バーベキューやパーティにおすすめ!簡単バケットレシピ

バーベキューやホームパーティーで、メインの他に何か存在感のあるサイドメニューを取り入れたいと思ったことはありませんか?

見た目もおしゃれで、好き嫌いなく好まれやすいサイドメニューの一つに「バケット」を使ったレシピがあります。

バケットは、前菜や主食として、あるいはデザートとしても楽しむことができ、とてもおすすめです。

そこで当記事では、誰でも簡単にできるバケット料理のレシピについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大人気!スノーピークのヘキサタープを小川張りする方法

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで、大活躍してくれるタープは、様々なアウトドアメーカーから...

ダッチオーブンはコールマン社が人気!お手入れ方法もご紹介

気持ちの良い季節になってくると、キャンプに行きたくなりますね。 青い空の下で思いきり深呼吸して、...

スノーピークのチタンマグカップをブログとレポートから検証

スノーピークは機能性とスタイリッシュなデザインでキャンパーから人気があるアウトドアブランドです。...

コンロの火がつかない原因は!?水?電池?それとも汚れ?

アウトドアでよく使われるアイテムの1つといえば、ガスコンロです。 そんなコンロですが、使ってみ...

ユニフレームのスキレットが万能すぎる!ピザも焼ける!

ピザというと、デリバリーピザや本格的なピザ窯で焼くピザなどが思い浮かびます。 しかし、今キャン...

ロゴスのダッチオーブンはシーズニング不要で初心者向け!

キャンプ料理というとバーベキューだと思っていませんか。 バーベキューももちろんおいしくて楽しい...

今さら人に聞けないスノーピークのガス缶の違いと使い分け方

ガスバーナーやガスランタン、その他にもアウトドアシーンでは多くの場面でガス缶を使用します。 実は...

ユニフレームのバーナーパットの使用注意点を知り危険を回避

「シングルバーナーの高火力をもう少し弱く、分散できたらな」と思うキャンパーは多いのではないでしょ...

ランタンの炎を作るマントル!その仕組みと交換時期を知ろう

アウトドアに必需品のランタンですが、その明かりを作り出しているマントルという部分があります。 こ...

ストウブやルクルーゼで炊飯するとお米の味に違いが出るのか

近年、ストウブやルクルーゼなどの、ホーロー鍋は大変人気があり、愛用者が増えています。 中には、キ...

バーベキューでモテる女性の格好や行動についてご紹介!

バーベキューは、仲の良い友人同士や会社の企画などで、女性や男性が複数人で行うこともありますよね。...

キャンプで焚き火を楽しもう!薪の入れ物・選び方をご紹介

皆さんは、焚き火に使う薪をどうやって運んでいるでしょうか。 また、キャンプサイトでの置き方はど...

キャンプ初心者は道具選びが重要!選び方のポイントをご紹介

テントにテーブル、バーナーなど必要最低限のものを揃えるだけでも、かなりのお金がかかるキャンプ。 ...

ストウブで炊いたご飯に芯が残る原因は!?美味しく炊く秘訣

近年、ホーロー鍋の中でも高い人気を誇るのが「ストウブ」です。 ストウブで炊いたご飯は格別に美味...

実はシンプル!モンベルのクッカーの炊飯方法をご紹介

アウトドアでキャンプをする時、アウトドア料理を作るならクッカーは必須ですよね。 その中でも、ご...

スポンサーリンク

まずはバケットとフランスパンの違いを知っておこう

バケットとフランスパンの違いをご存知でしょうか。

なんとなくバケットという言葉を使っていたかもしれませんが、バケットもフランスパンも味に変わりはないです。

この両者の違いは形です。

バケットはフランスパンの一種で、使用している材料は同じです。

フランスパンのレシピの材料は、小麦粉、水、塩、イーストのみで、皮が固い食感のパンです。

中でも、バケットは、全長が70~80センチ、重量300~400グラムという形のものをさします。

他には、1キロという意味の太い形の「ドゥ・リーブル」というものや、棒状で切れ込みのある「パリジャン」、細長い棒状のものを「フルート」と言います。

このように、形状によってフランスパンは名称が変わってきます。

私たちが、よくパン屋で見かけるフランスパンと呼んでいるものがバケットと思うとわかりやすいでしょう。

次章ではバーベキューに人気のバケットの食べ方についてご紹介します。

バケットはバーベキューで人気のサイドメニュー!

肉や海鮮、野菜を焼いて楽しむバーベキューに、ちょこっとつまめるサイドメニューとして人気があるのがバケットです。

バケットは、食パンと違って、持ち運ぶ際につぶれたり、形が崩れる心配がないので、バーベキューに持ち込むにはうってつけです。

もちろん、そのままカットして並べるだけでも、肉や野菜をのせて食べることができるので便利です。

また、バーベキューでは、アヒージョやチーズフォンデュなどをする機会が多いでしょう。

そのような時に、バケットが添えられていると喜ばれます。

このように、バーベキューでは、バケット自体をアレンジしなくても、バケットそのものをカットして並べるだけで、一つのレシピになります。

パーティーでも大活躍のバケットレシピ

バーベキューだけではなく、ホームパーティーなどでもバケットは大活躍します。

ホームパーティーであれば、食卓に花を添えるイメージで、バケットをアレンジして華やかに見せましょう。

バケットを使って異国情緒溢れたベトナム風サンドイッチ「バインミー」を作ってみるのがおすすめです。

バインミーはサンドイッチに似ていますが、中に挟む食材などに特徴があります。

それは、日本でいう、酢漬けした大根と人参である「なます」を挟み、ベトナムの調味料のヌクマムをふりかけて食べるといったものです。

その他に、お好みで肉や魚や海鮮を挟むので、見た目もとてもボリューミーです。

基本のレシピをご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

●ベトナム風サンドイッチ「バインミー」

【材料】

・バケット
・バター
・ヌクマムまたはナンプラー
・レタス
・なます
・ハム
・お好みでパクチーなどのハーブ

①最初に、なますを仕込んでおきましょう。

大根、ニンジンを塩と酢と砂糖とヌクマム、またはナンプラーで漬け、味を染み込ませておきます。

②バケットに切り込みを入れて、両面にバターを塗ります。

③レタスやお好みの野菜、なます、ハム、パクチーなどをはさんで完成です。

実に簡単なレシピなので、ぜひホームパーティに取り入れてみてください。

中の食材は、ハム以外にも肉や魚などアレンジをきかせることで、バリエーションが広がります。

バーベキューやパーティのデザートもバケットで

バケットは、前菜や副菜だけではなく、デザートでも大活躍します。

バーベキューでもパーティでも喜ばれるようなバケットを使ったデザートに挑戦してみましょう。

レシピをご紹介しますので参考にしてみてください。

●バケットのチョコマスカルポーネ

【材料】

・バケット
・チョコレート
・牛乳
・ブランデー
・マスカルポーネチーズ
・バナナ

①チョコレートを湯せんし、牛乳とブランデーを加えてなめらかにします。

②一口サイズに切ったバケットを①に投入し、全体にチョコをからませます。

③耐熱容器(バーベキューならアルミ皿)に②を入れて、スライスしたバナナとマスカルポーネチーズを載せます。

バーベキューであれば、これで完成です。

ホームパーティなど、身近にオーブンがあれば、ほんのり焦げ目がつくまで焼きましょう。

とても簡単ですが、このようなおしゃれなデザートにも変身します。

他にも、ハチミツとチーズがあれば、ただバケットに合わせるだけで完成のお手軽デザートになります。

バーベキューやパーティが盛り上がる!話題のスタッフドバケットのレシピ

前日に仕込んでイベントを盛り上げるスタッフドバケットをご存知でしょうか。

こちらは作り置きができるので、当日にばたばたする必要がありません。

特に、バーベキューではなるべく作業を軽く済ませたいので、当日カットするだけというのはとても助かりますよね。

まさにバケットを使ったサイドメニューにうってつけのレシピです。

●えびと枝豆のスタッフドバケット

【材料】

・バケット
・むきえび
・枝豆
・オリーブオイル
・塩胡椒
・クリームチーズ
・マヨネーズ
・バジルペースト
・レモン汁

①バケットの両端を、周囲1センチほど残して、くり抜くように切り落とします。

②えびを、オリーブオイルと塩胡椒をかけて4~5分グリルします。

③耐熱容器にクリームチーズを入れて、ラップをしないで600ワットで30秒加熱し、泡だて器で練ります。

④③にマヨネーズ、バジルペースト、レモン汁、くりぬいたパンをちぎって入れ、②も混ぜ合わせます。

⑤④をバケットのくり抜いた部分に詰め込み、ラップをして一晩寝かせます。

⑥翌日、バケットを輪切りにして完成です。

こちらは、前菜や副菜としてだけでなく、おつまみにもなる一品です。

一晩寝かせることで、クリームチーズと具材やバケットがしっとりとしてさらに美味しくなります。

シンプルにディップで!バケットに合うディップのレシピ

最後はバケットの定番でもある、ディップのご紹介です。

ディップというのは、バケットにつけるソースのことです。

バーベキューやパーティでディップがあるととても喜ばれます。

そして、色々な食材を使ったディップを知っておくと、レパートリーも増えて助かります。

この章では、少し変わったディップのレシピをお届けします。

●明太子とマスカルポーネチーズのディップ

【材料】

・明太子
・マスカルポーネ

①明太子は皮から中身を取り出しておきます。

②①にマスカルポーネチーズを合わせてさっくりと混ぜて完成です。

●サバ缶ディップ

【材料】

・サバ缶
・玉ねぎ
・マヨネーズ
・塩胡椒
・乾燥パセリ

①玉ねぎをスライスしてマヨネーズと混ぜます。

②塩胡椒で味を馴染ませたら乾燥パセリをふって完成です。

●奈良漬けのタルタルクリームチーズディップ

【材料】

・奈良漬け
・くるみ
・ゆで卵
・クリームチーズ
・マヨネーズ
・レモン汁
・あらびき胡椒

①奈良漬け、ゆで卵を粗みじん切りにします。

②くるみをローストし、細かく刻んでおきます。

③クリームチーズにマヨネーズとレモン汁を合わせ①と②を入れて完成です。

ディップは、バケットだけでなく、魚料理や肉料理、サラダなど、あらゆる場面で活躍できるので、作り方を覚えておくと役立つでしょう。

バケット料理でバーベキューやパーティを盛り上げよう

バケットは腹持ちも良く、食べ盛りの子供が多いバーベキューやパーティなどでは重宝します。

もし、小麦アレルギーがある方がいれば、米粉で作ったバケットを取り入れても良いでしょう。

また、バケットは、前菜でも主食でもデザートでも楽しめる万能な食材です。

ぜひ、アレンジをして食卓を華やかに飾ってみてください。