モンベルのヘルメットを便利に収納!ヘルメットホルダーとは

近年、登山やアウトドアレジャーをする際に、必要なアイテムとなりつつあるのがヘルメットです。

登山中やアウトドアシーンでは転倒や滑落は、誰にでも起こりうるハプニングだといえるでしょう。

ヘルメット持ち運ぶのには、バックパックの中に入れて持ち運ぶのが一番安全ではありますが、その他にもヘルメットホルダーというアイテムを使用して持ち運ぶという方法があります。

誰もが知るアウトドアメーカー、モンベルのヘルメットや、そのヘルメットを収納できる便利なヘルメットホルダーについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジェットボイルで簡単登山飯!ミニモの使い方を一緒にご紹介

登山であっても、キャンプ同様クッカーは重要なアイテムの1つです。ご来光を眺めるなら尚更、1泊...

ロゴスの人気のカマドと焼き網を使って料理をしてみよう!

皆さん、ロゴスから発売された人気のカマドをご存知ですか?ロゴス製のカマドは組み立て式なのですが...

オプティマス製ストーブのnovaがすごい!燃料は灯油以外も!

長年愛されているアウトドアメーカーの一つに、オプティマスがあります。代表作にはnovaなどの...

キャンプにはコールマンの椅子を!折りたたみ方式と収束式

椅子はキャンプにおいて、テーブルと同じくらい重要なものです。アウトドア用品の人気ブランド、コ...

コールマンのランタン!丸グローブを286に付けてアレンジを

夜のベースを彩るランタンは、キャンプには欠かせない存在です。灯り自体は懐中電灯で事足りるかも...

ポーラテック素材のフリース!米軍仕様の一着を見つけよう

アウトドアに興味がない人も、軽くて暖かく、おしゃれなフリースを探している方も多いですよね。様々...

通気性はアウトドアスニーカーに必須!?カラーは白が人気?

通気性のよいアウトドアスニーカーを選ぶのにはポイントがあります。選び方を間違えると、有意義なアウ...

スノーピークのトルテュが廃盤でもエルフィールド登場!

スノーピークのテントである、トルテュシリーズが2018年廃盤決定となりました。大人数でのキャ...

ソロキャンプで大活躍!プリムスイージークックソロセットm

キャンプギアの1つにクッカーがあると思いますが、キャンパーのみなさんはどのクッカーを使っています...

キャンプ用品はロゴスがおすすめ!ダサいなんて言えません!

キャンプ用品は、さまざまなブランドが販売しています。そこで、今回スポットを当ててご紹介するの...

ストーブの不完全燃焼はどう防ぐ?原因や直し方をご紹介!

キャンプがいちばん盛んな時期といえば夏ですが、秋から冬にかけてのキャンプもいいものです...

スノーピークのペンタシールドとは?魅力をブログから分析!

スノーピークは国産のアウトドアブランドで、その丁寧な商品作りとユーザー目線のサービスに定評があり...

優秀なグレゴリーザック!もしもの時の修理方法をご紹介!

登山をするには様々な登山アイテムが必要となります。ウェアやシューズ、携帯食やもしもの時の医療キ...

サコッシュでアウトドア!ショルダーバッグとの違いは?

最近人気の出ているショルダーバッグ・サコッシュ。袋状・長方形と、形に違いがありますがどれもマ...

人気ブランドモンベルのカヤック!便利な折りたたみ式ご紹介

アウトドアといえば、キャンプや登山、トレッキングなどを思い浮かべる人も多いかと思います。自然...

スポンサーリンク

登山用ヘルメット着用の重要性とその種類とは

長野県の御岳山噴火の事故などもあり、登山時のヘルメットの着用が増えてきている傾向にありますが、ヘルメット着用の目的は落下物から頭部を守るだけではありません。

自然災害よりもより起こる確率があるのは、登山の際に転倒したり滑落することではないでしょうか。

そのようなアクシデントに備えて、登山用のヘルメットは必要不可欠なアイテムと言えます。

ヘルメットはバックパックの外側につけてぶら下げることが多いですが、ヘルメットホルダーの使用は破損の可能性はゼロではないので、基本的にはバックパックの内側に収納する方がおすすめです。

登山用のヘルメットには「インモールドタイプ」と「ハードシェルタイプ」の2種類のタイプのヘルメットがあります。

インモールドタイプのヘルメットはハードシェルよりも軽く、通気性が良く蒸れにくいです。

価格はハードシェルよりもやや高く、強い衝撃には弱いですが、その軽さとデザインの多さで女性や子供でも気軽に着用しやすくなっています。

ハードシェルタイプのヘルメットは外側が固い素材でできているため、傷がつきにくいため長持ちします。

比較的価格が安めで、耐久性にも優れているので人気があります。

薄くてコンパクトであるけども、インモールドより重たく感じるという評価もあります。

どちらのタイプのヘルメットでも、非常時には頭部を守るものなので、自分の頭の形に合ったものをしっかりと選ぶことが重要です。

また、ヘルメット着用時は脱げてしまわないように、ストラップを締めてバックルでしっかりととめておきましょう。

次項では、モンベルの登山用のヘルメットについて詳しくお伝えしていきます。

モンベルの登山用ヘルメットにはどんなものがある?

様々なメーカーからアウトドア用のヘルメットが販売されていますが、ここでは国内ブランドであるモンベルに絞って、登山の必須アイテムであるヘルメットをご紹介していきます。

●モンベル:L.W.アルパインヘルメット

国際的な安全基準を満たした登山・クライミング用のインモールドタイプのヘルメットです。

日本人の頭部形状に合うように設計され、サイズは2種類あります。

ビギナーからベテランまで幅広く人気があり、アジャスター付きで頭の位置を調整できます。

重量は220gと非常に軽く、カラーは4種類あり、メーカー参考価格は税別8,900円です。

●モンベル:シクロ

後頭部にフィット感調節機能の付いた、クライミング用のハードシェルタイプのヘルメットです。

高強度素材を使用しており耐久性に優れ、ヨーロッパ規格登山用ヘルメットの安全基準に適合しています。

重量は364gで、サイズはフリーサイズ、カラーは2種類あり、メーカー参考価格は税別6,500円です。

●モンベル:アルパインヘルメット kids

国際的安全基準を満たした、子供用のクライミングヘルメットです。

子供だけでなく頭囲の小さい大人でも使用可能で、ヘッドランプホルダー付きです。

重量は335gで、カラーは3種類あり、メーカー参考価格は税別5,400円です。

次項では、ヘルメットホルダーについてお話ししていきます。

あると便利なアイテム・ヘルメットホルダーって何?

登山をし始めたら、ヘルメットは常に装着し、バックパックには物をぶら下げないのが基本とされています。

しかし、バックパックの中がテントや寝袋などのアイテムでいっぱいで、ヘルメットが収納しきれないこともあるでしょう。

あるいは、登山に向かう電車や町なかでヘルメットを被っているのも違和感を感じるかもしれませんよね。

そこで、そのような状況の中で役に立つのがヘルメットホルダーです。

ヘルメットホルダーは手持ちのバックパックの外側に取り付けることで、手を塞ぐことなくヘルメットが持ち運びできます。

前項では、モンベルの登山用ヘルメットについてお伝えしましたが、ヘルメットホルダーも取り扱いがあります。

●モンベル:ヘルメットホルダー

ストレッチ素材を使用し、様々な大きさのヘルメットやウェアを収納することができます。

左右2本ずつのサイドテープ(幅2cm以下)が付いているバックパックなら対応可能です。

カラーはブラックの1色展開で、サイズは高さ24.5cm×幅23.5cm・重量は77gで、メーカー参考価格1,300円とお手頃な価格です。

もしも、購入したあるいは購入を検討しているヘルメットがモンベルのものであれば、同じメーカーでヘルメットホルダーを揃えて購入してもいいかもしれませんね。

ヘルメットホルダーを使用する際に気を付けたいことは?

先に少し触れましたが、やむをえずバックパックにヘルメットを外付けする際には、岩に当てて傷付けたり枝に引っ掛けて転倒したりしないようにする注意が必要です。

ヘルメットホルダーは、モンベル以外のメーカーにも取り扱いがありますので、お手持ちのバックパックに合うものを探しましょう。

そこで、ヘルメットホルダーを選ぶ際に、ヘルメットを傷付けないようにするために押さえておきたいポイントがあります。

①1か所だけでなく、数か所でしっかり固定できるタイプのホルダーを選ぶ

②ヘルメットが、ネットや布ですっぽり覆われる形状のホルダーを選ぶ

この2点に注意して選べば、ヘルメットの破損や、ヘルメットがどこかに引っかかって起こる転倒などをある程度防ぐことができるでしょう。

多数あるヘルメットホルダーの中でも、あらゆるバックパックに取り付けが可能なものも販売されています。

複数のバックパックを所有している方でも、時にはバックパックの容量が足りなくなることもあるかもしれませんので、そのような時にはヘルメットホルダーはおすすめのアイテムです。

サイクリングの必須アイテム!モンベルのサイクルヘルメット

誰もが知っていることですが、オートバイやスクーターはヘルメットの着用義務があり、ヘルメットホルダーがあるので置き場所には困りません。

しかし、自転車の場合ヘルメットの着用の義務がなく収納場所もないため、街中ではヘルメットの着用は少ないのが現状です。

速度の出る自転車に乗る場合、ヘルメットの着用は、転倒やケガから頭部を守るには必要不可欠です。

そこで、今後サイクリングやロードバイクを趣味にしたい方に、おすすめのモンベルのサイクル用ヘルメットをご紹介していきます。

●モンベル:サイクルヘルメット

日本人の頭部形状に合わせて設計された、ロードバイク用のヘルメットです。

サイズはS/MとM/Lの2種類あり、カラー展開は4色です。

重量はS/Mサイズで195g、M/Lサイズで215gで、メーカー参考価格は税別6,500円です。

●モンベル:トレールライドヘルメット

後頭部までを保護するように設計された、長めのバイザーを装備したマウンテンバイク用ヘルメットです。

サイズはS/M(54~58cm)とM/L(58~62cm)の2種類で、カラー展開は2色です。

重量はS/Mサイズで285g、M/Lサイズで315gで、メーカー参考価格は税別8,900円です。

また、モンベルの製品でヘルメット内に雪や雨の侵入を防止する、ヘルメットカバーという製品があります。

ストレッチ素材を使用しているため、上記の2つのヘルメットに共通して取り付けられるだけでなく、先にご紹介した登山用ヘルメットや様々なヘルメットにも対応した便利アイテムです。

雪や雨で頭が濡れるのが気になる方は、ぜひ試してみてください。

モンベルのヘルメットホルダー付きバックパック

ここまでバックパックとヘルメットホルダーは、それぞれ単体のものとしてお伝えしてきました。

しかしここでは、モンベルで取り扱うサイクル用のバックパックでも、ヘルメットが外側に取り付けられる、ヘルメットホルダー付きのバックパックをご紹介します。

●トレールライドパック

激しいライディングにもしっかりとフィットする、マウンテンバイク用軽量バックパックで、軽量性と耐久性に優れたオリジナルのバリスティックナイロンという素材を使用しています。

ヘルメットホルダーや工具用のポーチ、ライトホルダーやレインカバーなど多くの便利な機能を備えています。

容量は8Lと15Lがあり、8Lは重量635gで、カラーは2色、サイズは高さ45×幅24×奥行き13cm、メーカー参考価格は税別11,000円です。

15Lは重量650gで、カラー展開は2色、サイズは高さ45×幅26×奥行き15cm、メーカー参考価格は税別12,000円です。

●ドライサイクルパック 20

防水性と耐久性に優れた素材を使用し、背面は蒸れにくい3Dメッシュパッドを使用しています。

ライトホルダーや夜間の視認性を向上する反射フィルムを備えています。

仕様は重量640gで、容量は20L、サイズは高さ45×幅31×奥行き15cmで、メーカー参考価格は税別14,000円です。

どの製品も容量は大きくないので、サイクリングやロードバイク向きですが、簡易的にヘルメットを取り付けられるので便利なアイテムです。

ヘルメットホルダーを別に買うのがいやな方は、最初からバックパックにヘルメットホルダーが付いているものを選ぶと便利ですね。

自分に合ったヘルメットを選んで登山やサイクリングを楽しもう

登山やサイクリング、アウトドアシーンでヘルメットの必要性と重要性は分かっていただけたと思います。

ヘルメットの収納場所がバックパックにない場合は、ヘルメットホルダーも活用して持ち運びを楽にしていまいましょう。

こちらでご紹介した記事を参考にヘルメットを選んでいただき、可能であれば店頭で実際に試着して、自分の頭にしっかり合ったヘルメットが見付かるといいですね。