くようにしてください。

3、表面に焼き色がついたら、肉を一度取り出します。

4、ダッチオーブンに底網を敷き、再度牛肉をダッチオーブンのなかに入れて、底網の上にのせます。

5、ふたをして、ふたの上にも炭を置いてローストします。

このとき、下火は中火~弱火に設定しましょう。

だいたい30分~40分程度加熱していきます。

6、竹串などで牛肉を刺し、焼き加減を確認します。

それぞれ好みがあると思いますので、自分の好みの焼け具合になったら下火を止めましょう。

そして、ふたの上の炭も取り除いてください。

7、ダッチオーブンから肉を取り出し、アルミホイルに包みます。

この状態で15~20分程度置いておけば完成です。

家族や友人など、キャンプに参加したメンバーみんなで、ダッチオーブンで手作りしたローストビーフを味わってみてはいかがでしょう。

キャンプにユニフレームダッチオーブンを持って行こう!

鋳鉄製にはない魅力を持つ、ユニフレームのダッチオーブン。

今までダッチオーブンを使ったことがない方であれば、なおさらユニフレームのものをオススメします。

1番面倒といえるお手入れも簡単に早くできますので、ぜひこの機会に使いはじめてみてはいかがでしょう。

そして、キャンプに行く際はぜひこのダッチオーブンを持参し、作った料理をみんなで楽しんでくださいね。