キャンプに持って行く持ち物!秋にあると便利な物はこれ!

アウトドアやキャンプというと、夏の暖かい時期に出かけることが多いのではないでしょうか。

しかし、秋に行うキャンプも、夏に行うものと一味違う楽しさがあります。

秋のキャンプは、夏のキャンプとどのような点で違いがあるのでしょうか。

こちらの記事では、秋に行うキャンプの魅力や、持ち物についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

快適キャンプに欠かせない持ち物!夏の暑さもなんのその!

夏季は多くの人がキャンプを楽しむ季節ですが、夏キャンプは暑くて寝苦しかったり、熱中症のリスクや虫...

初心者でも簡単!コールマンタフドームの設営方法をご紹介

キャンプなどのアウトドアで大活躍するコールマンのテントですが、その中でも多くのアウトドアファンか...

ツーバーナーを使いこなす!コールマン火器はポンピングが鍵

オートキャンプの必需品ともいえる、コールマンのツーバーナー。家庭用の二口コンロのように扱えるた...

ユニフレームの人気タープの特徴と張り方を徹底解説!

ユニフレームは新潟県に本社を置く、株式会社新越ワークスが運営する日本の人気アウトドアメーカーです...

上手に飯盒炊飯!炊き方はガスコンロを使って簡単に美味しく

飯盒といったら、キャンプでの定番道具ですね。飯盒炊飯するときは、焚き火を利用した方法が一般的で...

楽しいバーベキューでおすすめのおいしい食材をご紹介!

家族や友達など、仲間を集めて野外で楽しく盛り上がれるのがバーベキューです。いつもと違う雰囲気...

簡単で美味しい!オリジナルバーベキューソースの作り方

普段バーベキューをされる際は、バーベキューソースは手作りしていますか。オリジナルソースを作る...

ヒルバーグテントの一つ!「アトラス」はミリタリーで楽しむ

キャンプによく行く方であれば、ヒルバーグのテントを一度は使ったことがあるのではないでしょうか。...

コールマンの便利なクッカー!使い方と簡単レシピのご紹介

キャンパーに愛されている「コールマン」は、アウトドア用品のブランドで有名です。コールマンか...

飯盒の水の量は手で測れる?これであなたも玄人アウトドア!

アウトドアの楽しみと言ったら、食事ですよね。家での自炊とは違い、火を起こして、アウトドア用の...

コールマンのランタンを守る!ランタンケースを自作しよう!

コールマンのランタンを使っている方は多いかもしれません。ランタンケースはどうですか。使って...

コールマン人気のテーブルは組み立て方式?折りたたみ方式?

アウトドアにおいて、リビングの要ともいえるのがテーブルです。テーブルを広げると、自然と家...

バーベキューの時に使いたい椅子のおすすめアイテムをご紹介

皆さんは、バーベキューに必要なものをそろえる時に何を重要視しますか。やはり、バーベキューアイ...

大人気!ロゴスのテントのラインナップと設営方法を徹底解説

人気のアウトドアメーカーの一つに「ロゴス」というメーカーがあります。ロゴスのアイテムは、斬新で...

スノーピークのペンタでソロキャンプへ!アレンジ方法とは?

最近では、1人でキャンプ(ソロキャンプ)に出掛ける方も多いようです。ソロキャンプに初めて出掛...

スポンサーリンク

秋のキャンプ!おすすめの理由

キャンプというと、夏に出かける人が多いのではないでしょうか?

しかし、キャンプは秋の方が魅力的な部分が数多くあります。

夏に比べ、秋のキャンプはどこが魅力的なのでしょうか。

まず、虫が少ないという点が挙げられます。

もちろん、昆虫採集を行うことも、キャンプでの楽しみの1つですが、虫と言っても、カブトムシのように人気のある昆虫ばかりではありません。

夏のキャンプ場では、蚊など、遭遇したくない虫も数多くいます。

特に女性や子供の場合、虫が嫌いだからキャンプに行きたくないと思う人もいるのではないでしょうか。

秋になると、そのような虫の数が少なくなります。

全く遭遇しないというわけではありませんが、圧倒的に数は少なくなります。

また、秋になると涼しくなってくることも、秋のキャンプの魅力の1つです。

夏にテントの中で過ごした経験がある人ならわかると思いますが、夏のテント内は、とても高温になります。

しかし、秋になると涼しくなり、空気も乾燥しているため、テント内でも快適に過ごすことができます。

ただ、涼しくなるということは、寒さも伴います。

そこで、秋のキャンプに出かけるときには、忘れてはいけない持ち物に「防寒具」が入ります。

夏の服装で、秋のキャンプに出掛けると、朝晩の冷え込みに耐えられない場合もあるので注意しましょう。

しかし、この寒さが、秋のキャンプの魅力であり、夜に焚火などを行って会話を楽しむこともできますし、紅葉を見ることもできます。

焚火を囲んで談笑することは、夏のキャンプでは味わえない醍醐味です。

秋のキャンプに持って行く持ち物は夏と違うの?

先ほど、秋のキャンプにおいて、朝晩は寒くなるため、防寒着が必要とご紹介しました。

そのように、秋のキャンプでは、夏のキャンプとは異なる持ち物や装備が必要になる場合もあります。

そこで、秋のキャンプに持って行くべき持ち物をいくつかご紹介します。

まず、先ほどから触れている「防寒着」です。

朝晩の寒さが厳しくなる季節なので、昼間の気温だけを考えて服装を決めてしまうと、寒さに耐えられなくなってしまいます。

上着や帽子、手袋はもちろんですが、ブランケットなどもあると便利です。

ただし、ここで注意が必要です。

焚火を囲んで談笑ができることをお伝えしましたが、焚火を行うと火の粉が舞うことがあります。

普段、自宅で使っているブランケットの素材は、化学繊維のものが多いのではないでしょうか。

ブランケットに限らず、上着なども、火の粉が舞ってきても、溶けにくく、燃えにくいものを選ぶようにしましょう。

この他に、特に重要な持ち物に「タープ」があります。

タープの必要性に関しては、後程詳しくご説明します。

逆に、保冷剤や冷たい飲み物などは、夏ほどの量は必要なくなります。

このように、季節が変わるだけで、持ち物も変わってくるので、必要なものをリストアップして、忘れ物や不要なものがないように準備していきましょう。

秋のキャンプは持ち物が増える?

秋のキャンプは、夏のキャンプよりも持ち物が増える傾向にあります。

防寒着だけ考えても、夏の暖かい時期に着用している服装に追加して上着が必要になります。

また、寝るときなど、夏の場合は寝袋は必ずしも必要ではありませんが、寒くなってくると寝袋無しでは寒さでよく寝られません。

寝袋の下に敷くマットもあると便利です。

寒さ対策以外にも、焚火などの娯楽で持参するアイテムは増えます。

炭火のコンロがそのまま焚火台としても使えるものであれば、薪だけ準備すれば良いですが、焚火台も別で用意する場合には、それだけでも荷物は増えてしまいます。

夏の時期に比べて減らせる保冷剤などの量よりも、圧倒的に増えるものが多いことを考えて、不必要なものは持ち込まないようにすると、少しでも荷物を減らすことができます。

また、炭火コンロと焚火台のように、1台2役の機能性アイテムを多用することでも荷物を減らす効果が期待できます。

秋のキャンプの持ち物の必需品「防寒具」

秋のキャンプと夏のキャンプでは持ち物に違いが出ることをお話ししましたが、秋に必要な持ち物について、ここからさらに詳しくご紹介していきます。

夏と秋のキャンプで、最も異なる点が気温です。

夏の暑い時期には、着るものはそれほど考えなくても良いのですが、寒くなる秋のキャンプではご承知のとおり「防寒具」が必需品となります。

特に、朝晩の冷え込みは厳しいため、暖かい昼間の服装と、寒くなる朝晩の服装の2種類を用意する必要があり、持ち物もかさばってしまいます。

そこで、秋のキャンプには、上着を充実させる必要があります。

上着を持っていれば、昼間の暖かい時間帯の服装の上から、上着を着るだけで寒さ対策が可能となります。

このほかに、防寒具で持ち物に必ず入れたいものが、手袋です。

キャンプは、意外と細かい作業が多くあります。

そのようなとき、手が寒さでかじかんでいては、思うように作業を行うことができません。

手袋をして、指先の寒さ対策も行う必要があります。

また、夏と冬の持ち物の違いでも、少し触れましたが、ブランケットを持って行くと、ちょっとした調整に便利なので、燃えにくい素材のものを選んで持って行くようにしましょう。

秋のキャンプにはライトが便利!

秋のキャンプには、頭などに取り付けることができる「ライト」があると便利です。

秋という季節は、日が落ちるのがとても早いです。

夏の季節に行うキャンプでは、周りがまだ明るい中で調理を行ったり、設営したりすることができましたが、秋のキャンプでは、少し段取りを間違えると設営ですら暗闇で行わなくてはいけなくなります。

このように、暗くなる時間が早い秋のキャンプでは、ライトが必需品になります。

しかも、アウトドアでは、片手に懐中電灯をもったまま作業をすることは、困難な場合が多いです。

そのようなときに、頭にバンドで固定できるライトはとても便利です。

設営はもちろんですが、調理を行うときも、虫の数は減っているものの全く居ないわけではないので、食材周辺に大きなライトを持ってくるのは少し抵抗があるのではないでしょうか。

このようなときにも、手元を明るく照らす程度のライトがとても重宝します。

秋のキャンプは、気温だけでなく、周辺の明るさも考えて、固定できるライトを持ち物の中に入れておきましょう。

忘れがちな持ち物タープ!

秋のキャンプで忘れがちな持ち物の1つにタープがあります。

タープと言うと、強い日差しを避けたり、雨を避けたりするために使われがちなため、秋の涼しい季節には必要ないと思われています。

しかし、秋のキャンプにこそ、タープが必要となります。

確かに、強い日差しは夏ほどありませんが、朝晩の冷え込みが厳しくなる季節です。

そのようなとき、夜露が降ります。

キャンプには、テーブルやチェアー、調理道具など、テント内には持ち込まない荷物が多く存在します。

夜の間、屋外にそれらの荷物を置いておくと、夜露が原因で朝になると濡れていることがあります。

タープがあると、その下に荷物を収納しておけるので、夜露から荷物を守ることができます。

同じように、テントにも1枚多くフライシートを被せることで、夜露からテントを守り、片付けが楽になります。

ちょっとした工夫で、快適にキャンプを行うことができるようになります。

このように、秋のキャンプでは、秋特有の気候に合わせた持ち物を用意し、万全体制でキャンプを楽しみましょう。

秋のキャンプは夏とは別の楽しさがある

この記事では、秋のキャンプに必要な持ち物をメインにご紹介してきました。

今まで、夏しかキャンプに行ったことのない人も多いのではないでしょうか。

秋のキャンプには、夏とは違う楽しさがたくさんあります。

少し荷物は多くなってしまいますが、1度体験したら、その快適さに気付くはずです。

是非、ご紹介した内容を参考に、ひと味違った秋のキャンプも楽しんでみてくださいね。