スノーピーク・トルテュライトのサイズとメリット!商品紹介

スノーピークで人気のオールインワンテントに「トルテュライト」というテントがあります。

特にファミリー層を中心に人気があるようですが、この記事では、その気になるサイズや張り方について詳しくご紹介していきます。

また、スノーピークのその他のテントや、おすすめのアイテムについてもお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グレゴリーz35の後継!ズールはハイドレーション対応は可?

日帰り登山であっても、登山では多くのアイテムが必要になります。これらのアイテムは登山用ザック...

立山エリアのバックカントリーにオススメなルートをご紹介!

突然ですが、「バックカントリースキー・スノーボード」はご存知ですか?「バックカントリースキー...

ブラックダイヤモンドヘッドライトが点かない!これは故障?

登山やクライミングなど、様々なアウトドアでヘッドライトも重要なギアの一つとされています。その...

コールマンのツーバーナー!メンテナンスと取扱いの注意点

キャンプでバーベキューをするなど、アウトドアで便利な道具として、バーナーがあります。ここでお...

小川キャンパルのラナが便利!簡単設営ドームシェルター!

小川キャンパルのドームシェルター・ラナは、家族で使っても広々とくつろげる居室の広さと設営の簡単さ...

アークテリクスのソフトシェルガンマltの評価を徹底調査!

アークテリクスは、機能的でデザイン性も高く、革新的なウェアやギアを輩出するアウトドアブランドです...

コンロのグリルに火がつかない!その対処法は?

魚などの焼き物料理をする時に、便利で大活躍するのが、コンロのグリルですね。そんなグリルで料理中...

釣り初心者も楽しめる!海で釣りをする場所や仕掛けの選び方

海は魚の種類が豊富で、釣りを始めたばかりの初心者の方も挑戦したい方も多いのではないでしょうか。...

アークテリクスのゴアテックスアイテムはどうやって洗濯する?

アークテリクスと言えば、本格的な登山のアイテムからタウンユースまで様々なアイテムが揃い、幅広い層...

一人バーベキューをする上で必要なことは?まとめてご紹介!

複数人で集まり、にぎやかに行うバーベキューは非常に楽しいものです、しかし、一人で行うバーベキ...

サーモスの燻製器でキャンプ料理!気になるレシピをご紹介!

キャンプの楽しみの1つに料理があります。近年キャンプ料理のバリエーションの1つとして、燻製器...

オートバイで旅をする為のキャンプ道具とリストをご紹介!

オートバイに乗って素敵な湖畔や眺望の良いキャンプ場で過ごす旅は、格別なものがあります。しかし...

バーベキューで作れる!魚介類のホイル焼きの作り方!

バーベキューでいただくお肉はとてもおいしいものですよね。しかし、お肉以外にも食材を用意してお...

キャンプで大活躍のモンベルコット!ブログでのおすすめは?

キャンプに出掛けるとき、「コット」があるとより快適に過ごせます。ベットととして使用するのはも...

優秀なグレゴリーザック!もしもの時の修理方法をご紹介!

登山をするには様々な登山アイテムが必要となります。ウェアやシューズ、携帯食やもしもの時の医療キ...

スポンサーリンク

スノーピーク「トルテュライト」とは?

スノーピークの数あるテントの中で、オールインワンテントのエントリーモデルに属するのが、「トルテュライト」です。

オールインワンテントというのは、テント内の寝室とリビングが一体になっている、2ルームシェルター型になっているテントのことを言います。

テントと別にタープなどを張る必要がないので、「トルテュライト」さえあれば気軽にキャンプなどのアウトドアを楽しむことが可能です。

トルテュシリーズには他にも「トルテュpro.」というのもあり、こちらは「トルテュライト」とサイズなどはほぼ変わりませんが、使っている生地の素材などが違うプロ仕様となっています。

その「トルテュpro.」の素材を標準的なものに変更し、初心者の方でも買い求めやすくお手頃にしたのが、「トルテュライト」になります。

標準的な素材とは言うものの、フライ部分もボトム部分も十分な性能を持った素材が使用されており、どちらとも耐水圧は1,800mmあり問題なく使えます。

スノーピーク「トルテュライト」の気になるサイズ

次は、スノーピーク「トルテュライト」のサイズについてご紹介していきます。

「トルテュライト」は、収容人数は3人から4人ほどで、同じスノーピークの「ランドロック」が6人なのに対してコンパクトに設計されているのが特徴です。

コンパクトながらも大人2人こども2人の家族4人で快適に使える広さがあるので、ファミリー層にも人気があります。

●「トルテュライト」のサイズ

・長さ:580cm×横幅360cm×高さ205cm

・収納した時のサイズ

本体キャリーバック収納時 長さ70cm×横幅30cm×高さ30cm

フレームケース:長さ70cm×横幅18cm×高さ20cm

・重さ:18.5kg

・各フレームのサイズ:A6061(直径14.5mm、16mm、17.5mm) 

・自在付ロープの長さ:3.0m×2本、2.5m×10本、1.5m×2本

「トルテュライト」はこのようなサイズになっています。

通常のテントサイトで問題なく張れるサイズなので、場所選びにもあまり迷うことはなさそうです。

スノーピーク「トルテュライト」!良いところをご紹介

ここからは、スノーピーク「トルテュライト」の良いところについてご紹介していきます。

〇「トルテュライト」のメリット

・風通しが良い

「トルテュライト」には本体にメッシュパネルが付いています。

暑い夏などはこのメッシュパネルを開けておくことで、テント内の風通しが良くなり、内部に熱がこもりにくくすることが可能です。

また、入口部分を開放することで、さらに風通しを良く出来ます。

・設営が簡単

「トルテュライト」は、アウトドア初心者の方でも設営出来るように、各フレームやスリーブが色分けしてあるので、簡単に設営することが可能です。

少し大きいので、2人で設営することになりますが、慣れてきたら説明書を見なくても設営出来ます。

また、タープを張る必要が無いので、テント+タープを設営するよりも時間が短くて済むのも特徴です。

・広々とした空間

コンパクトサイズではありますが、「トルテュライト」の内部は想像しているよりも広さがあります。

寝室とリビングが一体になっているので、開放的な空間を楽しむことが出来ます。

・コスパ

テント+タープを購入するよりも支出が少なくて済みます。

決して安いものではありませんが、「トルテュライト」さえあれば、キャンプなどの時の居住空間として十分活躍してくれます。

このように、「トルテュライト」には使う人が満足する良いところがいっぱいあります。

スノーピークのテントのサイズ比較

「トルテュライト」のサイズや特徴についてご紹介してきましたが、スノーピークには他にどのようなサイズのテントがあるのでしょうか。

スノーピークのテントを収容人数別にご紹介していきます。

〇1人~2人

「ファルpro.air2」

・サイズ:長さ210cm×横幅130cm×高さ100cm

風通しの良い設計がされていて、夏でも快適に過ごせます。

インナーテントを外せば、シェルターとしても使える優れものです。

〇3人~4人

「アメニティドームS」

・サイズ:長さ355cm×横幅230cm×高さ120cm

スノーピークを代表する人気テントで、アウトドア初心者の方でも簡単に設営出来ます。

オートキャンプに最適な入口の大きさや、広々とした内部が特徴です。

「ランドブリーズ4」

・サイズ:長さ260cm×横幅220cm×高さ132cm

こちらもスノーピークの有名なテントで、キャンプ場などでもよく見かけます。

ランドブリーズ4は、テント内の温度管理に対応しているので、季節を問わず快適に過ごせるのが特徴です。

〇5人~6人

「ランドロック」

・サイズ:長さ625cm×横幅405cm×高さ205cm

とても広々とした内部は、大人数でもゆったりくつろげる快適なテントになっています。

見た目からもわかるように、とても頑丈に出来ているので、耐久性もある頼りになるテントです。

このように、スノーピークには様々なサイズのテントが用意されています。

他にもまだまだ種類があるので、自分のスタイルに合ったものを探してみて下さい。

「トルテュライト」のサイズに合ったオススメのアイテム

ここからは、スノーピーク「トルテュライト」にピッタリサイズで、その性能を高めてくれるオススメのアイテムをご紹介していきます。

〇アップライトポール

「トルテュライト」の入口のスカート部分に取り付けて、入口部分を開放させることが出来るポールです。

このポールを使用することで、夏場のテント内の通気性をさらに高めることが出来るので、快適な時間を楽しめます。

〇トルテュpro.グランドシート

「トルテュpro.」用のグランドシートですが、「トルテュライト」も同じサイズなので使うことが可能です。

インナーテントのボトム部分に装着して、テントのボトム部分を地面から守ってくれる役割があります。

〇トルテュpro.インナーマット

こちらも「トルテュpro.」用のインナーマットですが、「トルテュライト」でも使うことが可能です。

インナーテントにピタリと収まるサイズなので、地面のゴツゴツを和らげてくれたり、テントの隙間を塞いで風や水の侵入を防いでくれます。

〇トルテュpro.シールドルーフ

「トルテュライト」の屋根にかぶせて使うアイテムです。

表面にはシールド加工が施されていて、夏場の暑い日差しから守ってくれます。

また、紫外線による劣化も軽減させることが可能です。

冬場に使うと、結露を防ぐことも出来る優れもので、オールシーズン使えます。

このようなアイテムを「トルテュライト」と使うことで、より高性能なテントへと変身させてくれます。

スノーピークのオススメ周辺アイテム

最後に、スノーピーク「トルテュライト」と一緒に使いたいアイテムをご紹介していきます。

〇ギガパワーツーバーナー

スノーピークの強力なガスバーナーです。

火力の強いコンロが2口も付いているので、キャンプやバーベキューなどの時に、まるで自宅にいるかのように多彩な料理を作ることが出来ます。

〇ギガパワーランタン 天 オート

キャンプの時などに夜の暗い空間を明るく照らしてくれるガスランタンです。

スノーピークに昔からある歴史深いランタンで、マントルを燃やすあの独特な明かりが、さらに雰囲気を高めてくれます。

〇焚火台

この中に薪を燃やすだけで、大人もこどもも幻想的な雰囲気を何時間でも味わうことが出来ます。

焚火台がすっぽりと収まるサイズのジカロテーブルを併用することで、みんなで焚火を囲みながら食事などを楽しむことも可能です。

この他にもスノーピークには様々なアイテムがあり、そのどれもがアウトドアをより豊かなものにしてくれます。

スノーピーク「トルテュライト」は家族で楽しめる快適サイズ

スノーピーク「トルテュライト」の特徴やサイズなどについてご紹介してきました。

「トルテュライト」があれば、家族でのキャンプやバーベキューを、さらに楽しく快適で思い出に残るものにできるでしょう。

しかし、残念ながら、「トルテュライト」は、2018年現在カタログからは姿を消しています。

ネットオークションやネットショップなどで見かけた際には、是非チェックしてみてください。