バーベキュー用の鉄板を快適に使用するためのお手入れ方法!

バーベキューでの鉄板料理は、とても魅力的ですよね。

ステーキやホルモン焼き、定番の焼きそばなど、鉄板料理はバーベキューの醍醐味ではないでしょうか。

一方鉄板は、焦げ付きやすくお手入れが大変で、錆びやすいことが悩みのタネです。

そこで、鉄板を快適に使用する方法についてまとめてみました。

鉄板使用の手順やお手入れ方法を間違えなければ、バーベキューはもっと楽しくなることでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロゴスのドゥーブルとは!?設営方法とおすすめをご紹介!

ロゴス製のテントの中には、「ドゥーブル」と呼ばれる、一般的にはあまり聞きなれない名前のテントがあ...

初心者でも簡単!スノーピークのテントの上手な設営方法

安心安全な日本のアウトドアメーカー「スノーピーク」。 スノーピークでは、バーナーやランタンをは...

低燃費なジェットボイル!ガスの詰め替えでさらにお得に?

アウトドアでの湯沸かしで圧倒的な燃費を誇るのが、モンベルから販売されているジェットボイルです。 ...

コールマンのOD缶を再利用!CB缶のLPガスを詰め替える方法!

コールマンなどから販売されているガストーチやガスランタンは、OD缶のLPガスを燃料としています。 ...

バーベキューに使用した焼き網の洗い方と効果的な保管方法

バーベキューはとても楽しいイベントですが、後片付けが大変ですよね。 特に、焼き網を洗うのが大変...

マントルって危険なの?ランタン使用時の放射線が気になる!

アウトドアライフの夜を暖かく明るい灯りで彩ってくれるランタンですが、実はガスランタンのマントルから...

ユニフレームのスキレットが万能すぎる!ピザも焼ける!

ピザというと、デリバリーピザや本格的なピザ窯で焼くピザなどが思い浮かびます。 しかし、今キャン...

スノーピークの逸品・ギガパワーストーブ地!風防で燃焼向上

アウトドアでの煮炊きに、シングルバーナーを使われている方も多いと思います。 しかし、そろそろ別...

ユニフレームのスキレットで料理!ブログのおすすめとは?

キャンプ料理をよりおいしく作るための「スキレット」をご存知でしょうか。 「食材のおいしさを最大限...

チーズフォンデュをバーベキューのサイド料理で楽しもう

バーベキューのサイド料理で、チーズフォンデュが楽しめたら嬉しいですよね。 チーズフォンデュは、...

あたたかく魅力的!スノーピーク「タクード」のブログの評判

冬場のキャンプなどのアウトドアの時に、寒い空間をあたたかくしてくれる重要なアイテムがストーブです...

初心者におすすめロゴスのテント!建て方も片付け方も簡単!

ロゴスはアウトドア製品だけでなく、ウェアやガーデン製品、防災グッズまで取り揃えている総合アウトド...

コールマンのランタンをメンテ!ジェネレーター等の分解方法

アウトドアでコールマンのガソリンランタンを使っている方も多いことと思います。 ここで質問ですが...

バブアーはメンテ必須のジャケット!洗濯すると縮みがでる?

イギリス王室御用達のアウトドアブランド・バブアーのオイルドジャケット。 独特の光沢は本物の良さ...

コールマンのお洒落なledノスタルジアランタンの魅力とは?

ランタンはキャンプにおいて重要なものです。 優しい黄色い明かりは、キャンプの夜をお洒落でよい雰...

スポンサーリンク

最初が肝心!新品バーベキュー鉄板のお手入れ方法

新品のバーベキュー鉄板は、中華の炒め鍋などと同様に、防錆剤でコーティングされています。

そのため、最初のお手入れとして、防錆剤を除去する作業が必要になります。

少々面倒ですが、防錆剤の食材への混入を防止し、食材の焦げ付きを予防するために実施することをおすすめします。

またこの作業は、鉄板の汚れを防止して長持ちさせる秘訣でもあります。

【防錆剤除去の手順】

①鉄板をバーベキューコンロやガスコンロに乗せ、加熱します。

②鉄板の温度が上がるとコーティングが蒸発して煙が出てきますが、そのまま加熱を続けてください。

③30分位加熱して煙が落ち着いた後に、鉄板に植物性油を入れ、ヘラなどで全体に馴染ませましょう。

④煙りが出てきたらキッチンペーパーなどで油を拭き取り、同じ作業を3回繰り返します。

⑤鉄板をコンロから外し、温度が下がったら、たわしで水洗いした後に水分を拭き取ります。

⑥天日で完全に乾燥させれば、防錆剤除去の完了です。

なお、アルミやステンレスの鉄板で、フッ素樹脂加工されている製品には上記作業は必要ありません。

フッ素樹脂加工の鉄板は、食器用洗剤で洗えばそのまま使用することができます。

お手入れを楽にする!鉄板でバーベキューを始めるときのお約束!

鉄板の保管方法については後述しますが、鉄板には植物性油が塗ってあります。

この油は酸化しているため、衛生上の問題からそのまま食材を焼くことは好ましくありません。

保管していた鉄板は、以下の手順でお手入れしてから使用すると良いでしょう。

【使用前のお手入れ方法】

①鉄板に水を入れ、たわしでこすり洗いします。

②水を捨て、キッチンペーパーや布巾などで水分を拭き取ります。

③鉄板をコンロに乗せて加熱し、水分を完全に飛ばした後に植物油を入れて、ヘラで全体に馴染ませます。

④しばらく加熱すれば、お手入れ完了です。

⑤余分な脂を拭き取った後に、新たな油を馴染ませ、バーベキューを始めましょう。

【使用前お手入れのメリット】

鉄板には微細な凹凸があり、使用することで凹凸に汚れが入り込みます。

この汚れが焦げると、食材が鉄板に焦げ付いてしまうことになります。

使用前のお手入れは、鉄板の凹凸に油をしみ込ませて被膜をつくり、食材が直接鉄板に触れることを防止するのが目的です。

また、加熱された油が熱変成し、簡単には落ちない被膜が鉄板に形成されます。

この被膜は、次回以降の使用でも活躍してくれますので、使い込む度に被膜が強固になっていきます。

鉄の中華鍋やフライパンは「育てる」と言われますが、鉄板にも同じことが言えるのです。

使用した鉄板はバーベキュー直後にお手入れすることが大切!

バーベキューの鉄板を汚れたまま持ち帰り、翌日洗うのはタブーです。

少しの手間をかければ鉄板は長持ちしてくれますし、錆びなどを防ぐことができます。

時間はそれほどかかりませんので、ぜひ試しください。

なお、油が付いていると洗剤を使用したくなりますが、鉄板には洗剤を絶対に使用しないでください。

油でできたコーティングが剥がれて、錆びと焦げ付きの原因になってしまいます。

【使用直後のお手入れ方法】

①焦げ付きがあるときは、ヘラで落とします。

②落ちにくいときはコンロに乗せたまま水を入れ、ヘラで掃除すると簡単に落とすことができます。

③汚れをキッチンペーパーなどで拭き取ります。

④鉄板が乾燥したことを確認した後に、コンロから降ろせばお手入れ完了です。

⑤完全にキレイになっていれば、鉄板に薄く植物油を塗ると完璧です。

バーベキュー直後の鉄板のお手入れはここまでで、持ち帰ってから再度お手入れが必要になります。

バーベキューで使用した鉄板の洗い方

鉄板に食材のカスやタレなどの有機物が残っていると、錆びやカビの原因になります。

このため、持ち帰った鉄板は自宅で再度洗うことが必要です。

前項のバーベキュー直後のお手入れを実施してあれば、長時間を要する作業ではありませんので、必ず実施することをおすすめします。

【鉄板の洗い方】

①道具は、たわしと研磨剤を含んでいないスポンジたわしを使用します。

②鉄板に水を入れ、たわしで全体をこすって汚れを落とします。

③焦げ付きが落ちないときは、スポンジたわしを使用すると簡単に落とすことができます。

④鉄板の表面だけでなく、横と裏もたわしで掃除しましょう。

⑤全体が洗えたら、天日で乾燥させれば完了です。

鉄板に付いた油は完全には落ちませんが、この状態がベストです。

残っている油が、次回使用するまでの間鉄板を保護してくれますので、気にする必要はありません。

鉄板の保管方法

前項で乾燥させた鉄板は、そのまま保管すると錆びることがあります。

特に、鉄板の横や裏面は錆びやすくなりますので、以下のお手入れをして保管すると良いでしょう。

【保管の手順】

①キッチンペーパーに植物性油を含ませ、鉄板全体に薄く塗ってください。

②鉄板全体を新聞紙で包み、テープで止めます。

③段ボール箱をつぶして平らにしたもので挟めば、保管準備完了です。

④雨が当たらない倉庫などで保管しますが、水濡れは厳禁です。

段ボールに挟むことで、新聞紙が破れる心配や他の荷物が汚れる心配がなくなります。

この保管方法を順守すれば、次回のバーベキューにも鉄板を快適に使用することができるでしょう。

鉄板は使い込むほどに味が出て、更に使いやすくなります。

フッ素樹脂加工されたバーベキュー鉄板の特徴とお手入れ方法

フッ素樹脂加工やテフロン加工されたバーベキュー用の鉄板は、とても便利です。

洗剤で洗うことが可能ですので、お手入れも簡単で、保管にも特段の配慮は必要ありません。

また、材質がアルミやステンレスのため、錆びることもありません。

そして何よりも、焦げ付かないことが最大の魅力です。

油の使用量が少なくて済むため、作る料理のカロリーも控えめにできます。

一見利点が多いように見えますが、以下の難点もありますので、承知のうえで使用すると良いでしょう。

【フッ素樹脂加工された鉄板の難点】

●高温で空焚きすると、樹脂コートが傷んでしまいます。

●鉄やステンレスの調理器具を使用すると、樹脂コートが傷付き、剥がれる原因になります。

●大型の鉄板は種類が少なく、高価な製品になります。

●樹脂コートに傷が付くと、その部分は必ず焦げ付き、樹脂コートの剥がれが進行してしまいます。

●樹脂コートの剥がれが進行した鉄板は使用できなくなりますので、寿命は短いと考えた方が良いでしょう。

難点はあるものの利点も大きいことから、筆者も鋳造アルミにフッ素樹脂コートされた鉄板を愛用しています。

ただし、この鉄板はガスコンロでの使用限定で、炭のコンロや焚火では使用していません。

お手入れの行き届いた鉄板はバーベキューの宝物!

バーベキュー鉄板のお手入れは、結構手間がかかります。

使用前から使用直後、持ち帰り後と保管のいずれの機会でも、お手入れが必要です。

しかし、お手入れをしていれば長く使用することができ、その分愛着も湧きます。

お手入れが面倒くさいという方は、フッ素樹脂加工された鉄板の使用を検討しても良いでしょう。

使い込まれたキレイな鉄板は、バーベキュー上級者の証ですので、上手に育ててみてはいかがでしょうか。