キャメルバックボトルで水分補給!ボトルケージとの相性は?

アウトドアスポーツの1つに、スポーツバイクがありますよね。

マウンテンバイクやロードバイクなど、様々なスポーツバイクがあります。

どのスポーツバイクにも共通していえることの1つは、水分補給が大切だということ。

ここでは、バイク時の水分補給にオススメのキャメルバックのドリンクボトルについてお話をしていきます。

さらに、相性の良いボトルケージの選び方などもご紹介しますので、ぜひバイクに取りつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガスが切れても大丈夫!SOTOスライドトーチのガス充填方法!

キャンプなどでSOTOスライドトーチを使っている方もいるでしょう。しかし、中のガスがなくなっ...

薪割の必需品!キャンプで使いやすい斧と鉈をご紹介!

焚き火やキャンプファイヤーの火を見ながらのキャンプは、とてもロマンチックなものです。そんなキ...

ソロキャンパーの強い味方!モンベル ミニタープHXの魅力

モンベルは、様々なアウトドア用品を取り扱っている人気のアウトドアメーカーです。特にタープは有...

モンベルのジオラインタイツが人気!サイズや厚さが選べる?

モンベルといえば、アンダーウェア素材のジオラインが人気です。なかでもタイツは、アウトドアの際に...

アウトドア好き必見!オススメのバーベキューコンロをご紹介

キャンプなどのアウトドアの定番となっているのがバーベキューです。お好みの食材を持ち寄って、家...

スノーピークのタープで焚き火はできる?焚き火台って何?

キャンプに焚き火は定番ですが、雨が降ってしまったときは残念ですよね。そんなとき、焚き火タ...

ノースフェイスの魅力!おしゃれなリュックをご紹介!

ノースフェイスは、国内に限らず、世界中で愛されている人気の高いブランドです。ダウンや山岳ジャ...

キャンプでホットカーペットを使用するときに敷く順番は?

寒い時期のキャンプの暖房アイテムとして便利なのがホットカーペットですよね。キャンプ初心者でも手...

キャンプに愛犬を連れて出かけよう!不安はブログで解消!

犬を飼っている人たちからすると、愛犬は家族同然ですよね。「キャンプに出かけよう!」と決まった...

ネオプレーンって何?ウェーダー売れ筋ランキングをご紹介!

ウェーダーの購入を検討している方は、その素材や特徴を理解していますか?今回は、ウェーダーのタ...

バブアーはメンテ必須のジャケット!洗濯すると縮みがでる?

イギリス王室御用達のアウトドアブランド・バブアーのオイルドジャケット。独特の光沢は本物の良さ...

ソルトで人気のベイトロッド!バリスティックベイト85Mとは

メイドインジャパンのロッドメーカーとして有名な「ヤマガブランクス」には、ソルトゲーム用のベイトロ...

バーベキューの主役!おすすめのお肉の種類や部位をご紹介!

バーベキューの主役といえばお肉ですよね。バーベキューではどんなお肉でもご家庭でいただくお...

ウィンタースポーツにグレゴリーターギー!使い方や特徴は?

ウィンタースポーツの際に役立つアイテムとして、グレゴリーターギーが挙げられます。過酷な状況にも...

夏キャンプはご用心!ガスボンベを車に放置すると爆発する?

キャンプの時にちょっとした料理を作ったり、暖かい飲み物が欲しくなった時に大活躍してくれるストーブや...

スポンサーリンク

キャメルバックのドリンクボトルとは?

マウンテンバイクやロードバイクなど、スポーツバイクを行ううえで欠かせないことが「水分補給」です。

ついバイクに夢中になって水分補給を忘れてしまい、脱水症状などを起こしてしまう人も少なくありません。

バイクも運動などと同様、汗をかきますから適度に水分補給を行うことが大切なのです。

そんなときにオススメのアイテムが、キャメルバックのドリンクボトルです。

ちなみにキャメルバックとは、トレッキングやバイクなどのアウトドアスポーツ用の製品を開発しているアメリカ発のブランドです。

多くのアウトドアを行う方たちに支持されている理由の1つに、「ハイドレーション・システム」が挙げられます。

これは、ハンズフリーで水分補給が可能な仕組みであり、この仕組みを生み出したのがキャメルバックなのです。

その仕組みだけでなく、キャメルバックのドリンクボトルであれば、軽く握るだけで水分補給が可能なのです。

そして、漏れることがないように設計されているので、スポーツバイクなどを行う方たちにこのボトルが愛用されているわけです。

しかし、スポーツバイクにはママチャリのような大きなカゴはありません。

手にボトルを持ちながらでは、うまくバイクを動かすことができなくなってしまいますよね。

そこで活躍するのが、ボトルケージです。

車についている、ドリンクホルダーのようなものです。

このボトルケージをバイクに装着することで、手にボトルを持つことなくスポーツバイクを行うことが可能となります。

ボトルには様々なサイズがあるため、ボトルとボトルケージの相性も重要なところですが、必ずボトルケージをバイクに取りつけなくてはいけないのでしょうか。

バイクにつけるべき?ボトルケージの役割とは?

ボトルケージは、スポーツバイクを行うときにつけなくてはいけないものなのでしょうか。

必ずつけなくてはならないとはいえませんが、つけるメリットはたくさんあります。

ここで、そのボトルケージの役割についてみていきましょう。

まずは、やはり脱水対策が挙げられますね。

ボトルケージを取りつける場所にもよりますが、だいたいはスッとボトルを取り出せるところに装着します。

そのため、水分が必要だと感じたときにすぐに補給できるため、脱水症を起こりにくくすることにつながります。

また、荷物入れとしての機能があります。

ツール用のボトルのなかに汗ふき用のタオルやパンクしたときの修理セットなどを入れ、ボトルケージにセットしておけば、万が一のときにすぐに使うことができるので、かなり便利です。

「荷物を最小限に収めたい方」や「手ぶらでスポーツバイクを行うのは不安」という方には、特にオススメですね。

ボトルケージをバイクにつけるのが必須というわけではありませんが、ついていれば思わぬ事故などから自分を守ることができるので、つけておいて損はないものといえるでしょう。

しかし、ボトルケージを装着する場合は、キャメルバックなどのドリンクボトルとの相性の良さが関わってきます。

次の項でみてみましょう。

選ぶときのポイント!相性の良さが重要なの?

「ボトルケージを、スポーツバイクにつけておいて損はない」ことをお話ししましたね。

それでは実際に、ボトルケージを選ぶときはどのようなポイントに注意しなければならないのでしょうか。

先ほどまでもお伝えしましたが、ボトルケージを選ぶうえで重要なポイントの1つに、「相性の良さ」が挙げられます。

キャメルバックのドリンクボトルを含め、バイク用のボトルの場合、ほとんどサイズが統一されているのですが、ボトルケージによって相性の良さが違ってきます。

例えば、ボトルの着脱がしにくかったり、反対にゆるすぎて少しバイクを動かしただけで落ちてしまう、というようなものは、相性があまり良くありません。

ですから、サイズに違いはなくてもボトルケージには違いがあるので、注意して選ばなくてはなりません。

もしドリンクボトルだけ持っているのであれば、実際にお店のボトルケージで試してみるのも良いでしょう。

自分のボトルと相性の良いボトルケージを選ぶようにしてくださいね。

キャメルバックボトルなどに合うボトルケージの選び方!【サイズの相性】

ここから、ボトルケージの選び方についてご説明していきます。

選び方には「相性の良さが大切である」ことをお話ししましたが、キャメルバックのドリンクボトルなどとの相性をどのように判断するかは大きく2つの方法があります。

【サイズ】による方法と【素材】による方法です。

ここでは、【サイズ】についてみていきます。

ボトルケージのサイズは、「ドリンクボトル用」と「ペットボトル用」に分けられます。

どんなボトルを持って行くかによってもボトルケージとの相性が変わるので、まずは自分がスポーツバイクにどんなボトルで水分を持ち運ぶかを決めておくことが大切です。

さらに、ペットボトル用でも500ML用や1.5L用のボトルケージがありますので、こちらも合わせて確認しておくと良いでしょう。

また、ボトルのサイズだけでなく、バイクのサイズでもボトルケージとの相性に違いがあるようです。

車体自体がコンパクトなものに大きめのボトルケージを装着してしまうと、取り出すときなどにバイクのフレームにぶつかってしまうことが考えられます。

快適に水分補給をするためにも、車体とのサイズの相性も重要なポイントになりますね。

ボトルとバイクのサイズを把握したうえで、相性の良いボトルケージを選びましょう。

キャメルバックボトルなどに合うボトルケージの選び方!【素材との相性】

つぎは、【素材】による相性で、ボトルケージを選んでみましょう。

ボトルケージには、金属・樹脂・カーボンといった素材のものがあります。

素材によって重さは変わってはきますが、バイクの走行自体に大きく影響が出るわけではありません。

各素材による特徴を見つつ、キャメルバックのドリンクボトルなどと相性の良いボトルケージをみつけるようにしましょう。

【金属】

金属のボトルケージの1番の魅力は、「丈夫だ」という点です。

バイクが横転などで倒れたとしても、金属のボトルケージはめったに破損することがないのです。

耐久性では、3つの素材のなかではトップといえるでしょう。

ただし、これには相性の悪いドリンクボトルがあるのです。

それは、金属のドリンクボトルです。

うまくホールドされなかったりと、着脱に関して難があるようですので、この点は注意しておきましょう。

【樹脂】

樹脂のボトルケージは、安価なうえに軽くて丈夫なところが魅力です。

3つの素材のボトルケージのなかでは、1番コスパが良いといえます。

見ためはチープな印象を受けますが、機能面においてのデメリットはあまりありません。

初心者の方はもちろん、ベテランの方にもオススメのボトルケージですね。

【カーボン】

カーボンは、高級なロードバイクにも採用されている素材です。

そのため、1番の魅力はとにかく軽量であることです。

3つの素材のボトルケージのなかでは、軽量なのが際立つことでしょう。

少しでも車体を軽くしたい方には、特にオススメの素材です。

また、チープな印象を受ける樹脂とは違い、オシャレなデザインが多いのも魅力です。

見ためもこだわりたい方は、カーボンのボトルケージを選ぶと良いでしょう。

オススメのキャメルバックボトル!相性の良いボトルケージもご紹介

最後に、オススメのキャメルバックのドリンクボトルと、その相性が良いといわれるボトルケージをご紹介します。

まずは、オススメのキャメルバックのドリンクボトルです。

【キャメルバック ポディウムアイス0.6L】

理想のサイクリングボトルともいわれる、ドリンクボトルです。

軽く握るだけでも水分を補給できるのがポイントで、「Jet Valve」という自動でキャップが開閉することが可能となっています。

柔らかさに追及を重ねた結果、押したり吸ったりしても給水することが可能です。

スポーツバイクの際も、ストレスフリーで水分補給を行えますよ。

つぎに、このボトルとの相性が良いといわれるボトルケージです。

【ゼファール ボトルケージ ウィズ】

こちらは、樹脂素材で作られていることもあり、取り出しやすくなっています。

さらに、ボトルケージの横が開きやすい形状になっているので、よりスムーズに取り出すことが可能となっています。

だいたい700円ほどで購入できるので、お財布にも優しいのが嬉しいですね。

ぜひ、スポーツバイクのお供に、これらを装備してはいかがでしょうか。

キャメルバックボトルを装備しよう!

ロードバイクなどのスポーツバイクを行う際であっても、水分補給はとても大切です。

両手が自由であれば気にしなくてもいいのかもしれませんが、バイクの場合は手がふさがれているため、簡単に水分補給をできることが重要になってきます。

それを叶えたアイテムが、キャメルバックのドリンクボトルです。

バイク時でもほぼストレスフリーで水分補給ができますので、ご紹介したボトルケージと合わせて装備してみてはいかがでしょう。