マムート・ゴブリンのサイズ感と口コミ・お手入れ方法とは?

アウトドアブランドの人気が高まる中、ひときわ注目を集めているブランド「マムート」は、可愛らしいロゴが印象的で多くのファンを魅了しています。

中でも、ゴブリンはフリース素材のジャケットで、軽量で暖かく普段使いにもお洒落で人気です。

しかし、海外製品ということもあり、いまいちサイズ感がわかりにくい部分があります。

こちらでは、ゴブリンのサイズ感やかっこ良い着こなし方、またゴブリンに合わせたいアイテムなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロゴスのカマドで料理をしよう!おすすめレシピ5撰!

その多機能さで有名なロゴスのカマドを、既に購入した方も多いかもしれません。 BBQからオーブン...

キャメルバックのボトルが汚い!!ポディウムの分解の仕方

ロードバイクなどアウトドアで使われるキャメルバックのボトル、使いやすさから人気があります。 し...

バーベキューに使用する網は100均のものでも問題無い?

「100均の網でバーベキューをしても問題ないの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか...

ヒルバーグ製のテント・アトラスの魅力とは?ブログで調査!

ヒルバーグは北欧のスウェーデン発祥のアウトドアブランドとして知られ、世界で様々なキャンパーに愛さ...

プリムスのクッカーで美味しく炊飯してみよう!

アウトドアの楽しみと言ったら、やはり食事ではないでしょうか。 簡単にバーベキューを楽しむのもいい...

モンベルのエアマットの空気の入れ方は?使える空気入れは?

テント泊であっても車中泊であっても、快適な眠りは誰しもが追求したいものです。 そのようなユーザー...

意外と知らないコールマンストーブのオーバーホールを伝授!

アウトドアでは必須のギアであるコールマンのストーブですが、メンテナンスの方法を知っている人は少な...

素敵な思い出作りに!キャンプ飯作りを子供と一緒に楽しもう

近年のアウトドア人気に影響されてか、子供を連れて家族キャンプを楽しむ人が増えました。 子供は外...

ハイキング必須アイテムの帽子!おしゃれなものを選びたい!

ハイキングは長時間日差しや紫外線にさらされるため、帽子は必須アイテムです。 また、寒い時期には...

キャンプでも快適な睡眠を!ロゴス製コットの組み立て方

コットとは、キャンプなどの野外で使用する簡易型ベッドのことです。 ロゴスのコットは、いくつかのパ...

コールマンのポップアップテントの評判は?ブログから調査!

アウトドアやレジャーでも頻繁に目にするものに、ポップアップテントがあります。 初心者でも簡単に...

人気のコールマンのピーク1「400a」の魅力をご紹介!

コールマンのピーク1「400a」は、1979年に登場したバーナーです。 コールマンのバーナ...

人気ブランド!モンベルが主催するイベントと口コミをご紹介

近年、アウトドアに出掛ける人が増加しています。 都会での生活から離れ、週末は積極的に自然と触れ...

バーベキューでアルミホイルが活躍!敷くだけで片付け楽々!

バーベキューで憂鬱なのは、食後の片付けですよね。 炭化した食材が付着して脂もギトギトな網を洗っ...

定番のコールマン!そのスクリーンタープの張り方は?

アウトドアの大定番ブランドと言えば、コールマン(Coleman)ではないでしょうか。 コー...

スポンサーリンク

マムート・ゴブリンの特徴

ゴブリンは、ポーラテックサーマルプロという素材を使い、とても暖かく軽いという特徴があります。

そして、メンズ、レディースともに、ストレッチ性にも優れ、やや細身に作られているので、フリースを着た時によくある着ぶくれ感もなく、すっきりと見えるのも人気の理由の一つでしょう。

アウトドアブランドだけに、機能性を重視して作られているのはもちろんのこと、デザインにもこだわっているので、お洒落なアイテムとして普段使いに取り入れると、ワンランク上の着こなしができそうですね。

また、登山をする方にとっては、夏でもアルプス級の山の縦走になると防寒具が必要になるので、この暖かく軽いマムートのゴブリンは、季節問わず大活躍することでしょう。

このように、機能性も重視されて、動きやすくお洒落であることから、山岳ガイドが普段着として愛用しているのもよく見かけられます。

さらに、アウトドア用に作られているにも関わらず、街で見かけてもまったく違和感がないというのも、幅広い層に愛されている理由の一つです。

多くの魅力がつまったマムート・ゴブリンをかっこよく着こなすために、まずはサイズ感をチェックしていきましょう。

マムート・ゴブリンのサイズ感

マムートのウェアは、「グローバルモデル」と、「アジアンフィットモデル」の2モデルが用意されているので、日本人であれば、「アジアンフィットモデル」を参考に選ぶと良いでしょう。

こちらは日本人の体型に合わせて作られている仕様なので、グローバルモデルと比べてワンサイズ小さい作りになっています。

また、マムートのトップスは、スリムフィットなタイプのものから、ルーズフィットのものまで、4パターンの異なる形状を展開し、それぞれの体型とアクティビティに合った形に出会えるように作られています。

ゴブリンジャケットは細身に作られているということで、サイズを迷う方もいるかもしれませんね。

アウターということもあり、冬場のインナーの重ね着を考慮して、普段はMサイズを着ている方があえてLサイズを購入したというケースもあります。

裾についたドローコードできゅっと絞って、風を通さないようにすることができるので、多少大きめのサイズを買っても、暖かい空気を閉じ込めてくれます。

ただし、これだけでも十分に暖かいので、インナーをそこまで重ねる必要もないと考えると、普段通りのサイズで購入すれば着ぶくれすることのないサイズ感で着こなせることでしょう。

サイズ感を間違うと残念になる?フリースジャケットの難しさ

ところで、ちょうど良いサイズ感とはいったいどのようなものなのでしょうか。

どれだけ高級なブランドの洋服を着ていても、サイズ感次第でだいぶ印象は変わってしまいます。

かっこ良くお洒落に決めたいなら、特にフリースに関してはラフに見えてしまう分、できるだけタイトに着こなせるサイズを選びましょう。

その時に目安となるのが、肩幅です。

インナーを着た状態で、肩の位置が合っていますか?

肩幅が合っていないと、極端に袖の長さも合わなくなってしまいます。

また、使用用途によっても変わってきます。

もしもアウターとして着るのであれば、中にインナーを重ねることになるため、それを計算してサイズ感を見ることをおすすめします。

または、マムート・ゴブリンをインナーとして使う場合は、上にゴアテックスのジャケットなどを羽織るスタイルになるでしょうから、自分がどのような用途で使用するかじっくりと考えてからサイズを決めると良いですね。

マムート・ゴブリンのサイズ感これで良いの?口コミを見てみよう

では、マムート・ゴブリンを実際に着ている方が感じたサイズ感、口コミを見てみましょう。

以下のような口コミが見られます。

●普段はMサイズですがLサイズを購入し、中に重ね着をして使用しているが、ヘビーローテーションしたくなるほどの着心地です。

●ふわふわとした見た目が、高級感があり、着膨れ感もなく、価格も納得がいきます。

●袖が少し長めではあるが、裾が紐で縛れるので、保温性があり、ダブルジップで下からも開けられるのが利便性もあって良いです。

●通常着ている洋服のサイズで購入したが、ちょうど良いサイズでした。

●インナーは厚手一枚で問題ないくらい暖かいです。

●ストレッチが効いているため、動きやすくて助かります。

海外メーカーのブランドは、サイズがしっくりこないというデメリットもあるので、マムートのゴブリンは「買って良かった!」と数々の評価を受けているのを見ると、申し分ないことがわかりますね。

マムート・ゴブリンに合わせて取り入れたいアイテム

では、マムート・ゴブリンをさらに高機能でお洒落に着こなすには、どのようなアイテムとの相性が良いのでしょうか。

ゴブリンは、登山家の方たちは、中間着として着用する場合があります。

その時には、この上にアウターでゴアテックスのハードシェルを合わせたりするのですが、ストレッチ性の効いた絶妙なフィット感とサイズ感は、動きにくさをまったく感じさせることもなく、極寒の冬山もなんのそのです。

ちなみに、このハードシェルは、夏山ではレインウェアとしても活躍するので、一着持っていると、年間を通してアウトドアライフを手助けしてくれます。

そして、ゴブリンとの組み合わせは、実用性でもお洒落度でいっても、これ以上のものはないコーディネートになるでしょう。

また、ゴブリンをアウターとし、普段使いで楽しむのであれば、インナーにパーカーを合わせるとお洒落感を演出できます。

例えば秋口など、そこまで厚着をしなくも良い時期でしたら、Tシャツ一枚にゴブリンを羽織ってもシンプルでかっこ良いでしょう。

さらに、足元はスニーカーならカジュアルな雰囲気を楽しめます。

ちょっと大人っぽく決めたい時は、レッドウィングのゴールドラセットのような革靴を合わせれば、シックなテイストで決まるでしょう。

金額は高めではありますが、これを1枚身に着けているだけでぴしっと決められる感じは、安価なフリースにはない特徴ですね。

ゴブリンを長持ちさせたい!おすすめな洗濯方法は?

マムート・ゴブリンは2万5000円はする高価なフリースジャケットです。

かといって、高いからと毎回クリーニングに出すのも大変ですよね。

しかし、以下のポイントを押さえれば、劣化を防いで自宅で洗濯することができます。

①短時間と弱水流コースを選択

②中性洗剤はデリケート用を使用

③裏返してファスナーを閉める

④ネットに入れる

⑤柔軟剤を入れる

⑥陰干しをする

ぜひ、この6つのポイントを押さえて洗濯してください。

なるべく力を抑えて、起毛した繊維同士が絡み合わないように心がけることが、生地の劣化を防ぎ、毛玉をつくらないコツになります。

またサイズ感も変わることなく維持できるでしょう。

ゴブリンを着て山や街でかっこ良く決めよう

マムート・ゴブリンは、機能性だけでなく、デザイン性にも優れていて、アウトドアだけでなく普段使いでも人気のジャケットであることがわかりました。

サイズ感は人それぞれですが、アウターとして使うか、中間着として使うかなどが判断材料の一つになります。

また、欧州ブランドにも関わらずアジアンフィットモデルサイズがあるというのはとても親切といえます。

ぜひ、マムート・ゴブリンのフリースを取り入れて、ワンランクアップしたアウトドアスタイルのお洒落を楽しんでください。