カヤックをレンタルしたい!琵琶湖のオススメのお店をご紹介

日本最大の湖である『琵琶湖』は、毎年様々なレジャーで賑わっています。

そんな琵琶湖でカヤックやカヌー・ボートなどに乗って、様々なレジャーやバスフィッシングなどを楽しんでいる人をよく見かけます。

「一度はやってみたいけど、なかなか手が出せない」と諦めていたそこのあなた!

実は琵琶湖では、カヤックなどのレンタルができるのです!

そんな琵琶湖のレンタルカヤックについて、オススメなお店などを調べました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アークテリクスのゴアテックス製品は修理してもらえる?

アークテリクスと聞くと、バックパックが一番に思い浮かびませんか?最近ではファッションでも...

バイキングカヤック「忍」がアツい!人気色でも世界に一つ!

カヤックユーザーなら誰もが知っている「忍」ですが、「人気色」について検索している方が多いようです...

コールマンのアタッチメントヒーターを改造しよう!

コールマンは、テントやランタンなど様々なアウトドア商品を販売しています。さらに、付属品として...

キャンピングカーのトイレ事情!掃除のコツを知ろう

キャンピングカーを所有している方にとって、一度は直面するのがトイレの問題ではないでしょうか。...

スノーピークの鍋+フライパンセット!気になるお手入れは?

登山やキャンプなどのアウトドアの調理では、たくさんの調理道具を使うわけにはいきません。そのた...

パタゴニアのアウトレットが目白にも!?全国の店舗もご紹介

アウトドアブランドの中でも、高い人気のある「パタゴニア」。パタゴニアの製品は高品質なため、価...

スノーピーク製ペグハンマーの魅力!交換時期を見極めよう

テントやタープを張る際、ペグと呼ばれる杭を地面に打ち込む道具を「ペグハンマー」といいます。ペ...

老舗ブランドオプティマスの8r!メンテナンス方法をご紹介

アウトドアで、どうしても必要となるのは「火」です。木炭やガスコンロで火を起こすのもいいですが...

スノーピークで人気のヘキサタープの種類や張り方をご紹介!

アウトドアメーカーとして有名なスノーピークは、テントをはじめバーナーやランタンなど様々なアウトド...

長持ちさせて大事に着よう!モンベルフリースの洗濯方法!

ファストファッションが世の中に増えてきている中、モンベルのフリースはしっかりとした生地を使い、高...

マムートのビーコンが欲しい!アップデートが必要って本当?

最近登山を始めたという方の中には、先を見越してビーコンの購入を検討している方もいらっしゃるのでは...

ペツルのヘッドランプ『ナオプラス』の便利な使い方をご紹介

登山の必需品であるヘッドランプですが、ありとあらゆるブランドから発売されていて、何を選んだら良い...

登山のコースタイムに基準は?コースタイムはこう考えよう

登山は、年齢に関係なく楽しめるアウトドアのひとつです。登山には、コースタイムがありますが、こ...

スノーピークで人気ランタンのノクターン!風で炎が消える?

キャンプで夜を過ごすとき、自然の中は大変暗いので、灯りをともす道具は必需品です。ライトを使用...

フィルソンのバッグはアウトドア派に人気!お手入れ方法紹介

アウトドア好きの皆さんには、お気に入りの道具というものがあるのではないでしょうか。雨の日のキャ...

スポンサーリンク

琵琶湖のレンタルカヤック事情

日本最大の湖『琵琶湖』は面積にして669.26km2もあり、水深は深いところでは104mもあります。

そんな琵琶湖では様々なレジャーを楽しむことができ、中でも人気のウォーターレジャーの1つであるカヤックに乗って琵琶湖を楽しんでいる人もよく見かけます。

そんな、ウォーターレジャーが盛んな琵琶湖だけに、カヤックをレンタルしている店舗は各地にいろいろとあります。

それも、ただカヤックのレンタルをしているだけではなく、初心者や親子連れの人向けのカヤック教室や、ガイドさんとカヤックで琵琶湖を回るツアーもあります。

また、カヤックフィッシングのツアーなど、各店舗によっていろいろなプランが用意されています。

これなら「今までカヤックに興味があったけど、なかなか踏み出せずにいた」未経験の人でも、わざわざカヤックを購入することなく、安心して琵琶湖でのカヤックデビューに挑戦することができます。

そんな楽しい琵琶湖でのカヤックですが、当然のことながらいろいろな決まりごとやルールがあるので、事前によくチェックしておくことをオススメします。

また、琵琶湖は湖ですが、その大きさから環境的には海と似たところがあり、季節や天候によっては強風や波などに十分注意しなければなりません。

琵琶湖のオススメレンタルカヤック店①琵琶湖 レンタルカヤック Doit~!

滋賀県の守山~草津をメインにカヤックのレンタルをしていて、カヤックのレンタルのみも可能ですが、初心者の人向けの講習も行っています。

◆レンタル料金

○Aプラン

スタッフの人が琵琶湖のエントリー場所までカヤックを運搬してくれるプラン

1人乗り 4000円~5000円(3時間) 延長3時間+1000円

2.5人乗り 7000円(3時間)

○Bプラン

草津市の駐艇場までカヤックを取りに行き、自分で運搬できる人向けのプラン

1人乗り 5000円~6000円(1日) 日の出~日没まで

2.5人乗り 7000円

※どちらのプランもパドル・ライフジャケット貸し出し料金込み

また、料金+1000円で乗り降りや漕ぎ方の基本をスタッフがレクチャーしてくれたり、フィッシングカヤックとして使う場合は、+1000円で秘密のポイントや季節に合った釣り方など、ガイドしてくれます。

カヤックをまだ購入していない初心者の人や、車やキャリーが無くて運ぶ手段に困ってカヤックの購入を諦めていた人にオススメです。

琵琶湖のオススメレンタルカヤック店②琵琶湖 オーパル

大津市の琵琶湖湖畔にあるレジャー施設で、カヤックのレンタルだけではなく、カヌーやウォーターボール・ウェイクボードなどの様々なウォータースポーツの体験をすることもできます。

カヤック体験が出来るコースと料金

◆コース

○初めてコース(60分)

スタッフの人が乗り方や漕ぎ方などをしっかりと教えてくれる初心者向けの安心コース

○のんびり60分コース(60分)

できるだけのんびり琵琶湖に出たい人向けのコース

○ゆったり90分コース(90分)

さらにゆったりと琵琶湖を楽しみたい人向けのコース

○びしょ濡れコース(60分)

スタッフの人オススメのコースで夏に全身で琵琶湖を楽しめるコース

○プライベートコース(90分)

1人でじっくりと教えてもらうコース

コースがたくさん分かれていると、楽しみ方に合わせて選べて便利ですよね。

◆料金

各コースとも4月~11月末までで、時期によって料金が変わります。

○初めてコース・のんびり60分コース・びしょ濡れコース → 4320円~5400円

○ゆったり90分コース → 5940円~7020円

○プライベートコース → 9180円~10260円

いずれかのプランを体験したら120分・2500円でレンタルすることもできます。

施設にはプールやジャグジー・シャワールームなどもあるので、ここだけで琵琶湖を満喫することができますね。

琵琶湖のオススメレンタルカヤック店③奥琵琶湖マキノグランドパークホテル

高島市のマキノ町にある奥琵琶湖マキノグランドパークホテルでもレンタルカヤックを楽しむことができます。

ここでは、7月~9月末までの夏休み期間中にホテル前の桟橋付近でカヤック体験教室が開かれており、初心者の人も安心してカヤック体験をすることができます。

小学生から楽しめるので、夏休みは親子で楽しんでみてはいかがですか?

◆料金

大人・中学生以上:3500円
小4〜6年:3000円
小1〜3年:1000円

60分間体験することができ、この料金には指導料・カヤックレンタル代・ライフジャケットレンタル代・保険代が含まれています。

また、更衣室・シャワー室なども完備されています。

カヤックの他にも人気のスタンドアップパドルボードの体験や、琵琶湖八景に数えられている竹生島(ちくぶじま)のクルージングも体験することができます。

他にも、ホテルの敷地内に今人気沸騰中のグランピングエリアも出来ていて、朝から晩まで思いっきり琵琶湖レジャーを楽しめます。

琵琶湖でカヤックを楽しむ時の注意点①

楽しさいっぱいの琵琶湖でのレンタルカヤックを存分に楽しむために、注意しておかなければならないことがいくつかあります。

○急な風や波に注意

冒頭にも書きましたが、琵琶湖は湖というよりは、そのとてつもない大きさから海に近い環境にあります。

昼間はベタ凪だったのに、夕方頃になると急に風が吹き出して大荒れになったり、波が出だしたりすることもよくあります。

今までその急な環境の変化による遭難事故が多く発生しています。

その日の天気はよくチェックしておいて、少しでも天気が変化してきたり風が出はじめたら、なるべく岸の近くまで行くか、一旦岸に上がって様子を見るほうが無難です。

○ボートや大型の船に注意

琵琶湖はとても大きいので、レジャーボートや漁師さんの漁船・クルージングなどの観光船など様々な船舶が航行しています。

琵琶湖でカヤックを楽しむ時の注意点②

先ほど挙げた点ですが、船舶に巻き込まれる事故は毎年のように発生しています。

そんな事故を防ぐために、カヤックなどの侵入を自粛するように警察などが看板を立てている場所もあるくらいです。

自分自身でも事故を起こさないためにも、あらかじめ観光船などの航路を確認しておいたり、他の船舶にはなるべく近づかないようにすることも重要です。

○琵琶湖独自のルールに注意

琵琶湖には独自のいろいろなルールがあります。

例えば、バスフィッシングをされる人はご存知かもしれませんが、琵琶湖では外来魚であるブラックバスなどを釣った場合はリリースすることは禁止されています。

カヤックフィッシングを楽しむ人は注意が必要です。

また、カヤックでのエントリーを禁止している港などがあったり、カヤックで侵入してはいけない場所もあります。

以上のようなことを十分注意して、レンタルカヤックを楽しんで下さい。

レンタルカヤックで琵琶湖を最大限に楽しみましょう!

今まで琵琶湖で岸からバスフィッシングなどの釣りをしていた人や、浅瀬などでレジャーを楽しんでいた人も、今回、ご紹介したレンタルカヤックを使うことで、一気に琵琶湖での行動範囲が広がります。

ということは、さらに琵琶湖で遊べる範囲が増えて、最大限に琵琶湖を楽しめることは間違いありません。

カヤックで湖面に浮いていると、今までとは違った琵琶湖に出会えるはずです。

決められたことや注意点をよく守って、快適な琵琶湖レジャーを満喫してみてはいかがでしょうか!