便利なユニフレームのダッチオーブンを紹介!もし錆びたら?

ユニフレームのダッチオーブンはプレス加工で作られており、鍋肌が黒皮鉄板であるため、鋳物の鍋と比べると錆に強いことで有名です。

また、鋳物よりも割れにくいため、アウトドアでのハードな運用にも耐えるタフさもあります。

ここでは、ユニフレームのダッチオーブンの魅力や便利な使い方、そして、万が一錆びてしまった場合の対策などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユニフレームの羽釜で飯を炊く!ブログで話題の羽釜はどう?

ユニークなアウトドアグッズを次々と開発しているユニフレームですが、2018年のカタログには羽釜が追...

スノーピークはポイントカードを忘れても後付けできるのか?

スノーピークでは、店舗で商品を購入するとポイントを貯めることができるポイントカードを発行していま...

コールマンのヘキサタープとは?設営方法の基本と応用

キャンプでの必需品とは何でしょう。テントやシュラフ、クッカーなど様々ありますが、中でもタープ...

タトンカの人気タープといえば1tc!魅力や張り方をご紹介!

デイキャンプを楽しむ場合、テントよりもむしろタープを持参する方のほうが多いのではないでしょうか。...

キャンプ飯!ちょっとした工夫で料理をオシャレに!

キャンプと言えば、自然と触れ合うのはもちろん、料理も楽しみの一つではないでしょうか。美味しい...

ロッジ、コテージどれを選ぶ?宿泊施設の違いって?

キャンプといっても、最近では、宿泊施設を利用するスタイルが増えています。宿泊施設には、「ロッ...

コールマンのランタンが故障しても大丈夫!修理方法をご紹介

キャンプなどのアウトドアシーンを明るく照らしてくれる重要なアイテム、コールマンのランタンは、古く...

ユニフレームのケトル2種類、機能性or収納性どちらを選ぶ?

ユニフレームのケトルは2種類ありますが、それぞれ特徴が異なります。機能性を重視するのか、収納...

キャンプで本格派!?バーベキューコンロでピザを焼こう!

バーベキューでピザが焼けるってご存知ですか。子どもから大人まで、みんなピザが大好きですよね。...

ランタンは手作り可能!牛乳パックや空きビンを使おう!

キャンプの夜を、明るく照らしてくれるランタン。そんなランタンを、自分でも手作りできることを、...

ホワイトガソリンで灯りを!ランタンのつけ方などをご紹介

キャンプや登山などで1泊するときに、夜にはランタンなどの灯りをつけますよね。その灯りのなかで...

オートバイで旅をする為のキャンプ道具とリストをご紹介!

オートバイに乗って素敵な湖畔や眺望の良いキャンプ場で過ごす旅は、格別なものがあります。しかし...

バーベキューの持ち物の準備は万全に!子供連れの必需品

子供が産まれるまでは、インドア派でアウトドアで楽しむバーベキューなどには縁がなかった方も多いと聞...

今年のキャンプは電源サイトでオシャレな照明を楽しもう

キャンプにぴったりの季節になってきましたね。昼間は青空の下で思いきり深呼吸し、大自然の澄んだ...

ユニフレームコットでキャンプを快適に!ブログおすすめは?

キャンプなどでテント泊をするとき、寝袋だけで寝ていませんか?寝袋だけだと背中が痛くなったり、冷...

スポンサーリンク

ダッチオーブンとは

アウトドアが趣味の方でしたら、ダッチオーブンについて聞いたり、使っているところを見たりしたことがある方が多いことでしょう。

しかし、ダッチオーブンについて詳しく知らないという方のために、ここではまずダッチオーブンそのものについて説明いたします。

ダッチオーブンとは鍋の一種で、しっかりした厚みを持ち、蓋に火のついた炭が置けるように縁がついているものを指します。

蓋に炭火を置くことで、鍋の中はオーブンと同じように上下から遠赤外線であたためられますから、普通の鍋では作ることが難しいパンやピザを焼くことも出来るのが特徴といえるでしょう。

近年では、アウトドアでの利便性が評価されて、キャンプなどで使用されることが多いです。

それに伴って、様々なアウトドアメーカーから特色あるダッチオーブンが販売されています。

その中でも、ユニフレームのダッチオーブンは目立つ存在と言えるでしょう。

次の項では、頑丈で錆に強いユニフレームのダッチオーブンについてご紹介していきます。

ユニフレームのダッチオーブンの魅力

一般的にダッチオーブンは、鋳型に溶けた鉄を流し込むという手法の鋳造で作られることが多いのですが、ユニフレームのダッチオーブンは鉄板をプレスして作られています。

そのため鍋の寸法精度が高く、鋳物と比べると蓋がカッチリはまるという特徴があります。

鍋と蓋との密着性がいいという事は鍋の中の水分が逃げにくいため、無水調理を行うことができますし、蓋が重いことから鍋の中の圧力が高まるため、圧力鍋のような効果も得られます。

また、鋳物は急に熱されたり冷やされたりすることに弱いため、まだ熱を持っている鍋を洗おうとして亀裂が入ってしまうといったトラブルが発生することがあります。

しかし、プレス加工で作られたユニフレームのダッチオーブンにはそういった心配が無いため、細かいことを考えずにワイルドに使うことができておすすめです。

また、鍋肌は黒皮になっているため、油のなじみが良くて錆にも強いですよ。

ユニフレームのダッチオーブンの便利な使い方

ユニフレームのダッチオーブンは、ダッチオーブンらしく無水調理やオーブン料理を屋外ですることができる上に、材質のおかげでタフな使い方もしても壊れにくいため、アウトドアで大活躍すること間違いなしです。

そんなダッチオーブンの便利な使い方をご紹介していきます。

■オーブン

やはり、ダッチオーブンが本領を発揮するのは、オーブンとして使用する時でしょう。

屋外で食べる焼きたてのパンやピザは、とても美味しく感じられますよ。

また、十分な深さがありますから、丸鶏をそのまま焼くこともできてしまいます。

ワイルドなアウトドア料理を楽しみましょう。

■煮る

鍋のもっともポピュラーな用途といえば、煮る事でしょう。

先ほどご紹介した通り、ユニフレームのダッチオーブンは蓋の密閉性が良いので、圧力鍋のような効果が得られて野菜などを柔らかく煮込むことができます。

■蒸す

ダッチオーブンは蒸し料理もすることができます。

また、密閉性が高いため、食材から出る水分だけで調理する無水調理も可能なのです。

素材のうまみが凝縮される調理法ですから、ぜひ一度お試しください。

■燻す

煙が出るため普段なかなかできない燻製ですが、キャンプやBBQならあまり周囲を気にせずに行うことができますよね。

燻製には燻製器が必要と思われている方もいらっしゃると思いますが、実は簡単な燻製ならダッチオーブンでも行うことができます。

なべ底にアルミホイルを敷いた上にチップを並べて、その上に脚付きの網をかぶせれば、燻製の準備は完了です。

チーズやお肉などに食欲をそそる香り付けをすれば、いつもと一味違った食事が楽しめますよ。

■蓋で焼く

ダッチオーブンの蓋は、鍋本体と同じ黒皮で覆われています。

そのため、蓋そのものをフライパンのように使って料理することも出来ますよ。

高温に温めたダッチオーブンの蓋でさっとお肉を焼けば、中に肉汁をたっぷり閉じ込めたレアな焼き加減でいただくことができます。

以上、ダッチオーブンの様々な使い方をご紹介してきました。

使った後のダッチオーブンは、なるべく早くケアをしないと錆びてしまう可能性があります。

次の項でダッチオーブンのケア方法をお伝えしますので、使用後はしっかりとケアしてあげましょう。

ダッチオーブンの錆を防ぐ日常ケアの方法

錆に強いユニフレームのダッチオーブンと言えど、保管やケアの状況が悪ければ錆びついてしまう事があります。

そこで、ダッチオーブンを大切に使うために、錆を防ぐケアの方法をご紹介していきます。

■使用前のケア

ダッチオーブンを購入して、初めて使う場合には、シーズニングを行うことがおすすめです。

シーズニングとは、鍋に油を慣らして、焦げ付きにくくする作業の事です。

方法としては、鍋を火にかけて、煙が出始めたら油を注ぎ入れます。

油は、鍋の食材が触れる面すべてに、キッチンペーパーなどで塗り広げてください。

最後に、香りの強い野菜くずを炒めて、鍋の鉄臭さを取れば完了です。

また、ダッチオーブンを長期間保存した場合には、調理前に鍋肌についている油をしっかりと落としましょう。

油が劣化していることがあるため、人体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

■使用後のケア

ダッチオーブンの使用後は、洗剤などで洗浄してから火にかけて乾燥させて、最後に錆止めのために薄く食用油を塗りましょう。

もし鍋に食材が焦げ付いてしまった場合は、鍋を火にかけて食材を炭化させて落とすか、金たわしでこすって落としましょう。

金たわしで焦げを落とすと、鍋肌が露出して灰色の面が見えるかもしれません。

そのような場合にはシーズニングを行ってから、油を塗って保管しましょう。

■保管方法

ダッチオーブンを保管する時には、表面に薄く食用油を塗った状態で、湿気のない風通しのいいところに保管しましょう。

湿気が多いところに保管すると、錆びにくいユニフレームのダッチオーブンといえど錆びてしまう事があります。

錆びにくいユニフレームのダッチオーブンだけど錆びついてしまったら?

鋳物の鍋はもちろん、錆びにくい製法がなされているユニフレームのダッチオーブンといえど、鉄製の鍋ですから、使っているうちに赤い錆が浮いてきてしまう事もあります。

大切に使っていたダッチオーブンが錆びついてしまっているところを目撃したら、ショックかもしれませんね。
錆びてしまう原因には、ダッチオーブンを使ってそのままにしてしまったとか、使用後のメンテナンスが甘かったとか、保管する場所が悪かったとか、様々な理由が考えられます。

鉄鍋が苦手な、酸性の強いトマト料理や塩分の多い料理を作ったということも原因に挙げられるかもしれません。

しかし、そんな時には慌てずに、以下の対策を試してみてください。

錆は意外と簡単に落とせますので、安心してくださいね。

錆びてしまった場合の対策

「ユニフレームのダッチオーブンは錆びにくい」と油断していたら錆びさせてしまったなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

鉄鍋は、もし錆びてしまっても簡単に錆を落とすことができます。

ここでは、その手順をご紹介します。

錆びてしまったら、まずは錆を落としましょう。

クレンザーのような研磨剤と金たわしでこすれば、簡単に赤錆は落ちます。

ただし、ダッチオーブンを研磨剤でこすると、鍋肌のコーティングが薄まってしまう事があります。

鍋肌の黒色が薄れて見えたら、黒皮の層が薄くなっている状態です。

そこで、コーティングを補うために、シーズニングを行いましょう。

何度かシーズニングを繰り返せば、再び錆や焦げ付きに強い鍋に戻りますよ。

便利でタフなダッチオーブン!錆びないようにきちんとケアを!

以上、錆びにくくてタフな、ユニフレームのダッチオーブンの魅力や便利な使い方、ケア方法についてご紹介してきました。

炭火で様々な料理を作れるダッチオーブンを使いこなして、アウトドア活動での食事を豊かにしたいですね。

ユニフレームのダッチオーブンが錆びに強いとはいえ、鉄鍋だから錆びることもあります。

使用後にはきちんとケアをして、長く大切に使いましょう。