非常時の心強い味方!モンベルツェルトの魅力と張り方

日本のアウトドアメーカーとして人気の高いモンベルは、テントやタープなど様々なアウトドア用品を取り扱っています。

この記事では、その中から非常時などに大活躍してくれる「ツェルト」の魅力や張り方などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキュー初心者必見!おすすめのアイテムなどをご紹介!

「バーベキューに挑戦したい!」と思っても、どんなアイテムから揃えたらいいか迷ってしまう方も多いよ...

マントルの交換と空焼き方法!毎回する必要があるの?

みなさんは、マントルを使用したランタンを使用したことがありますか?マントルを使用したランタン...

ロゴスの福袋の中身が気になる?福袋の中身を一部ご紹介!

福袋といえば、たくさんの商品が詰まった大きな袋を想像する人が多いと思います。しかしながら、ロ...

人気ブランドモンベルのカッパ!気になるその洗濯方法とは?

「山の天気は変わりやすい」とよく言われます。登山やアウトドアに出掛ける時、持っていく必要があ...

サーモスのイージースモーカーで作るおすすめ燻製レシピ!

サーモス(Thermos)と聞くと水筒のイメージが強いと思いますが、サーモスから水筒の真空断熱技...

タープ泊にはスノーピークのペンタとポンタどっちが良い?

ソロキャンプにタープが必要か悩んでいませんか。それであればいっそのこと、テントをなくしてター...

バーベキューでお手軽燻製!ダンボール燻製器を作ってみよう

バーベキューで食べるお肉や野菜は、屋外で食べることもあってかおいしく感じますよね。年中バーベ...

夏のキャンプで事故が起きる?知っておくべき川遊びの心得!

ほとんどの方は、夏にキャンプに行くという方が多いですよね。川の近くのキャンプ場で、川遊びをす...

釣り道具を買うなら実店舗?ネット?店選びのアドバイス!

「釣り道具を購入したいけれど、どこのお店で購入しよう?」そう迷っているという方に、おすすめの...

初心者にはモンベルのカヤックがおすすめ?評判はどう?

カヤックの購入を検討しているという方は、モンベルのカヤックを候補に入れてみてはいかがでしょうか。...

バーベキューに使用される肉の種類と調理方法をご紹介!

バーベキューと言えば肉料理が美味しいですよね。生肉や味付け肉、焼き鳥などの串焼きから加工肉ま...

キャンプファイヤーでおすすめのゲーム!幼稚園・保育園児に

キャンプのメインイベントと言えば、キャンプファイヤーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。...

カヤックを安全に運ぶためのキャリアの使用と積み方

カヤックは、船舶免許を取得する必要もなく気軽に入門できて大自然を満喫できることから非常に人気が高ま...

ヒルバーグのソウロでキャンプへ行こう!2人でも使える?

キャンプは、ソロキャンプやファミリーキャンプ、グループキャンプなどに分かれますね。行く人数に...

プリムスは火器だけでなくクッカーも!ライテックをご紹介!

「プリムスといえば、ガスバーナー!」と答える方も多いのではないでしょうか。そのくらいキャンプ...

スポンサーリンク

モンベル『ツェルト』の特徴や魅力は?

モンベルといえば、テントをはじめタープや登山用品などを取り扱う日本のアウトドアメーカーとして人気があります。

また、モンベルは「アウトドア義援隊」という災害地支援などを行っているのも有名です。

まずは、そんなモンベルの「ツェルト」の特徴についてご紹介していきます。

〇ツェルトとは?

「ツェルト」は、登山やツーリングなどで思いがけず宿泊することになってしまった時や、軽量な荷物で宿泊したい時などに大活躍してくれます。

見た目はテントのようですがテントとは少し違い、ビバーグテントとも呼ばれています。

〇特徴と魅力

・とにかく軽量化されていてコンパクトに収納出来る

・張り方が簡単で非常時にすぐ使える

・豊富なラインナップから自分に合ったものを選べる 

モンベル「ツェルト」には、このような特徴や魅力があります。

次は、そんな「ツェルト」のラインナップについてご紹介していきます。 

張り方簡単!モンベル『ツェルト』のラインナップ

ここからは、モンベル「ツェルト」のラインナップについてご紹介します。

〇ライトツェルト

「ツェルト」のスタンダードモデルなのがこの「ライトツェルト」です。

入口部分は、出入りしやすいようにジッパーが延長されていて、入口の下部にはポールを固定させるためにループ状になっています。

また、張り方も簡単なので、非常時にすぐ使えます。

・重さ 430g

・収容人数 1~2人

・収納サイズ 10cm×19cm

・素材 30デニール ナイロン リップストップ

〇U.L.ツェルト

「ライトツェルト」をさらに軽量にして、非常時に使えるように常に持ち運べる大きさにしたのが、この「U.L.ツェルト」です。

「ライトツェルト」と同様に出入りがしやすいように設計されています。

また、通気性の良い素材を使用しているので結露が起こりにくいのも特徴です。

・重さ 230g

・収容人数 1人

・素材 10デニール バリスティック エアライトナイロン

〇GORE-TEX ライトツェルト

通気性抜群の素材を使用した高性能ツェルトです。

結露を最小限に抑えつつ雨や雪も防げるので、非常時でも快適に過ごせます。

・重さ 730g

・収容人数 1人~2人

・収納サイズ 10cm×24cm

・素材 ゴアテックス 3レイヤー

モンベル「ツェルト」は、このようなラインナップから自分にピッタリのものを選ぶことが出来ます。

モンベル『ツェルト』の張り方

ここからは、モンベル「ツェルト」の実際の張り方についてご紹介していきます。

ここでは、「ライトツェルト」をトレッキングポールを使って張りたいと思います。

①まずは、本体の四隅をペグダウンまたは、石などの重しで固定して下さい。

②ベンチレーターのループ部分をトレッキングポールに引っ掛けます。

③張り綱の真ん中部分にループを作り、そのループもトレッキングポールに引っ掛けて下さい。

④張り綱の端の部分をペグダウンまたは、石などの重しで固定して、本体の張り具合を調整したら完成です。

張り綱の先端を石などでしっかりと補強して固定しておけば、強風対策にもなります。

慣れてしまえば5分ほどで張ることが出来るくらい簡単なので、緊急時にすぐに対応出来るように普段から練習しておくことをオススメします。

モンベル『ツェルト』の張り方のアレンジ

先ほどは、モンベル「ツェルト」をトレッキングポールを使った張り方をご紹介しましたが、トレッキングポール以外でも張ることが可能です。

緊急時にそこにあるもので張ることが出来るように、張り方のアレンジについてもご紹介します。

〇そのままかぶる

急な雨などで張る時間が無い時は、本体を広げてそのままかぶるだけでも十分雨風をしのげます。

「ツェルト」の中で傘などを広げれば、内部の空間を広げることも可能です。

〇ベンチレーターにロープを通して使う

ベンチレーターにロープを通して、そのロープの先端は木などに結んで固定させます。

ペグが打てなかったり適当な石などが無い場合や、森の中などで有効な張り方です。

〇ツェルトポールセットを利用

別売のツェルトポールセットを利用することで、まるでテントのように張ることが出来ます。

耐久性も上がるので、悪天候の中などでも雨などをしっかりと防いでくれます。

このように、「ツェルト」はどんな環境でも使えるように、張り方をアレンジすることが可能です。

モンベル『ツェルト』用のオススメアイテム

ここからは、モンベル「ツェルト」に使えるオススメのアイテムをご紹介していきます。

〇ツェルトフライシート

「ツェルト」にかぶせて使うことで、防風性や防水性を高めてくれます。

耐水圧は1000mmと、十分な性能があるので、「ツェルト」と一緒に持っておくと安心です。

もちろん張り方も簡単なので、いつでもすぐに使えます。

〇ツェルトポールセット

張り綱を掛ける木などが無い場合や、トレッキングポールやストックなどが無い場合でもこれがあれば、簡単に張ることが出来ます。

収納時はとてもコンパクトになるので荷物もかさばりません。

〇ツェルトインナーポール

「ライトツェルト」や「GORE-TEX ライトツェルト」などに使うことが出来るインナーポールです。

柔軟ながら強風や雪の重みなどにも耐えれる強さもある優秀なポールで、悪天候でも安心して過ごすことか出来ます。

軽量でコンパクトにたためるので、荷物も気になりません。

このように、「ツェルト」と一緒に使うことで、「ツェルト」の性能を高めてくれるアイテムはいろいろとあります。

そんなアイテムを一緒に持ち歩ることで、「ツェルト」をより安心して快適にすることが可能です。

まだまだある!ツェルト関連の製品名

モンベルには、まだまだ「ツェルト」に関連した製品はあります。

〇マルチチューブシェルター

ビバーク時やトレッキングなどで活躍してくれる、張り方簡単なチューブ型の簡易シェルターです。

もちろんそのままでも使えますが、先ほどご紹介した「ツェルトポールセット」や「ツェルトインナーポール」を一緒に使うことで、簡易テントやタープとしても使える優れものです。

こちらも軽量でコンパクトになるので、荷物の心配もありません。

〇カモワッチテンチョ

テンチョというのは、簡易テントとポンチョの機能を合わせ持った製品です。

大きめのポンチョのように着ることが出来るので、雨の中の移動時などに大活躍してくれます。

また、そのまま簡易テントにも大変身するので、中で休憩も出来る優れものです。

〇ピコシェルター

大人2人が座って休憩することが出来る大きさのシェルターです。

荷物から取り出してすぐに設営出来るので、緊急時や非常時にも大活躍してくれます。

もちろん収納時は軽量でコンパクトになるので、荷物も気になりません。

この他にも、モンベルには優秀な製品がたくさんあります。

自分の目的に合ったものを探してみて下さい。

モンベル『ツェルト』の張り方を覚えて安心快適なアウトドア!

モンベル「ツェルト」の魅力や張り方などについてご紹介してきました。

「ツェルト」かあれば、登山やツーリングなどの時の万が一の緊急時でも、安心して過ごすことが出来ます。

登山やツーリングなどをする機会が多い方は、ぜひ一つ「ツェルト」をカバンに忍ばせておいてはいかがでしょうか?