ハイキング女子必見!おしゃれで機能的な服装で夏を楽しもう

夏はハイキングが気持ちいい季節です。

せっかくハイキングに行くならば、おしゃれな服装を選びたいですよね。

しかし、ハイキングは野外で自然を楽しむレジャーなので、どんな服装で行けば良いか迷う方が多いようです。

そこで、ハイキングの服装の基本を知っておくと、何かと便利でコーディネートをしやすくなります。

今回は、夏のハイキング女子の服装に焦点を当てて、服装の基本やおすすめのアイテムをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

イスカのマットが壊れた!これって修理?それとも不具合?

日本で「寝袋」のブランドとして有名なイスカですが、同じ寝具としてマットレスにも力を入れています。...

トレッキングシューズを賢く選ぶ!ハイカットが痛い時の対処

「登山は自分との闘い」と考えて過酷な道に挑み、見事に登頂した方を見ていると、自分もチャレンジした...

廃盤になっているコールマンのピーク1!バーナーの使い方

コールマンの人気シリーズの中で、「ピーク1」のバーナーがあります。そのピーク1のバーナーです...

ネオプレーンって何?ウェーダー売れ筋ランキングをご紹介!

ウェーダーの購入を検討している方は、その素材や特徴を理解していますか?今回は、ウェーダーのタ...

アークテリクスのtシャツは大きめ?小さめ?サイズ感を検証

アウトドアブランドとして人気のアークテリクス。海外ブランドのため、tシャツのサイズ感が日本と...

11月の海釣りの楽しみ方をご紹介!秋の夜長は海もおすすめ

食欲の秋・読書の秋・芸術の秋・睡眠の秋など、秋は何をするにも快適な季節ですが、実は「釣りの秋」で...

釣りの防寒着に新星あらわる!ワークマンのウェアがスゴイ!

釣りは一年中楽しめるレジャーですが、やはり暑かったり寒かったりといった環境の中であるとつらいもの...

大活躍!スノーピークのタープ『ポンタ』の張り方とその実力

スノーピークと言えば、タープやテントをはじめ、ランタンやバーナーなどでも有名な日本のアウトドアメ...

ウィンタースポーツにグレゴリーターギー!使い方や特徴は?

ウィンタースポーツの際に役立つアイテムとして、グレゴリーターギーが挙げられます。過酷な状況にも...

プリマロフトのダウンは本当に暖かい?他のダウンとの比較

登山用のアウトフィットを買うときに、ダウン素材のアイテムという選択肢がありますよね。ダウンに関連...

バックパックの防犯対策にワイヤーが役に立つ?

バックパックに貴重品を入れて、旅行をしようと考えている方はいらっしゃいませんか?日本にいると、...

非常食で集団食中毒?!わかめごはんが原因ってホント?

非常食は、災害時だけでなく、アウトドアなどでもとても役立つアイテムです。家に置いてあるだけで...

グレゴリーのhdナイロン!通常のナイロンとの違いは?

グレゴリーと言えば、幅広い層に人気のバッグのブランドですよね。「デイパック」や「テールメイト...

ストーブの不完全燃焼って?臭いの原因と危険性を解明!

暖をとるためのストーブは、キャンプでも大活躍しますね。しかし、注意しなければならないのは、スト...

憧れのコールマンアテナシリーズ!みんなの口コミが知りたい

家族や仲間と、泊まりでアウトドアハイキングなどに出掛ける時、無くてはならないものの一つが大きめなテ...

スポンサーリンク

ハイキングの服装の基本は?

夏場のハイキングは、日差しも強く汗をかきやすいものです。

また、一定時間山野を歩きますので、服装は動きやすく汚れや汗に強いものが好ましいと言えます。

そして、虫対策のため、できるだけ肌を露出しないような服装を選ぶのが良いでしょう。

ハイキングをはじめ、登山やトレッキングに共通した服装の基本は「重ね着」です。

「ベースレイヤー→ミドルレイヤー→アウターレイヤー」といった3つの層で重ね着をするのが一般的で、必要に応じて脱ぎ着しながら体温調節をします。

夏のハイキングには、それぞれどのようなアイテムを選んだら良いか、ご説明します。

・ベースレイヤー(肌着)

ベースレイヤーは直接肌に触れるため、通気性が高く吸水性と速乾性に優れた化学繊維のものを選びましょう。

トップスは、ノースリーブから長袖まで、さまざまなアイテムが販売されています。

また、ショートパンツやハーフパンツ、キュロットスカートと重ねて着用するレギンスもベースレイヤーになります。

綿素材のベースレイヤーは、汗がなかなか乾かないため、ハイキングには不向きと言えるでしょう。

・ミドルレイヤー(中間着)

夏のミドルレイヤーとしては、Tシャツやボタン付きのシャツが代表的です。

夏のハイキングは、ミドルレイヤーで過ごす時間が多いので、服装を考える際に楽しめるでしょう。

また、ミドルレイヤーもベースレイヤー同様で、通気性が高く吸水性と速乾性に優れた素材を選ぶようにしましょう。

・アウターレイヤー(上着)

夏場と言え、山野の気温は急に低くなることがあるので、アウターレイヤーは必須です。

アウターレイヤーは、吸湿性が低く乾きやすいナイロン製のウィンドブレーカーがおすすめです。

ナイロン製のウィンドブレーカーなら、急な雨風にも対応することができます。

畳んでリュックサックに入れておくと良いでしょう。

夏のハイキングにおすすめのベースレイヤー

ハイキングの服装の基本をご説明しましたが、「ベースレイヤー」「ミドルレイヤー」「アウターレイヤー」の種類別に、おすすめのアイテムをご紹介します。

最初にご紹介するのは、肌着となる夏おすすめのベースレイヤーです。

【パタゴニア:ウィメンズ・キャプリーン・ライトウェイト・Tシャツ】
・素材:リサイクル・ポリエステル100%のダブルニット
・重量:80グラム
・ポリジン永続的防臭加工済み
・ブルーサインの認証済み

軽量で通気性に優れており、表面は重ね着をしやすい滑らかなキャプリーン・ポリエステル素材のベースレイヤーです。

肩と両脇の縫い目がずれているので、リュックサックを背負った際にストラップの下でも肌が擦れない設計になっています。

また、脇の下がまち付きになっており、大きく動いたときも肌が擦れずに快適です。

ブルーサイン認証済みの、通気性・吸水性・速乾性に優れた信頼のおける品質で、長く愛用できそうな一着です。

【テスラ:ロングスリーブ トレーニングトップ レディース FUD/FUT】

・素材:ポリエステル84%、ポリウレタン16%
・防菌防臭・UVカット

吸汗速乾のさらっとした着心地で、オールシーズンに対応しています。

ストレッチ性にも優れており、大きな動きでも最適なフィット感を発揮します。

価格もお手頃で、1,200円前後(参考価格)で購入できます。

ラウンドネックタイプと、ハイネックタイプがあるので、服装に応じて選ぶと良いでしょう。

【カリマー:UV W’s tights UV ウィメンズタイツ】

・素材:PrimeflexR(ポリエステル100%)feelfit、SCORONR加工
・重量:80g

ハイキングや登山用のレギンスです。

ハーフパンツやキュロットスカートを履く際は、日焼け対策や虫対策のためベースレイヤーとしてレギンスを着用することをおすすめします。

こちらのレギンスは、紫外線防止指数最高値のUPF50+を実現した、日焼け対策として心強いアイテムです。

ストレッチ性が高い生地で、SCORON加工が施されているので高い防虫性も期待できます。

ブラック、ネイビー、アッシュの3色展開で、あらゆるハイキングの服装に合わせやすいシンプルなデザインです。

ハイキングの服装はミドルレイヤー選びが楽しい!

夏のハイキングでは、気候の性質上、ミドルレイヤーの服装で過ごす時間が多くなります。

アウトドア用のTシャツやボタン付きシャツは、デザインが豊富なので選ぶのも楽しいレイヤーと言えます。

そこで、デザインと機能性の良さを兼ね備えた、おすすめのミドルレイヤーをご紹介します。

【ザ・ノースフェイス:ショートスリーブカラードームティーレディース】

人気アウトドアブランドの「ザ・ノースフェイス」のシンプルなロゴTシャツです。

ポリエステル100%の素材で、カラーバリエーションも豊富に揃っています。

静電気の発生を抑える静電ケア設計が採用されています。

【マムート:QDアジリティ アジアンフィット ウィメンズ】

胸部分に施されたマンモスマークがキュートな、マムートのポリエステル100%のTシャツです。

軽量でソフトな肌触りと、吸水速乾に優れた生地のTシャツは、夏のハイキングにぴったりです。

【オンヨネ:チェック Insect Shield 虫除け 登山シャツ】

・素材:ポリエステル100%
・重量:180g(M)

女性らしい色合いのチェック柄が魅力的な、ボタン付き長袖シャツです。

繊維に虫よけ加工が施されており、洗濯70回でも効果が持続すると謳われています。

夏のハイキングや登山をはじめ、タウンユースでもおしゃれに使えるアイテムです。

夏のハイキングにおすすめしたいアウターレイヤー

次に、夏場のハイキングでリュックサックに常備しておきたいアウターレイヤーをご紹介します。

【チャムス:レディバグコンパクトフーディ】

・素材:ポリエステル100%
・撥水機能・静電気防止・UVカット

小さく折り畳んで収納できる、超軽量でおしゃれなウィンドブレーカーです。

腰部内側にパッカブル専用ポケットがあり、小さくきれいに収納できるので持ち運びに便利です。

撥水機能やUVカットも充実しているので、ハイキングなどのアウトドアの服装にぴったりです。

レディースからメンズまでのサイズ展開があり、カラーバリエーションも豊富です。

【コロンビア:レディース Fall Bluff W Anorak Jacket】

・素材:ナイロン100%
・撥水防汚機能「オムニシールド」搭載

水や汚れを弾くコロンビア独自の機能である「オムニシールド」を搭載した、機能性とデザイン性を兼ね備えたジャケットです。

立体裁断仕様で動きやすく、パッカブル専用ポケット付きで小さく収納できるので、持ち運び時もかさばりません。

ハイキングなどのアウトドアだけでなく、普段の服装としても幅広く使えるアイテムです。

夏のハイキング用ボトムスを選ぼう!

ハイキング用のボトムスは、ロングパンツやハーフパンツ、キュロットスカートなど、あらゆる服装をコーディネートすることができます。

ここでは、機能的で動きやすく、夏のハイキングにぴったりなおすすめボトムスをご紹介します

【FLYGAGA:春秋夏用 ロングパンツレディース】

・メイン素材:ナイロン88%
・素材構成:ナイロン88%、スパンデックス12%

速乾性、通気性、伸縮性に優れている多機能パンツです。

3D立体裁断を採用しており、足の動きへの機動性と快適性を追求しています。

弾性に強い生地で、可動範囲が広くストレスのない着心地が期待できます。

【コロンビア:レディース トレッキング ハーフパンツPL4115】

・素材:ナイロン96%、ポリウレタン4%

服装のコーディネートをしやすい、シンプルなデザインのハーフパンツです。

撥水性と伸縮性を備えているので、ハイキングにぴったりなアイテムです。

【フェニックス:レディース エアリーショートパンツ】

・素材:ナイロン95%、ポリウレタン5%

国内メーカーであるフェニックスのスカート風キュロットパンツです。

腰部の裏に撥水メッシュを採用しているので、汗をかいた時も不快感を軽減してくれます。

ハイキングの服装でおすすめの小物やシューズ

最後にご紹介するのは、夏のハイキングにおすすめの小物とシューズです。

帽子やUV対策小物、シューズなどをご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

【ザ・ノースフェイス:ゴアテックスハット ユニセックス NN01605】
・メイン素材:ナイロン
・素材構成:ナイロンスパンタッサーGORE-TEX Fabrics

ハイキングやトレッキング、登山など、あらゆるアウトドアシーンで重宝するハットタイプの帽子です。

防水、透湿性に優れたゴアテックスを採用しているので、急な雨にも対応できます。

ユニセックスでのサイズ展開で、どのような服装でも合わせやすいシンプルなデザインです。

【ヘリーハンセン:UVクールアームカバー】

・素材:ホワイエピケ(ポリエステル100%)

吸汗速乾性、ストレッチ性に優れた生地のアームカバーです。

左腕には、腕時計が覗けるウォッチウィンドウが付いているのでとても便利です。

また、UVプロテクト(UPF50+、紫外線カット率95%以上)機能付きなので、夏場の野外活動にしっかり対応してくれます。

【キャラバンザンバラン:ハイクライト GT W’s CARAVAN トレッキングブーツ】

・アッパー:ハイドロブロック・スエードレザー
・ライニング:ゴアテックスエクステンディッドコンフォート
・ソール:ヴィブラム Pillow
・重量:約340g(EUR39片足標準9)

軽めのハイキングでは、普段履き慣れたスニーカーでも対応できますが、ある程度長距離を歩く場合は、アウトドア用のシューズをおすすめします。

こちらのトレッキングブーツは、片足400g以下の軽量ローカットモデルです。

アッパーは撥水加工を施してあり、履き口まわりとベロ部分は、通気性の良いメッシュ生地になっています。

すっきりと洗練されたデザインなので、ハイキングなどのアウトドアだけでなく、タウンユースまで幅広く使えます。

お気に入りの服装で夏のハイキングに出かけよう!

夏のハイキングの服装についてご説明してきました。

ハイキングの服装の基本は、ベースレイヤー・ミドルレイヤー・アウターレイヤーの重ね着です。

それぞれご紹介してきましたように、動きやすく機能性に優れているだけでなく、おしゃれなアイテムが多数販売されています。

できるだけ肌を露出しないようにし、日焼け防止や虫対策をしっかりとしておくことも大切です。

そしてお好みのコーディネートで、快適な夏のハイキングを楽しみましょう!