人気ブランドコールマンの寝袋パフォーマー!連結も簡単!

暖かくて快適な寝袋があれば、初めてのキャンプも安心ですよね。

コールマンの寝袋パフォーマーは、簡単に連結して大きくできるので、お子さん連れのキャンパーにも人気です。

この記事では、連結可能なコールマンの人気寝袋パフォーマーを中心に、他のおすすめの寝袋もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューでモテる女性の格好や行動についてご紹介!

バーベキューは、仲の良い友人同士や会社の企画などで、女性や男性が複数人で行うこともありますよね。...

バーベキューを楽しもう!具材やレシピを変わり種にしたい!

バーベキューの定番の具材といったら「肉・野菜・魚」といったところでしょうか。シンプルに炭火焼...

プリムスのランタン2279とは?プリムス製ランタンの歴史

プリムスといえば、「黄色のガス缶に赤文字」で有名ですね。プリムスはスウェーデン発の会社で、の...

釣り女子デビュー!服装のポイントや必要なアイテムとは?

釣りガール、釣り女子という言葉を耳にしたことがありませんか?男性に人気の趣味であるイメージが...

バーベキューにはテントやタープが必要?おすすめの理由とは

バーベキューは、過ごしやすい春や夏や秋にするのがおすすめですよね。色々なアイテムが必要になる...

バーベキューに使うコンロのおすすめは?安い商品もご紹介!

バーベキューはとても楽しいイベントですが、費用がけっこうかかるとお悩みではありませんか。色々...

お庭バーベキューをおしゃれに演出!アイテムなどをご紹介!

自宅のお庭でするバーベキューは、楽しいことがたくさんあります。友人を呼んだり、家族と楽しんだ...

コールマンのケロシンランタン!灯油燃料はポンピングが重要

アウトドアで燃料と言えば、OD缶に詰まったLPガスかホワイトガソリンがポピュラーと言えるでしょう...

モンベルのアルパインクッカーディープ11の魅力を知ろう

アウトドアスポーツをする方にとって、大自然の中での食事はもっとも楽しみなことのひとつですよね。...

ユニフレームの鉄板!シーズニングを行う理由とそのやり方

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで、調理するときに役立つのが「鉄板」です。ユニフレーム...

バーベキューなら頑丈なコンロで!サビ知らずのステンレス製

バーベキューが大好きで、シーズンになると毎週のように海や山へ行くという方もいらっしゃるかもしれま...

今さら人に聞けないスノーピークのガス缶の違いと使い分け方

ガスバーナーやガスランタン、その他にもアウトドアシーンでは多くの場面でガス缶を使用します。実は...

必読!ロゴスのカタログは無料のアウトドア教科書だった

ロゴスの製品は扱いやすく機能性が高いことから、キャンパーの間でとても人気があります。そんなロゴ...

簡単バーベキューメニュー!こどもに大人気なレシピをご紹介

バーベキューは季節ごとに楽しめる、ファミリーレジャーの定番です。さて、ファミリーでバーベキュ...

キャンプファイヤーの歌といえば?定番の歌をご紹介!

みなさんは、キャンプファイヤーの時に歌う歌といえば、何が思い浮かびますか?薄暗い自然の中で、...

スポンサーリンク

コールマンの寝袋!その特徴とは?

連結可能なコールマンのパフォーマーについて詳しくご紹介する前に、コールマンの寝袋の特徴をご紹介します。

コールマンの寝袋全体を見てみると、車移動のキャンプ向けのものが多いようです。

山登りに持って行く寝袋は、長時間自分で背負って持ち運ばなければならないため、軽量性やコンパクト性が重視されます。

しかしコールマンの寝袋は、比較的軽量性もコンパクト性もあまり高くはない特徴があるので、山登りよりも車移動のキャンパーにおすすめと言えるのです。

また、まるで自宅の布団かのような寝心地で、快適な寝袋が豊富に取り揃えられているのも特徴の1つです。

コールマンの寝袋の形は、大きく分けて封筒型とマミー型の2つあります。

封筒型は、自宅で使用する布団と似ている長方形で、後述するパフォーマーはこのタイプです。

コールマンの主力商品を見ても、封筒型が多いです。

マミー型は、その名の通りマミー(ミイラ)のような形をしていることから、そう呼ばれるようになりました。

両者の形状はかなり違い、機能なども異なるのでご紹介していきます。

コールマンの封筒型寝袋とマミー型寝袋とは?

ではまず、コールマンのパフォーマーを含む、封筒型寝袋の良い点をご紹介します。

・普段使っている布団に近い形状なので違和感がない

・寝ている時、締め付けられるような圧迫感がない

・マミー型に比べて、リーズナブルな価格

・同モデルの同サイズと連結ができて、家族で便利に使える

次に、封筒型寝袋をマイナスに感じる点をご紹介します。

・マミー型と比べると重い

・収納がどうしても大きくなる

・マミー型と比べて体との密着度が低いため、寒冷地には向いていない

暖かい時期のキャンプにおすすめなのが、封筒型の寝袋です。

前述したように、車移動のキャンプに適していると言えるでしょう。

続いて、マミー型寝袋の良い点をご紹介します。

・コンパクトになる

・軽量性が高い

・体としっかり密着するので、寒冷地に最適

次に、マミー型寝袋のマイナス点をご紹介します。

・ぴったりと密着するので、多少の圧迫感を感じることがある

軽量性が高く、コンパクトになるので登山やバイクツーリングに最適です。

季節を問わず使用できるのも特徴です。

人気寝袋コールマンのパフォーマー!見やすい商品表示!

コールマンの寝袋の形が分かったところで、次に商品表示の見方について少しご説明します。

コールマンの寝袋はリニューアルすると商品名の後ろに数字が付いたり、数字の数が増えたりしていきます。

後でご紹介する、連結可能な人気モデルのパフォーマーを例にあげましょう。

リニューアル前の商品名は「パフォーマーⅡ」でしたが、2018年12月現在は「パフォーマーⅢ」になっています。

通販サイトでは、旧モデルと新モデルが混在していることもあるので、購入時には注意してください。

また、商品名の最後に快適温度の目安の記載があります。

以下を参考にしましょう。

●パフォーマーⅢ/C15…快適温度が15度以上で、夏向きです。

●パフォーマーⅢ/C10…快適温度10度以上で、3シーズン対応します。

●パフォーマーⅢ/C5…快適温度5度以上で、3シーズン対応します。

このように、快適温度が付いているので選びやすいですよね。

自分に合ったサイズが選べるコールマンの寝袋!簡単な連結方法とは?

コールマンの封筒型の寝袋は、保温力が同じでも、モデルによって広げた時のサイズが異なるので注意しましょう。

●パフォーマーⅢ/C10…使用時サイズ:80センチ×190センチ

●コージーⅡ/C10…使用時サイズ:84センチ×190センチ

このように、横幅が4センチ異なります。

女性やお子さんであれば、横幅が80センチでも十分快適ですが、肩幅の広い男性には84センチあったほうがゆったりと使用することができます。

横幅のサイズを見落とさず、選ぶようにしましょう。

また、前述のとおり、コールマンの筒形寝袋は同モデルの同じサイズで互いのファスナーを合わせるだけで連結が可能です。

やり方は簡単で、2つの寝袋のジッパーを下まで下げて広げたら、各寝袋を二つ折りにし、内側を向き合わせてファスナーすれば、連結できます。

家族向けに、もともと連結させてある横幅の大きな寝袋もあるので好みで選んでください。

連結が簡単なコールマンのパフォーマーの商品紹介!

では、コールマンのパフォーマーの商品紹介をします。

【コールマン:パフォーマーⅢ C5】

・参考価格 4,946円

・快適温度 5度

・サイズ 80センチ×190センチ

・収納サイズ 直径24センチ×41センチ

・重量 1.4キロ

コールマンの寝袋の中でも、リーズナブルな価格で人気のアイテムです。

表地・裏地ともにポリエステルでできているため、手触りがウィンドブレーカーのような少しザラザラとした感触です。

実際に使用した方の中には「キャンプの初心者にぴったり」といった感想が見られました。

手頃な価格帯なので、キャンプを始めたばかりの方や、年に1回位しか使用しない方などにも人気です。

もちろん、同サイズで連結もできるので、家族連れでキャンプを始める方などにもおすすめです。

リニューアル後のパフォーマーⅢは、生地が食い込みにくいファスナーが採用されているため、スムーズに開閉ができるようになりました。

実際に、「ファスナーに上手い工夫がなされているため、生地に食い込みにくくなった」といった喜びの声もあります。

また、以前は無かったスマートフォンを収納できるポケットが内側に付いて、機能性が向上しました。

こちらには、快適温度別にC10(10度)とC15(15度)があるので参考にしてください。

連結できる!パフォーマーと同様人気の封筒型寝袋!

続いて、コールマンでおすすめの寝袋をご紹介します。

【コールマン:コージーⅡ C5】

・参考価格 5,918円

・快適温度 5度

・サイズ 84センチ×190センチ

・収納サイズ 直径26センチ×42センチ

・重量 2キロ

生地はパフォーマーと同様のポリエルテルですが、質感は異なり肌触りは大変良いです。

前述したように、パフォーマーと比べると横幅が4センチ広いため、体格の良い男性でも快適に眠ることができます。

また、リニューアル後は抗菌加工の機能が追加され、清潔に使用できます。

同サイズで連結ができるので、さらに広く使うことができます。

こちらのモデルには、この他に快適温度C10(10度)があります。

次にご紹介するのがこちらです。

【コールマン:フリースEZキャリースリーピングバッグ C0】

・参考価格 6,457円

・快適温度 0度

・サイズ 84センチ×190センチ

・収納サイズ 直径28センチ×41センチ

・重量 2.7キロ

秋冬向けの寝袋で、この他にC5(5度)のモデルがあります。

外側に起毛素材、中側にフリース素材を使っているため暖かく、保温性が高いです。

収納には、横型EZキャリーケースを使用し、出し入れがしやすいです。

フリースを沢山使用しているため、コンパクトにまとまりにくく、収納サイズが大きくなってしまう点にご注意ください。

実際に使用した方からは「フリース生地でとても暖かい」「10月のキャンプで朝晩冷え込んだがぐっすり眠れた」といった感想が見られました。

収納は少し大きくなってしまいますが、暖かく快適に過ごすことができます。

もちろん同サイズで連結できるので、お子さん連れにもぴったりです。

季節や用途に合わせてぴったりの寝袋を選ぼう!

一口に寝袋といっても、形や機能などがそれぞれ違います。

車移動のキャンプには、布団のような寝心地の封筒型がおすすめです。

使用する時期や用途よって選ぶ寝袋が違うので、商品表示などをよく見て選びましょう。

この記事を参考に、キャンプの夜を快適に過ごせる寝袋が見つかるといいですね。