ストーブの芯は交換したほうがいい?交換時期の目安は?

ここ近年は石油ファンヒーターが一般的に使われてきていますが、中には昔ながらの石油ストーブを使用している人もまだまだ多くいます。

アウトドアが好きな方で山に住まいを持たれている方は、石油ストーブを利用していることもあるでしょう。

10年近く使用していて「そういえばストーブの芯って変えなくていいのかな?」「交換時期はいつだろう?」と、ふと疑問に思ったことはありませんか?

今回はストーブの芯について覚えておくと便利な知識をご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トレッキングポールの正しい使い方!ウォーキング時に活躍!

皆さん、運動をしていますか?最近の健康志向から、仕事終わりや休みの日に汗を流している方も増えて...

スノーピークで人気のテントタシーク!気になる評価とは?

アウトドアで必要なものの1つがテントです。遊び疲れてほっと一息ついたり、自然の中でゆったりく...

ロゴスの飯盒の使い方!丸型飯盒でお米をおいしく炊く方法!

最近はアウトドアブームが続き、山飯やキャンプ飯もブームとなってきました。外での料理となると、...

ジェットボイルシリーズ最小のzip!点火方式にはご注意を!

モンベルから販売されているジェットボイルシリーズは、最小限の燃料で高速にお湯を沸かせるため、アウ...

ドイターギガバイクは何にオススメ?レビューを参考に選ぼう

ハイキングやロードバイクなど、アウトドアスポーツを行うための装備の1つにザックも挙げられますよね...

バーベキューの違う楽しみ方!燻製を簡単に作る方法を伝授!

バーベキューを行うときに、多くの場合は焼肉を楽しむでしょう。大勢で、焼肉を食べるのはとても楽...

ツーリングでキャンプ場へ!バイク乗り入れOK!【関西編】

車で行くキャンプも楽ですが、やはり相棒と旅をしたいもの。今回は、バイク乗り入れOKな関西のおす...

スノーピークのペンタシールド!どんな張り方ができる?

スノーピークは登山道具から始まったアウトドアブランドですが、今ではキャンプ用品も充実し、その品質...

ユニフレームのクッカーが万能すぎるとブログでも大評判!

ユニフレームのキャンプ道具はどれもとても評価が高く、ハズレはないといっても良いかもしれません。...

バーベキューを盛り上げたい!おすすめの具材や食べ方は?

バーベキューで定番の具材といったら、「肉」が一般的といえるのではないでしょうか。肉の種類でい...

飯盒炊爨?飯盒炊飯?その違いを徹底解説!

みんなでキャンプを楽む時は、野菜切り係や火の準備の係やテントを張る係などそれぞれ分担しますね。...

スノーピークのコットでキャンプでも快眠!口コミでも高評価

キャンプに慣れてくると、だんだんと睡眠の快適性にこだわりたくなってきます。しっかり睡眠が取れ...

コールマンのランタン!ガソリンは入れっぱなしでも大丈夫?

焚火やキャンプファイヤーなどの自然の炎や、ランタンの明かりに照らされる、キャンプの夜のひと時。...

これで万能ナイフの達人に!缶切りの使い方をご紹介!

アウトドアで大活躍する万能ナイフ。様々な機能が付いており、何かと役に立ちますよね。しかし、...

バーベキューグッズはおしゃれなものがいい!おすすめは?

バーベキューの基本的な道具やグッズはあっても、「こんなグッズがあったら便利だな」「おしゃれなバー...

スポンサーリンク

根強い人気の石油ストーブには選ばれる理由があった!

最近では、石油ファンヒーターや電気ストーブを使用する人が多いですが、石油ストーブを使用している人もまだまだ多くいます。

古い昭和の時代に使われていたイメージが強いですが、灯油さえあれば使用することのできる石油ストーブは、野外でも使用することができるため、アウトドアでの需要も増えてきています。

また、構造が簡単なため故障も少なく、騒音がほとんどないことも人気の秘密です。

さらに、石油ストーブは電気がなくても使え、災害時でも使用することができるので、再注目されるようになってきました。

ストーブの上には、鍋やヤカンをのせてお湯を沸かすことができ、その蒸気で部屋に湿度をあたえることもできるため、乾燥する冬の時期にはおすすめしたいアイテムの一つです。

実際には昭和時代に多く流通していたストーブのため、その時代から使用されているストーブもまだまだあるのではないでしょうか。

使われている石油ストーブは、芯式のものが一般的です。

そのため、この芯を交換しなくては使えないものがあったりもします。

しかし、最近のストーブを使っている方の中には、「10年以上使っていても、芯を変えたことがない」と思うこともあるのではないでしょうか。

また、「最近ストーブの火が不安定」という症状はありませんか?

ストーブの芯は変えなくても問題がないものと、変えないと使えなくなってしまうもの、ストーブの使用方法によっては芯を駄目にしてしまうものなど、様々な種類があります。

今回はストーブの芯の種類や、交換時期について知っておくと便利な知識をご紹介していきます。

そもそもストーブの芯って何?芯にはどんな役割があるの?

昔から利用されている石油ストーブは、灯油を燃料として暖める燃焼器具です。

燃料は灯油が使用されますが、一般的には「灯油ストーブ」ではなく「石油ストーブ」と呼ばれています。

石油ストーブの燃焼は大きくわけて三種類あります。

・加圧式

・ポット式

・芯式

一般家庭に多く出回っているのは、この芯式ストーブです。

芯式ストーブは、中心にある燃焼筒の下にガラス繊維や綿でできた芯があり、芯の下部が灯油に浸っています。

その灯油が芯に染み渡り、芯の上部まで浸透した灯油を燃焼させます。

炎は燃焼筒の中で燃え、筒の上部の金網を熱し、その金網と燃焼筒から赤外線が放出され、周囲を暖めていきます。

強さの調節は、ストーブについている調節レバーやダイヤルで、芯を昇降させて炎の強さを調節していきます。

石油ストーブにおいて重要な役割をもつ「芯」ですが、変えたことがあるという人は少ないのではないでしょうか。

長年使用していると、炎のつきが悪くなることがあり、つかなくなったりした場合、ほとんどの人がストーブの買い替えをしていると思います。

実は、この芯を交換することによって、火のつき方を新しいストーブ同様の状態に戻すことができるのです。

それでは次に、芯の交換時期についてご紹介します。

芯に交換時期の目安

石油ストーブに使用されている芯は、「ガラス芯」と「綿芯」があります。

ガラス芯の場合は、正しい使い方をしていれば、半永久的に使用できますが、誤った使用をしてしまうと、物理的に芯が劣化し交換しなければいけません。

綿芯の場合は、芯が消耗していきますので、暖まり方が弱くなったり、ススがでてくるようになりますので、この場合は早めに交換するようにしましょう。

綿芯の場合、使い方によって寿命は左右されますが、一般的には3年~5年といわれています。

もちろんそれ以上使える場合もありますが、気づかないうちに暖房の威力が弱まっていたり、火が不安定になっている場合があります。

・燃焼中のにおいがきつくなってきた

・火力が弱くなってきた

上記の症状が出てきた場合は、交換時期の目安となりますが、毎日使用していると気がつきにくい場合がほとんどです。

5年以上使用している場合は、試しに芯を変えてみるのもおすすめです。

替えの芯は、販売店やメーカーから直接購入することができます。

ストーブが古すぎる場合、販売店での取り扱いがないこともありますので、その場合はメーカーへ直接依頼してみてください。

廃盤になってしまった型でも、代替品が用意されていることがほとんどですので、あきらめずにメーカーへ連絡してみましょう。

古いストーブこそ大切に!芯の交換時期を伸ばす掃除方法

先程もお伝えしましたが、ガラス芯の場合、しっかりとメンテナンスをすることで、半永久的に使用することができます。

メンテナンスといっても、分解して掃除する、というような手間がかかるものではなく、簡単な作業です。

シーズンが終わって、ストーブをしまう前に「空焚き」をすることです。

空焚きとは、ストーブの灯油が完全になくなるまで、燃焼させ続けることです。

空焚きをすると、ガラス芯に残っている灯油を全て燃やしきり、芯の中まで熱を通すことによって、芯に溜まった不純物を除去していきます。

また、ストーブの中に灯油が残ったまま保管してしまうと、灯油が劣化し、翌年に劣化した灯油を使用することで、芯に悪影響を及ぼします。

芯を長持ちさせるためには、空焚きしてからしまうようにしましょう。

なお、ガラス芯に付着したホコリが焦げてススとなり、芯が目詰まりしてしまう場合があります。

この場合は、ガラス芯でも交換しなければいけません。

綿芯の場合は、ガラス芯とは逆で、灯油が切れた状態で燃焼(空焚き)させ続けると、芯が燃えてしまいます。

また、空焚きしなくても芯は年々燃えて減っていきますので、定期的に芯を交換しなければいけません。

交換時期は明確には定められていませんが、前章でご紹介したように、においがきつくなったり、炎が不安定になってきたら交換するようにしましょう。

芯の交換時期がきた!交換は自分でできる?それとも修理?

芯の交換は修理に出してもよいのですが、覚えてしまえば自分でも簡単に交換することができます。

芯の交換時期がきたら、まずは替え芯の準備をしましょう。

必要な芯の種類は、ストーブ本体や取扱説明書に記載されています。

芯はストーブの購入店やメーカー、インターネットでも購入することができます。

まずは事前に、本体に残っている灯油を使い切り、本体に溜まっているホコリも掃除しておきます。

<芯の交換方法>

1.灯油タンクを抜き、中央のガラス筒を外します。

2.ストーブ本体の両側面と背面にあるネジを外し、本体を上へ持ち上げながら外します。

3.芯の周りを覆っているカバーのような調節器を外します。

ネジで止まっていますので、ドライバーなどを使って外しましょう。

4.前面に芯を上下させるハンドル軸がありますので、固定しているネジを外しましょう。

5.ハンドル軸を右へ回すと芯が上昇します。

芯の周りを覆っている筒ごと反時計回りに回して、筒ごと芯を取り外します。

6.筒から芯を取り出し、新しい芯を取りつけましょう。

7.新しい芯に取り替えたら、元の位置に戻し、ハンドル軸を左へ回して芯を下降させます。

8.あとは、外したものを元のように戻して、芯の交換が完了です。

ストーブによっては若干手順が変わる場合がありますので、ストーブの説明書も確認してみてください。

アウトドア好きにおすすめしたい!人気の石油ストーブ

最近はアウトドアが流行していることもあり、アンティークなイメージのある石油ストーブに人気が出てきました。

その中でも特に人気のストーブをご紹介します。

・アラジン 石油ストーブ

レトロなイメージのアラジンストーブは、インテリアとしても人気があります。

丸型のストーブで、ストーブの周辺360度が暖かくなります。

通常の石油ストーブと比べると、芯のメンテナンスがこまめに必要で、芯の交換時期も早く、お手入れに若干手間のかかるストーブですが、デザイン性からとても人気のあるストーブです。

・スノーピーク レインボーストーブ

こちらも見た目のデザイン性から人気のあるストーブです。

テントやタープの中では使用できませんが、外で使用することができますので、キャンプのときにはとても便利です。

上に、鍋やヤカンをのせることもできるので、外で料理をすることも可能です。

・トヨトミ レインボーストーブ

タンクが二重構造になっているため、万が一転倒してしまった場合も、灯油がこぼれにくく安心できます。

定期的に芯を交換して、心地のよい暖かさと炎で癒されよう!

古いイメージのある石油ストーブですが、最近ではデザイン性の高い石油ストーブも多く発売されています。

芯の交換は一度やってしまえば思ったよりも簡単で、しっかりとメンテナンスしていけば、半永久的に使用できます。

野外で活躍するものもありますので、寒い時期のキャンプを石油ストーブで乗り越えましょう。