子供とキャンプ!動画・写真撮影におすすめのカメラ!

最近は、InstagramやYouTubeが大人気で、素人でも、写真や動画の腕がプロレベル、という方が増えています。

キャンプにもマイカメラを持参して、キャンプが目的なのか撮影が目的なのか分からないくらい、真剣に撮っている方も見かけます。

子供がいると、さらに撮影意欲がわきますよね。

ここでは、子供とのキャンプでおすすめのカメラや、写真映えして楽しいキャンプサイトの選び方などを書いています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューの主役!おすすめのお肉の種類や部位をご紹介!

バーベキューの主役といえばお肉ですよね。バーベキューではどんなお肉でもご家庭でいただくお...

スノーピークで人気ランタンのノクターン!風で炎が消える?

キャンプで夜を過ごすとき、自然の中は大変暗いので、灯りをともす道具は必需品です。ライトを使用...

初心者におすすめのキャンプ道具!こだわりのサイト作り!

仲間たちとキャンプに出掛けるのと同様に、ファミリーキャンプに挑戦する方が増えています。都会か...

アークテリクスのゴアテックス製品は修理してもらえる?

アークテリクスと聞くと、バックパックが一番に思い浮かびませんか?最近ではファッションでも...

グレゴリーの物を修理に出すとサムソナイトに繋がる謎を解明

アウトドアが趣味ならほどんどの人が知っていると言っても過言ではない「グレゴリー」はリュックやバッ...

意外と知らないコールマンストーブのオーバーホールを伝授!

アウトドアでは必須のギアであるコールマンのストーブですが、メンテナンスの方法を知っている人は少な...

バーベキューで串焼きが食べたい!おすすめのレシピとは?

日本でバーベキューというと、焼き肉のように食べやすいサイズにスライスしてある肉を食べることが一般...

SOTOのライターがつかない!故障?そんな時の対処方法!

普通のライターよりも強力で、野外での使用には便利なSOTOのガストーチは、アウトドアではもはや定...

ユニフレームの焚き火テーブルはブログでも高評価の逸品!

ユニフレームといえば、アウトドア製品メーカーとして有名です。焚き火台やフォールディングランタ...

大人気ブランドモンベルのシュラフ!その洗濯方法が気になる

泊りがけのアウトドアに持っていく、重要なものの一つに寝袋(シュラフ)があります。モンベルでは...

ダッチオーブンの鍋の違いは?オススメのダッチオーブン

1台で5役もこなすことから、ダッチオーブンは万能鍋ともいわれ、様々なシーンで人気があります。...

コンロガードは子供にも安心?便利な使い方をご紹介

キャンプの醍醐味といったら、大自然の中で楽しむキャンプ飯ですね。家族でキャンプを楽しみ、自然の...

ロゴスのティピーテントがかわいくて設営も1人でラクラク!

本格的な登山などではテントは実用的で機能的なものが求められますが、気候の安定している土地でのキャ...

キャンプ初心者必見!準備しておくべきものとキャンプの心得

近年、アウトドアブームもすっかり定着してきました。キャンプを楽しむ方も増え、キャンプ場も各地...

登山靴におすすめのザンバランのフジヤマ!手入れの仕方は?

登山におすすめしたい登山靴に、「ザンバラン」の「フジヤマ」があります。ザンバランは、登山靴と...

スポンサーリンク

子供とのキャンプは楽しい!

子供にとって、キャンプは遊べて楽しい、というだけではなく、成長するチャンスでもあります。

余計な情報のない自然の中で、誰かとコミュニケーションを取ったり、家族で協力して作業したりすることで、とても良い効果があるんです。

協調性が無い傾向がある子供でも、テント設営や料理などを手伝わせると、新しいことへの好奇心が芽生え、参加してくれることがあります。

積極的に参加させてあげて、感謝したり褒めたりして、「役に立っている」という喜びを感じさせてあげたいですね。

また、キャンプでは天候も変わりやすく、予期せぬトラブルも起こります。

トラブルの解決方法を教えることができますし、トラブルが起こっても冷静に対応すれば何とかなる、という精神力も学べます。

大人に管理されている子供の頃は、なかなかトラブルも経験しにくいので、これは大きなメリットになります。

そして、ゲームなどの疑似体験では得られない実際の感覚を通して、脳が育ちます。

最近はリアルなゲームもたくさんありますが、やはり、きれいな空気を吸い、川や海の水にさわり、生き物を観察したり焚火に驚いたり、貴重な体験がキャンプでは、たくさんできることでしょう。

次項ではそうしたシーンで、子供の様々な表情を動画に撮って残すために、おすすめのカメラをご紹介します。

元気な子供を動画に!おすすめのカメラ

子供は疲れ知らずで、活発に動き回ります。

その姿を追いかけるために、軽くて丈夫で、わくわくするような動画が撮れるカメラを選びましょう。

ここでご紹介するのは、アクションカメラです。

一眼レフの方が画質はいいですし、望遠機能やズーム機能はありませんが、操作が簡単で気軽にキャンプに持っていくことができます。

また、軽くて防水機能やハウジングが付いているタイプもあり、子供の体に付けたりしても、躍動感ある面白い動画が撮れます。

さらに、ワイドレンズで全体をタイムラプスとして記録もできます。

子供を撮影する以外でも、動画サイトにアップするような動画も撮れますし、ハマると楽しくて仕方がなくなる、そんなカメラなんです。

今まで、スマホでしか撮ってこなかったという方にも、簡単に使えるのでおすすめですよ。

動画も写真も!アクションカメラ

キャンプで子供を撮る際に楽しいアクションカメラですが、中でもおすすめのカメラをご紹介します。

〇SONY アクションカム

画質が良く、機能性にも優れていて、手ぶれもしっかりカバーしてくれます。

アクセサリーもたくさんあって選ぶのが楽しいことうけあいです。

〇GoPro

アクションカメラといえばGoPro、というほど有名なカメラで、愛用者も多いです。

画質も高水準で、ハウジングで完全防水仕様、アクセサリーも豊富です。

ドローンに積んで空撮する際にも役に立ちます。

〇RICOH THETA(シータ)

画質や動画の滑らかさも高いレベルで、特徴的なのは360度ぐるっと視界をすべて、写真に収めることができる、という点です。

子供がくつろぐテントの中や、ギアなどの撮影に役立ちそうです。

こちらも、非常に軽くて使いやすい注目のカメラです。

キャンプで活躍!アクションカメラ

アクションカメラで実際にキャンプの写真や動画を撮ると、臨場感があって迫力のあるものが撮れて、わくわくしてしまいます。

様々なアングルで試したくなるかもしれません。

キャンプ中の何気ない風景、料理していたり釣りをしていたり、遊んでいたりする様子をドラマチックに残せます。

キャンプ場に向かうドライブの様子でさえ、車載仕様で撮って映画のワンシーンのように撮影できます。

また、スマホでリモートコントロールして撮ることもできます。

どこか非日常な雰囲気が出て奥行きのある写真で、子供の姿を残しましょう。

画質にこだわり、背景の加工をしたいのなら一眼レフには、かないませんが、子供を気軽に撮るということを考えると、アウトドアシーンにはアクションカメラもおすすめです。

子供が撮りたがっても、壊すことを気にせずに貸すこともできるほど頑丈に作られています。

きっと、カメラを手にしたお子さんは、きらきら目を輝かせることでしょう。

キャンプの美しい自然の中で、新しいことを経験させてあげると、親子の絆が深まるかもしれませんよ。

キャンプで子供の笑顔を動画に収めるおすすめスポット

せっかく動画を撮るなら、アクティブに遊んでいる姿を撮影したいですよね。

夏キャンプと言えば水遊び。

川や海で水着になって泳いだり、釣りをしたり、ラフティングなども楽しいです。

ラフティングというのは、ボートに乗って何人かで川下りすることで、ヘルメットを付けてアクションカメラを頭に付ければ、ドキドキするような動画を撮れます。

また、パラグライダーができるところがキャンプ場の近くにあれば、ぜひ体験して撮影してみてください。

きっと、思い出に残ります。

キャンプ場には、アスレチックがある場所も多いですから、子供が勇気を出して挑戦している姿を追いかけても楽しいです。

このような、子供が喜ぶアクティビティーが充実しているかどうかで、キャンプ場を選ぶのもおすすめです。

そして、忘れてはいけないのがロケーションです。

星空が美しいキャンプ場や、湖畔のキャンプ場、温泉があるキャンプ場なども、おしゃれな写真がたくさん撮れますので、おすすめですよ。

家族で思い出に残るキャンプ!おすすめキャンプ場

キャンプといっても、そのスタイルは様々で、手ぶらで行けるサイトから、しっかり準備して行くサイトもあります。

ツリーハウスや、トレーラーハウスも特別感があって、楽しいですよね。

最近、注目されているグランピングの場合、贅沢さを満喫できますが、自分たちの力で協力して行動する機会が減るので、キャンパーには物足りないかもしれません。

しかし、親子3世代などで行くこともでき、とにかく何もかも揃っていて楽なので、リゾート感覚で訪れるのもおすすめです。

また、コテージやログハウスといった木の温かみを感じられる場所でキャンプを楽しむのも、楽で安心です。

設備が整っていて、何かあってもすぐに対応できますし、子供も休めます。

リーズナブルに楽しみたいなら、バンガローもいいですね。

子供のことを考えて、キャンプスタイルからキャンプ場を選ぶのも、たまにはいいかもしれません。

最後に、アクティブなご家族にぜひおすすめしたいキャンプ場を一つご紹介しますので、参考にしてください。

☆さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(マッスルモンスター)

都心からのアクセスも良く、レジャースポットとして大人気ですが、施設内でキャンプもできるんです。

常設テント、トレーラーハウス、ログキャブンがあって、気軽に楽しめます。

また、遊園地セットプランもあり、お得に遊ぶことができます。

さらに、温泉まで完備されていて、アトラクションで疲れた体をしっかり休められます。

メディアでも、よく取り上げられています。

大人も子供も時間を忘れ夢中になって遊べますので、ぜひ行って、スリル満点の動画を撮影してみてください。

子供とキャンプの思い出を作ろう

キャンプではしゃぎまわる子供の姿を、印象的に撮れるアクションカメラをご紹介しました。

いつもの写真や動画とは一味違う、個性的な絵に仕上がりますし、子供を追いかける際にも軽いのでとても楽です。

ただ、あまりにも撮影に熱中しすぎて、危ないところに子供が行くことに気が付かない、ということにならないようにしましょう。

安全第一で、思い出に残るキャンプを楽しんでください。