釣りの初心者の方にオススメ!堤防釣りの楽しみ方

一言で釣りと言っても、釣りにはさまざまなターゲットや釣り方があります。

これから釣りをはじめようという初心者の方の中には、一体どんな釣りからはじめたらよいのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、堤防釣りです。

気軽に行けて気軽に釣りを楽しめる堤防釣りの魅力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クライミングするならスカルパのドラゴ!レビューが気になる

近年、趣味などでクライミングを始める人が増えています。山でロッククライミングをする前に、5メー...

人気の高いコロンビアのダウンとは?自宅で洗濯はできるの?

ダウンジャケットは冬の防寒着の定番です。インナーが薄着でも、フロント部分をしっかり閉めれば...

ネオプレーンって何?ウェーダー売れ筋ランキングをご紹介!

ウェーダーの購入を検討している方は、その素材や特徴を理解していますか?今回は、ウェーダーのタ...

ドッグランで事故が多発している?トラブルを事前に防ぐには

近年増えているドッグランですが、最近では愛犬と一緒にアウトドアを満喫することができる、ドッグラン施...

コロンビアマウンテンパーカーは取扱注意?洗濯方法をご紹介

登山やキャンプなどのアウトドアで、マウンテンパーカーを着ている方は多いですよね。コロンビアな...

ユニフレームの焚き火テーブルはキャンプブログで大好評!

キャンプアイテムの購入に悩んだら、どうしていますか?購入前に、キャンプブログの使用レポを参考...

ヤマガの「バリスティックヒラ11mh」でヒラスズキを狙う

メイドインジャパンの人気釣具メーカー「ヤマガブランクス」には、ヒラスズキ狙いに特化したロッド「バ...

便利なコールマンのインフレーターマット!しまい方もご紹介

キャンプに行ってテントで眠る際、寝袋の下に敷くインフレーターマットをご存知でしょうか。インフ...

ヤリイカ釣りに挑戦しよう!堤防でイカ釣りの時期や道具は?

イカと聞くと、「煌々と電飾を光らせた漁船におびきよせて漁をする」というイメージを思い浮かべる方も...

コールマンの定番シングルストーブ「508A」の使い方

キャンプの道具はコールマン!と言っても過言でないくらい、コールマンはキャンプの超定番ブランドです...

コールマンのカタログ2018年の注目の商品を知っておこう!

コールマンのカタログは毎年コンセプトを変えて商品の紹介やキャンプに役に立つ情報を届けてくれていま...

スカルパクライミングシューズが良い!評価される理由とは?

最近、女性や子どもなど幅広い世代でボルダリングが人気ですよね。オリンピック競技にもなっている...

モンベルのウェーダーを着て渓流釣りへ!その口コミとは?

釣りに出掛ける際、「ウェーダー」を着用していますか?ウェーダーとは渓流釣りなどを行う時に着る...

おすすめのハイキングコースマップをご紹介!関東編

関東地方には多くのハイキングコースがあります。どのハイキングコースも自然が豊かであったり、様...

シーバスゲームの万能ロッド!バリスティック・ベイト85m

「バリスティック・ベイト85m」は、優れたキャスト性能とコントロール性、取り回しのよさから高い評...

スポンサーリンク

初心者の方にオススメな堤防釣り

まずは、釣り初心者の方にオススメする堤防に関してご紹介していきます。

〇堤防とは?

堤防というのは、防波堤とも言われ港などに波の侵入を防ぐ目的で作られています。

そんな堤防はテトラポッドやゴロタ石などの障害物が多く、魚にとってとても快適な環境が揃っているので、多種多様な魚が集まるポイントです。

港から徒歩で行ける堤防や、沖堤という渡船を利用して行く堤防があり、釣りの初心者からベテランまで多くの人で賑わいます。

また、比較的足場が安定している場所が多いので、子連れのファミリー層にも人気で、気軽に釣りを楽しめるのが堤防です。

〇堤防で釣れる魚は?

前述したように堤防には多種多様な魚がいます。

一番気軽に狙えるイワシやアジから投げ釣りでキスやカレイ、中級者からはチヌ(クロダイ)やグレ(メジナ)、場所によってはヒラメやハマチなどの大物が釣れることもあります。

〇堤防での注意事項

比較的安全で釣りをしやすい環境の堤防ですが、そんな堤防でもいくつか注意が必要なことがあります。

・堤防からの落下

場所によっては海面からとても高い堤防もあるので、落下しないように注意が必要です。

また、万一落下してしまった時のためにライフジャケットを着用することをオススメします。

特に子供がいる場合は必須です。

・マナーを守る

人気の堤防になると、とても混み合うこともあります。

他の釣り人などとトラブルにならないように、マナーを守って釣りを楽しむことも重要です。

また、自分が出したゴミなどは必ず自分で処分するようにして下さい。

初心者の方にオススメの釣り方

次に、釣り初心者の方にオススメな堤防での釣り方をご紹介します。

〇サビキ釣り

初心者の方に一番オススメなのがこのサビキ釣りです。

サビキ釣りというのは、エサを入れるカゴが付いた仕掛けに、オキアミなどのエサを入れて魚を釣る方法です。

必要な道具や仕掛けを揃えるのがとても簡単で、小型の魚を数釣ることができます。

小型の魚だけでなく、思わぬ大物が掛かることもあります。

〇投げ釣り

オモリが付いた仕掛けにムシエサなどを付けて、遠くまで投げて釣る方法が投げ釣りです。

仕掛けをうまく投げるにはコツがいりますが、この方法も気軽に始めることができ、いろいろな魚を狙えます。

〇ウキ釣り

ウキが付いた仕掛けにエサを付けて釣るのがウキ釣りです。

狙う魚種によって様々なウキや仕掛けがあり、とてもおくの深い釣り方です。

魚が掛かってウキが沈む瞬間は、クセになってしまうほどワクワクします。

〇ルアー釣り

ルアーという魚やムシなどに似せた疑似餌を使って釣る方法がルアー釣りです。

近年とても人気のある釣り方で、エサを用意することなくすぐに始められます。

ルアーの種類によって釣れる魚も変わってくる釣り方で、とてもスリリングな釣りを楽しめます。

堤防での釣り方には以上のような方法があります。

初心者の方でも堤防から狙える魚

ここからは、釣り初心者の方でも堤防から狙いやすい魚をご紹介します。

・イワシ、アジ、サバ

食卓でもお馴染みのこれらの魚はとても簡単に狙える魚です。

釣り方はサビキ釣りで釣るのが簡単で、多い時には100匹を超えることもあります。

大型になるとウキ釣りでも狙えます。

・キス、ベラ、カレイ

投げ釣りで狙えるのがこれらの魚です。

他にも季節によってハゼやコチなどが掛かることもあり、楽しませてくれます。

・カサゴ、メバル

ウキ釣りやルアー釣りで狙えます。

特に夜間の電気ウキを使っての釣りでは、大物が掛かることもあるので、それなりの準備が必要です。

以上のような魚でしたら、初心者の方でも堤防から狙うことも可能でしょう。

経験を積んでいくうちに、堤防からでもその他の大物も狙うことができるようになりますので、次章でご紹介します。

堤防での釣り!こんな大物の魚も狙える

先ほどご紹介した魚以外にも、初心者では難しいかもしれませんが、経験を積むうちに、堤防から次のような大物を狙うこともできます。

〇堤防で狙える大物

・クロダイ(チヌ)

堤防で釣りをする人の憧れの魚です。

40cm以上の大物が掛かることもあり、クロダイを専門に狙う方も多い人気の魚です。

・スズキ(シーバス)

投げ釣りやウキ釣りでも狙えますが、近年盛んになってきているのがルアー釣りです。

最大で1mを超えるものもいて、激しいファイトからとても人気があります。

・ヒラメ

サビキ釣りのハリに掛かった小アジなどに食いつくことがあります。

ヒラメもとても大型になる魚で、食べても美味しいので人気です。

他にも思わぬ大物がひそんでいることもあります。

〇注意が必要な魚

堤防から釣れる魚の中には、取り扱いに注意が必要な魚もいます。

・ハオコゼ

サビキ釣りや投げ釣りの外道としてよく釣れることがあります。

ハオコゼの背ヒレなどには毒のあるトゲがあり、うっかり触ると刺さってしまう恐れがあります。

素手では触らないように注意して下さい。

・アカエイ

アカエイは砂地の海に生息しています。

尻尾に毒針があり、刺されると重症化してしまうこともあるので、注意して下さい。

・フグ

サビキ釣り、ウキ釣り、投げ釣りの外道としてよく釣れます。

ご存知のようにフグは内臓に強力な毒があります。

フグが釣れた時はリリースするようにして下さい。

・スズキ(シーバス)

スズキには毒はありませんが、背ヒレやエラがとても鋭く、素手で触るとケガをする恐れがあります。

初心者の方にはこんな釣り竿がオススメ!

ここからは、堤防で使える釣り初心者の方にオススメの釣り竿をご紹介します。

初心者の方にオススメする釣り竿の条件としては以下のようなものがあります。

〇気軽に始められる

〇あまり値段が高くない

〇どの釣り方にも使える万能性

ここでは、この条件に合った釣り竿を選んでみました。

・ホリデー磯(シマノ)

カーボン製なのでとても軽く扱いやすい万能竿です。

竿の穂先が太めに作られているので、耐久性があり初心者の方にもピッタリです。

・リバティクラブ ショートスイング(ダイワ)

サビキ釣りから投げ釣りまで、堤防で気軽に使える万能竿になります。

調度よい反発性があるので、ハリに掛かった魚をバラしにくい特徴もあります。

・ルアーマチック(シマノ)

初心者の方にオススメのルアー竿です。

メバルやカサゴなどの小型の魚から、シーバスやアオリイカなどの大型の魚まで、幅広いターゲットを楽しめます。

釣り初心者の方にオススメな釣り竿には以上のようなものがあります。

釣り初心者の方に!オススメのリール

次に、堤防で使える初心者の方にオススメのリールをご紹介します。

初心者の方にオススメなリールの条件としては、以下のようなものがあります。

・取り扱いが簡単にできる
・あまり値段が高くない
・ライントラブルが少ない
・万能性がある

以上の条件に合ったリールを選びました。

・アリビオ(シマノ)

とにかく低価格なのがこのアリビオです。

しかもとても汎用性があるので、堤防での様々な釣り方に使えます。

・レガリスLT(ダイワ)

こちらも低価格で気軽に使えるリールです。

とても軽量なので扱いやすく、堤防で大活躍してくれます。

・カルディア(ダイワ)

ダイワの技術が詰まった万能リールです。

とても軽量で使いやすく、耐久性もあるので、初心者から中級者まで満足のいく釣りを楽しむことができます。

釣り初心者の方にオススメのリールには、以上のようなものがあります。

釣り初心者の方も堤防で楽しい釣りデビューを!

釣り初心者の方にオススメの堤防での釣り方についてご紹介してきました。

堤防は、まさにこれから釣りをはじめようという方や、ファミリーで釣りをしてみたいという方にピッタリな釣り場です。

一度堤防での釣りを味わってしまうと、ヤミツキになってしまう方もいらっしゃいます。

ルールを守って、ぜひ安全な堤防釣りをお楽しみ下さい。