ハイキング用の帽子の選び方とは?選び方とおすすめをご紹介

ハイキングをする方は帽子をかぶってハイキングを楽しむという方が多いと思います。

帽子が無いとハイキングができない、というように必ず必要な道具ではありません。

しかし、自分の身を守るためにも帽子をかぶることは非常に重要です。

そんなハイキングに合った帽子は種類が豊富で、選ぶとなるとどんな帽子を選ぼうか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はハイキングに適した帽子の選び方と種類ごとにおすすめの帽子をご紹介いたします。

ハイキング用の帽子を購入しようとお考えの方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハイキングをもっと楽しもう! おすすめの地図アプリをご紹介

ハイキングの必需品である地図とコンパスを使うことで、現在地や目的地の確認、コース決定などを行うこ...

スノーピークのチタンマグカップをブログとレポートから検証

スノーピークは機能性とスタイリッシュなデザインでキャンパーから人気があるアウトドアブランドです。...

履き心地抜群!ダナーのマウンテンライトのいいサイズ感とは

「ダナー」というシューズブランドを聞いたことがありますか? ダナーはたくさんのブーツ製造・販売を...

サロモンのハイドレーションパックの付け方を徹底解説!

近年、マラソンがとても人気のスポーツとして注目されています。 マラソンはシンプルなスポーツです...

オリジナル!サーモスの水筒カバーを手作りしちゃおう!

水筒を毎日持ち歩くことは、今では珍しくありませんよね。 中でもサーモスの水筒は、軽くて保温保冷性...

涼しく快適なコールマンのオアシススクリーン!設営方法は?

テントは今やアウトドアだけでなく、ピクニックやビーチ、運動会などさまざまなシチュエーションで使用...

ネオプレンソックスがすごい!防水だけでなく防寒機能も?

ネオプレンソックスというものをご存知でしょうか? ネオプレンには優れた防水機能が備わっているた...

石井スポーツオリジナルブランドパイネのザック!評価は?

登山用品やスキー用品など取り扱い、全国に沢山の店舗を持つスポーツ用品店、ICI石井スポーツのオリ...

プリマロフトのダウンは本当に暖かい?他のダウンとの比較

登山用のアウトフィットを買うときに、ダウン素材のアイテムという選択肢がありますよね。 ダウンに関連...

釣り初心者なら川から始めよう!流域によって異なる魅力!

日本は水が豊富で、いたるところに川が流れています。 また、海に囲まれているため、川や海はとても...

これで万能ナイフの達人に!缶切りの使い方をご紹介!

アウトドアで大活躍する万能ナイフ。 様々な機能が付いており、何かと役に立ちますよね。 しかし、...

スノーピークで人気ランタンのノクターン!風で炎が消える?

キャンプで夜を過ごすとき、自然の中は大変暗いので、灯りをともす道具は必需品です。 ライトを使用...

コロンビアのオムニテックウェアを洗濯して長持ちさせよう!

レインウェアやレインコートなどの防水ウェアは濡れたら乾かす、汚れたら洗うことが基本です。 コロ...

スノーピークの山岳用テント『ファル』のブログでの評価は?

登山の時などの山岳用テントとして有名なものに、スノーピークの「ファル」があります。 多くの山岳...

ロゴスのマットで快適に過ごしたい!口コミも気になる!

多種類のアウトドア用品を扱っているロゴスですが、泊りがけのアウトドアで使用するスリーピングマット...

スポンサーリンク

ハイキングに帽子は必要?選び方の前に帽子の役割を理解しよう!

「帽子をかぶらなくてもハイキングはできるのでは?」と疑問を抱く方もいるのではないでしょうか。

冒頭でも触れましたが、ハイキングに帽子は必ず必要というわけではありません。

しかし、帽子は頭部を保護するという大事な役割があります。

主に帽子の役割は頭部を保護するということですが、一体何から頭部を保護するのでしょうか。

ここでは、帽子の選び方をご紹介する前に、帽子の役割について具体的にご紹介いたします。

「ハイキングに帽子なんていらないのでは?」と思っている方は帽子の役割を理解して、必要の有無を決めましょう。

●紫外線からの保護

ハイキングは外を歩くため、天気が良ければ紫外線をダイレクトに浴びてしまいます。

長時間紫外線にさらされると、皮膚が赤くなり、痛みが生じることもあります。

「頭には髪の毛があるから平気」と思っている方もいるかと思いますが、頭皮や髪の毛こそ紫外線の影響を受けやすいのです。

体には日焼け止めなどを使用すれば、日焼けを防ぐことができますが、頭皮や髪の毛に日焼け止めを塗る方はいないのではないでしょうか。

紫外線から頭部を保護するためにも帽子は重要なのです。

●衝撃から頭部を守る

帽子はヘルメットほど頑丈にできているわけではありませんが、ちょっとした衝撃から頭部を守ってくれます。

そのため、頭部に怪我を負うリスクを軽減することができます。

●虫から守る

虫から頭部を保護するためにも、帽子は有効です。

特にスズメバチは黒色に対して攻撃するという習性があります。

髪の毛は主に黒いため、頭部はスズメバチから攻撃を受けやすいといえます。

そこで明るい色の帽子を身に付けることで、スズメバチから頭部を守ることができます。

●寒さ対策

寒い時期にハイキングをするという方は、寒さから頭部を守るためにも帽子が有効です。

選び方の基本!ハイキング用の帽子の種類とは?

ハイキング用の帽子の種類を把握することは、帽子の選び方の基本となるため、しっかりと理解しましょう。

ハイキングに身に付けていく帽子の種類は主に3種類に分けられます。

それは、ハット、キャップ、ニット帽の3種類です。

それぞれの特徴などをご紹介いたします。

●ハット

ハットは帽子の回りにつばがついているタイプの帽子です。

つばが周りについているため、紫外線から頭部だけではなく顔面や首を保護してくれます。

日差しが強い夏などの季節におすすめの帽子です。

しかし、つばの後ろがザックに引っかかることもあるため、注意が必要です。

●キャップ

キャップは野球帽のように帽子の前面につばがついているタイプの帽子です。

前面につばが、ついているため顔面や首の前方を紫外線から保護してくれます。

しかし、ハットと違い横や後ろにはつばがついていないため、首の後ろや横は日焼け止めを塗っておくなどの対処が必要です。

種類によっては、耳当てがついているタイプのキャップもあり、寒さから耳を保護してくれます。

日差しが強くない夏以外の季節に使用するのがおすすめです。

●ニット帽

ニットで作られている帽子で、つばがついていないため、紫外線に対し頭部のみを保護する形状です。

しかし、保温性が高く、冬などの寒い季節に使用するのに適しているため、つばがついていなくても問題ありません。

ハイキング用の帽子にはどんな機能が必要?機能を重視した選び方

「ハイキングに使用する帽子は普段から使用している帽子でも良いのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。

確かに普段から使用している帽子でも特に問題はありません。

しかし、ハイキングに使用した際、汚れてしまったり、傷がついてしまったりといったことがあります。

また、風が強い日には帽子が飛ばされる可能性もあります。

ここでは、ハイキング用の帽子に必要な機能や、あれば便利な機能についてご紹介いたします。

ハイキング用の帽子の選び方の参考としてください。

●通気性

通気性は帽子内の蒸れを軽減するためにも、非常に重要な機能です。

特に夏場などの気温が高い日にハイキングを楽しむ際には、汗で帽子の中が蒸れやすくなります。

気温が高い日にハイキングを予定している方は、通気性がある帽子を選ぶようにしましょう。

●紫外線カット

紫外線カットの役割は帽子本来の役割ともいえる機能です。

つばが周りについているハットタイプの帽子は首や肩までを紫外線から守ってくれるため、おすすめの帽子です。

日差しが強い日にハイキングをご予定している方はハットタイプの帽子を選ぶようにすることもできます。

●顎紐

「顎紐はハイキングでは邪魔になる」と思う方もいるかもしれません。

しかし、ハイキングで使用する帽子だからこそ、顎紐がある帽子を選ぶようにしていただきたいのです。

ハイキングは歩くコースにもよりますが、山を歩くこともあります。

そのため、突然の強風で帽子が風で飛ばされてしまうこともあるのです。

そんなときに顎紐が非常に重要となります。

顎紐を使用すれば帽子が脱げることがあっても、風で飛ばされるということは無くなるため非常に便利です。

●撥水性

ハイキング中に突然の雨が降ってきても、頭部が濡れることを防ぐために撥水性能がある帽子を選ぶようにしましょう。

撥水性能がある帽子だと頭部だけではなく、顔や首が濡れることも防げるため、不快感を軽減することができます。

●防寒

寒い季節にハイキングをするという方は特に重視していただきたい機能です。

寒い季節だけでなく、標高が高いコースでハイキングを楽しむ際は必要です。

ハイキングで使える帽子!おすすめのハット3選

ここではハイキングに使用できるおすすめのハットを3選でご紹介いたします。

ハイキングでハットを使用したいとお考えの方は選び方の参考にしてください。

●【ザノースフェイス】 ハット ゴアテックスハット ユニセックス

参考価格:6,480円

ゴアテックスファブリクスを使用しているため、防水性、透湿性に優れている帽子です。

縫い目からの浸水も徹底的に防いでくれるため、ハイキング中に突然雨が降ってきても安心です。

つばが広めに作られているため、紫外線からも幅広く保護してくれますが、ザックに後ろのつばが引っかかることもあるため注意が必要です。

調整が可能な顎紐もついているため、帽子が風で飛ばされる心配もありません。

●sunyplace 撥水アドベンチャーハット

参考価格:1,850円

撥水性能と紫外線カットの性能に優れている帽子です。

撥水性能は5段階ある等級の内の4にあたり、非常に高い撥水性能を誇ります。

ちなみに撥水等級5の製品は傘やレインコートに当たります。

紫外線カットの性能も非常に高く、つばも広めなので広い範囲を保護してくれます。

折りたたむこともでき、使用しないときはカバンの中に入れておくことができるため、非常に便利です。

顎紐は着脱が可能で、用途に合わせて取り外すことができます。

●Mt.happy/マウントハッピー

参考価格:824円

コストパフォーマンスが良いハットです。

撥水性能がないため、悪天候の時には使用できませんが、高い紫外線カットの性能があります。

丸めることができるため、使用しないときはカバンの中などにコンパクトに収納しておくことができます。

顎紐もついているため、風で飛ばされることもありません。

おしゃれで多機能な帽子!おすすめのキャップ3選

ここではハイキングにおすすめのキャップを3選でご紹介いたします。

ハイキングにキャップを使用したいという方は是非、選び方の参考にしてください。

●MEDISUO キャップ 帽子

参考価格:1,480円

高い紫外線カット性能を誇るキャップです。

帽子のサイドはメッシュ生地になっており、通気性も抜群になっています。

反射線がプリントされているため、暗闇でも車の運転手などから見えやすく、安全にも配慮されています。

顎紐もついており、風で飛ばされる心配もありません。

ハイキングだけではなく様々なアウトドアで使用できる高性能なキャップです。

●撥水加工ワークキャップ

参考価格:1,850円

撥水性能と通気性が良いキャップです。

撥水性能が非常に高く、突然の雨でも水をはじき、浸水することがありません。

キャップの内部はメッシュ生地になっており、通気性が良く、暑い季節でも帽子内の蒸れを軽減してくれます。

かぶり心地も良く、様々なアウトドアに使用することができます。

●フレックスフィットツイルキャップ

参考価格:2,700円

このキャップの最大の特徴はかぶり心地の良さです。

伸縮性のある生地で頭部の形にぴったりフィットするため、非常に快適なかぶり心地で、人気が高いキャップです。

顎紐がないにも関わらず、風で飛ばされることがほとんどありません。

デザインが無地と非常にシンプルなため、どんな服装にも合わせることができます。

アウトドアやスポーツに適したキャップです。

寒い時期のハイキングに適した帽子!おすすめのニット帽3選

寒い時期に頭部を寒さから保護してくれる帽子がニット帽です。

ここではハイキングにおすすめのニット帽を3選でご紹介いたします。

寒い時期にハイキングをしようとお考えの方は是非、選び方の参考にしてください。

●MISSA・MORE ニットキャスケット

参考価格:1,620円

ニット帽につばがついているニットキャスケットです。

ニット帽本来の暖かさでつばがついているため、紫外線から顔や首などを保護してくれます。

肌触りが良くニット帽にあるチクチクした感触が軽減されており、かぶり心地が良いところが魅力です。

デザインもシンプルで、普段の生活の中でも使用できます。

●JIRROUZニット帽 レディース メンズ

参考価格:1,512円

かぶったときの形が整っているため、シルエットが綺麗なニット帽です。

ニット帽を使用したことがないという初心者の方にもおすすめの帽子で、保温性が抜群で寒い季節でも寒さを軽減してくれます。

カラーバリエーションも豊富でおしゃれをしたいという方にもおすすめです。

●ロングニット帽子スノーボード ロングビーニー

参考価格:1,080円

スノーボード専門ブランドであるハイマスマニア製のニット帽です。

アクリル素材で非常に暖かく、寒い時期でも頭部が冷えることがありません。

デザインがシンプルなため、服装に合わせることも容易です。

ハイキングだけでなく、ウィンタースポーツや普段着としても使用することができるおすすめの帽子です。

ハイキングをする時期に合わせて帽子を選ぼう!

ハイキングをする際の帽子の選び方と、おすすめの帽子についてご紹介いたしました。

ハイキングでは必ず帽子をかぶる必要があるというわけではありませんが、用意しておくことで安全にハイキングを楽しむことができます。

そのため、ハイキングには帽子を用意しておくことをおすすめいたします。

また、帽子を選ぶ際には見た目も大切ですが、季節や日差しの強さなどを考慮することが重要です。

状況に応じた帽子を用意して、ハイキングを安全に楽しみましょう。