大切なフィルソンバッグが壊れたときの修理は問い合わせ

アウトドア派の方の中には、長年に渡り、大切にしている愛用品を持っている方も多いのではないでしょうか?

使い勝手が良い、手に馴染む、思い出がある。

大切な愛用品は、楽しいアウトドアの時間を、さらに充実させてくれますね。

アメリカのフィルソン社のバッグは、まさに愛用品として長い間楽しめる、優れたバッグとして人気があります。

長い間使用するものは、時に壊れることがあります。

しかし、そんなときでも大丈夫です。

今回は、フィルソンのバッグをさらに長い時間愛用できるように、壊れてしまった場合の修理時の対応をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

釣りをする際の「ラインとライン」の結び方の種類をご紹介!

釣りをする際、ラインとラインを結ぶことがありますよね。ノットには釣りをする状況や何を対象にす...

ヒルバーグ巨大ドーム型テントアトラスの設営方法をご紹介!

アウトドアでの必需品と言ったらテントです。日帰りでも泊まりの場合でも、テントがあれば非常に便利...

ダナーの登山靴が登場する小説「山女日記」はどんな話?

創業から数多の靴を世に送り出してきたシューズブランドのダナー(Danner)は、ご存知の方も多い...

大人気ブランドモンベルのライトダウン!その洗濯方法とは?

寒い時期にアウトドアに出掛ける時、必要になってくるものの一つにアウタージャケットがあります。...

フィルソン社のトートバッグの魅力とエイジングの楽しみ

フィルソン社というアウトドアウェアや道具を扱うメーカーをご存知でしょうか?今回は、数あるフィル...

大人気のダナーブーツの魅力とお手入れの方法とは

ダナーは有名なアウトドアブーツのブランドです。シューズブランドで初めてゴアテックスを採用...

ロゴスのポンチョは雨の日の味方!使用後の濡れないたたみ方

突然雨が降り出してしまった時、ポンチョを持っていると非常に助かりますよね。アウトドアでの使用...

コロンビアマウンテンパーカーは取扱注意?洗濯方法をご紹介

登山やキャンプなどのアウトドアで、マウンテンパーカーを着ている方は多いですよね。コロンビアな...

モンベルのポケッタブル仕様のアウトドア用品とたたみ方!

山登りやトレッキングなどのアウトドアに行くときは、足元の悪い道を歩くので、荷物はできるだけ軽量で...

バックパック人気ブランドを調査!バックパッカー女子必見!

バックパック一つを持って、海外などの旅行を楽しむバックパッカーは女子にも人気があり、最近では女子...

コールマンのノーススターを長く愛用する!メンテナンス方法

アウトドアの夜を彩るランタン。これが1つあるだけで、キャンプの雰囲気がグッと良くなります。...

「SOTO」のミニ焚き火台「テトラ」の特徴とブログの評判

人気のアウトドアメーカー「SOTO」のアイテムの一つに「テトラ」というミニ焚き火台があります。...

おしゃれなコールマンのレジャーシート!畳みかたは?

レジャーシートはキャンプや遠足、運動会などで大活躍する優れものですよね。そんなレジャーシートは...

アークテリクス「ベータsl」とは?サイズ感を徹底解説!

アウトドア用品を手がける「アークテリクス」で、代表的な商品がマウンテンジャケットです。アーク...

キャンプの食事を存分に楽しもう!ブログは情報の宝庫!

キャンプの楽しみの一つと言えば、食事ですよね。綺麗な空気の中、気の知れた家族や友人たちとの食...

スポンサーリンク

フィルソンのバッグの魅力

フィルソンのバッグの修理のお話をする前に、まずは、フィルソンのバッグの素晴らしさを改めてご説明しておきましょう。

フィルソン社は、アメリカのアウトドアブランドで、アウトドア向けのウェアやバッグなどを製造しているアウトドア製品の専門メーカーです。

1897年にワシントン州シアトルで創業されました。

生地に施された特殊な加工により、撥水性、耐久性などに優れ、不動の人気を誇っている老舗ブランドです。

選び抜かれた最高の素材と使いやすさや、利便性を追求したデザイン、しっかりとした製縫は、創業当時から絶大な信頼を得ていて、現在でもそのポリシーは守られ続けています。

バッグの持ち手などには上質のレザーが使われていて、シンプルで機能性の良いアクセントになっていて、現在では、ファッションバッグとしてのタウンユースでも人気があります。

とても丈夫な作りなので、何十年も愛用し続けることのできるバッグとして、親から子へ、子から孫へと、親子3代に渡って大切にしていけるバッグとしても、人気があります。

そして、タフなアウトドアシーンでの使用を前提に作られたバッグです。

しかし、タフといっても、もちろん消耗することもあります。

そのため、バッグが壊れてしまうことも少なくありません。

もし、バッグが壊れたときには、いったいどうしたらいいのでしょうか?

では早速、フィルソンのバッグの修理について、詳しくご紹介していきます。

フィルソンのバッグが壊れた!修理の依頼をしよう

フィルソン社の信頼は、優れた製品の品質だけではありません。

フィルソンのバッグを購入すると、フィルソン社のアフターケアもしっかりと受け付けてくれるので、とても安心です。

まず、壊れてしまったバッグの品番号と商品名を手元に用意しましょう。

フィルソン社の正規取り扱い店へ問い合わせをして、修理の依頼をします。

その際にバッグの品番号、商品名、バッグの状態を伝えてください。

フィルソン社のアフターケアは、有償で修理を受け付けてくれます。

アメリカからの輸入製品なので、部品が日本にない場合は、アメリカ本土からの取り寄せになるため、時間がかかることがあります。

バッグの状態などにより、修理が不可能な場合があることもあります。

それぞれの状態により、修理料金や修理期間などが変わってくるので、まずは問い合わせをすることが重要です。

フィルソンのバッグの部位別の修理

では次に、フィルソンのバッグが壊れた場合の、部位別の修理について考えます。

まず、一番手に触れる場所として、修理が必要になることがもっとも多い部位は、持ち手などの手元部分に関連した修理です。

アウトドアシーンでの使用では、重い荷物などを運んだりと、何かとダメージを受けやすい部分です。

レザーの持ち手が切れてしまったり、破れてきてしまった場合などは、部品を交換することを踏まえて、正規取り扱い店に問い合わせてください。

先に書いたように、もし日本に部品がない場合などは、アメリカ本土から輸入する場合もあります。

次に多いのは、生地部分の破れや、キズです。

アウトドアシーンでのタフな使用により、生地部分が弱ってしまったりすることがあります。

ただ、フィルソンバッグは、エイジングさせることが楽しみの1つでもあります。

長年に渡り愛用してできたキズや汚れ、多少の破れなどは、バッグの持ち味として考えるので、修理を依頼する際、そのさじ加減が難しいところではあります。

しかし、バッグとしての機能を持たないほどの破れやダメージは、修理対象として受け付けてくれる場合もあるので、バッグの詳しい状態を明確に説明して、問い合わせてみましょう。

フィルソンのバッグを安価で修理するには?

フィルソン社の製品は、フィルソン社のアフターケアにより、長年に渡って愛用していける安心感がありますね。

しかし、時に修理料金が予想よりも高額になってしまい、慌ててしまうこともあるかもしれません。

フィルソンのバッグはアメリカからの輸入製品なので、どうしても金額が高めになってしまうのは仕方ないことともいえるのです。

ここでは、大事なフィルソンのバッグを安価で修理する方法をご紹介します。

その方法とは、フィルソンの正規取扱店ではない、町のカバンの修理屋さんに修理を依頼するという方法です。

この方法のメリットは、安価で修理をしてもらえることと、修理期間が短い場合がほとんどだということです。

たとえば、正規取扱店に問い合わせをして、部品をアメリカ本土から取り寄せることになった場合、それがどんなに小さな部品だとしても、修理に1か月から2か月の時間がかかることになります。

部品を取り寄せるときに、ほかの修理の依頼とまとめて取り寄せるため、時間がかかるのです。

個別でも部品を取り寄せてくれますが、その場合は送料としてさらに3,000円から4,000円ほど支払うことになります。

修理料金も、小さな金具部分を交換する場合、約10,000円ほどになります。

これが、町の修理屋さんに修理を依頼すると、1,000円から2,000円ほどの料金で済むこともあります。

フィルソン社のオリジナルの部品にこだわらなければ、大幅に修理料金や修理期間を減らせるので、おすすめです。

フィルソンのバッグを長く愛用するための方法

フィルソン社のバッグを愛用するには、壊れたときの修理のほかに、日常のお手入れがとても大事になってきます。

アウトドアシーンではダイナミックにタフな使い方を楽しめるフィルソンのバッグ。

使用した後に簡単な手入れをするだけで、フィルソンのバッグの醍醐味である「エイジング」を楽しむことができます。

「エイジング」とは、長年の使用によって付いたバッグの汚れ、キズ、シワなどが生地に馴染んでいく様をいいます。

フィルソンのバッグをエイジングしていくと、バッグの生地に独特の雰囲気が刻まれていきます。

まるで、思い出や大切な時間がそのまま刻まれていくように、エイジングは進んでいきます。

そうしてエイジングによって出てくる味は、それぞれのバッグの個性になるのです。

ではここで、日常的なお手入れの方法をご紹介します。

①乾いたブラシで、バッグの表面のほこりや汚れを払い落とします。

②冷たい水で濡らしたタオルを使って、汚れの部分を拭き取ります。

以上の2つの工程です。

これを日常的に行うことで、エイジングがきれいに進み、良い味となってバッグに刻まれていきます。

エイジングされたフィルソンのバッグは、世界で一つだけのあなたのオリジナルバッグとして、長年に渡り愛用することのできる逸品になるはずです。

フィルソンのバッグを使いこなそう!

アウトドア専門メーカーのフィルソン社が誇る、丈夫で機能的なバッグの実力を発揮できるのは、やはりアウトドアシーンでの使用です。

重いものを入れても大丈夫な強い生地と、アウトドアシーンでの急な悪天候にも安心のバッグは、あらゆるシーンで活躍します。

食料を入れたり、衣料を入れて、雨や風からバッグの中身を保護できます。

重いものを入れて運ぶときも、上質なレザーや丈夫な生地により、気兼ねなく使用することができます。

撥水加工があるとはいえ、元の素材はキャンバス地です。

一般的には、アウトドアシーンで布製品を使っていると、それを見て驚く方もいるかもしれませんね。

でも、フィルソンのバッグは大丈夫です。

撥水加工と丈夫な作りがありますので、気兼ねなくフィルソンのバッグをアウトドアシーンで活躍しましょう。

フィルソンのバッグをアウトドアシーンで使いこなせると、こなれた雰囲気を醸し出すことができますよ。

アフターケアの修理が可能なフィルソンのバッグなのですから、心配せずに思いきり活用してください。

エイジングされたフィルソンのバッグをタウンユースに使用するのもおすすめです。

味のあるフィルソンのバッグは、きっとあなたの個性を引き立ててくれます。

フィルソンのバッグは修理しながら愛着を感じられる逸品

いかがでしたか?

アウトドアシーンでタフな使い方ができるバッグですから、修理はつきものかもしれません。

ですが、フィルソンのバッグが壊れても、安心してください。

修理しながら、大切にしながら、長年に渡り愛用することができるのが、フィルソンのバッグの魅力の1つです。

修理が必要になったときには、慌てずに、上記の対処法を試してくださいね。