バックパックひとつでソロキャンプへ!ブログでおすすめは?

キャンプに出掛けると、自然に囲まれて過ごすので日常から解放されてリラックスできますよね。

最近では、ソロキャンプに挑戦する方も増えています。

オートキャンプでない限り、荷物はできるだけコンパクトにしなければなりません。

そんな時、バックパック1つでソロキャンプに行けたらいいですよね。

この記事では、アウトドアブログでおすすめのソロキャンプに行くときのバックパックの容量や、持って行くキャンプ道具などもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モンベルのエアマットが野宿に良し!修理キット付きで安心!

キャンプの時など、屋外で夜を明かす時に欠かせないのが、寝袋と『エアマット』です。 エアマットに...

スノーピーク大人気のローチェア!気になる洗濯方法とは?

アウトドアに持って行きたいものの1つに、座り心地の良い椅子があります。 ただ座ってゆっくりした...

アウトドアで使いたいスノーピークの椅子!その修理方法とは

アウトドアを快適に過ごしたい方におすすめしたいのが、座り心地の良い椅子です。 ご自身にぴったり...

初めてでも美味しく!SOTOの燻製器の使い方と簡単レシピ

キャンプの華、アウトドア料理。 多彩なメニューの中に『燻製料理』があります。 「やってみたい...

キャンプ料理におすすめ!簡単に誰でも作れるレシピのご紹介

大自然を楽しめるキャンプは、その中でいただくご飯も楽しみの一つでしょう。 みんなで楽しみながら...

キャンプ料理の名脇役!一皿のスープでお腹も心もあったか

バーベキューやカレーなどはキャンプ料理の王道ですが、毎回それだけでは飽きてしまいます。 そんな...

クーラーボックス台は100均や代用でコスト削減!

様々なキャンプ道具を揃える中で、クーラーボックス台は購入しようか迷うアイテムの1つでもあります。 ...

定番のコールマン!そのスクリーンタープの張り方は?

アウトドアの大定番ブランドと言えば、コールマン(Coleman)ではないでしょうか。 コー...

憧れのコールマンアテナシリーズ!みんなの口コミが知りたい

家族や仲間と、泊まりでアウトドアハイキングなどに出掛ける時、無くてはならないものの一つが大きめなテ...

カビを防いで清潔に!キャメルバックのボトル分解清掃の仕方

サイクリストに愛用されているキャメルバック。 非常に耐久性に優れており、簡単に素早く水分補給が...

ユニフレームのライスクッカーで失敗しない!使い方も簡単!

キャンプでの炊飯というと飯盒が思い浮かびますが、飯盒での炊飯は火加減が難しくて失敗しやすいですよ...

モンベルのポールが壊れた!修理をするにはどうすればいい?

数多くあるメーカーのテントの中でも、日本のアウトドアメーカーのモンベルのテントは、比較的手の届き...

ユニフレームのコットは寝心地抜群で自分で張り替えもできる

ハードな環境で使うことの多いアウトドア製品は丈夫に作られているとはいえ、一部が破損したり破れたり...

サイフォン式コーヒーはネルフィルターの交換がポイント?

コーヒーは、私たちにとってとても身近な飲み物です。 その味わいと香りは、アウトドアの際の癒しにも...

バーベキューを楽しもう!具材やレシピを変わり種にしたい!

バーベキューの定番の具材といったら「肉・野菜・魚」といったところでしょうか。 シンプルに炭火焼...

スポンサーリンク

キャンプに行くときに持って行くバックパックの容量は?

初めてソロキャンプに行くとき、どうような容量のバックパックを持って行けばよいか迷ってしまいますよね。

持って行く道具にもよりますが、キャンプで滞在する日数によっても選ぶべきバックパックが変わってきます。

キャンプの滞在日数別の一般的なバックパック容量が、こちらです。

・日帰り:20リットルから25リットル
・テント泊:40リットルから50リットル
・冬場のテント泊 50リットルから60リットル

テント泊を考えている場合は、少なくとも40リットルの容量が必要になります。

あるアウトドアブログによると、用途に合わせて30リットル・50リットル・大容量の75リットルを使い分けているという方もいます。

慣れた場所で軽量化できる場合は30リットルのものを使い、初めて行く場所や食材が多い場合には75リットルにするなど、臨機応変に対応しているようです。

テントやシュラフ、マットや椅子といったものを持参する場合、50リットルから80リットルの容量が必要となるでしょう。

アウトドアブログでは、小さいバックパックを購入したために失敗してしまったことも記載されています。

次の項で詳しくご紹介します。

ソロキャンプのバックパック!ブログのおすすめは少し大きめ!

ソロキャンパーを見てみると、軽量化を求めて25リットルから35リットルのバックパックを使用している方が多くいます。

また、軽量装備を紹介しているアウトドアブログも沢山あります。

しかし、少し荷物が増えたり、違うアイテムだったりしただけで入らなくなるのでご注意ください。

前述した、小さいバックパックを購入してしまった方のソロキャンプの持ち物をご紹介します。

・折りたたみテーブル
・テント
・マット
・グランドシート
・シュラフ
・小型クッカー

このようなアイテムを35リットルのバックバックに入れたところ、かなりぎりぎりでハンドタオルさえ入らない状況でした。

前項でもご紹介しましたが、テント泊するのに35リットルは厳しいようです。

ソロキャンパーだからといって、ここまでバックパックを軽量化して、持って行きたいものが入らなくなってしまっては元も子もありませんよね。

ブログによると、「35リットルと明記してあるのに実際には30リットルしか入らない」といったバックパックもあるようです。

1泊であっても、細々とした荷物が増えることも想定して、少しゆとりのある50リットルをおすすめしているブログが多いです。

大きめを購入して、余ったら調整できるものもたくさんあります。

初めてのキャンプで少し大きめのバックパックを購入しておけば、新しいキャンプ道具が増えても安心ですよね。

大きいキャンプ道具を軽量化しよう!ブログでのおすすめは?①

バックパックは、なぜ少し大きめなものを選ぶのが良いかをお伝えしました。

次は、その中に入れる荷物です。

一般的にキャンプに必要なものといえば、テント・マット・椅子・テーブルなどその他にも色々とあります。

少し大きめなバックパックがあったとしても、持って行く1つ1つのアイテムはできるだけコンパクトで軽量化したいですよね。

荷物をコンパクトにするためには、大きなキャンプ道具の軽量化を図ることも1つの手段です。

いくつかのアウトドブログでは、テントはかさばるので代わりにタープやハンモックで対応させたり、寝袋はダウンのものを選ぶことをおすすめしています。

また、マットは長さが短いエアマットを選びます。

椅子とテーブルといったかさばるものは持って行かず、代わりに折りたたみができる座布団などを持参している方もいるようです。

次の項では、アウトドブログで紹介してる大きな荷物を軽量化させたアイテムを具体的にご紹介します。

大きいキャンプ道具を軽量化しよう!ブログでのおすすめは?②

では、アウトドアブログでおすすめする大きな荷物を軽量化するために必要なアイテムをご紹介します。

●タープ

【タトンカ:2TC】

・収納サイズ 57センチ×24センチ×5センチ
・重量 1.35キロ

タープ泊でおすすめはこちらです。

雨対策や風よけになり、軽量で色々な形に張れるものもあります。

●焚火台

【ピコグリル:398】

・重量 620グラム(網とセットで)
・収納サイズ 34センチx23センチx2センチ

とてもコンパクトで、燃焼効率が良く調理がしやすい焚火台です。

大変薄いステンレス素材できていて、軽量性と強度が高いです。

夜、自然の中で焚火を眺めるのもキャンプの楽しみの1つなので焚火台は持って行きたいですよね。

男性の中には、「焚火をぼーっと眺めているだけでリラックスできる」という方も多いです。

●ハンモック

【KAMMOK:ROO】

・収納サイズ 直径12センチx高さ15センチ
・重量 690グラム

ソロキャンプでテント代わりにハンモックを使用します。

このことが荷物の大幅は軽量化につながります。

テントの代わりだけではなく、椅子の代わりとして使うことができます。

このハンモックは「ツリーストラップ」という木に結ぶときに必要なロープが別で必要なのでご注意ください。

このロープと合わせても1キロくらいなので、通常のテントと比べるとかなり軽量です。

次の項では、アウトドアブログでおすすめするソロキャンプ向きのバックパックをご紹介します。

ソロキャンプにおすすめのアルパインバックパック!①50リットル

キャンプで歩く距離が長い場合、おすすめなのが「アルパインバックパック」という登山などで使用されるものです。

電車やバス、徒歩でキャンプ場まで行く場合でも、楽に歩けます。

ポケットが多く、収納に便利なものも沢山でていますが、その分重量が大きくなってしまうのでご注意ください。

キャンプは山登りなど異なり、サイトについてから道具を出すことが多いので、アウトドアブログでは「ポケットは無くても大丈夫」といった記載も見られます。

アウトドアブログで50リットルのおすすめ商品はこちらです。

【モンベル:ゼロポイント アルパインパック50】

軽くシンプルな作りのバックパックです。

重量も1.6キロで背負い心地も抜群です。

元々登山用なので、山道でも歩きやすいよう横幅が狭くスリムな形状です。

また、登山用なため、ストックを固定できる箇所が付いています。

そこに三脚が入るので「キャンプには三脚付きのカメラを持って行きたい」といった方にもぴったりです。

ソロキャンプにおすすめのアルパインバックパック!②

続いて、冬のソロキャンプにおすすめのバックパックを2点ご紹介します。

【グレゴリー:バルトロ65】

こちらのサイズは、下記の3種類です。

サイズによって、容量と重量が異なるので参考にしてください。

・Sサイズ/容量:61リットル 重量 2399グラム
・Mサイズ/容量:65リットル 重量 2490グラム
・Lサイズ/容量:69リットル 重量 2580グラム

バックパックの内側に給水リザーバー用のスリーブが付いていますが、これを取り外してサブバックとして使うこともできます。

続いてご紹介するのがこちらです。

【ミレー:マーカム60+20】

機能満載のバックパックです。

バックパック上部の蓋を外してサブバックにもなります。

・容量 51リットル以上
・サイズ 73センチ×32センチ×21センチ

雪山にも対応する耐水性も兼ね備えたバックパックなので、ブログでも高評価です。

滞在日数やキャンプ道具からぴったりのバックパックを見つけよう!

ソロキャンプにおすすめのバックパックについて色々とご紹介しました。

バックパックは滞在日数や、ご自身で持参するキャンプ道具などを考慮に入れて選びましょう。

この記事でご紹介した他にも、アウトドアブログでは沢山のバックパックが紹介されているので参考にしてください。

ご自身の用途にぴったりのものが見つかるといいですね。