スノーピークの大人気ストーブタクード!ケースは付いてる?

暖かい時期とは違う寒い時期だからこその楽しみがあるのが、冬キャンプです。

冬キャンプの必需品の1つが、ストーブではないでしょうか。

屋内をしっかり暖かくするだけではなく、お湯を沸かしたり、食べ物を煮炊きしたりと色々な機能が付いています。

この記事ではスノーピークのタクードやその収納ケース、スノーピークのレインボーストーブなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ナンガのオーロラライトはブログの意見を参考に選ぼう!

ナンガは、安全で品質が良いダウン製品を国内で生産しているメーカーです。登山家を中心に、近年で...

ホワイトガソリンで灯りを!ランタンのつけ方などをご紹介

キャンプや登山などで1泊するときに、夜にはランタンなどの灯りをつけますよね。その灯りのなかで...

キャンプでの虫刺され対処法とは?特に足首は要注意

夏場のキャンプに行くと、特に悩まされるのが、虫刺されです。しっかり虫刺されの対策をしたつもりで...

コールマンのキャンピングオーブンスモーカーで絶品レシピ

コールマンは有名なアウトドア用品専門のブランドです。キャンパーでなくとも、1度は聞いたこ...

頑丈でとても経済的!コールマンのケロシンランタンの使い方

コールマンと言えば、キャンプ用品を多く扱う、アウトドアの定番ブランドです。コールマンのアイテ...

バーベキューコンロは使い捨てが簡単便利!おすすめもご紹介

バーベキューは、老若男女を問わず人気のアウトドアレジャーですね。しかし、バーベキューコンロの...

スノーピークの魅力は?ブログを参考にキャンプを楽しもう!

「スノーピーク」はアウトドアでは有名なブランドです。そのスノーピークから展開されているのはア...

ビクトリノックスがアパレルから撤退!?その理由とは

ナイフメーカーのビクトリノックスが、10年以上続けたアパレル部門を2017年に撤退しました。こ...

人気ブランド「マムート」!フリースが高評価な理由とは?

マムートはスイス生まれの、人気アウトドアブランドです。赤と黒が印象的なマンモスのロゴは、アウ...

コールマンのガスボンベの正しい処分方法とは?

キャンプなどで必ず行うと言っても過言ではない「料理」ですが、その料理にコールマンのガスボンベを使う...

屋外でコンセントを使う!車に増設やバッテリーの活用術!

一般的なアウトドアの楽しみ方といえば、自然の中でテントを設営したり焚き火をおこしたりしながら、非...

ダナーライトを入手!登山靴の手入れ方法を身に付けよう

登山靴の代表格として名高いダナー。最近では、街中でも履く人を見かけることがあるブランドですが...

ヒルバーグのテント「ウナ」の魅力とブログでの評価をご紹介

テント泊登山用ソロテントを購入する際、「ヒルバーグ」が候補に挙がる方も多いのではないでしょうか。...

キャンプを楽しむ裏技!自作アイテムをブログから学ぼう

さまざまなアウトドアブランドから、キャンプを楽しむためのアイテムが数多く発売されています。し...

履き心地抜群!ダナーのマウンテンライトのいいサイズ感とは

「ダナー」というシューズブランドを聞いたことがありますか?ダナーはたくさんのブーツ製造・販売を...

スポンサーリンク

スノーピークのストーブ!タクードの魅力①

日本発祥の人気アウトドアブランド、スノーピークで販売している石油ストーブ「タクード」をご存知でしょうか。

他のストーブ比べるとかなりコンパクトでありながら、15時間も続けて燃焼するため、大人気のストーブなのです。

では、その魅力的な点をご紹介します。

●車に積みやすいサイズ

直径が38センチで高さは34センチ、重さは6キロのコンパクトなサイズ感です。

スノーピークのストーブ「レインボーストーブ」より、高さが14.5センチ低く、持ち運びに便利です。

持ち運ぶ際、ケースがあるとさらに便利ですが、こちらには付いていません。

また、タクードの収納ケースとしては、別売りでの販売もありません。

しかし、他のもので代用できるので後でご紹介します。

●煮炊き用コンロとして使える

「煮炊きコンロ」として使用できます。

吹きこぼれてしまっても燃焼筒に落ちない仕様になっているので、やかんを使ってお湯を沸かしたり、煮込み料理をする際も安心です。

加えて、簡単な焼きもの料理にも使用できます。

スノーピークのストーブ!タクードの魅力②

続いて、スノーピークのタクードの魅力をご紹介していきます。

●IGTシリーズに付けられる

タクードが魅力的な点の1つとしてあげられるのが、スノーピークで人気キッチンシステム「アイアングリルテーブル(IGT)」とのドッキングが可能なところです。

この機能は「調理するのに大変便利」と好評です。

テーブル天板と、タクードがほぼ平らな状態になるので、鍋を移動させる際にぶつけてしまうこともありません。

また、調理しながら隣にお皿などを置けて機能的です。

●15時間連続の燃焼時間

タクードは、燃料が3.1リットルで15時間連続して燃焼を継続できます。

アラジンストーブ(イギリスのアラジンが開発した芯を使用した石油ストーブ)が、4.1リットルの燃料で15時間です。

アルパカストーブ(韓国製で、コンパクトで火力が強いストーブ)は、6リットルで15時間です。

タクードは背が低いので、燃焼時間が短いように思われがちですが、少ない燃料でしっかり15時間燃焼してくれます。

●デザイン

背が小さくてかわいらしさもありますが、同時に金属の柵が頑丈に取り付けられているため、メタリックな印象もあります。

口コミでは「男心をくすぐる」などの感想もあり、男性に人気のデザインです。

次の項では、タクードの商品紹介と、タクードを持ち運ぶのに便利なケースについてもご紹介します。

スノーピークのタクードと気になる収納ケース!

ではまず、タクードの商品紹介です。

【スノーピーク:タクードストーブ】

・参考価格 42,984円

・サイズ 38センチ×38センチ×34センチ

・重量 6キロ

・油タンク容量 3.1リットル

・燃焼継続時間 15時間

対応シェルターは、スノーピーク製のシェルターに限ります。

また対応シェルターであっても、シートやマットの上、インナーテント内での使用はしないでください。

テントや外側にパネルの付いたタープ内で使用するのも、危険なので避けてください。

使う場所をきちんと守って、事故の無いようにしましょう。

次に、ケースについてです。

前述したように、タクードには専用ケースの販売がありません。

代用できるものがあるので、ご紹介します。

【スノーピーク:収納ケース レインボーストーブバッグ】

・参考価格 10,584円

クッション材が厚く、灯油のにおいも車内に漏れる心配はありません。

こちらがあれば持ち運びにも便利ですが、シーズンオフの収納にも大変便利です。

実際に使用した方は「大きく開口でき、収納しやすい」「サイドポケットが付いているので小物を入れられる」といった、使いやすさを評価する感想がみられました。

点火方法も簡単!スノーピークのタクード!

次に、スノーピークのタクードの使用方法をご紹介します。

手順は、一般的な石油ストーブと変わらず簡単にできます。

初めて使用する場合は、燃料を入れてから20分から30分間放置して、芯に十分石油を吸わせましょう。

石油をしっかりと吸わせることができたら、ダイヤルを右に回して芯を出してください。
カバーを少し持ち上げて、点火していきます。

点火は、マッチなどの点火棒を使用します。

使いやすいおすすめのガスマッチがあるので、簡単にご紹介します。

【SOTO:スライドガスマッチ】

・参考価格 1,490円

・重量 40グラム

・サイズ 幅35センチ×奥行18センチ×高さ10センチから16.5センチ

先端が伸びるので使用しやすく、ガストーチとは異なるライターのような火を出すため、石油ストーブの点火に適したアイテムです。

ストーブ用に1つ持っていると便利ですよね。

このように、使用方法も簡単なスノーピークのタクードについて色々とご紹介してきました。

次の項では、前述した専用ケースが別売りされている、スノーピークの「レインボーストーブ」をご紹介します。

別売りで専用ケースがある!スノーピークのレインボーストーブ

スノーピークのレインボーストーブは、タクードと同様の人気アイテムです。

こちらは、タクードと比べると形状が異なりランタン型の石油ストーブで、女性からの支持も高いです。

【スノーピーク:レインボーストーブ ブラック】

・参考価格 34,334円

・サイズ 38.8センチ×38.8センチ×48.5センチ

・重量 6.2キロ

・油タンク容量 4.9リットル

・燃焼継続時間 20時間

タクードより高さがありますが、軽量で、専用ケースに入れるとより簡単に持ち運ぶことができます。

燃焼継続時間が20時間あるので、1度の給油で2番過ごすことが可能です。

荷物が多くなってしまうキャンプなどでは、予備の石油の心配をしなくていいのが大変助かります。

また、見た目の高級感とスタイリッシュさから、家庭用として使用している方も多くいます。

冬の寒い日に家の中で炎を見て、まるでキャンプ場で焚火を見ているような気分を味わうことができたら、リラックスできますよね。

レインボーストーブの最大の魅力は、この炎です。

炎が美しく7色に見え、実際に使用した方は「ガラスに映った炎が本当に美しく、何時間でも見ていられる」といった感想がありました。

試してみたくなる石油ストーブです。

専用ケースで持ち運びが楽なレインボーストーブ!実はトヨトミのOEM製品!

タクード同様大人気で、専用ケースでの持ち運びが便利なスノーピークのレインボーストーブは「トヨトミ」のストーブと似ているなどの口コミが見られます。

実は、スノーピークのレインボーストーブは、トヨトミというブランドのOEM製品です。

つまり、トヨトミがスノーピークの名前(ブランド名)で製造しているということです。

トヨトミといえば、家庭用石油ストーブで有名な会社で、機能面でも大変信頼がおけます。

そこに、キャンパーに大人気のスノーピークのロゴが入ることで、さらに人気を集めています。

機能の面では両者に違いは無く、異なるのは、色・ログ・ガラスの形状・水平器・ロゴです。

金額面はスノーピークの方が高く設定されていますが、それでもこの高級感をもつ見た目やロゴの魅力からスノーピークのレインボーストーブを選ぶ方も多いです。

お気に入りのストーブでより快適な冬キャンプを楽しもう!

冬キャンプに快適なストーブがあると、サイトの雰囲気もぐっとよくなり、料理などにも使えるので大変便利です。

燃焼時間やサイズ、機能性やデザイン、炎の特徴など、ストーブによっていろいろな違いがあります。

この記事を参考にして、ご自身の好みにあったストーブが見つかるといいですね。