キャンプでトランギアのメスティンを使おう!使い方をご紹介

キャンプで使う道具は色々ありますが、キャンプでの調理器具として、「トランギアのメスティン」に人気があります。

飯盒としても使えますが、それ以外にもさまざまな用途があり、便利ですよ。

ここでは、トランギアのメスティンの使い方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気アウトドアメーカー【スノーピーク】のバーナーの使い方

キャンプなどのアウトドア用品メーカーとして、多くのアウトドアファンから人気があるのが、スノーピー...

ダナーのブーツは日本人でもサイズ感は合う?

「ダナー」はアメリカの老舗ブーツブランドです。「アメリカのもの」、「ミリタリーだから」大きめに...

サーモスのイージースモーカーで作るおすすめ燻製レシピ!

サーモス(Thermos)と聞くと水筒のイメージが強いと思いますが、サーモスから水筒の真空断熱技...

飯盒を使ったご飯の上手な炊き方!カセットコンロを活用!

アウトドアの上級者といったら飯盒(はんごう)炊飯ですよね。意外と難しく、初心者はべちゃべちゃの...

大人気ブランドモンベルのツオロミーブーツ!その評判とは?

近年、アウトドアに出掛ける人が増加しています。アウトドアにでかける時に、重要な物の一つが靴で...

七輪でバーベキューを楽しむコツをブログから学ぼう!

バーベキューをするとなると、バーベキューコンロが主流になっていますが、昔ながらの七輪を使うという...

トレッキングポールの正しい使い方!ウォーキング時に活躍!

皆さん、運動をしていますか?最近の健康志向から、仕事終わりや休みの日に汗を流している方も増えて...

日本百名山を登ろう!初心者向け難易度おすすめランキング

山登りはレジャーとして昔から人気があります。適度な運動をしながら、綺麗な山の景色を眺めると気...

コールマンのポップアップシェードは設営もしまい方も簡単!

キャンプやピクニック、海などに行くと、日陰で休む場所が欲しくなりますよね。強い日差しの中、大...

サロモンのブーツはフィット感抜群!履き方も簡単でオススメ

ウィンタースポーツをする人であれば、サロモンのアイテムを購入したことがある、もしくは購入を検討し...

スノーピークのシュラフ「SS」を例にして選び方を考えよう

キャンプやアウトドアで必要なもののひとつであるシュラフ。アウトドア初心者はどのようなものを選...

人気ブランドスノーピークのコット!ブログでのおすすめは?

キャンプをより快適にするためのアイテム「コット」をご存知でしょうか。コットは簡易ベッドやベン...

キャンプは冬でも楽しめる!ブログの体験談から学べること

キャンプと聞くと、夏の暑い時期に行うもの、というイメージがあるかと思います。しかし、寒い冬時期...

バーベキューをお手軽コンロ感覚で!イワタニ・グリルスター

バーベキューといえば夏の風物詩です。家族や仲間で集まって屋外で食べるお肉や野菜は、一味違った...

サーモスジャーで作る便利なレシピやスープをご紹介!

サーモスといえば、断熱容器で有名です。以前までは、断熱といえば保冷のみで、主に水筒などでその...

スポンサーリンク

メスティンの使い方の前に知りたい!トランギアとは?

トランギアとは、スウェーデンにあるトランギア社のブランド名です。

John E.Jonssonによって1925年に創業されました。

昔から愛されている商品にストームクッカーがありますが、使い方が簡単で、コンパクトにできる特徴があります。

また、メスティンのようなアルミ製の調理器具を作っていることでも有名です。

初めは家庭用の調理器具を作っていましたが、そのうちキャンプ料理のための製品に力を入れるようになりました。

名前の由来は、スウェーデンの中心部にある街・トラングズヴィッケンからきています。

デザインは、スウェーデンらしくシンプルでありながらモダンさがあります。

「トランギアといえば、ストームクッカー」といっても過言ではないほどですが、このストームクッカーは何十年もの間、開発や改良を続けてきました。

そして、製造は今でもスウェーデンの村で行われているというこだわりです。

創設者の思想やスウェーデンの誇りも感じられるトランギア製品、一度使ってみたいものですね。

トランギアのメスティンの特徴

トランギアのメスティンの良さは、「熱伝導のよさ」・「コンパクト」・「用途の多さ」にあります。

トランギアのメスティンは、アルミ製で熱伝導がよく、熱をメスティン全体に伝えることができます。

ご飯が美味しく炊けることはもちろんですが、お湯を沸かしたり、他の料理を作ったりといろいろな使い方を楽しむことができるのです。

形状は、長方形のお弁当箱のようで、サイドに折りたたみ可能なハンドルがついています。

重さも軽量のため、何かと荷物が多くなってしまうアウトドアには助かりますね。

次に、メスティンの大きさですが、2種類のタイプがあります。

お米が3.5合炊けるタイプと、1.8合炊けるタイプです。

大きいメスティンは家族連れに、小さいメスティンはソロキャンプに使うといいですよ。

また、大きいメスティンの中に小さいメスティンを入れることも可能ですので、両方持っていても「コンパクト」になり、かさばりません。

二つあれば、一つは炊飯に、もう一つは汁物やおかず作りに使うこともできます。

アルミ製で焦げやすいという難点がありますが、メスティンにテフロン加工を施すことで解決することもできます。

料理を焦がす心配もなくなり、キャンプでの料理の幅が広がりますね。

トランギアのメスティンを使う前にしてほしいこと!

トランギアのメスティンを購入後にしてほしい作業がありますので、ここでお話ししていきます。

〇バリ取り

まず、メスティンのふちを触ってみてください。

所々にギザギザを感じる場所があるかもしれません。

そのまま使用することもできますが、使い方によっては指にケガをする恐れがあります。

ですから、そのギザギザをとるために、「バリ取り」という作業を行ってください。

作業は簡単で、紙やすりを用意し、ふちのギザギザがとれるまで研磨するだけです。

メスティン本体に傷がつかないようにするためには、紙やすりの目が細かいものを使ってください。

〇シーズニング

買ったばかりのアルミ臭が気になる場合や、黒ずみを予防するために行います。

シーズニングには、米のとぎ汁を使います。

メスティンが入る鍋に米のとぎ汁を入れ沸かします。

15分くらい煮込めばOKです。

バリ取りとシーズニングは使う前に1回やればいいですので、少し面倒に思いますが、後々ケガをすることを防いだり、お手入れも楽になりますので、やっておくことをおすすめします。

トランギアのメスティンに合わせて使おう!おすすめアイテム

トランギアのメスティンで料理するためには火が必要になりますので、ここでは、火を使うアイテムをご紹介していきます。

〇トランギア アルコールバーナー

メスティンだけでなく、アルコールバーナーもトランギアで揃えたい方におすすめです。

使い方は、アルコールを注いで点火するだけといった簡単なものです。

また、火力調整が可能で、壊れにくいといった特徴もあります。

さらに、トランギア製品の特徴でもある、軽くコンパクトに作られているため、持ち運びに便利です。

〇エスピット ポケットストーブ

ドイツ製のポケットストーブで、コンパクトに折りたたむことができ、便利です。

また、エスビットの固形燃料を使えば、強い火力が得られ、色々な料理ができるようになります。

〇風防

キャンプは野外のため、火を使う場合、風に気を使います。

風防があれば、風を防ぐことができ、燃焼力をキープすることができます。

〇網

網があれば、シュウマイなどの蒸し料理がキャンプでも可能になります。

トランギアのメスティンおすすめの使い方!炊飯

トランギアのメスティンの使い方で、まず試していただきたいのは、「炊飯」です。

炊飯というと、焦がさないか心配になりますが、意外と失敗が少なく、美味しく炊くことができます。

【炊飯の仕方】

①お米と水を1:1.3で用意してください。

②蓋をして強火にかけます。

③蒸気が出てきたら、一度蓋を取ります。

④再び蓋をして火にかけ、蓋が取れないよう石など重しを置きます。

⑤蒸気がでてきたら弱火にし、10分待ちます。

⑥蒸気の音がなくなり、パチパチ音がしてきたら火から下ろします。

⑦タオルなどでメスティンをくるんだら、裏返して10分蒸らします。

初心者でも簡単に炊飯できますので、メスティンで最初に作る料理としておすすめします。

炊く前に、30分から1時間ほどお米に水をつけたり、火から下ろして蒸らすことによって、ふっくらとしたご飯ができあがります。

トランギアのメスティン使い方は炊飯だけじゃない!

トランギアのメスティンの使い方として、おすすめなのは炊飯だけでなく、他の料理でも十分活用することができます。

スープ系の料理もメスティンで簡単に作ることができるのです。

例えば、インスタントラーメンであれば、お湯とラーメンを入れて煮込むだけです。

寒い時期のキャンプなどには温かい料理は嬉しいですよね。

ポトフも、玉ねぎやジャガイモなどの野菜とソーセージを入れ、スープで煮込むだけで完成します。

また、網を使えば、シュウマイや肉まんなども手軽に楽しむことができます。

他に、一見難しいように感じるパスタなども、早ゆでのパスタやトマトの缶詰を使えば、簡単にトマト系パスタを作ることもできるのです。

調理器具としては、フライパンや鍋としても使用でき、蓋はお皿にすることも可能で無駄がありません。

炊飯だけでなく、おかずも一緒に作ることができ、コンパクトで熱伝導がよいトランギアのメスティン、一度手に入れてその良さを味わってみてください。

メスティンの用途はいろいろ!

メスティンで炊飯できるのはもちろんですが、用途はさまざまであり、工夫次第でいろいろな料理を楽しむことができます。

購入してからバリ取りやシーズニングなどの手間がありますが、後々のことを考えると必要な作業ですので、必ず行ってください。

形がコンパクトで熱伝導もいいですから、キャンプでの愛好家が増えているのもうなづけますね。

この記事を参考に、自分なりのアレンジでメスティンを活用してみてください。