ウォータージャグはキャンプの必須アイテム?徹底調査!

アウトドアやキャンプで、あると便利なアイテムはキャンパーや使用状況によって違います。

そんな便利アイテムの一つに、ウォータージャグがあります。

ウォータージャグは、少し手を洗いたい時や食器や食材を洗いたい時など、様々な使用目的で使えます。

今回は、ウォータージャグの種類やその必要性、キャンプにおすすめのウォータージャグなどお伝えしていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソロキャンプで大活躍!プリムスイージークックソロセットm

キャンプギアの1つにクッカーがあると思いますが、キャンパーのみなさんはどのクッカーを使っています...

スノーピークの大人気タープ『ヘキサエヴォ』を大解剖

スノーピークは、テントやタープなど多くのアウトドアグッズを取り扱っている人気メーカーです。日...

バーベキューの主役!塊肉の焼き方はじっくりとジューシーに

バーベキューをするのであれば、普段作らないような料理を作ってみたいと思いませんか。例えば、牛...

コールマン製品でホワイトガソリンの注ぎ方のコツ

ホワイトガソリンを使用したランタンやバーナーは、主にコールマンが製造しており、その製品も高いシェアを...

バーベキューで安い肉をおいしくする下ごしらえ方法を伝授!

バーベキューの主役と言えば、やっぱりお肉ですよね。バーベキューのお肉は、牛肉や豚肉、鶏肉にウ...

初キャンプ!どんなギアが必要?ブログでのおすすめとは?

初めて泊りがけでキャンプに出掛けるとき、どのようなキャンプギアを揃えたらいいか困ることがあるかも...

キャンプ場のチェックアウト!時間より早く出る時に守ること

キャンプ場でも、ホテルなどで行うチェックアウトがあるのをご存知でしょうか。キャンプ場も立派な宿...

チーズタッカルビでバーベキューを盛り上げよう!

人気のチーズタッカルビは、多くの人々を魅了してやまない、美味しい韓国グルメの一つです。そのチ...

スノーピーク・トルテュライトのサイズとメリット!商品紹介

スノーピークで人気のオールインワンテントに「トルテュライト」というテントがあります。特にファ...

今年からキャンプを始める!初心者にお勧めのセットをご紹介

年々キャンプ人気は上昇しています。「今年こそはキャンプデビューしよう」と考えている方も多いの...

キャンプ中の事故に要注意!神奈川おすすめキャンプ場

キャンプ中に発生してしまう事故は、ちょっとした不注意や配慮不足で起こってしまうものです。キャン...

ストウブ鍋の熱い取手に!オススメ鍋つかみと型紙不要のDIY

皆さんは、ストウブのお鍋をお使いですか?ストウブの鍋は、料理を美味しく作れるだけでなく、ダッ...

バーベキューで串焼きが食べたい!おすすめのレシピとは?

日本でバーベキューというと、焼き肉のように食べやすいサイズにスライスしてある肉を食べることが一般...

スノーピークで人気のヘキサタープの種類や張り方をご紹介!

アウトドアメーカーとして有名なスノーピークは、テントをはじめバーナーやランタンなど様々なアウトド...

バーベキューをもっと楽しもう!おすすめバーベキューグッズ

皆さんはキャンプに行くとしたらやりたいことはあるでしょうか?夜は花火にキャンプファイヤー、昼...

スポンサーリンク

キャンプ用のウォータージャグとはどのようなアイテム?

ウォータージャグは、キャンプに1つ置いておくだけで重宝する便利アイテムです。

アウトドアのお店には必ずといっていいほど販売されている定番アイテムで、特にファミリーキャンプや大人数のキャンプには欠かせないアイテムです。

もちろん、最近のキャンプ場には水道はきちんと整備されていることがほとんどです。

しかし、休日などのキャンプですと、炊事場などから離れている場所にテントを設営しなくてはならないこともあるかもしれません。

そのような時に活躍するのがウォータージャグです。

キャンプで使用した食器を洗えたり、食材を洗ったり、調理中に水を使いたい時にサッと手軽に使え、水道と自分のキャンプサイトを往復する回数を減らせます。

他にも真夏の暑い時期のキャンプで大量の水を確保しておきたい時や、キャンプ以外でもスポーツイベントや野外フェスなどに、たくさんの水を一度に持ち運ぶことができ重宝します。

キャンプで使いやすいジャグの種類と選び方

ではキャンプで使いやすいウォータージャグとはどのようなものなのでしょうか。

ウォータージャグにはいくつか種類があります。

1つ目はハードタイプといわれるウォータージャグです。

頑丈で安定感があり、容量が大きく一度にたくさんの水が持ち運び可能になります。

保冷機能のあるジャグであれば、真夏に冷たい飲み物が欲しい時などに活躍します。

しかしながら、容量が大きい分重たくなり、その大きさからある程度の場所を取ります。

2つ目はソフトタイプといわれるウォータージャグです。

たためたり、大きさがコンパクトなので場所を取らず、軽量なので持ち運びが楽です。

保冷機能がないので、冷たい飲み物はぬるくなりやすく、完全密封できない場合もあります。

ファミリーキャンプや大人数のキャンプであれば、ハードタイプが適しているでしょう。

また、ソロキャンプや少人数のキャンプであれば、ソフトタイプのものを選ぶとかさばらず便利です。

ウォータージャグを選ぶときに注意しておきたいポイント

ウォータージャグを選ぶ際に、考慮しておくと後々後悔しないポイントをいくつかご紹介します。

●容量

キャンプの使用人数や使用目的によって、容量は大きく異なります。

「飲み水として使用する場合」「飲み水に加えて軽く食器や手を洗う場合」「調理や洗浄目的で大量に使う場合」となると、水の使用量は全く違いますよね。

したがって、使用する水の容量をある程度予想しておき、予想した容量に近いウォータージャグを選ぶようにしましょう。

●形状

ウォータージャグ使用後、本体を洗う際に、水の入れ口が小さいと手が入らず、洗いづらくなってしまいます。

可能であれば、入れ口が大きめのタイプのウォータージャグを選ぶと洗いやすく作業効率もよくなります。

●蛇口のタイプ

ひねるタイプのレバー式やコック式は、一度開栓したら水を出したままにできるので両手が使えます。

蛇口がプッシュ式のタイプは、水を出す際に片手が塞がってしまいますが、「水を出しっぱなしにしてしまった」というトラブルを防ぐことができます。

使用する状況や目的に合わせて、不便さを感じないものを選ぶとよいでしょう。

●上蓋

ウォータージャグの中には、上蓋が本体に乗せてあるだけの密閉できないタイプのものがあります。

車での移動がある場合は、上蓋が乗っているだけのものですと中身がこぼれてしまうこともあるでしょう。

しっかり蓋が閉まるタイプのウォータージャグなら、移動中も安心ですね。

ウォータージャグをキャンプで使う時の注意点

ウォータージャグを使う時に、同時に使いたいアイテムは水を受けるバケツです。

なぜなら、水が出た状態で地面に落ちてしまうと、キャンプ場を汚すだけでなく足元が水浸しになってしまうからです。

足元が水浸しになってしまうと、服や靴、さらには愛用のテーブルやチェアなどのギアが汚れてしまうこともあります。

バケツは水受け用だけではなく、他にも使用可能な用途はありますので、キャンプには1つは用意しておきましょう。

また、ソフトタイプのジャバラ式のウォータージャグは、水を入れた状態で持ち運ぶとその重みでジャバラが破損することがあるので注意しましょう。

ほかにも、ハードタイプのウォータージャグは、スポーツドリンクに対応しているかどうかを確認しておく必要があります。

なぜかというと、中がステンレス製などの金属素材にスポーツドリンクを入れると、中の金属成分が飲み物に溶け出し、中毒症状を起こす場合があるためです。

もしも、ステンレス製ウォータージャグに入れたスポーツドリンクを飲んだ時に、味に違和感があったら飲まないほうが賢明でしょう。

キャンプには本当にウォータージャグは必要か?

キャンパーの中には、ウォータージャグは不要と考える方もいるでしょう。

使用後のお手入れが面倒に感じたり、ペットボトルで代用したり、車のスペースがとられるなど、身軽にキャンプを楽しみたい方にはそう考えるのもうなずけます。

ウォータージャグの必要性は、人によって感じ方はそれぞれですが、キャンプ場では水の確保は重要です。

そのため、大量の水を一度に運ぶことが可能なウォータージャグは、やはりキャンプサイトにあれば便利なアイテムであるといえます。

キャンプ場によっては、名水と呼ばれるおいしい水が水道水として使えるところがあり、そのおいしい水をウォータージャグで汲み、自宅に持ち帰ることもできます。

また、キャンプ以外でもウォータージャグは非常時にも使え、災害時に活躍する場合もあるかもしれません。

ウォータージャグは1つは持っていると便利なアイテムです。

もしも、まだウォータージャグを使ってみたことがない方は、安価で手に入るソフトタイプを試してみてはいかがでしょうか。

キャンプに人気のウォータージャグをご紹介!

こちらではキャンプで人気の、おすすめウォータージャグをご紹介していきます。

●ハードタイプ

・スタンレー:ウォータージャグ

緑色で高い保冷力があり、蛇口はレバーを押すだけで簡単に出すことができ、容量は3.8Lと7.5Lの2種類から選べます。

・イグルー:ウォータージャグ400S

キャンプサイトでもよく見かける定番のウォータージャグです。

容量も約8Lあり、保冷力も高く手が届きやすい値段で手に入れることができます。

・コールマン:クーラースチールベルトジャグ

色合いがレトロ調でオシャレなデザインが目を引きます。

容量は約5Lとなっており、一見プラスチック製に見えますが、スチールでできています。

●ソフトタイプ

・バンドック:ジャバラウォータージャグ

台座がついていて、ソフトタイプでありながらしっかり自立します。

未使用時にはコンパクトにたたんでおける、ジャバラの形状をしています。

容量は7.5Lあり、水の入れ口も大きいので洗いやすくなっています。

ウォータージャグはキャンプでは1つあると便利!

ウォータージャグは、キャンプ場の水道を往復する手間を省けるだけでなく、様々な用途で使用できる便利なアイテムです。

まだお持ちでない方は、この記事を参考にご自分に合ったウォータージャグを、ぜひキャンプに導入してみてください。

キャンプサイトにウォータージャグがあれば、その便利さについつい使ってしまう、必須アイテムになるかもしれません。