キャンプでのお米の炊き方!レトルト食品が便利!

キャンプは意外に手間が多く、初心者の方は、勝手がわからず時間がかかってしまいます。

テントの設営ひとつとっても、思った以上に時間がかかり疲れも出できます。

それから料理を準備するので、初心者の方であれば、最初は簡単にできるメニューにすることをおすすめします。

今回は、お米の炊き方とレトルト食品の便利さをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノーピークはポイントカードを忘れても後付けできるのか?

スノーピークでは、店舗で商品を購入するとポイントを貯めることができるポイントカードを発行していま...

スノーピークの大人気タープ『ヘキサエヴォ』を大解剖

スノーピークは、テントやタープなど多くのアウトドアグッズを取り扱っている人気メーカーです。日...

キャンプ初心者でも安心!簡単にできるおすすめ料理はこれ!

初めてキャンプで料理を作るとしたら、どのようなものが頭に浮かびますか。定番なところでは、バー...

コールマンのアタッチメントヒーターを改造しよう!

コールマンは、テントやランタンなど様々なアウトドア商品を販売しています。さらに、付属品として...

ストーブが灯油臭い時の対処法は?おすすめストーブもご紹介

寒い冬、ストーブを使って暖を取っている方もいるでしょう。ストーブは昔から使われている暖房...

バーベキューの食材はリストを参考に買い出ししよう!

炭火で焼く肉や野菜が楽しめるバーベキューですが、準備として食材の買い出しをしなければなりません。...

ダッチオーブンで作る無水カレーでキャンプ料理を堪能しよう

キャンプ料理の王道ともいうべきカレー。真っ青な空の下、そして大自然のすがすがしい空気の中で、美...

便利!ロゴスのコンロはコンパクトサイズで超優秀!

近頃は、ソロキャンプや女性だけのキャンプも増えていることもあり、「コンパクト」という言葉が強調され...

ロゴスのデカゴン!その種類やアイテムとブログでの評価は?

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで、便利なアイテムとして、タープやシェードがあります。タ...

アルコールストーブに必須!五徳を100均アイテムで作ろう!

キャンプにアルコールストーブを持って行く方もいるでしょう。そして、アルコールストーブを使う際...

コールマンインフレーターマットの特徴と空気入れ法を伝授!

インフレーターマットといえば、エアーマットよりは空気を入れる苦労が少なく、銀マットよりは厚くて寝...

ユニフレームのクッカーセットはIHで使える?性能を大解剖!

キャンプで炊くご飯は、失敗やおこげも含めておいしいものですが、できれば失敗したくないですよね。...

ランタンはガソリン?灯油?それぞれの利点をご紹介!

アウトドアの夜を演出してくれるランタン。ランタンから照らされる優しい火の光は、心地よいですよね...

バーベキュー料理におすすめ!チキンの部位や漬け込みレシピ

バーベキューといえば肉ですよね。牛や豚、チキン、ホルモン系と、いろいろな肉を楽しむのがバーベ...

大人気!スノーピークのテント『タシーク』の特徴と設営方法

キャンプなどのアウトドアで、なくてはならないものの一つにテントがあります。テントは、リビング...

スポンサーリンク

キャンプで失敗しない!お米の炊き方

     

美味しいお米と炊飯器があれば、失敗することなく美味しく炊けますが、やはりキャンプ場だからこそ、お鍋などで炊いてみたいと思いますよね。

今回は、キャンプ用のガスコンロとクッカーや鍋を使い、お米を炊いてみましょう。

そして、美味しくお米を炊くためにも、まずは上手く炊けない理由を知っていきましょう。

お米を炊く際は、鍋の大きさと水の量に注意します。

お米1合で炊くのとお米3合で炊くのでは、鍋の大きさ、また水の量が違ってきます。

お米1合を炊く場合は、直径14~15㎝位(6インチ)の鍋やクッカーを使い、できれば厚手の鍋がベストです。

また、小さい鍋や薄手の鍋は、焦げやすいので火加減に注意が必要です。

そして、お米3合を炊く場合は、直径20~22㎝位(8インチ)の鍋やクッカーを使い、しっかり蓋が閉じるものを使います。

お米3合での炊き方は、中火で約10分で沸騰するまで待ちます。

沸騰したら弱火にして約10分加熱し火を止めて、約15分蒸らします。

これは、あくまで目安なので、必ず美味しく炊ける訳ではありません。

では、どうしたら失敗しないで美味しく炊けるのでしょうか。

それは、やはり慣れることが一番の方法です。

お米が上手く炊ければ、あとは肉を焼くか、レトルトのカレーを温めるだけでキャンプ料理ができあがります。

キャンプ場で、初めてお米を炊くのは、リスクが高いのでおすすめできません。

まずは、家で何回か試してみてから、キャンプで炊いてみましょう。

お米の研ぎ方と水加減で美味しく炊ける

  

キャンプで使うお米は、普段、家庭で食べているお米を使ってかまいません。

さらに、キャンプで美味しいお米にするポイントは、水をミネラルウォーター(軟水)に変えることです。

実はお米というものは、一番初めに加える水を吸収しやすいです。

そのため、研ぎ水もミネラルウォーターを使用することで、さらに美味しいお米に仕上がります。

研ぐときに加える水、炊くときに加える水、それぞれにミネラルウォーターを使って早速お米を炊いてみましょう。

まず、お米が沈むぐらいを目安に水をいれます。

そのあと、軽くかき混ぜる程度ですぐに水を捨てます。

お米は、すぐに水を吸収するので、ゆっくりしていると若干のヌカの臭いまで吸ってしまいます。

この作業を、3回ほどくり返すだけです。

最近の精米機は性能がいいので、ほとんどヌメリやヌカが残りません。

力を入れた研ぐ方ですと、お米が割れ、反って美味しく炊き上がらないのです。

次に水の量ですが、普通のお米1合に対して水180~200ccとなります。

無洗米の場合は、お米1合に対して水220~240ccが目安です。

それから、新米なら水が少なめ、古いお米なら水が多めが基本です。

夏場で30分、冬場で60分、水に浸すことで、よりふっくらと炊き上がります。

水の量は、経験しないと分からないので、何度か試し自分の好みの硬さを見つけてください。

キャンプが初めての方は、お米を炊くことに集中し、おかずは、レトルト食品を利用してもいいと思います。

炭でお米を炊くのはむずかしい?

         

キャンプでするバーベキューは楽しいですよね。

せっかくバーベキューコンロで炭を起こしているので、その炭を使い、お米を炊いてみるのも楽しいものです。

しかし、炭火でお米を炊くのは、「難しそう」と思う方も多いでしょう。

ですが、ちょっとしたコツさえつかめば簡単にお米は炊くことができます。

そのコツとは、火加減の調整にあります。

まず、バーベキューコンロ内に炭の山を2つ作り、片方を強火にし、もう片方は弱火にします。

ただ、火加減をきっちり分ける必要はありません。

最初は、中火の位置に鍋を置きます。

2~3分したら強火に移し、7~8分ぐらいで沸騰するのが理想的です。

沸騰したら、今度は弱火にて約10分ほど火にかけておきます。

10分たったら、今度は強火に移し、20~30秒火にかけてから、炭のないところに置きます。

そこで、10分ぐらい蒸しておきます。

これで、美味しいお米が炊きあがります。

しかし、生煮えになってしまうなど、失敗してしまうこともあります。

そこで、もしものときのために、失敗してしまった場合の対処方をご紹介していきます。

お米が生煮えだった場合は、もう一度炊き直してみましょう。

やはり、味は落ちてしまいますが、食べられないわけではありません。

そんなときは、レトルトのカレーで食べるのがおすすめです。

次に焦がした場合ですが、お米は焦がしても、上の半分ぐらいは食べられます。

しかし、焦げついた鍋が大変なことになります。

鍋が焦げたら、しばらく水につけ、ごはんをふやかしてから軽くこすり洗いしましょう。

それでも取れない場合は、家に持ち帰り、鍋に水と少量の重曹を入れて沸騰させ、冷めるまで置いたあと、軽くこすり洗いします。

重曹につけることで、焦げが浮きやすくなります。

キャンプに適したレトルト食品

もともとレトルト食品は、アメリカ陸軍が野戦の為に、簡単に食べられる携帯食として開発されたものです。

また、宇宙食にも使われていたので、世界中の食品メーカーが研究開発に取り組んでいます。

レトルト食品は短時間で温めて食べられ、軽くて、持ち運びに便利で種類が多いです。

さらに、多彩な料理があり、炊くのが面倒という方であれば、お米のレトルトもあります。

レトルト食品は、常温で保管できるのでキャンプに適した食品です。

もともと調理済みの製品ですので、温めなくても食べることもできます。

もし、残すようなことがあっても、保存食品なので封を切らなければ持ち帰って、次のキャンプで食べることもできます。

キャンプだから、色々と挑戦してみたいキャンプ料理などがあると思いますが、初めてのキャンプであれもこれも作ろうと思うと大変です。

そんなときは、1食でもレトルト食品を活用したりすると、非常に便利です。

山岳キャンプではレトルトが便利

一般的なキャンプ場には、いろんな食材や道具をクルマに詰め込み、直接キャンプ場まで行きます。

しかし、山岳キャンプでは荷物を背負い山を登って行くので、荷物には重量の制限があり、食材や調理道具の軽量が求められます。

また、クーラーボックスのように、かさばるものはバックパックに入らないため、持って行くことはかなりの困難でしょう。

そのため、山岳キャンプの食材は、常温保存ができ、簡単な調理道具で作れるもの、さらに必要最低限で使いきれる分だけ用意します。

山では歩く時間が長いため、食事の準備や片づけに時間をあまりかけられません。

これら全てを備える食品がレトルトです。

レトルトカレーを食べるとしたら、お米を炊くのに30~40分ぐらいかかりますが、レトルトのご飯とカレーをいっぺんに沸かしたお湯に入れれば、たったの3分でできます。

箱に入ったレトルト食品は、箱から出して持って行くことで、ゴミも減りコンパクトになります。

お米とレトルトがあれば連泊キャンプも安心

キャンプで悩むのは、食事のメニューですね。

ですが、結局は肉料理に落ち着く方が多いです。

さすがに連泊キャンプの場合は、毎食バーベキューや焼き肉だと飽きるので、別メニューも考えなければなりません。

料理が得意、趣味が料理という人は別ですが、あまり得意ではない方には、レトルト食品に頼ってみてもいいでしょう。

お米があれば、定番のレトルトカレーやシチュー・中華丼・親子丼・ハンバーグなど、色んな料理が楽しめます。

多めにお米を炊いておけば、おにぎりや焼き飯もできます。

また、お米が炊けなくても、さらに失敗してしまった場合でも、レトルトパックのご飯を持っていけば安心です。

お湯を沸かす環境さえ整えれば、十分美味しい食事ができます。

お湯を沸かす環境があれば、パスタを茹でながらレトルトのソースも一緒に温めるのもいいですね。

レトルト食品を使うことで、メニューの幅が広がり簡単で美味しい食事ができ、連泊でのキャンプが充実し楽しく過ごせます。

キャンプは料理が苦手な方でも大丈夫!

初めてのキャンプだから、色々と挑戦してみたいキャンプ料理があると思いますが、初めてのキャンプだからこそ、簡単にできるメニューにしましょう。

まずは、お米を炊くことから始めてはいかがでしょうか。

少し難しいかもしれませんが、慣れればさらにキャンプを楽しむことができますよ。