キャンプでおしゃれなご飯に仕上げる3つのポイントをご紹介

開放された自然の中で食べるご飯はキャンプの楽しみの一つですよね。

キャンプで作るご飯の見た目や、食器などにもこだわったおしゃれなキャンプご飯に注目が集まっています。

そこで今回は、キャンプご飯の準備方法や、写真映えもして簡単に作れるキャンプご飯などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気ブランド!モンベルが主催するイベントと口コミをご紹介

近年、アウトドアに出掛ける人が増加しています。都会での生活から離れ、週末は積極的に自然と触れ...

ガソリンランタンには必須!コールマンのマントルの使い方

コールマンも販売しているガソリンランタンには「マントル」というものが、必ず必要になってきます。...

有名キャンプ用品ブランドのイメージを徹底的に調査!

キャンプ用品と言えば、モンベル・パタゴニア・スノーピーク・コールマン・ユニフレームなどの有名キャン...

バーベキューは冷凍食品が便利!人気サイドメニューのご紹介

バーベキューのメインはお肉です。しかし、バーベキューはお肉だけではなくサイドメニューも楽しみ...

これでバッチリ!いつでも清潔!サーモス水筒カバーの洗い方

サーモスの水筒カバーは水筒の見た目をおしゃれにしてくれたり、本体を傷や汚れから守ってくれたりします...

アウトドアはロゴスの飯盒で決まり!上手な使い方をご紹介!

アウトドアは、皆さんお好きですか?屋外でテントを張ったり、ワイワイ遊んだり、自然を満喫したり...

キャメルバックのボトルが汚い!!ポディウムの分解の仕方

ロードバイクなどアウトドアで使われるキャメルバックのボトル、使いやすさから人気があります。し...

キャンプ料理は下ごしらえをしてスピーディーに調理しよう!

キャンプ料理は、スピーディーに作れるとうれしいですよね。しかし、食材の下ごしらえをせずにキャ...

簡単・おすすめ!バーベキューでピザ窯デビューをしよう

バーベキューといえば、肉や野菜を焼いて楽しむものですが、少し変わったバーベキューをしたいと思った...

キャンプ前に台風の予報が出た時どうする?ブログを参考に!

キャンプに行こうと思っていた時に、天気予報を確認すると、台風が接近していることがありますよね。...

キャンプファイヤーでダンス!小学校~大人まで盛り上がろう

キャンプといえば、キャンプファイヤー。キャンプファイヤーの出し物でダンスを行うと、より一体感...

コールマンのサンシェードでキャンプへ!たたみ方もご紹介!

キャンプやピクニックへ行ったら、日陰が欲しくなりますよね。日陰で座って食事を楽しんだり、寝転...

ランドロックってどんなテント?設営は1人でもできる?

スノーピークから発売されているランドロックは、ファミリーにも人気があるテントです。さて、ランド...

キャンプの持ち物で個人的に用意するべきものって何だろう?

キャンプに必要な持ち物は、参加者と協力して用意する物と個人的に用意する物がありますよね。キャ...

タトンカの1TCでファミリーキャンプ!適したポールはどれ?

タトンカタープはコットン混紡で耐火性が高いことから、焚き火のそばでも穴が開いてしまう事を気にせず...

スポンサーリンク

おしゃれなキャンプご飯を作るための3つのポイント

おしゃれなキャンプご飯を作るためには3つのポイントがあります。

1 調理器具

2 盛り付け

3 アクセント

この3つは、おしゃれなキャンプご飯に共通しています。

1つ目の調理器具には、スキレットと木製のカッティングボードを使うことで、おしゃれさが増します。

おしゃれなキャンプご飯にするには、調理器具としての機能だけではなく、見た目のおしゃれさを重視するのがポイントです。

2つ目の盛り付けは、食材の色合いを調整したり、高さや立体感も考えたりしながら盛り付けることです。

おしゃれなキャンプご飯は、料理だけではなくテーブルコーディネートも重要です。

テーブルコーディネートを丁寧に仕上げることで、ご飯の見た目もクオリティーが上がり、キャンプのご飯の時間をさらに充実させます。

3つ目のアクセントとは、テーブルクロスと小物です。

流行りの柄はもちろん、自分の好みの柄をチョイスすれば、オリジナルな空間を演出することが可能です。

次の項より、さらに詳しく解説していきます。

おしゃれなキャンプご飯の第1歩!まずはスキレットを導入しよう!

「おしゃれなキャンプご飯3つのポイント」の1つ目は調理器具です。

ここでは、スキレットの活用方法をご紹介します。

スキレットとは、普段使用しているフライパンと比べて厚みがあり鋳鉄で作られているフライパンのことです。

このフライパンは蓄熱性が高く、余熱で調理が可能なうえに、じっくりと火が通るので食材の旨味も引き出せます。

また、重厚感のある見た目はデザイン性も備えており、おしゃれであることもこの調理器具のポイントです。

そのため、調理した後はスキレットのままテーブルに置きましょう。

おしゃれなカフェのメニュー写真にあるような見た目で、さらにできたてホカホカの状態で料理を楽しめる万能調理器具です。

スキレットを使った簡単で美味しいレシピを朝・昼・夜にわけて2つずつご紹介します。

朝ご飯におすすめなレシピ

・目玉焼きとソーセージ
・パンケーキ

昼ご飯におすすめなレシピ

・マルゲリータピザ
・キッシュ

夜ご飯におすすめなレシピ

・アヒージョ
・アクアパッツア

作り方は、ご自身の好みの食材や分かりやすい手順のレシピを探してみるとよいでしょう。

こちらにご紹介したレシピは定番中の定番ですので、まずはスキレットを初めて使ってみるという方におすすめです。

木製カッティングボードはおしゃれなキャンプご飯のマストアイテム

スキレットと同時に使っていただきたい調理器具は、木製のカッティングボードです。

木製のカッティングボードは、おしゃれなキャンプご飯で活躍しますが、2つの使い方ができます。

・本来のカッティングボードとしての使用方法
・木製のお皿

まな板としての使い方が、本来のカッティングボードの使用方法です。

家庭料理ではキッチンで食材を切ってから調理をして、出来上がったご飯をテーブルに並べるのが一般的ですよね。

そこで、テーブルの上でブロック肉などを切り分ける光景を想像してみてください。

カッティングボードのあるおかげで、キャンプメンバーとともに豪快に食材を切るというパフォーマンスもできます。

味の美味しさだけでなく、調理の段階から楽しいキャンプご飯の時間を過ごすことができます。

さらに木製のカッティングボードを、お皿がわりに使うとおしゃれなキャンプご飯を演出できます。

例えば、木製カッティングボードの上に、色合いを考えたスティック野菜を並べて食卓に置くだけでも絵になります。

さらには、市販のマカロンなどのスイーツを均一に並べるだけでも、キャンプのおしゃれなカフェタイムをコーディネートできます。

前項でご紹介したスキレットや木製カッティングボードは、値段もサイズも様々です。

最近では100円ショップでも購入でき、まずは両方を買い揃えて色々なメニューにチャレンジしてみるのもよいのではないでしょうか。

おしゃれなキャンプご飯の盛り付ける法則は色合い・整列・立体感

スキレットと木製カッティングボードを活用すれば、おしゃれなキャンプご飯を演出できます。

しかし、この2つを使っても、料理の色あいや盛り付けがイマイチだと残念な仕上がりになってしまいます。

調理器具を用意したら、食材の色と盛り付けを頭に描き、さらにおしゃれなキャンプご飯を演出していきましょう。

「センスがないからうまく盛り付けできないかも」と思ってしまう方も心配いりません。

・色合い
・整列
・立体感

ご飯の盛り付けは、まずこの3つに気をつけながら取り組んでいきます。

キャンプのご飯では、つい焼き物が多くなり色合いが茶色ばかりになっていませんか?

色合いを改善するためにはまず、生野菜を取り入れてみましょう。

調理する食材の中に映える、鮮やかな色の野菜を選ぶようにします。

例えば、お肉料理にグリーンサラダとカットしたトマトを添えると色鮮やかになりますよね。

紫たまねぎ、レモン、パプリカもはっきりとした色合いですのでアクセントに添えてみましょう。

そして料理の盛り付けは一番悩むところかもしれません。

迷ってしまう場合は、まず食材を整列させてみましょう。

そして、同じ色ごとに分けてみたり、食材と食材の間に余白を作ってみたりすると、上品に見えるようになります。

料理によっては、整列して盛り付けても格好がつかない時もあります。

例えば、豚細切れと野菜の炒め物を、しっくり盛り付けられないなどという時は、小鉢のような高さのある容器に盛り付けてみるとよいでしょう。

小鉢の効果で他のお皿と比べ高さの強弱ができ、見た目に立体感が生まれます。

色合い・整列・立体感を意識しながら、おしゃれなキャンプご飯の盛り付けに挑戦してみてください。

おしゃれなキャンプご飯を引き立たせるのはテーブルクロス

キャンプで使用しているテーブルは、傷や汚れなどなく綺麗でしょうか?

アウトドアの環境では家庭とは違うため、土、砂、泥、焚き火のススなどが付きやすく、テーブルにダメージがかかりやすいです。

テーブルが汚れてしまっていては、おしゃれなキャンプご飯も台無しです。

ここで、活躍するのがテーブルクロスです。

キャンプで使用するテーブルは毎回買い替えるわけにはいきませんが、テーブルクロスは手軽に気分で変えることができます。

また、汚れたら洗濯もできますので手軽に導入できますね。

おしゃれなキャンプご飯を作るキャンパーさんによく見られるテーブルクロスの柄はこちらです。

・赤いチェック
・ストライプ
・西海岸テイスト

この3つは珍しい柄ではないので、ネットでも簡単に購入できます。

この他にもご自身が気に入っている柄を使ってみると、自分らしさを表現したキャンプにできるでしょう。

さらに、テーブルクロスとともに、小物を置いてみるとテーブルの上をおしゃれに演出できます。

キャンプ道具のランタンをアクセントに置いてみるのもよいですし、キャンプ場に落ちている、ドングリや草花を置いてみてもよいでしょう。

既製品では、木製のイニシャルの置物や、カラフルなペーパーナフキンなどを置いてみるのもおすすめです。

キャンプに行く前にはおしゃれなキャンパーを参考にしよう

調理器具、盛り付け、アクセントの3つを押さえれば、おしゃれなキャンプご飯にチャレンジできます。

しかし材料や小物は揃えられますが、それでも「キャンプ当日にうまくできるか不安」という方もいるでしょう。

そのような時は、SNSの写真を見て、レシピや盛り付けなど参考にイメージを膨らませるとよいでしょう。

インターネットを使用し、下記のように検索すれば参考になる画像が見つけられるでしょう。

「キャンプご飯」

「キャンプ飯の練習」

なお、木製カッティングボードとスキレットの調理器具以外にも、ダッチオーブンやホットサンドメーカーもおすすめの調理器具です。

既にお持ちの方は、ぜひキャンプに持っていきましょう。

この2つも、キャンプご飯におしゃれさとレパートリーを豊かにしてくれます。

今回ご紹介した、木製カッティングボードとスキレットは安価に手に入れられますが、ダッチオーブンとホットサンドメーカーは少し値段が高いので、検討のうえ購入しましょう。

さらに、エスプレッソマシーンや塩で出来た岩盤プレートは最近のキャンプで注目されているアイテムです。

キャンプご飯のアクセントとして使ってみるのも面白いかもしれませんね。

キャンプのおしゃれご飯は準備と構想が大切

簡単な調理道具と工夫で、おしゃれなキャンプご飯は作れます。

今回ご紹介した3つのポイント「調理器具」「盛り付け」「アクセント」を参考に、自分流にアレンジして、おしゃれなキャンプご飯を極めてみてはいかがでしょうか。

キャンプの楽しみであるご飯が、見た目がおしゃれになるだけで、いつもよりクオリティーの高いキャンプになるはずです。

お肉を網の上で焼くだけのキャンプご飯は卒業して、おしゃれなキャンプご飯にチャレンジしてみましょう!