アウトドアに最適なモンベルのスパッツ!その使い方とは?

アウトドアで、悪天候や足元の悪い道を歩く時におすすめなのが、スパッツです。

一般的にスパッツというと、タイツの足首から下が無い形を想像すると思いますが、アウトドアで使うスパッツは、全く形が異なります。

アウトドア用のスパッツを使用すると、靴の中に水や異物の侵入を防ぐことができます。

この記事では、モンベルのスパッツを中心に、その使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノーピークの焚火台とグリルブリッジとは?代用品はある?

スノーピークと言えば、キャンパーなら誰もが知る日本発の憧れのメーカーです。その製品は高品質で...

大人気ブランドモンベルのライトダウン!その洗濯方法とは?

寒い時期にアウトドアに出掛ける時、必要になってくるものの一つにアウタージャケットがあります。...

モンベルのウェーダーを着て渓流釣りへ!その口コミとは?

釣りに出掛ける際、「ウェーダー」を着用していますか?ウェーダーとは渓流釣りなどを行う時に着る...

釣り初心者も楽しめる!海で釣りをする場所や仕掛けの選び方

海は魚の種類が豊富で、釣りを始めたばかりの初心者の方も挑戦したい方も多いのではないでしょうか。...

長く使い続ける!コールマンのストーブのメンテナンス方法

コールマンと言えば、アウトドアの超定番ブランドですね。そんなコールマンのストーブは、どんなメ...

ブラックダイヤモンドヘッドライトが点かない!これは故障?

登山やクライミングなど、様々なアウトドアでヘッドライトも重要なギアの一つとされています。その...

「ペトロマックスhk500」の点火手順をマスターしよう!

「ペトロマックスhk500」は、その見た目や点火方法など、レトロ感が魅力的なランタンです。し...

モンベルの「登山靴」修理やメンテナンスは万全にしよう!

登山やトレッキングに出かける時、登山靴の点検はとても大切です。登山靴が万全であれば、滑りやす...

ハイキングで定番の持ち物や夏場に必要なものを徹底解説!

ハイキングは老若男女、世代を問わず楽しめるアクティビティです。そして、ウォーキングよりも本格...

魚釣り初心者はリールを買う前に用途と種類を覚えよう!

魚釣りの初心者にとって、リール選びは大変重要なことです。正しい知識を持たずにリールを買うと、...

人気のキャンピングカー「マンボウシリーズ」が評判のワケ

近年、めざましく人気が上昇しているキャンピングカー。中でもロータスRVが販売しているマンボウ...

マントルの空焼きはなぜ必要?コールマンのランタンの場合

夜のキャンプに欠かせないランタン。そのランタンの部品には、「マントル」というものがあります。...

冬でも釣りを楽しむコツ!冬の海釣りで旬の魚をゲットしよう

12月、1月、2月は、魚が釣りづらいと言われる冬期に該当します。アングラーにとっては残念で厳...

モンベルの登山靴のトラブル・修理に関する疑問にお答え!

近年、幅広い層に人気の登山ですが、安全に楽しく山歩きを楽しむには、足底や足首をしっかりと守ってく...

グレゴリーのクイックポケットは便利な使い方がたくさん!

グレゴリーと言えば、タウンユースから本格的な登山まで対応したバックパックが有名ですが、「テールメ...

スポンサーリンク

登山やトレッキングでスパッツを使用する目的とは?

モンベルでも取り扱っているアウトドア用のスパッツは、雨や雪から登山用のブーツを守ることが役目です。

アウトドア用のスパッツは、「スパッツ」という名前ですがレッグウォーマーのような形をしていて、登山靴の上から装着します。

雨具から落ちてくる雨や露からブーツを守り、また、防寒性もあるので寒さから足を守ります。

雪の降らない、春・夏・秋山の登山やトレッキングには、とくに防水性が求められます。

ブーツに雨が入ってくるのを防ぐためには、その使い方も重要になります。

雨の侵入を防ぐために、必ず雨具の内側にスパッツを付けましょう。

雪が降らない時期には、雨や露以外に、小石や小枝がブーツに入ってしまうことがありますが、それらの侵入も防ぎます。

雪が降る冬山の登山やトレッキングでは、寒すぎて雪が溶けず、防水性はあまり求められません。

冬山でのスパッツは、凍り付いた雪に耐える、耐久性が必要になります。

使い方は雨の時とは異なり、パンツの外側にスパッツを付けて、ブーツの中に雪が侵入してくるのを防ぎます。

アウトドア用スパッツの種類と特徴は?

では、アウトドアブランドが取り扱っている、スパッツの特徴をご紹介します。

アウトドア用のスパッツにはロング・セミロング・ショートの3種類の丈の長さがあります。

一般的に雨や雪に対応することを考えるなら、おおすすめなのはロング丈です。

強靭性、防水性、保温性が一番高いのが特徴です。

ショート丈は雨や雪に対応する、防水性が劣っています。

しかし、小石や小枝などの異物混入を防ぐので、ハイキングやトレイルランニングに適しています。

スパッツは装着した後、上部をドローコード(留め具付きのひも)やベルクロ・バックル(結束固定ベルト)などで絞ります。

歩いてもずり落ちてこないのが正しい使い方ですが、ふくらはぎで絞ると不安定な状態になってしまうことがあります。

半端な長さである、セミロングは注意が必要なので、ご自身で試着してみてください。

人気アウトドアブランドのモンベルでも、沢山のスパッツを取り揃えているので後述します。

使い方も簡単!大人気ブランドモンベルのスパッツ①

ここで、モンベルでおすすめのアウトドア用スパッツをご紹介します。

【モンベル:GORE-TEX ライトスパッツ ショート】

・参考価格 3,700円

・重量 104グラム(ペア)

ゴアテックスファブリックス・3レイヤーを使用し、高い撥水性と防水浸透性を実現しました。

着脱は、ファスナー、上部はベルクロ・バックルで絞れます。

ショート丈なので、ハイキングやトレイルランニングに適し、軽量で装着も簡単にできます。

このGORE-TEX ライトスパッツシリーズには、ショート丈の他に、セミロング、ロングとあるので、用途に合わせて選んでください。

次にご紹介する、モンベルおすすめのスパッツがこちらです。

【モンベル:GORE-TEX イージーフィット ロングスパッツ】

・参考価格 6,400円

・重量 213グラム(ペア)

こちらも素材にアテックス ファブリクス 3レイヤーを使用し、世界水準の防水浸透性があります。

洗濯を20回してもその性能をキープします。

使い方も着脱が容易な前面ベルクロ留め仕様で、ひざ下丈の軽量モデルです。

使い方も簡単!大人気ブランドモンベルのスパッツ①

ここで、モンベルでおすすめのアウトドア用スパッツをご紹介します。

【モンベル:GORE-TEX ライトスパッツ ショート】

・参考価格 3,700円

・重量 104グラム(ペア)

ゴアテックスファブリックス・3レイヤーを使用し、高い撥水性と防水浸透性を実現しました。

着脱は、ファスナー、上部はベルクロ・バックルで絞れます。

ショート丈なので、ハイキングやトレイルランニングに適し、軽量で装着も簡単にできます。

このGORE-TEX ライトスパッツシリーズには、ショート丈の他に、セミロング、ロングとあるので、用途に合わせて選んでください。

次にご紹介する、モンベルおすすめのスパッツがこちらです。

【モンベル:GORE-TEX イージーフィット ロングスパッツ】

・参考価格 6,400円

・重量 213グラム(ペア)

こちらも素材にアテックス ファブリクス 3レイヤーを使用し、世界水準の防水浸透性があります。

洗濯を20回してもその性能をキープします。

使い方も着脱が容易な前面ベルクロ留め仕様で、ひざ下丈の軽量モデルです。

$$$使い方も簡単!大人気ブランドモンベルのスパッツ①$$$

次にご紹介する、モンベルのスパッツがこちらです。

【モンベル:GORE-TEX アルパインスパッツ】

・参考価格 6,800円

・重量 283グラム(ペア)

雪に対応する特殊な靴である、アイゼンやスノーシューによって破れやすい足の内側の広い範囲を、強いエッジガードでカバーした膝下丈のモデルです。

ジッパーは上下どちらからでも開閉が出来るので使い方が簡単な、ロング丈スパッツです。

続いてご紹介するのが、こちらです。

【モンベル:セミロングスパッツ】

・参考価格 3,000円

・重量 129グラム(ペア)

山から山へ登山をする、縦走からハイキングまで対応する、セミロング丈のスパッツです。

ジッパーフラップに芯を入れて、下から支える構造にすることでずり落ちてくることを防ぎます。

足と登山用ブーツに沿った立体的なデザインなので、だぶつきません。

モンベルと同様大人気!アウトドアブランドのスパッツ

これまで、モンベルのアウトドア用スパッツをご紹介してきましたが、モンベル以外のアウトドアブランドからも、いくつかおすすめのものをご紹介します。

まずはこちらです。

【ザ・ノース・フェイス: HYVENT Short Gaiter】

・参考価格 5,184円

・重量 78グラム

耐水性と透湿性をを兼ね備えた、ナイロン素材のスパッツです。

運動性よりも防水性を重視したショートスパッツで、水の侵入を防ぐ止水ジッパーが付いています。

また、靴の底のストラップは歩きにくさを感じさせない、薄く平らな樹皮を使っているので快適です。

サイドに開閉ジッパーが付いていて、使い方も簡単です。

次にご紹介するのがこちらです。

【OUTDOOR RESEARCH:クロコゲイター】

・参考価格 10,800円

・重量 262グラム

春や夏のハイキングやトレッキングから、雪山登山まで幅広く対応するロング丈のスパッツです。

防水透湿素材でこのブランドで人気の定番商品です。

下部は1000デニールのコーデュラ素材を使っているので耐久性が高く、幅の広いベルクロで雪の侵入を防ぎます。

見た目もすっきりとスマートなシルエットです。

暖かい時期に、長ズボンを合わせると暑いのでショートパンツと合わせるという人も多いです。

気になる!アウトドア用スパッツの簡単な使い方!

一口にアウトドア用のスパッツといっても、モンベルだけではなく各ブランドで本当に沢山の種類を取り扱っています。

この記事でご紹介した、スパッツの使い方はどれも簡単ですが、具体的に一般的な使い方をご説明します。

①スパッツの右と左を確認します。

右と左と表示しているものもありますが、無いものもあります。

無い時はゴムの位置などで判断してください。(ゴムは④で内側から外側につけていきます。)

②チャックやマジックテープを全て外し、スパッツを広げた状態にしてください。

簡単に着けるために、チャックを前で閉めます。

上まで閉めたら、マジックテープを留めましょう。

③マジックテープを留めたら180度スパッツを回し、チャックや、マジックテープの部分が後ろに来るようにします。

④足にゴムをかけていきます。

ゴムを内側から、土踏まずを通して外側(くるぶし側)にかけましょう。

⑤金具が付いている場合は、金具を付けます。

スパッツの前側の裏側に金具がついている時は、その金具を靴ひもに掛けます。

上述したように、季節や天候などによって雨具の下にスパッツを使用するか、上に使用するかを決めるといいでしょう。

ご自身の用途に合ったスパッツを使用してより快適なアウトドアを!

モンベルのスパッツを初め、他のアウトドアブランドのスパッツを含めて色々とご紹介しました。

使い方もとても簡単ですよね。

登山やハイキングなどのアウトドアをより快適なものにするために、スパッツを使用してみてはいかがでしょうか。

この記事を参考にして、ご自身にぴったりのスパッツが見つかるといいですね。