焼くだけ簡単!バーベキューの肉は漬け込みがおすすめ!

バーベキューの時のお肉は、たれをつけて食べるのがポピュラーかもしれませんね。

しかし、たれをつけてお肉を食べるスタイルだと、たれ専用の皿が必要になったり、たれが足りなくなったりなどすることもあるでしょう。

そのような手間を省くために、バーベキューのお肉を事前に漬け込み、味をつけてしまえば、焼くだけで現地での下準備を減らせます。

今回は、バーベキューのお肉の漬け込みの方法や、一緒に漬け込むとよい食材、おすすめのレシピなどをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ユニフレーム3種類の燻製器!使い方と特徴を詳しく紹介

自宅やキャンプで、少し変わった料理が食べたいときに、燻製料理はおすすめです。 燻製料理と聞くと...

コールマン製品でホワイトガソリンの注ぎ方のコツ

ホワイトガソリンを使用したランタンやバーナーは、主にコールマンが製造しており、その製品も高いシェアを...

バーベキューコンロは老舗ブランドコールマンで決まり!

アウトドアの醍醐味と言ったら、バーベキューではないでしょうか。 屋外でとる食事は、いつもより一...

魅力のペトロマックスhl1を分解!上手なメンテナンス方法

そのなんとも言えないエレガントな見た目から、多くのアウトドアファンを魅了しているペトロマックスの...

ダッチオーブンをシーズニング!炭火や薪で行うのが正しい?

キャンプにあると嬉しい、ダッチオーブン! しかし、ダッチオーブンのお手入れの1つでもある、シー...

キャンプで車中泊!ブログの体験談を参考にやってみよう!

キャンプと言えば、テントに泊まることを想像する方が多いのではないでしょうか。 しかし、実は、キ...

老舗ブランドオプティマスの8r!メンテナンス方法をご紹介

アウトドアで、どうしても必要となるのは「火」です。 木炭やガスコンロで火を起こすのもいいですが...

スノーピークチェアのOEM版?スノーピークと何が違う?

アウトドア製品で人気の「スノーピーク」ですが、近年ではインテリアとしても人気がでてきています。 ...

大人気!スノーピークの優秀なツーバーナーの特徴と使い方

キャンプやバーベキューで料理をする時に大活躍してくれるのが、ツーバーナーです。 ツーバーナーは...

バーベキューに使用した炭の後始末方法と活用方法をご紹介!

バーベキューコンロを使用して行う焼肉などは、アウトドアの花形ですよね。 タレの焦げる匂いの...

ユニフレームツーバーナーは専用ケースに入れて持ち運ぼう!

ユニフレームのツーバーナーは人気の高いアウトドアアイテムです。 そのユニフレームのツーバーナーが...

バーベキューを盛り上げたい!おすすめの具材や食べ方は?

バーベキューで定番の具材といったら、「肉」が一般的といえるのではないでしょうか。 肉の種類でい...

コールマンのランタン!丸グローブを286に付けてアレンジを

夜のベースを彩るランタンは、キャンプには欠かせない存在です。 灯り自体は懐中電灯で事足りるかも...

キャンプで快適に眠るためのテントマット!そのおすすめは?

泊りがけでキャンプに行くとき、頭に浮かぶものといったら「寝袋」ではないでしょうか。 しかし、よ...

ヒルバーグのテント・ケロンを調査!ブログでの評判は?

ヒルバーグのテントと聞いて「一度は手にしてみたい」と考えるキャンパーは多いのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

バーベキューのお肉は漬け込みをしたほうがよい?

バーベキューに使うお肉は、牛肉、豚肉、鶏肉などいくつか種類があります。

バーベキューでお肉を焼いたら、肉の種類に合わせて色々なたれをつければ色々な味が楽しめます。

しかし、たれの種類が多くなると、その分たれを出すお皿が必要になりますよね。

なるべくなら、バーベキューで出る洗い物は少なくしておきたいものです。

そこでおすすめなのが、お肉を食材や調味料で事前に味付けして、漬け込みをする方法です。

事前に漬け込みをしておけば、現地では焼くだけなので下準備を減らせ、時短につながります。

また、事前に漬け込む調味料や食材によっては、お肉を柔らかくする効果も期待できます。

特に安いお肉を使う場合には、漬け込み方次第では、そのまま焼くよりも美味しく感じることもあるようです。

バーベキューの時だけでなく、普段のお料理に使うお肉にも、ひと手間かけて漬け込みをすると、お肉を美味しく食べることができるのでおすすめです。

お肉を塩水に漬け込みをすると肉が柔らかくなる!?

お肉を柔らかくするために、数年前に塩こうじを使う方法が流行ったことがありました。

しかし、その塩こうじを使うよりも、もっと手軽に試せる方法があります。

それは、「お肉を塩水に漬け込みをする」方法です。

この方法は普段食べる薄切りのお肉よりも、バーベキューなどで使うブロック肉などにおすすめです。

漬け込みをするお肉は、どの種類のお肉でも構いません。

まず、1リットルの水をボウルなどに用意し、その水に対して3~5%の塩を入れます。

つまり、塩を30g~50g水に溶かすことになります。

次に、この塩水の中にブロック肉を入れて、ラップで覆って2時間程度漬け込みます。

塩水に漬け込みをすることで、肉の組織が引き締まり、加熱による水分の流出を防ぐ効果が期待できるようになります。

それによって、お肉の水分が逃げづらくなり、焼き上がりがジューシーに仕上がり美味しくなります。

塩というどのご家庭にあるもので簡単に試せるので、バーベキューの前にご自宅の調理でやってみるのもよいかもしれませんね。

お肉と一緒に漬け込みをするのにおすすめの食材

塩水の他にも、バーベキューに使うお肉を柔らかくできる方法があります。

それは、「お肉と一緒に食材などを漬け込みする」方法です。

お肉と一緒に漬け込みをすると、お肉が柔らかくなる食材には、玉ねぎ、果物、ヨーグルトなどがあります。

常備菜としてご家庭にある玉ねぎをすりおろして、前日から漬け込みをしておくと、翌日のバーベキューで美味しくお肉をいただくことができます。

果物を使うのであれば、キウイ、リンゴ、梨などを同じようにすりおろして使うとよいでしょう。

ただし、果物を使用する漬け込みには注意が必要で、漬け込み時間は長くて30分くらいにとどめるとよいでしょう。

なぜなら、果物はお肉の繊維を溶かす成分が強いためです。

また、ヨーグルトは乳酸菌を含んでいるため、お肉を柔らかくする効果があり、特に鶏肉と相性がよいのでおすすめです。

ヨーグルトと一緒にたれやカレー粉を漬け込みをすると、本格的インド料理のような味を楽しむこともできます。

他にも、ビールやコーラ、ワインなどの飲料と一緒に漬け込みをしても、お肉を柔らかくしてくれます。

特にワインは、牛肉のブロック肉の漬け込みにおすすめで、お肉を焼く際にはたっぷりと塩コショウをしてから食べると美味しくいただけます。

牛肉を漬け込みするなら?バーベキューおすすめレシピ

こちらでは、初めての方でも簡単にできる、牛肉のバーベキュー漬け込みレシピをご紹介します。

●漬けて焼くだけの牛肉ステーキ

【材料】

・牛肉ステーキ…1キロ弱
・しょうゆ…50ml(1/4カップ)
・砂糖かはちみつ…大さじ3
・酢…大さじ2
・ガーリックパウダー…小さじ1と1/2
・食用油50ml(1/4カップ)
・ねぎ…お好みで

【作り方】

①ステーキ肉に包丁で、3ミリほどの切込みを斜め格子状に、繊維に対して垂直になるように入れる。

②上記の調味料を混ぜ合わせ、ジッパー付き保存袋かトレーなどに入れ、冷蔵庫で4時間以上まんべんなく浸して漬け込む。

③十分に温まった網で、中の肉汁を閉じ込めるように表裏それぞれ3~4分強火で焼く。

網で焼く際には、網に油か酢を塗っておくとお肉がくっつきにくくなるのでおすすめです。

豚肉におすすめの漬け込みレシピはこれ!

こちらでは、簡単にできる、豚肉の漬け込みレシピをご紹介します。

バーベキューはもちろん、ご家庭でもできるのでおすすめです。

●豚ロースの漬け込みブロック肉

【材料】

・豚ロースブロック肉…300g~400g
・オイスターソース…大さじ2
・しょうゆ…大さじ1
・すりおろしにんにく…ひとかけ分(チューブでも可、3cmくらい)

【作り方】

①味が染み込みやすくなるように、フォークで刺して穴をあける。

②ビニール袋やジッパー付き保存袋などにお肉を入れ、上記の調味料も入れる。

③よく揉み込んでから、冷蔵庫で半日から1日漬け込みをする。

バーベキューならブロックのまま焼いてもよいですし、ご家庭なら食べやすい大きさに切ってからフライパンで焼くとよいでしょう。

●玉ねぎスペアリブ

【材料】

・スペアリブ…800g程度
・玉ねぎすりおろし…1個分
・料理酒…大さじ3
・しょうゆ…大さじ3
・はちみつ…大さじ3
・ケチャップ…大さじ3
・ニンニクすりおろし…ひとかけ分(チューブでも可、3cmくらい)

【作り方】

①スペアリブに味を染み込みやすくなるように、フォークで刺して穴をあける。

②玉ねぎと調味料、スペアリブを、ビニール袋やトレーなどに入れ、バーベキュー前日から冷蔵庫で漬け込みをする。

後は網で焼くだけで簡単に食べられるので試してみてください。

ご家庭の調理ならオーブンで焼くと美味しく仕上がります。

ヘルシーな鶏肉はバーベキューでも人気!おすすめ漬け込みレシピ

鶏肉は女性にも人気のヘルシーなお肉ですよね。

こちらでは、バーベキューでも喜ばれる鶏肉を使った、おすすめの漬け込みレシピをご紹介します。

●バーベキューにおすすめ!タンドリーチキン

【材料】

・鶏もも肉…3~4枚
・無糖のプレーンヨーグルト…約150ml(2/3カップ)
・しょうが、にんにくのみじん切り…ひとかけ分
・ケチャップ…大さじ3
・カレー粉…大さじ1と1/2
・レモン汁…大さじ1
・サラダ油…大さじ1
・はちみつ…大さじ1/2
・塩…小さじ1
・こしょう…小さじ1/2
・タバスコ…小さじ1/2
・パプリカ(あれば)…小さじ1/2

【作り方】

①鶏肉の余分な脂肪を取り除いて、食べやすい大きさに切る。

②鶏肉を上記のヨーグルトと調味料と一緒に、ビニール袋入れて冷蔵庫でバーベキューの2~3日前から漬け込みをしておく。

後は焼くだけなので簡単ですね。

ご家庭での調理では、オーブンで焼いたり、フライパンにアルミホイルを使って、ホイル焼きにしたりしても美味しく食べられます。

お子様がいる場合は、タバスコの量を調節してもよいでしょう。

バーベキューをするならお肉を漬け込んで美味しく食べよう!

ご家庭にあるものを使って、バーベキューのお肉を柔らかくできたり、調味料などで漬け込んだりすれば、時短にもなり味付けもできて、一石二鳥であることがお分かりいただけたでしょうか。

たれでバーベキューのお肉を食べることに飽きた方は、ぜひお試しください。

こちらでご紹介したレシピをはじめ、たくさんの漬け込みレシピがあります。

色々な漬け込みレシピで、一層バーベキューを楽しいものにしてみてくださいね。