サーモスのタンブラーならずっとホット!蓋もセットで使おう

アウトドアでは火の世話などの作業をしながら飲食することが多いです。

そのため、作業がひと段落してからふと飲み物を飲むと、ぬるくなっていて悲しい思いをすることもありますよね。

そんな思いをしたくない方には、サーモスの真空断熱タンブラーがおすすめです。

このタンブラーは魔法瓶構造となっているため保温性が高く、ぴったりフィットする蓋も別売りされているので、ゴミの混入が気になるアウトドアでも高い安心感で使えますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スノーピークのストーブ「地」にチタン製があったって本当?

スノーピークのギガパワーストーブ「地」といえば、軽量で小型のストーブの定番ですよね。ステンレ...

ドイターのバックパック『レースx』はランニングにも最適!

自転車に乗るときやランニングのとき、荷物はどうしていますか。自転車であればかごに入れれば良い...

大人気のスノーピークのノクターン!火の付け方も簡単!

一時期、売り切れ続出で入手困難となり、プレミア価格までつくほど大人気のスノーピークのノクターン。...

ハイキングに適した靴とは?おすすめの靴をご紹介

ハイキングは誰でも気軽に自然と触れ合うことができるため、趣味で行っている方も多いと思います。...

石油ストーブの臭いで目が痛いのはなぜ?一酸化炭素の影響?

石油ストーブは昔から多くのご家庭で使われていて、冬が近づくと石油ストーブの独特の臭いを思い出す、...

モンベルについてご紹介!&ロゴマークにある菱形はなに?

皆さんは日本のアウトドアブランドである「モンベル」のロゴマークをご存知でしょうか。モンベルの...

スノーピークのトルテュライトで快適に!その口コミとは?

キャンプをより思い出深いものにするために、快適に過ごせるテントがあるといいですよね。各アウト...

パタゴニアをおしゃれに着よう!レディースのおすすめを調査

最近では、アウトドアでも活躍するウェアでありながら、普段使いもできるアウトドアメーカーのウェアが...

カヌーで北海道を巡る!絶景スポットをブログに収めよう

北海道は、カヌーを楽しめる場所がとても充実しています。実は、カヌーはスキーやスノーボードと並...

おしゃれなコールマンのレジャーシート!畳みかたは?

レジャーシートはキャンプや遠足、運動会などで大活躍する優れものですよね。そんなレジャーシートは...

廃盤のスノーピーク「トルテュpro」ブログでの評判は?

多くのアウトドアファンから親しまれていたスノーピークの「トルテュpro」が、残念ながら2018年...

カヤックを安全に運搬する為のキャリアの使用と固定方法

手軽に水辺の自然を満喫できるカヤックの人気が高まっています。カヤックをキャリアに載せて移動すれ...

コールマン人気のテーブルは組み立て方式?折りたたみ方式?

アウトドアにおいて、リビングの要ともいえるのがテーブルです。テーブルを広げると、自然と家...

ハイキングをもっと楽しもう! おすすめの地図アプリをご紹介

ハイキングの必需品である地図とコンパスを使うことで、現在地や目的地の確認、コース決定などを行うこ...

温度調節にはポーラテックアルファを!ベストのご紹介

アウトドアで、ジャケットやフリースだと暑いけど、脱いでしまうと寒いときがありますよね。そのよ...

スポンサーリンク

アウトドアでも普段使いでも!サーモスのタンブラーがすごく便利!

サーモスといえば、魔法瓶容器で有名なメーカーですよね。

水筒やフードジャーなど、身近なところでサーモス製品を使用している方も多い事でしょう。

その保温性の高さから、もちろんアウトドアでも多用されている事と思います。

そんなサーモスの製品の中でおすすめしたいのが『真空断熱タンブラー』です。

見た目はただのステンレスのコップなのですが、アウトドアでも普段使いでも、非常に活躍すること間違いなしのアイテムですよ。

具体的にどういった点が便利なのか、簡単に列挙していきます。

〇魔法瓶だから保温性が高い

サーモスの持つ世界随一の技術により、冷たいものは冷たく、温かいものは温かく、長時間キープできます。

それだけでなく、断熱性が非常に高いことから、金属食器でありながらも熱い飲み物を入れても容器まで熱くなりませんし、冷たい飲み物を入れて結露してしまう事もありません。

〇蓋が取り付けられるからゴミが入らない

屋外で飲食をすると、どうしても風に舞ったゴミやホコリが飲食物に入り込んでしまうので、気にする人は気にするポイントです。

サーモスのタンブラーには、別売りされているジャストサイズの蓋を取り付けることができますので、アウトドアだけでなく屋内でもホコリを気にせず飲食できます。

〇サイズ展開が豊富

「タンブラーは細身だから洗う時に手が入らない!」と嫌厭している男性も多いのではないでしょうか。

サーモスのタンブラーは一般的な細身のタイプだけでなく、口広で浅いラインナップもあって、さらに内容量が違ういくつかのラインナップが揃っています。

特に口広タイプはお椀やお茶碗としても使えますから、アウトドアで温かいご飯を食べたいときに重宝しますよ。

〇お手頃な価格設定

サーモスのタンブラーは高性能な保温性を持ちながら、¥1,500-前後で購入することができます。

このくらいのお手頃価格ならば破損を恐れずに使えるので、アウトドア向け食器として優秀と言えるのではないでしょうか。

以上、サーモスのタンブラーの便利さが伝わりましたでしょうか。

引き続き、それぞれのポイントについて詳しくご説明していきます。

実際のところ実力はどのくらい?保冷能力徹底調査!

さて、サーモスの魔法瓶の実力はどのくらいなのでしょうか。

残念ながらタンブラーではないのですが、サーモスの水筒に関して興味深いデータがありました。

それは、2Lのペットボトルとサーモスの2Lポットを常温に放置して、中の水の温度がどれくらい変化するのかという調査です。

その結果は、6時間経過した時点でペットボトルの水は4℃から17℃まで上昇したのに対し、ポットの中の水は4℃から6℃まで、2℃しか変化しなかったというものです。

この驚くべき魔法瓶の保温性は、サーモスの工場にある専用の設備によって実現されています。

魔法瓶の真空層の中は、真空チャンバーを利用することで、宇宙空間にも匹敵する1000万分の1気圧もの高真空になっているのです。

また、そうして作られた真空状態が持続するかどうか、2~3週間の観察を経て市場に出荷されています。

このようにして高品質が裏付けされていますから、高い安心感で使うことができますね。

もちろん水筒だけでなくタンブラーも同様の製法がなされていますから、保温性は折り紙付きと言えるでしょう。

より保温性を高めたい方は、蓋もセットで購入することをおすすめしますよ。

別売りの蓋を使えば保温性能アップ!ゴミも入らない!

屋外で飲み物を飲んでいると、気になるのは飛んでくるゴミですよね。

せっかく癒される自然の中にやってきて一服している時に、淹れたお茶などの中にゴミが入ってしまったら気分も台無しです。

その点で、サーモスのタンブラーには専用の蓋があるので、ゴミの入る隙無く屋外で使うことができます。

また、屋内でコーヒーを飲みながら作業をするという方もいらっしゃると思います。

そんな時にも蓋があれば、コーヒーにホコリが浮くのを防いでくれますよ。

しかし、蓋の役割はそれだけではありません。

温かい飲み物が冷めてしまう主要な原因として、熱が容器を伝ってテーブルや空気中に逃げるほかに、湯気として逃げてしまうことが挙げられます。

そこでタンブラーに蓋をすることで、すべての熱が逃げ出す経路をブロックすることができるのです。

つまり、蓋を使うことで魔法瓶の真の保温力が発揮されると言えるでしょう。

長い間熱々のコーヒーを楽しむことができますよ。

サーモスのタンブラーは蓋つき魔法瓶!屋外で活きるメリットとは?

さて、サーモスのタンブラーを屋外で使いたい理由は、ゴミ混入の防止や保温性の高さだけではありません。

魔法瓶のメリットは、熱が逃げないということです。

逆に言えば、タンブラーに熱い飲み物を入れたとしても、容器を持っている手まで熱が伝わってこないのです。

取っ手のないコップに熱い飲み物を入れると、最悪手で持つことができないほどに温まってしまう事がありますが、サーモスのタンブラーならそういったことはありませんよ。

また、容器が温まると、口を付けるだけでやけどしてしまいそうになることもありますが、もちろんそういったこともありません。

アウトドアで使うコッヘルなどは、直接口を付けるのがためらわれるほど熱くなっていることもありますし、コッヘル自体を火にかけたのなら手袋なしで触ることができない事もあり得ます。

そういった点で、安心して熱々の飲み物を楽しめるタンブラーを持っていくのをおすすめしたいです。

もちろん蓋を取り付ければ長時間熱々のまま楽しむことができますよ。

豊富なサイズ展開が嬉しい!サーモスのタンブラー

一般的にタンブラーと言えば、細身のすらっとした形をしていることが多いです。

たしかに使っていて手になじむのですが、アウトドアを楽しむ男性にとっては、手が入らなくて奥まで洗うことができないと不便を感じることが多いのではないでしょうか。

しかしサーモスのタンブラーは、一般的な細口タイプに加えて、広口タイプもラインナップされています。

また、それぞれ内容量のバリエーションがあるので、用途に合わせてちょうどいいサイズのタンブラーを入手することができるでしょう。

実際のラインナップは以下の通りです。

■ビアグラス型:JDE

340ml/420ml/600ml

■鏡面仕上げのビアグラス型:JCY

320ml/400ml

■リーズナブルなコップ型:JDI

300ml/350ml/400ml

■口広で背が低いカップ型:JDD

300ml/400ml

ただし、これらのうち純正の蓋が対応しているのはビアグラス型のJDE-340、420とJCY-320、400のみであることにご注意ください。

サイズに関する注意点!蓋の対応をチェックしておこう

先ほどの項でもご説明しましたが、サーモスのタンブラーのうち、純正の蓋が使えるのはビアグラス型のJDEシリーズとJCYシリーズのみでした。

しかし、リーズナブルなJDIシリーズや、口広で様々な用途に使える上に洗いやすいJDDシリーズに蓋を付けて使いたいという需要もあることでしょう。

そういった場合には、近所の百円均一のお店に行ってみてください。

シリコンリッドと呼ばれるコップにかぶせるタイプのシリコン製の蓋は、サーモスのタンブラーにピッタリなのです。

もしお店で見つからない場合は、インターネット通販で手軽に入手することができます。

純正の蓋は案外高価であるため、適合しているタンブラーを持っていてもシリコンリッドを使っているという方は多くいらっしゃいます。

ぜひお試しください。

アウトドアでも便利なサーモスのタンブラー!蓋も揃えてばっちり保温!

以上、サーモスのタンブラーがアウトドアで便利であることをご紹介してきました。

もちろん普段使いしても便利ですから、試しにひとつ手に入れてみてはいかがでしょうか。

温かいドリンクは温かいまま、冷たいドリンクは冷たいまま楽しめるので、生活のクオリティーが一段上がったように感じますよ。