キャンプラグで話題のニトリのおしゃれマット!冬の寒さ対策にも

:2021/12/02

冬の防寒対策はもちろん、テント内やサイトをよりおしゃれに演出することができると評判なのがキャンプ用のラグです。
キャンプメーカーから量販店まで、キャンプに使えるラグが販売していますが、できるだけ安く費用を抑えたいなら、価格・品質共に人気の「ニトリ」のラグがおすすめ。
ニトリにはキャンプに役立つ、おしゃれで多機能ラグが豊富に揃っていますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

キャンプラグで話題のニトリ!そもそもキャンプラグとは?

「キャンプラグ」や「アウトドアラグ」と呼ばれているラグは、文字通りキャンプやバーベキューの時に敷くラグのことを指します。
キャンプシートのように必須ではありませんが、テント内をよりおしゃれに快適にする目的としてラグを敷くキャンパーが増えており、厚手のラグであれば冬キャンプの寒さを凌げるなど、ラグはおしゃれと機能性を兼ね揃えた優秀アイテムとして注目を集めています。

ニトリラグの特徴と魅力

人気が高まっているキャンプラグですが、キャンプで使用するため、できるだけ安く、なおかつおしゃれなラグがほしいのが本音です。
そこで注目されているのが、品質・価格共に評価が高い「ニトリ」のラグ。ニトリラグにはどんな特徴や魅力があるのかを詳しくご紹介します。

お値段以上のコスパ

「お、値段以上」のキャッチコピーが有名のニトリは、コストパフォーマンスに優れた商品を豊富に揃えているのが魅力。ラグもニトリのオリジナル商品を数多く取り揃えており、シンプルなものから個性的でおしゃれなものまでお手頃価格で購入できます。安いだけじゃない、価格以上の満足感を与えてくれるのがニトリのラグなのです。

品揃えが豊富

ニトリのラグは機能やデザイン、サイズなど品揃えがとにかく豊富。肌触りが気持ちいい毛足の長いラグや秋冬に最適なウレタン入りラグ、通年通して使える機能性抜群のラグ、インテリアの主役になるおしゃれなラグ、円形ラグなど、用途に合わせて選ぶことができます。大型の店舗であれば品揃えも更に豊富なのでおすすめです。

手洗い・洗濯ができる手軽さ

キャンプでラグを使うと気になるのが汚れです。汗や飲み物や食べ物の汚れ、泥汚れなど、キャンプで使うと何かしら汚れてしまいますが、ニトリのラグの中には手洗いや洗濯ができるラグがあるので、汚れたときはすぐに洗濯できる手軽さは大きな魅力。いつでも清潔に保つことができます。
また、ニトリには「ラグが洗える円柱型洗濯ネット」も販売しており、3帖用サイズまでのラグに使用できます。
洗い方は、

  1. 汚れた表側を外側にし細長く折りたたむ。
  2. たたんだラグをさらに巻いて丸める。
  3. 丸めたラグを洗濯ネットへ入れ洗濯機(ドラム式不可)で洗う。

自宅で簡単に洗えるので、活用してみてはいかがでしょうか。

おしゃれなデザイン性

ニトリにはおしゃれなデザイン性のあるラグが豊富に揃っているのも魅力です。ポップなデザインのものから北欧デザイン、モダンなものまで、テント内の殺風景な空間がおしゃれになるデザイン性の高いラグが揃っています。自分好みのカラーや柄などがきっと見つかるでしょう。

抗菌・難燃などの機能性

ニトリには、アース製薬と共同開発したダニよけ加工のラグ、細菌を抑える効果がある抗菌防臭加工のラグ、消防法に定められた「防炎性能基準」をクリアした燃えにくい加工を施したラグなど、キャンプラグとして最適な機能性に優れたラグが豊富に揃っているのも魅力です。

ラグマットのキャンプ活用アイデア

ラグマットはキャンプ道具の一つとして加えたいアイテム。そこで、今すぐ真似したい、ラグマットの活用術についてご紹介します。

サイトのおしゃれ演出

キャンプサイトをおしゃれに演出する最大のポイントは「ラグ」といっても過言ではありません。
上級者ほどラグを上手く活用しており、色のトーンを合わせたり、柄✕柄で個性的な空間を演出するなど、ラグを用いたレイアウトを楽しんでいます。特に人気なのがエスニック柄。よりアウトドアらしい雰囲気が出来上がります。

防寒対策

ラグは防寒対策になる優秀アイテム。テント内に敷くのはもちろん、ひざ欠けに使ったり羽織ったり使い方はアイデア次第。使わないときはイスやベンチにサッと敷くだけでも、テント内がおしゃれでこなれた印象になります。

テント内に敷く

冬キャンプでは防寒対策は必須。テント内に毛足の長いラグを1枚敷くだけで、地面からの冷えを防止することができます。電源サイトであれば、ホットカーペットや電気毛布を使うことができるので、ホットカーペット対応可のラグを活用するのもおすすめ。就寝時も寒さを気にせず、暖かく寝ることができます。

イス・ベンチに敷く

大きめのラグをイスや二人掛け用のベンチに敷いて、ベンチシートのように使うのもおすすめです。ベンチに座る時に冷えずに済みますし、キャンプサイトのいいアクセントになります。映えること間違いなしです。

ひざ掛けに使う

ラグはひざ掛けにも活用出来る便利アイテム。キャンプ場が思った以上に寒く、手持ちのブランケットが足りない時にもサッと使えて大変便利です。ロースタイルをより快適に、居心地の良い空間が生まれます。

キャンプ道具の緩衝材にも

車に沢山のキャンプ道具を積みますが、ラグを荷物と荷物の隙間や窓ガラスの間に挟むことで荷物の破損や崩れ防止に役立ちます。緩衝材の役割としてもラグを活用するのも大変おすすめです。

キャンプ用ラグにおすすめするニトリの人気マット

ふわふわで肌触りがいいタイプや収納しやすいタイプなど、素材や厚み、形など種類が豊富なニトリのラグ。毛足の長いラグはゴミが絡まりやすいので、キャンプ用ラグとしては避けたほうが無難でしょう。ニトリでは公式通販サイトがあるのでネットからでも購入可能ですが、ラグは肌触りやサイズ感などを目で見て確認する方が安心なので、直接実店舗へ行くことをおすすめします。

  • ジャガード織りラグ(ジオダイヤ)
  • さらっとした肌ざわりが心地よいジャガード織りのラグです。滑り止め加工のためズレにくく、手洗いOKなので汚れを気にせず使えるのもポイント。床暖房・ホットカーペットにも対応しており、電源サイトがある冬キャンプにもおすすめです。

  • タフトラグ(メトリア)
  • 手洗いOK、床暖房・ホットカーペット対応、滑り止め加工が施されたラグです。幾何学模様がキャンプサイトの雰囲気を盛り上げてくれます。

  • ふっくらウレタン入り保湿+吸湿発熱+蓄熱ラグ
  • 手洗いOK、床暖房・ホットカーペット対応、滑り止め加工付きの他、蓄熱機能、制菌防臭加工と機能性に優れたラグです。約20mmのウレタンを使用しているので、地面の硬さを緩和し踏み心地が抜群です。秋・冬キャンプにおすすめです。

キャンプ用としてニトリラグを使う際の注意点

  1. 洗えるタイプかどうか
  2. キャンプ用としてラグを購入する場合は洗えるかどうかの確認を。また、洗濯可能でも自宅で洗えないラグだと意味がないので、サイズや洗い方にも注意が必要です。

  3. サイズのチェック
  4. ラグはサイズ選びが重要です。小さすぎるとラグの機能を活かしきれず、見た目も残念な印象に。キャンプメーカーのラグのようにテントシートにぴったり合うサイズはなくても、小さいサイズのラグなら複数枚用意したり、大きめのラグを選ぶと華やかにもなりおすすめです。

  5. ホットカーペットで使う延長コードは屋外用を使用すること
  6. サイトのAC電源からテント内へ電気を引き込む際に必要なのが延長コード。自宅で使っている屋内用を使用してしまうと、雨などでショートしてしまう危険性があるので、必ずキャンプに持って行く際は屋外用の延長コードを用意しましょう。

こちらも合わせてご覧ください。

同じタグが付いた記事を読む