日本のサイズとは違うパタゴニアのベビー服はサイズ感に注意

アウトドア商品で、ぺビー服から取り扱っているパタゴニアが人気です。

ですが、アメリカサイズでの表記のため、日本人が選ぶときはサイズ感に注意しなくてはなりません。

今回はアメリカサイズについて、詳しくお話します

最後に、おすすめのパタゴニアアイテムもご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューをもっと楽しもう!おすすめバーベキューグッズ

皆さんはキャンプに行くとしたらやりたいことはあるでしょうか?夜は花火にキャンプファイヤー、昼...

サーモスのイージースモーカーで作るおすすめ燻製レシピ!

サーモス(Thermos)と聞くと水筒のイメージが強いと思いますが、サーモスから水筒の真空断熱技...

安くて高品質ヨーレイカのテント!サンドームテントの魅力

アウトドアには、欠かせないキャンプテントですが、日本にも色々な種類のテントがあります。ここで...

マントルを使ったランタンの空焼きの手順やランタンの違い

キャンプの雰囲気を味わうためのアイテムの1つが、ランタンです。そんなランタンも今ではLEDラン...

コールマンのスポーツスターの五徳補助に適した製品とは?

アウトドアのよさとして、ちょっとした山に登ってハイキングを楽しみ、よい景色を眺めながら落ち着く場...

大人気ブランドモンベルのライトダウン!その洗濯方法とは?

寒い時期にアウトドアに出掛ける時、必要になってくるものの一つにアウタージャケットがあります。...

スノーピークのチタンマグカップ!機能や利点、蓋について

アウトドアを始めるのに特別な道具は必要ありませんが、道具から始めるというのもおすすめです。ま...

トランギアのケトルは機能性もスタッキング性も優秀!

トランギアのアイテムは、無駄な装飾がありませんがその武骨さがかえってカッコよくおしゃれです。...

コールマン人気のインフレーターマット!たたみ方もご紹介

キャンプに行ってテントで眠る際、どんな寝具で眠りますか。キャンプ=寝袋のイメージが強いですが...

バーベキュー料理におすすめ!チキンの部位や漬け込みレシピ

バーベキューといえば肉ですよね。牛や豚、チキン、ホルモン系と、いろいろな肉を楽しむのがバーベ...

ユニフレームのスキレットで作れる料理が多彩すぎる!

スキレットはアウトドアで使えるだけでなく、自宅でも使えるおしゃれな調理器具として人気です。さ...

飯盒炊爨?飯盒炊飯?その違いを徹底解説!

みんなでキャンプを楽む時は、野菜切り係や火の準備の係やテントを張る係などそれぞれ分担しますね。...

大人気ブランドのモンベル!パタゴニアとコロンビアも気になる

大人気アウトドアブランドのモンベルですが、日本人が設立したことをご存知でしょうか。また、どんな...

大切なフィルソンバッグが壊れたときの修理は問い合わせ

アウトドア派の方の中には、長年に渡り、大切にしている愛用品を持っている方も多いのではないでしょうか...

人気のランタン【ぺトロマックスhl1】の正しい使い方

ぺトロマックスhl1は、その他にはない独特なデザインで、多くのアウトドアファンから愛されています...

スポンサーリンク

パタゴニアってなに?日本のサイズ感ではないの?

アメリカが発祥のパタゴニア(Patagonia)は、アウトドア用品や登山用品、サーフィンや軍用品などを取り扱っているメーカーです。

環境問題に取り組み、環境に配慮した商品です。

1996年以降は、綿を使った商品は全て無農薬のオーガニックコットンを使用しています。

また、ウール製品は現在、非塩素処理の原料を使っています。

デザイン性も良く、環境に配慮されているパタゴニアの商品は、アウトドアが趣味でないかたからも人気です。
日本にも直売店があり、たくさんの人が愛用するブランドといえます。

アウトレット商品を扱っている店舗もありますので、気になるかたは、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

衣類は、ベビー、キッズ、ウィメンズ、メンズと、幅広いサイズを取り扱っています。

アメリカのサイズ感については、のちほどご紹介いたします。

環境問題に取り組んでいるパタゴニア

パタゴニアの行っている取り組みを、少しお話します。

さきほども述べた通り、環境問題に取り組んでいるパタゴニアは、製品の環境負荷を下げることだけではありません。

会社以外でも、環境保護活動を行っています。

その1つとして、パタゴニアの売り上げの1%を、環境問題に活用するグループに寄付しています。

また、マイバックの持参をできる限り勧めています。

昔と比べると、日本のスーパーなどでもマイバックが普及してきました。

マイバックを使うという簡単なことでも、環境に配慮することができるのです。

そして、キャプリーン・ポリエステル製品とフリース製品、ナイロン製品の回収を行い、リサイクルにも力を入れています。

着古した上記のパタゴニアの衣類は洗濯し、パタゴニア商品を取り扱っている店舗に設置してある回収ボックスに入れます。

直接、東京都内にあるパタゴニアの物流センターに送付しても良いです。

回収された衣類は愛媛県にある繊維事業会社の工場に送られ、切り刻みなどの工程を経て精製します。

すると、リサイクルポリエステル繊維に生まれ変わり、新しい製品が作れる仕組みになっています。

着用する側も、こうしたリサイクルがされていると知ると、あたたかい気持ちになりますよね。

パタゴニアは、ウェアやジャケットなと、ベビーサイズからあります。

そこで、気になるのはサイズ感です。

次項で詳しく見てみましょう。

パタゴニアのベビー服のサイズ感

アメリカのサイズで作られているパタゴニアは、日本のサイズ表記と異なります。

また、同じSサイズでも、まったく違います。

まず、ベビー・トドラーのサイズを見てみましょう。

【ベビー・トドラー】

●0~3M(0~3ヶ月)  ●3M(3ヶ月)
体重(kg) 3以下    体重 3~7
身長(cm) 51以下   身長53~61

●6M(6ヶ月)     ●12M(12ヶ月)
体重(kg) 7~9    体重 9~11
身長(cm) 64~69   身長71~79

●18M(18ヶ月)    ●24M/2T(24ヶ月/2歳)
体重(kg) 11~13   体重 13~15
身長(cm) 79~84   身長84~89

●3T(3歳)      ●4T(4歳)
体重(kg) 15~16   体重 16~18
身長(cm) 97     身長 104

●5T(5歳)
体重(kg) 18~19
身長(cm) 112

製品によってはサイズ感もフィット感も違ってくるので、できる限り試着をおすすめします。

しかし、ベビーとなると、試着も難しいですよね。

そんなときは上記のサイズを参考に、来年も着れそうなサイズを選んでみるのが良いかもしれません。

パタゴニアのベビー服は、とても可愛いカラーとデザインなので、プレゼントとしても喜ばれますよ。

ベビーからキッズへ!男女で違うサイズ感

続いて、パタゴニアのキッズサイズです。

ベビーサイズとは違い、ボーイズとガールズに分かれています。

色合いなどでは、男女問わずに着れるものもあるかと思いますが、男女でサイズ感が異なるため、選ぶときには注意が必要です。

【ボーイズ】

●XXS        ●XS
年齢 3~4      年齢 5~6
身長(cm) 97~104  身長(cm) 112~118
体重(kg) 15~20  体重(kg) 19~22
胸囲 53~56     胸囲 58~61
ウエスト 52~53   ウエスト 57~58

●S         ●M
年齢 7~8      年齢 10
身長(cm) 126~132 身長(cm) 141
体重(kg) 24~31  体重(kg) 32~39
胸囲 65~67     胸囲 70
ウエスト 60~62   ウエスト 65

●L         ●XL
年齢 12       年齢 14
身長(cm) 149    身長(cm) 156
体重(kg) 39~45  体重(kg) 46~51
胸囲 72       胸囲 77
ウエスト 67     ウエスト 71

●XXL
年齢 16~18
身長(cm) 163~169
体重(kg) 52~61
胸囲 81~85
ウエスト 75~79

キッズは試着してサイズ感を確かめよう

続いて、パタゴニアのキッズ、ガールズサイズです。

【ガールズ】

●XXS        ●XS
年齢 3~4      年齢 5~6
身長(cm) 97~104  身長(cm) 112~118
体重(kg) 15~20  体重(kg) 19~22
胸囲 53~56     胸囲 58~61
ウエスト 52~53   ウエスト 57~58

●S         ●M
年齢 7~8      年齢 10
身長(cm) 128~133 身長(cm) 140
体重(kg) 24~31  体重(kg) 32~39
胸囲 66~69     胸囲 72
ウエスト 60~62   ウエスト 64

●L         ●XL
年齢 12       年齢 14
身長(cm) 147    身長(cm) 155
体重(kg) 39~43  体重(kg) 45~50
胸囲 76       胸囲 80
ウエスト 66     ウエスト 71

●XXL
年齢 16~18
身長(cm) 163~169
体重(kg) 49~59
胸囲 85~89
ウエスト 75~79

身長や体重、胸囲やウエストのサイズがボーイズサイズと異なります。

ベビー時期とは違い、試着ができる年齢になってくるかと思います。

失敗しないためにも、試着をしてサイズ感を確かめてから、検討してみましょう。

おすすめのベビーアイテム

最後に、おすすめのアイテムをいくつかご紹介します。

アウターは、やや大きめのサイズ感を選ぶことで、着やすくなりますよ。

☆パタゴニア ベビー・ハイロフト・ダウン・セーター・フーディ

パタゴニアのベビーダウンは、とてもあたたかいのが特徴です。

普段使いには勿論のこと、寒い季節のキャンプなどにも活躍してくれることでしょう。

☆パタゴニア ベビー・リバーシブル・パフボール・ジャケット

リバーシブルになっているので、楽しみかたも2倍です。

機能性も充実していて、このシリーズは濡れても温かいポリエステル素材をインサレーションで使用しています。

耐久性撥水加工も施してある商品なので、濡れたらドライヤーなどで乾かせば復活しますよ。

☆パタゴニア ベビー・リバーシブル・トリブルズ・ジャケット

こちらも、リバーシブルです。

両面異なる素材で、撥水加工が施された耐久性のある面と、起毛のパイルを使っているやわらかい面になっています。

☆パタゴニア ベビー・フィッツロイ・スカイズ・コットン・Tシャツ

着心地の良い、オーガニックコットンを使用しています。

直接肌が触れるものこそ、素材の良いものを選びたいですね。

機能性も良く環境に配慮したパタゴニア

アウトドアをなさっているかたなら、自然の素晴らしさをご存知のはずです。

その自然に配慮した衣類などを選ぶことも、とても大切なことかもしれませんね。

また、機能性やデザインにも優れている商品です。

普段使いにも着ることができるので、たくさん活用しましょう。