スノーピークのカヤードとアメニティドームは名コンビ?

日本生まれのアウトドアメーカー「スノーピーク」の代表的なテントに「アメニティドーム」があります。

最もポピュラーで使いやすいテントとして人気がありますが、中には少し物足りないという方もいます。

そこを補ってくれるシェルターの一つに「カヤード」がありますが、果たしてこの二つは名コンビになれるのかを調査してみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おすすめのハイキングコースマップをご紹介!関東編

関東地方には多くのハイキングコースがあります。どのハイキングコースも自然が豊かであったり、様...

ロッジ、コテージどれを選ぶ?宿泊施設の違いって?

キャンプといっても、最近では、宿泊施設を利用するスタイルが増えています。宿泊施設には、「ロッ...

プリムスのランタン2279とは?プリムス製ランタンの歴史

プリムスといえば、「黄色のガス缶に赤文字」で有名ですね。プリムスはスウェーデン発の会社で、の...

誰でも簡単!バーベキューコンロで使う炭の着火方法をご紹介

アウトドアの楽しみと言ったら、バーベキューでしょう。外で家族や友人とワイワイ言いながら食べる...

バーベキュー道具はこれで決まり!おすすめアイテムをご紹介

週末は家族や友人とバーベキュー楽しんでいる方は、多くいると思います。青空の下で、みんなで食べ...

ユニフレームのスキレット!特徴とお手入れ方法を詳しく紹介

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで、調理するときに役立つスキレット。ユニフレームのスキ...

ユニフレームの羽釜で飯を炊く!ブログで話題の羽釜はどう?

ユニークなアウトドアグッズを次々と開発しているユニフレームですが、2018年のカタログには羽釜が追...

機能性アップ!モンベルのタープの特徴と小川張りの方法

日本のアウトドアメーカーとして、多くのアウトドアファンから人気があるメーカーがモンベルです。...

バーベキューの網はどう選ぶ?手入れの方法はどうする?

バーベキューをするとき、食材を焼くために網を使いますよね。実は、この網にもいくつかの種類があ...

ダウンのような素材プリマロフトのゴールド・シルバーとは?

アウトドア向けの化学素材として有名な「プリマロフト」をご存知ですか。マイクロファイバーで作...

コールマンのエアマットの簡単な空気入れ方法!

キャンプや車中泊でコールマンのエアマットを使う方はいませんか?寝転んだりするときに、このような...

SOTOのスモークポットならお手軽に燻製!自宅のIHにも対応!

アウトドアでなければなかなかできない調理法として、燻製があります。燻製になじみが無い方は「燻...

ワタリガニを釣りたい!その特徴や釣りポイントとは?

魚釣りを楽しむ人は多いですが、カニ釣りに挑戦する人も増えています。カニというと高級食材なため...

キャンプの焚き火台は代用でOK!人気の手作り焚き火台

キャンプの醍醐味の1つとも言えるのが、焚き火ですよね。その焚き火をする上で重要となるのが、焚...

スノーピークのチタンマグカップをブログとレポートから検証

スノーピークは機能性とスタイリッシュなデザインでキャンパーから人気があるアウトドアブランドです。...

スポンサーリンク

スノーピーク『アメニティドーム』の特徴

まずは、スノーピークの「アメニティドーム」の特徴をご紹介していきます。

「アメニティドーム」は、冒頭でもご紹介した通り、スノーピークを代表するテントで、多くのアウトドアファンから人気があります。

スノーピークのエントリーモデルの一つで、アウトドア初心者の方でも簡単に設営出来るのが特徴です。

使いやすくて居住性のあるドーム型のテントで、大きさはSサイズ、Mサイズ、Lサイズからお好みのものを選べます。

【スペック】

〇サイズ

・Sサイズ 355×230×120cm
・Mサイズ 505×280×150cm
・Lサイズ 540×310×150cm

〇重量

・Sサイズ 5.0kg
・Mサイズ 8.0kg
・Lサイズ 9.8kg

〇収容人数

・Sサイズ 3人
・Mサイズ 5人
・Lサイズ 6人

快適性と耐久性を合わせ持った優秀なテントで、耐水圧も十分あるので、様々なシーンで大活躍してくれます。

その一方で、前室が少し物足りないとの声もあります。

それを補うために「カヤード」が活躍してくれます。

スノーピーク『カヤード』の特徴

次は、スノーピークの「カヤード」についてご紹介していきます。

「カヤード」というのは、まさに蚊帳のように全面をメッシュ生地で覆われたシェルターです。

2本のメインポールと4本のサブポールで幕を支え、タープにメッシュの壁がついている構造をしています。

メッシュ生地なので、夏場などの暑い日でも風通しがとても良く、内部に熱がこもることがありません。

また、フロントパネルとサイドパネルを取り付ければ、目隠しも出来るので、プライベート空間が守れます。

【スペック】

〇サイズ 680×490×210cm

〇重量 5.2kg

〇収容人数 6人

「カヤード」の特徴の一つに、全パネルを巻き上げることが出来る機能があります。

これによって、一部を巻き上げて、「アメニティドーム」とドッキングさせることが可能です。

『アメニティドーム』と『カヤード』を連結

スノーピークの「アメニティドーム」と「カヤード」についてご紹介しましたが、これらをドッキングさせたらどのようになるのでしょうか?

まずは、「カヤード」パネルを一面巻き上げます。

そこへ、「アメニティドーム」の前室部分をはめ込んでドッキング完了です。

ドッキングさせることによって、少し物足りなかった「アメニティドーム」の前室部分が大幅に拡大されます。

メッシュ生地なので、風通しが良く虫の侵入も防げて、夏場はとても快適に過ごせるようになるでしょう。

「カヤード」は大型なので、中はとても広々としていて、家族みんなでストレスなく楽しめます。

また、夜間には「カヤード」にパネルを取り付けることで、プライベートを守る空間に大変身です。

「アメニティドーム」と「カヤード」をドッキングさせることによって、涼しくて広々とした快適空間が出来ました。

冬場にスノーピーク『カヤード』は向いていない?

夏場に風通しが良く、涼しい快適空間を作ってくれるスノーピークの「アメニティドーム」と「カヤード」のドッキングですが、冬場はどうなのでしょうか?

全ての面がメッシュ生地で覆われた「カヤード」は、冬場にそのまま使うのはさすがに寒いです。

メッシュの部分から冬場の冷たい冷気が内部に入り込み、アウトドアを楽しむどころではありません。

冬場に「アメニティドーム」と「カヤード」をドッキングさせて使える方法はあるのでしょうか?

冬場に「カヤード」を活用するには、まず冷たい冷気の侵入を防がなげればなりません。

そんな時に活躍してくれるのが、「サイドウォール」です。

サイドウォールを全ての面に取り付けることによって、冷気の侵入を防げます。

ただし、サイドウォールにはファスナーなどは無いため、強風の時などは風が吹き込んでくるので向いていません。

サイドウォールを取り付けた「カヤード」と、「アメニティドーム」をドッキングさせることによって、寒い冬場でもある程度の寒さは防げるようです。

『アメニティドーム』と『カヤード』の設営方法

ここまで、スノーピークの「アメニティドーム」と「カヤード」の特徴をご紹介してきました。

ここからは、「アメニティドーム」と「カヤード」の設営方法についてご紹介していきます。

〇「アメニティドーム」の設営方法

①まずは、設営場所を決めてグランドシートを広げます。

②次に、広げたグランドシートの上にインナーテントを広げて下さい。

③黄色のXフレームを同じ色のスリーブに通していき、ピンに差し込んでテントを立たせます。

④緑色のサイドフレームを同じ色のスリーブに通して、両端をピンに差し込んで下さい。

⑤インナーテントのコーナーループ6箇所を全てペグダウンさせ、インナーテントのフックをフレームにそれぞれ引っかけます。

⑥フライシートを被せて、バックルで固定させ、ベルクロテープでフレームと固定させます。

⑦前室2箇所と後室1箇所をペグダウンして、ベルトのテンションを調節したら完成です。

〇「カヤード」の設営方法

①本体を半分に折った状態で広げて、メインコーナーにポールを差し込みロープを掛けます。

②メインポールを立てて、自在付き二又ロープをペグダウンして下さい。

反対側も同様にペグダウンします。

③メインコーナーの低部をペグダウンして、サブコーナーをサブポールで立ち上げたら、自在ポールを掛けてペグダウンして下さい。

反対側のサブコーナーも同様にペグダウンしたら、それぞれの低部もペグダウンします。

④ゴムループも全てペグダウンして、本体やロープの張りを調節したら完成です。

『アメニティドーム』と『カヤード』のオプションアイテム

最後に、スノーピーク「アメニティドーム」と「カヤード」のオススメのオプションアイテムをご紹介します。

〇「アメニティドーム」のオプションアイテム

・アップライトポールセット

「アメニティドーム」のフロントパネルを開放するために使用するポールセットです。

前室部分にリビングスペースを作ることが出来ます。

・マットシートセット

地面からの冷気や汚れから「アメニティドーム」のインナーテントを保護してくれます。

ぴったりサイズなので簡単に設置すること可能で、快適性が向上します。

〇「カヤード」のオプションアイテム

・インナールーフ

「カヤード」の天井部分に取り付けることのよって、夏の暑い日差しを遮ってくれ、内部を快適に保ってくれます。

・ウィングポール

軽量で耐久性の高いアルミ製の、とてもタフなポールです。

「カヤード」をしっかりと支えてくれ、本体の耐久性も向上させてくれます。

サイズがそれぞれ揃っているので、最適なものを選ぶことが出来ます。

このようなオプションアイテムを一緒に使うことによって、より快適に「アメニティドーム」と「カヤード」を使うことが出来ます。

他にもいろいろとあるので、自分好みのものを探してみて下さい。

スノーピーク『カヤード』と『アメニティドーム』で快適に!

スノーピークの快適シェルター「カヤード」と、人気定番テント「アメニティドーム」のそれぞれの特徴と、ドッキングさせた時の特徴などについてご紹介してきました。

それぞれアウトドアを快適に過ごせるアイテムですが、それをドッキングさせることによって、さらに快適性が高まる優れものです。

ぜひ、この二つのアイテムを使って家族みんなで広々と快適に過ごせるアウトドアライフをお送り下さい。