SOTOステンレスダッチオーブンで料理!魅力は簡単お手入れ

ダッチオーブンを活用すれば、キャンプ料理を一気に本格的なものへと変身させることができますし、バリエーションも広がるため人気があります。

あらゆる料理に対応できる魅力がある一方で、お手入れの面倒臭さで躊躇している人もいるかもしれませんね。

そんな人には、SOTOのステンレスダッチオーブンがおすすめです。

お手入れも簡単で、常に清潔に使用できますよ。

この記事では、SOTOのダッチオーブンについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

どの製品が良い?バーベキューグリル・コンロおすすめ11選

バーベキューの必需品と言えるグリルやコンロですが、たくさんのアウトドアブランドの製品があります。...

気が付いたら非常食のパンが賞味期限切れになっていた!?

登山などのアウトドアに欠かせないのが非常食ですよね。多種多様で、中でもパンなど食べやすい食品が...

バーベキューの食材のおいしさを左右する!炭の火起こし方法

バーベキューはキャンプの醍醐味と言っても過言ではありません。最近は、日帰りでバーベキューを楽...

コールマンのシュラフの連結の方法と洗濯・保管方法とは?

年々、アウトドアを楽しもうという方が増えている中で、需要が高まってきているものの1つにシュラフがあ...

コールマンのルミエールランタンが故障!修理期間は長いの?

「ランタンといえばコールマン」といわれるくらい、コールマンのものは人気がありますね。ランタン...

ツーバーナーはコールマンが有能!メンテナンス方法をご紹介

アウトドアには火が必要不可欠です。炭火で火を起こすのがいかにもアウトドアの醍醐味でもありますが...

スノーピークのランタン天とは?その魅力とメンテナンス方法

スノーピークはキャンパーなら誰もが知る、憧れのアウトドアブランドです。高品質なユーザー目線の...

キャンプでも快適な睡眠を!ロゴス製コットの組み立て方

コットとは、キャンプなどの野外で使用する簡易型ベッドのことです。ロゴスのコットは、いくつかのパ...

クーラーボックススタンドは必要?木製・アルミ製のオススメ

クーラーボックススタンドはキャンパーさんによって、持参すべきかどうか迷うキャンプ道具の1つでもあり...

お洒落キャンパー必見!ケルティのノアズタープ16をご紹介

自然の中でキャンプをする際、テントと一緒にタープを使う方もいるのではないでしょうか。日よけや...

SOTOのランタンに適切なケースとは?その役割や特徴を学ぶ!

SOTOのランタンを車などに積んで移動するとき、「どんなケースに入れたら良いのか…」と悩む方も多...

ストウブで炊いたご飯に芯が残る原因は!?美味しく炊く秘訣

近年、ホーロー鍋の中でも高い人気を誇るのが「ストウブ」です。ストウブで炊いたご飯は格別に美味...

モンベルの寝袋を購入!使い方・たたみ方・ケアの方法は?

昨今のアウトドアブームがきっかけで、モンベルの寝袋を購入したという方もいらっしゃるのではないでし...

ユニフレームのコットは寝心地抜群で自分で張り替えもできる

ハードな環境で使うことの多いアウトドア製品は丈夫に作られているとはいえ、一部が破損したり破れたり...

SOTOのステンレス製ダッチオーブンで燻製を作ってみよう!

ダッチオーブンといえば、鉄製の大きな鍋のことをイメージされる方も多いかと思います。しかし、S...

スポンサーリンク

SOTOステンレスダッチオーブンはキャンプ飯作りにもってこい

皆さんはダッチオーブンをご存知でしょうか。

ダッチオーブンは蓋付きの鍋で、炭火を蓋の上に乗せて加熱することが可能な調理機器です。

上側と下側からの両方の加熱で、食材にじっくり火が通り、旨味を逃すことなく調理することができます。

それ以外の調理方法も実に幅広く、煮る・焼く・蒸す・炒める・揚げるなど、あらゆる調理に対応できます。

「魔法の鍋」と言われている理由がわかりますね。

そんな万能鍋のダッチオーブンには、たくさんの種類があります。

深く黒光りする鋳鉄製のダッチオーブンは、最もお手頃な価格帯ではありますが、錆びやすいためお手入れが大変です。

そういったお手入れの面倒臭さを解消してくれるのが、SOTOのステンレス製のダッチオーブンです。

材質がステンレスであるため、錆への強さもさることながら、お手入れも簡単なのです。

サイズ展開も豊富で、使い勝手ももちろんお墨付きです。

色々な素材の製品がある中で、ステンレス製のものは最も高価となりますが、それだけの価値はあります。

それでは、次項からSOTOのステンレスダッチオーブンの魅力に迫っていきましょう。

SOTOステンレスダッチオーブンの最大の魅力は面倒なシーズニング手入れが不要!

SOTOのステンレスダッチオーブンのどんなところが優れているのか、鋳鉄製のダッチオーブンと比較してみましょう。

●シーズニングがいらない

シーズニングとは簡単に言うと、鉄鍋の油ならし作業のことです。

新品のダッチオーブンの表面にはワックスが塗ってあります。

それを落とすために、まずは油を塗って空焼きを繰り返した後に、くず野菜を炒めて、最後にまた油を塗るという作業を行うのです。

調理後には、その都度、お湯で鍋を洗った後に油をなじませるお手入れが必要となります。

定期的に、上記のようなシーズニング作業をしなければいけないのは、正直面倒ではありませんか。

しかし、ステンレスダッチオーブンは、この面倒なシーズニングをする必要がありません。

購入したら、何も下準備もせずに使用開始できますし、使用後のお手入れも、一般家庭にある鍋と同じように中性洗剤でゴシゴシと洗えます。

これなら、面倒臭がりな人でも簡単にお手入れできますね。

●余った料理を鍋に入れたまま保存可能

キャンプ時には料理を大量に作ってしまい、残ってしまうこともよくありますよね。

料理を鋳鉄製のダッチオーブンに入れたままでは、たった一晩だけでも鉄が酸化してしまって、鍋がさび付いてしまいます。

しかし、ステンレス製であれば錆びることはないので、そのまま保存できます。

SOTOステンレスダッチオーブンはお手入れを怠っても錆びにくい!

SOTOステンレスダッチオーブンの優れた魅力は、まだまだありますよ。

引き続き、鋳鉄製のダッチオーブンの特徴と比較してみましょう。

●材質がステンレスであるため錆びにくい

鋳鉄製のダッチオーブンは、その名の通りに鉄で作られています。

そのため、シーズニングなどのお手入れを怠ってしまうと、いとも簡単に錆びついてしまうのです。

しかし、ステンレス製のダッチオーブンであれば錆に強い性質があるため、例えダッチオーブン内に水滴が残っていても心配はありません。

ステンレスには、

・錆びにくい
・強度が強い
・保温性が高い

といった優れた特徴があります。

どの特徴も、アウトドアでの調理に役立ちますね。

●急激な温度変化や衝撃にも強い

真っ黒な鋳鉄製のダッチオーブンは、一見するととても頑丈そうに見えますよね。

しかしその見た目とは相反して、急激な温度変化や衝撃に弱いのです。

扱い方を誤ってしまうと、あっという間に割れて使用不可能となってしまう場合もあります。

その反面、ステンレス製のダッチオーブンは温度変化や衝撃にも強く、仮に雑に扱ったとしても、ちょっとやそっとのことでは割れる心配がありません。

一度購入してしまえば長く使うことができます。

日常のお手入れ方法を知っておこう!

近年においては、キッチンのコンロがIHヒーターである家庭も多いですよね。

IHヒーターの場合はガスとは異なり、使用可能な鍋が決まっています。

ステンレス製の鍋の中には、IHヒーターで使用できないものも、残念ながら多いです。

しかし、SOTOのステンレスダッチオーブンは底面が平らな形状をしているので、IHヒーターにも使用できます。

そのため、アウトドアに限定されずに家庭でも日常的に使えるので、とても便利なのです。

さて、使用開始時や使用後のシーズニングなどの面倒なお手入れがいらないステンレス製のダッチオーブンですが、日々のお手入れはどのようにすればよいと思いますか。

長く快適に使用するためにも、ここでしっかりと確認しておきましょう。

使用後にダッチオーブンに付いた汚れは、いつも家庭で使用している鍋と同じ様に、中性洗剤をスポンジにつけて洗ってください。

ここで注意して欲しい点があります。

調理によっては、汚れがこびりついてしまうことがあるでしょう。

しかし、それをしっかり落とそうと、スチール製のタワシなどでゴシゴシと擦ってはいけません。

どうしてかというと、硬いタワシなどで擦ってしまうと酸化被膜に傷がついてしまって、それが錆の原因になるからです。

誤解しやすいのですが、ステンレスは絶対に錆びないわけではなく、あくまでも錆に強いということを忘れないようにしてください。

また、何回か使用しているうちに、鍋底が茶色く変色してくることがあります。

対処法としては、酢を少しだけダッチオーブンに入れて火にかけてみましょう。

SOTOステンレスダッチオーブンのサイズの選び方

鋳鉄製のダッチオーブンは、焦げる、洗剤の使用不可、作り置き不可、すぐに錆びる、シーズニングというお手入れが必要といったデメリットがあります。

しかし、ステンレス製のダッチオーブンであれば、これらの悩みを全て解消してくれます。

今回は特に、SOTOのステンレスダッチオーブンをおすすめしているわけですが、この製品にはサイズ展開が4つあります。

それぞれ、8インチ・10インチ・10インチハーフ・12インチとなります。

どのサイズを選ぶのかは、キャンプに参加する人数やキャンプスタイルによって決めましょう。

以下にサイズ選びの目安をご紹介します。

参考にしてみてください。

1~2人のキャンプであれば、当然ながら最も小さい8インチがいいでしょう。

ファミリーキャンプで子どもの人数が3人くらいであれば、8インチまたは10インチを選びましょう。

6人以上となると、料理の量も多く必要になるので、最も大きい12インチを使用してください。

キャンプで本格的なピザが作りたい場合は、12インチ、または底が広い造りになっている10インチハーフがいいでしょう。

では、アウトドア料理の醍醐味ともいえる、豪快な料理を作りたい場合はどうでしょう。

例えば、鶏を丸ごと使うローストチキンなどの料理には10インチ、または12インチを選んでください。

8インチと10インチハーフには、残念ながら入りません。

SOTOステンレスダッチオーブンで作る無水カレーは絶品!

キャンプ料理の定番と言えば、老若男女に人気のカレーではないでしょうか。

普段食べ慣れているカレーですが、お手入れも簡単なSOTOのステンレスダッチオーブンで作るカレーは、ひと味もふた味も違うんです。

ダッチオーブンの熱伝導の良さと、ステンレスならでは特性を活かして、無水カレーを作ってみましょう。

通常のカレー作りの際には、お水を使用しますよね。

今回ご紹介する無水カレーとは、お水を一切使用せずに、お肉や野菜などの食材から出る水分だけで作るカレーのことをいいます。

美味しく作るポイントは、水分を多く含む野菜を使って、弱火でじっくりと煮込むことです。

【作り方】

①よく熱したダッチオーブンにニンニクを入れ、オリーブオイルとバターで匂いを付けましょう。

②鶏もも肉を入れ、皮がパリッとしたら一度取り出してください。

③乱切りにした玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ、トマトを少し炒めます。

④ほんの少し呼び水をしてから、鶏もも肉を再度入れて煮込みます。

圧力鍋と似たような効果が得られるので、時短で鶏もも肉や野菜がトロトロになります。

⑤カレーのルーを入れて、一煮立ちさせたら完成です。

食材の水分だけで作るので、旨味が凝縮されてとても美味しいですよ。

ぜひ作ってみてください。

面倒なお手入れ不要なSOTOのステンレスダッチオーブンで楽しくクッキング!

今や、アウトドア料理に必要不可欠ともいえる調理器具のダッチオーブン。

その魔法の鍋を一つ持っているだけで、あらゆる料理を作ることができます。

今回ご紹介したSOTOのステンレスダッチオーブンであれば、面倒なお手入れは必要ありません。

みなさんも一度手にして、実際にアウトドアシーンで使ってみましょう。

その魅力に取りつかれること間違いなしです。