モンベルのウェーダーを着て渓流釣りへ!その口コミとは?

釣りに出掛ける際、「ウェーダー」を着用していますか?

ウェーダーとは渓流釣りなどを行う時に着るアイテムで、水で体が濡れるのを防いでくれます。

これを着ることにより、川の深いところにまで行くことができるので、一気に行動範囲が広がりますよ。

この記事では、モンベルのウェーダーや口コミ、モンベルのウェーダーに合わせて履きたいウェーディングシューズなどをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビクトリノックスのソルジャーは銃刀法違反になるのか?

キャンプに持っていく便利な道具で、「ビクトリノックスのソルジャー」をご存知ですか? ソルジャー...

釣りの餌はどこで買う?便利な通販をおすすめする理由とは?

釣りを楽しむためには「餌」が必要になります。 行く回数が頻繁であれば、餌もそれなりに買わなけれ...

クライミングするならスカルパのドラゴ!レビューが気になる

近年、趣味などでクライミングを始める人が増えています。 山でロッククライミングをする前に、5メー...

マムートの福袋はどこで買える?2018年の情報大公開!

アウトドアブランドであるマムートの福袋、実は直営店では販売していないことをご存知でしょうか。 福...

コーデュラ?バリスティック?ナイロン素材の違いは何?

アウトドア用のバックパックの素材を見ていると、「コーデュラナイロン」や「バリスティックナイロン」...

ユニフレームの焚き火テーブルはキャンプブログで大好評!

キャンプアイテムの購入に悩んだら、どうしていますか? 購入前に、キャンプブログの使用レポを参考...

コロンビアのカッパを長く愛用するには畳み方もポイント!?

コロンビアに代表されるカッパは、天候の変化が大きいアウトドアで重要な役目を果たします。 ですが、...

アークテリクスの魅力は?修理の保証は!?リュック編

「アークテリクス」は世界中のアウトドアブランドの中でも、ひときわ高い評価を得ています。 素材、...

タコを釣りたい!タコ釣りに必要なタックル構成を教えて!

堤防で釣れる魚といえば、アジやサバ、イワシが思い浮かびますよね。 これらの魚を釣りに行ったとき...

大洗港は人気の釣りエリア!釣り禁止場所に注意して楽しもう

茨城県東茨城郡の大洗町はアウトレットや水族館、海水浴のできるビーチもあり、観光地としてたくさんの...

コールマン人気のテーブルは組み立て方式?折りたたみ方式?

アウトドアにおいて、リビングの要ともいえるのがテーブルです。 テーブルを広げると、自然と家...

高所で使用されるペツルのヘルメットは林業でも活躍する!

アウトドアスポーツの、崖を登るクライミングや険しい山に登る登山では、ヘルメットは欠かせません。 ...

モンベルのポケッタブル仕様のアウトドア用品とたたみ方!

山登りやトレッキングなどのアウトドアに行くときは、足元の悪い道を歩くので、荷物はできるだけ軽量で...

サヨリ釣りに挑戦!ねらい目の時期はいつ?釣り方は!?

みなさんは、サヨリという魚を食べたことがありますか。 サヨリは上質な白身にも関わらず、青魚のよ...

「SOTO」のミニ焚き火台「テトラ」の特徴とブログの評判

人気のアウトドアメーカー「SOTO」のアイテムの一つに「テトラ」というミニ焚き火台があります。 ...

スポンサーリンク

渓流釣りをより快適にするウェーダーとは?

ウェーダーとは、渓流釣りをはじめ水の中に入る際着用する胴付長靴のことです。

渓流釣りをする時、ウェーダーが自分に合っているかどうかで、快適さがずい分違うと言っても過言ではありません。

釣りをする方の口コミの中には、「渓流釣りを始めるなら、釣り竿ではなくウェーダーに1番お金をかけるべき」という意見も見られるほどです。

安全に快適に、楽しく釣りを楽しむためのウェーダーを見つけたいですよね。

安全に釣りをするために、ウェーダー着用時気を付けなければならないのは、入水の深さです。

たとえ、水中の深い位置に対応するチェストハイウェーダー(胸の高さまであるウェーダー)を着用しているからといって、胸の高さギリギリまで入水するのは危ないので気を付けましょう。

人気アウトドアブランドモンベルでも、ウェーダーを販売しているので後程ご紹介します。

ウェーダーのタイプは2種類!その口コミとは?

モンベルのウェーダーの商品紹介をする前に、一般的なウェーダーのタイプをご紹介します。

●ストッキングタイプ

足の先がネオプレン性で、ウェーダーの上からウェーディングシューズを着るタイプです。

しっかりと足を固定するので、滑りやすい場所でも楽に歩けます。

足元のネオプレンソックスは、蒸れにくいので長時間履いても快適です。

ただ、口コミなどを見ると「着脱に時間がかかってしまう」「ウェーディングシューズを合わせて買わなければならないため費用がかかる」などの意見も見られます。

このようにデメリットもありますが、快適で安全に過ごせるので渓流釣りにはおすすめです。

●ブーツフットタイプ

足の先がブーツになっていて、ウェーダーと一体になっているタイプです。

着脱が簡単で、値段もストッキングタイプのものに比べてリーズナブルに購入できます。
ただ口コミでは、「歩いて釣りをする場合にはあまり向かない」という意見も見られます。

歩きやすさと安定性を求めるなら、ストッキングタイプのものをおすすめします。

海で釣りをする場合など、あまり移動しない時におすすめします。

ウェーダーの長さは3種類!モンベルでおすすめのウェーダーの長さは?

前項では、ウェーダーのタイプを2種類ご紹介しました。

タイプを決めたら、次はウェーダーの長さから選んでいきましょう。

長さは、一般的に3種類あるのでご紹介します。

●チェストハイウェーダー

胸まで覆うもので、渓流釣りには1番向いている長さです。

後述する、モンベルのウェーダーもチェストハイウェーダーです。

体を包む範囲が広いので、ディープウェーディング(水中の深いところ)にも安心して着用できます。

ただ前述したように、胸の位置ギリギリまで入水することは避けましょう。

口コミでは「寒い時期でも快適だが、夏場は蒸れる」と言った意見もみられます。

このような場合は、ストラップで調整して腰まで下げられるものがおすすめです。

●ウエストハイウェーダー

ウェストまでの長さの、パンツタイプのウェーダーです。

着脱がしやすいですが、ディープウェーディングする時には向きません。

●ヒップウェーダー

太ももギリギリまでの長さのウェーダーです。

浅い場所でしか使用できませんが、軽くてコンパクトになるので持ち運びに便利です。

渓流釣りにおすすめのウェーダーの素材!

次に、ウェーダーの素材についてご説明します。

タイプや長さの種類が決まったら、今度は素材に目を向けてみましょう。

●ゴアテックス/プリザテック

ゴアテックス素材やプリザック素材をご存知でしょうか。

外からの水の侵入を防ぎ、内側からでる汗などの水分を発散する「メンブレン」という防水透湿素材の名称がゴアテックスやプリザテックです。

ゴアテックス社で作られたものがゴアテックスと呼ばれ、東レで作られたものがブリザテックと呼ばれています。

これらを素材に使用したウェーダーは、メンブレンを3層から4層も生地に挟んでいるため、耐久性が高く長く使うことができます。

ナイロン製のものは安く購入することができますが蒸れに弱く、また、耐久性も低いためすぐに穴が開いてしまいます。

できるだけ、防水透湿素材のものをおすすめします。

●ネオプレン

ネオプレンとは、合成ゴムのことです。

ウェットスーツや、防水手袋などにしようされている素材です。

防水透湿素材のものに比べると、厚みがあり、保温性もあるので冬場や寒冷地での釣りにおすすめです。

モンベルでは、ソックスの部分にこの素材を採用しています。

次の項では、モンベルでおすすめのウェーダーとその口コミをご紹介します。

口コミでも人気!全てが揃ったモンベルのウェーダー!

これまでの説明でおすすめのウェーダーをまとめると、以下の通りです。

・ストッキングタイプ
・チェストハイウェーダー
・防水透湿素材

これらを踏まえて、モンベルでおすすめのウェーダーをご紹介します。

【モンベル:チェストハイウェーダー】

・参考価格 25,858円(税抜き)

・素材 ドライテック(モンベル独自の防水透湿性素材)/ソックス 3ミリ圧ネオプレン

・重量 710グラム

・収納サイズ 18センチ×9センチ×25センチ

ウェーダーの為にモンベルで独自開発された、耐水圧30000ミリの防水透湿性素材を使用したウェーダーです。

胸の高さまで、体を覆うことができるチェストハイタイプです。

暑くなったら胸の部分の生地を織り込んでサスペンダーで止め、ウエストハイタイプとして使用することも可能です。

ひざの部分は立体パターンが施されているため、足上げをスムーズに行えます。

ソックス部分は足の形状に合わせた立体形で、かかと部分の縫い目が無く、履き心地も抜群です。

口コミでも高評価で「スタッフバッグが付いてきて収納も便利」「価格と性能のバランスがとれた素晴らしいアイテム」との声がありました。

大変機能的で使いやすいので、渓流釣りの初心者の方に特におすすめです。

口コミで人気のモンベルのウェーダーと共に履きたい!ウェーディングシューズ

最後にご紹介するのが、口コミでも人気のモンベルのチェストハイウェーダーに合わせて履きたいウェーディングシューズです。

【モンベル:ウェイディングブーツ】

・参考価格 12,800円(税抜き)

・重量 25センチ片足/535グラム

水辺での使用に最適なシューズです。

水中での岩をとらえる、グリップ力の高い「アクアグリッパー」を採用しています。

靴紐の部分は、「リールアジャストシステム」を採用しているので、通常の靴紐よりも簡単な操作で足全体を締め込むことができます。

片手で靴を着脱でき、フィット感を細かく調整できます。

前項で、ご紹介したモンベルのチェストハイウェーダーに合わせて着用すれば、快適に渓流釣りができること間違いありません。

傷んでしまったソールは、張替えが可能なので安心です。

使用後は、濡れたまま長い時間放置することはさけましょう。

泥汚れなどはブラシで落としてから、風通しの良いところで乾燥させてください。

渓流釣りを快適にするためにぴったりのウェーダーを見つけよう!

これまで、ウェーダーについて色々とご紹介致しました。

一口にウェーダーと言っても、形や素材などに違いがありましたよね。

快適に渓流釣りを楽しむために、どのようなものを選べば良いか知っておくと、あまり迷わないで済みます。

この記事を参考に、ご自身にぴたりのウェーダーが見つかるといいですね。