バーベキューはアルミホイルで簡単調理!人気レシピのご紹介

バーベキューは、炭火で肉を焼くのがメインの楽しみでしょう。

その一方で、肉以外の食材の楽しみもあります。

そこで、アルミホイルを使って簡単に調理できるレシピをご紹介します。

アルミホイルを使うことで単に焼くだけではなく、包んで焼いたり蒸したりと幅が広がります。

また、アルミホイルをは調理だけではなく、意外な使い方もあります。

これからご紹介しますので、ぜひバーベキューで試してみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプの持ち物で個人的に用意するべきものって何だろう?

キャンプに必要な持ち物は、参加者と協力して用意する物と個人的に用意する物がありますよね。 キャ...

コールマンのクラシックテントが人気!口コミで高評価な理由

最近の雑貨などでは、60年代や70年代などのヴィンテージなデザインが人気ですよね。 キャンプで...

コールマン人気のランタンノーススター!着火方法をご紹介!

星空や焚火の前に、食事やお酒を楽しむのはアウトドアの醍醐味ですよね。 しかし、その明かりだけで...

ユニフレームのライスクッカーで作ろう!野外での米の炊き方

キャンプで食べる食事の醍醐味といえば、飯盒炊爨(はんごうすいさん)ですね。 しかし、飯盒炊爨では...

簡単・おすすめ!バーベキューでピザ窯デビューをしよう

バーベキューといえば、肉や野菜を焼いて楽しむものですが、少し変わったバーベキューをしたいと思った...

サーモスのポットを持ってアウトドアへ!その洗い方とは?

アウトドアへ出掛けるとき、自然の中で過ごすので、寒い時は温かい飲み物が欲しくなりますよね。 ま...

オリジナル!サーモスの水筒カバーを手作りしちゃおう!

水筒を毎日持ち歩くことは、今では珍しくありませんよね。 中でもサーモスの水筒は、軽くて保温保冷性...

ジェットボイルシリーズ最小のzip!点火方式にはご注意を!

モンベルから販売されているジェットボイルシリーズは、最小限の燃料で高速にお湯を沸かせるため、アウ...

ロゴスの飯盒を使ったご飯の炊き方!美味しく炊けるコツは?

アウトドアの醍醐味と言ったら食事ではないでしょうか。 いつもと違った青空の下で食べる食事は、新...

スノーピークの寝袋の特徴とたたみ方などをご紹介!

スノーピークは、日本を代表するアウトドアブランドの1つです。 テントやタープなど、アウトドアで...

キャンプでも快適な睡眠を!ロゴス製コットの組み立て方

コットとは、キャンプなどの野外で使用する簡易型ベッドのことです。 ロゴスのコットは、いくつかのパ...

アウトドアで使いたいスノーピークの椅子!その修理方法とは

アウトドアを快適に過ごしたい方におすすめしたいのが、座り心地の良い椅子です。 ご自身にぴったり...

蓋付きバーベキューグリルでBBQの常識を変えよう!

バーベキューは、網の上で肉や野菜などの食材を焼いて食べますが、レパートリーがマンネリ化しがちでは...

マントルの空焼きのコツと失敗の原因!オススメランタン紹介

ランタンには大きく分けて3種類あります。 その中でも少しコツが必要とされるのが、「マントル」が必...

キャンプで焚き火を楽しもう!薪の入れ物・選び方をご紹介

皆さんは、焚き火に使う薪をどうやって運んでいるでしょうか。 また、キャンプサイトでの置き方はど...

スポンサーリンク

バーベキューはアルミホイルを活用しよう!

バーベキューは肉を豪快に焼いて、楽しみますね。

しかし、肉を焼くだけではもったいないと思いませんか。

そこでおすすめしたいのが、アルミホイルです。

アルミホイルは、包む、蒸す、保温といった使い方があります。

その他、アルミホイルは用途に合わせて形状を変えられる特徴があるので、器にすることもできます。

調理に使ったアルミホイルは、洗うことなくそのまま捨てることができるので、バーベキューでは片付けを楽にするためにも便利なアイテムといえるでしょう。

なお、そのように料理においてアルミホイルが活躍することはもちろんですが、アルミホイルはバーベキューをするにあたり、全く別の使い方がありますが、その方法は、最後にお伝えします。

では次項から、アルミホイルを使ったバーベキューにおすすめのレシピをご紹介していきます。

まずは簡単に!アルミホイルを使った食材丸ごとレシピ

それでは、バーベキューでアルミホイルを使った簡単にできるレシピをご紹介します。

まずは、アルミホイルを使って食材をまるごと包んで焼く野菜のレシピです。

食材をまるごとアルミホイルに包んで焼く、それだけなので手軽でとても簡単です。

●超簡単!焼き芋

【材料】

・さつまいも 1本
・バター お好みで

【作り方】

①さつまいもをアルミホイルで二重に包む。

②炭の中に直接入れる。(約20分)

③裏返しにする。(約20分)

④串をさつまいもに刺してスッと入れば完成。

●トロトロ玉ねぎ!

【材料】

・玉ねぎ 1個
・塩コショウ 適量

【作り方】

①玉ねぎの皮をむき、縦に切れ目を入れる。

②玉ねぎをアルミホイルに三重に包む。

③炭の中に入れる。(約60分)

④玉ねぎが少し焦げているくらいになったら、塩コショウして完成。

バーベキューでつくってみよう!アルミホイルを使った肉のレシピ

ここではアルミホイルを使った肉のレシピをご紹介します。

バーベキューの肉は焼くだけではなく、蒸したり保温したりするのにもおすすめです。

●チーズがとろーり!鶏むね肉の蒸し焼きでイタリアン?!

【材料】

・鶏むね肉 1枚
・ニンニク(すりおろし) 適量
・塩コショウ 適量
・酒 大さじ1
・溶けるチーズ 適量
・ミニトマト お好みで

【作り方】

①火が通りやすくなるよう、フォークや竹串を使い鶏むね肉を数か所刺す。

②鶏むね肉にニンニクをすりこませ、酒をふりかける。

③皮を下にして置き、チーズとミニトマトををのせてアルミホイルに包む。

④炭火の網の上に置いて蒸し焼きにする。(約15分)

⑤火が通ったら完成。

●バーベキューで少し贅沢に!ローストビーフ

【材料】

・牛かたまり肉 300グラム
・はちみつ 小さじ1
・※しょうゆ 50ミリリットル
・※赤ワイン 50ミリリットル
・※玉ねぎ(すりおろし) 1/2個
・※ニンニク(すりおろし) 小さじ1/3
・※しょうが(すりおろし) 小さじ1/3

【作り方】

①下準備で、※の材料と牛かたまり肉を保存袋に入れ、半日漬け込む。

②常温で1時間置く。

③漬け込んだ肉を網の上で肉の表面に焼き色をつけ、約8分焦がさないように焼く。(保存袋の汁は捨てない)

④肉をアルミホイルに包み約30分保温する。

⑤肉を保温している間に出た肉汁・保存袋の汁・はちみつをアルミホイルで作ったカップに入れ、炭上の網で煮てタレをつくる。

⑥できたロースビーフをカットし、⑤のタレをかけて完成。

バーベキューは魚介も楽しもう!アルミホイルを使った魚のレシピ

肉の次は、アルミホイルを使った魚介のレシピをご紹介します。

肉と一緒に魚も味わえるバーベキューはお腹も満足するでしょう。

●アルミホイルで簡単!アヒージョ

【材料】

・冷凍エビ 数匹
・ニンニク(みじん切り) 適量
・オリーブオイル 適量
・塩 適量
・フランスパン お好みで

【作り方】

①アルミホイルでエビが余裕をもって入るくらいの深めの器をつくる。

②器にオリーブオイルとニンニクを入れ網の上で温める。

③グツグツいいはじめたら、塩を入れる。

④ニンニクの香りがたったところで冷凍エビを入れ、火が通ったら完成。

⑤お好みで、フランスパンと一緒にどうぞ。

●野菜もとれる!鮭のホイル焼き

【材料】

・鮭 1切
・お好みの野菜(えのき・ニンジン・玉ねぎなど) 適量
・ニンニク 適量
・バター 10グラム
・酒 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・レモン 適量

【作り方】

①鮭が包めるくらいのアルミホイルを用意し、バター(分量外)をぬる。

②鮭の皮部分が下になるように置き、野菜を鮭の上に乗せる。

③ニンニク・レモン・バターを乗せ、しょうゆと酒をかけ、アルミホイルを包む。

④網の上で約20分くらい蒸し焼きにし、火が通ったら完成。

アルミホイルでデザートも?簡単レシピのご紹介

メインのバーベキューを楽しんだ後は、デザートもいただきましょう。

アルミホイルで簡単にできるデザートレシピをご紹介します。

●シナモン香る焼きリンゴ

【材料】

・リンゴ 1個
・バター 10グラム
・シナモン 適量
・はちみつ 適量

【作り方】

①リンゴの芯をくりぬく。

②くりぬいた部分にバター・シナモン・はちみつを入れる。

③リンゴをアルミホイルで包んで炭の火力が弱い部分に置く。(約20分)

④やわらかくなったら完成。

●チョコレートフォンデュ

【材料】

・板チョコ 2枚
・牛乳 100ミリリットル
・フルーツやマシュマロ フォンデュしたい具材をお好みで

【作り方】

①アルミホイルでチョコレートを溶かせるくらいの器をつくる。

②砕いた板チョコと牛乳をアルミホイルの器に入れて、網の上で溶ければ完成。

③お好みのフルーツを串に刺して、フォンデュしてどうぞ。

料理だけの使い道ではない!アルミホイルはお助けアイテム

これまで、アルミホイルを使った簡単なレシピをご紹介してきました。

しかし、アルミホイルはさまざまな使い道があります。

●器として

すでにご紹介した通り、アルミホイルはお好みのかたちを維持できるので、器としても使えます。

そのままゴミとして捨てることもできるので、魚介や肉の油やにおいにも困らないでしょう。

●鉄板として

バーベキューで鉄板がないとできない料理として、焼きそばがあります。

焼きそばは網では焼くことができませんね。

例えば、鉄板を忘れてしまったということになっても、網にアルミホイルを巻き付けるだけで鉄板の役割を果たしてくれるのです。

●簡単に掃除できるように

バーベキューが終わったあとに、炭を片付けたり、食材から落ちた脂を落としたりと、掃除は楽ではありません。

そこで、コンロに炭を置く前に、アルミホイルを敷くようにします。

そうすることで、バーベキューが終わったらアルミホイルをまるめるだけなので、コンロの掃除がとても楽になります。

しかし、このアルミホイルはバーベキュー用の厚いアルミホイルを用意する必要があります。

バーベキューでアルミホイルは大活躍!

ご紹介した通り、アルミホイルはバーベキューでは様々な使い道があります。

料理としてはいくつかのレシピをご紹介しましたが、気になるレシピはありましたか。

料理にアルミホイルを使うことで、簡単に調理でき、片付けも手間がありません。

そして、アルミホイルは鉄板として使えたり、バーベキューコンロの掃除を楽にできたりと、バーベキューにはなくてはならない、便利なアイテムといえるでしょう。