ハイキングのリュック特集!おしゃれなアイテムをご紹介!

ハイキングに欠かせないリュックは、さまざまなアウトドアブランドから販売されています。

近年では、ハイキングなどのアウトドアだけでなく普段使いとしてもリュックを使う人が増えていますね。

アウトドアブランドのリュックは、街でも使えるようなおしゃれなデザインが多く機能性も備わっているのでおすすめです。

今回は、アウトドアブランド別におすすめのおしゃれなリュックをご紹介していきます!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コールマンのランタン解剖!ジェネレーター等の仕組みの基本

アウトドアでコールマンのガソリンランタンを使っているという方も多い事でしょう。しかしあなたは...

釣果向上の秘策!メタルジグのフックの向きの使い分け

数あるルアーの中でも、最も多様なターゲットが狙えるのは、メタルジグです。全てのアングラーに、「...

スノーピークのお皿で華やかに!ブログですすめるお皿とは?

キャンプなどのアウトドアで食事をとる時、どのようなお皿を使っていますか?盛る器によって、キャ...

ロゴスの福袋の中身が気になる?福袋の中身を一部ご紹介!

福袋といえば、たくさんの商品が詰まった大きな袋を想像する人が多いと思います。しかしながら、ロ...

アークテリクス「ベータsl」とは?サイズ感を徹底解説!

アウトドア用品を手がける「アークテリクス」で、代表的な商品がマウンテンジャケットです。アーク...

ビブラムのフロシキはウエイトトレーニングに向いている?

登山家を中心に世界中で多くの人に支持されているイタリアのシューズソールメーカーとして有名なビブラム...

外出先のトイレで活躍!今話題の携帯ウォシュレットの選び方

旅行や出張などで外出する時、トイレの問題で気になるのが、ウォシュレットの有無ではないでしょうか。...

モンベルツアーの種類と一人参加するメリットをご紹介!

近年、自然に癒しやリフレッシュを求めて、アウトドアを始める人が増えています。しかし、アウトド...

アークテリクスのゴアテックスアイテムはどうやって洗濯する?

アークテリクスと言えば、本格的な登山のアイテムからタウンユースまで様々なアイテムが揃い、幅広い層...

ホグロフス製シューズをご紹介!気になるサイズ感は?

アウトドアマンから高評価を受けているメーカーの1つに、ホグロフスがあります。アウトドアシーン...

バックカントリー用スノーボードとビンディングの選び方

スノーボードといえば、オリンピックで注目されたハーフパイプやキッカーなどのフリースタイルや、クロス...

モンベルの商品を返品したい!手続きができる期間は?

「モンベルの商品を購入したけど、実際に着用してみたらサイズが合わなかった」など、返品や交換をした...

知らないと危険!チェックインの時間にかなり遅れる時の対応

旅行といえばホテルや旅館。それらに行く際、必ずチェックインの時間を確認しますよね。チェッ...

モンベルのフライパンはなぜ焦げる?その謎と原因を大解明

登山やキャンプの醍醐味といえば「アウトドアクッキング」ですよね。モンベルなどのメーカーでクッ...

ハイキングに行く初心者におすすめな服装や注意点をご紹介!

ハイキングというと、登山に比べて手軽に自然を感じられるイメージがあります。しかし、自然を相手...

スポンサーリンク

ハイキングに必要な持ち物と標準的なリュックの大きさ

山野を歩きながら自然を楽しむハイキングは、一定時間日常を離れて別の土地で過ごします。

よって、必要な持ち物をしっかりと把握し、リュックに詰めて持って行くことが大切です。

そこで、ハイキングに行くときに必要な持ち物をリストアップしましたのでご覧ください。

・水筒

ハイキングでは季節を問わず水分補給が必須です。

水筒に1~2リットルほどの水かお茶を入れて持って行きましょう。

・タオル、ティッシュペーパーなど

タオルは汗を拭いたり日差しを遮ったりするために必要です。

そして、ティッシュペーパーも多めに持って行くと何かと便利です。

また、夏の暑い時期などはクール系の汗拭きシートがあれば、途中でリフレッシュすることができます。

・レインウェア

ハイキングに出発する時点では晴れていても、山野での天気は急に変わることがあります。

急な雨風にも対応できるよう、雨具は必要です。

雨具は傘ではなく、両手がフリーになるレインウェアが良いでしょう。

・ゴミ袋

ハイキングで出たゴミは持ち帰らなければならないのは、言うまでもありません。

ゴミ袋は必ず持参しましょう。

・行動食

ハイキングでは体力を消耗するため、エネルギー補給が必要です。

途中で歩きながらでも食べれるような、飴やシリアルバー、チョコレートなどのおやつを準備しておきましょう。

・健康保険証

ハイキング中で万が一ケガをしたり体調が悪くなったりし、現地の病院を受診することになった場合は健康保険証が必要です。

受診手続きをスムーズに行えるよう、健康保険証は携帯しておきましょう。

その他、ハイキングコースの地図、サングラスや帽子などのUV対策用品なども持ち物として挙げられます。

そして、必要に応じて着替えや防寒着、携帯電話のモバイルバッテリーなども頭に入れておきましょう。

これらの持ち物を収めるリュックの大きさは20~30Lぐらいが一般的で、おしゃれで普段使いもできるアイテムがたくさん販売されています。

ハイキングだけじゃない!アウトドアブランドのリュックの魅力

アウトドアブランドのリュックは、ファッションブランドのリュックにはない魅力があります。

その魅力とは、「耐久性に優れている」「長時間背負っても肩に負担がかかりにくい」「防水性や撥水性に優れている」などが挙げられます。

ひと昔前のアウトドアブランドのリュックは、ハイキングや登山などのアウトドアでしか使えないようなデザインが多く見られました。

しかし近年では、アウトドアだけでなく街中でも使えるようなおしゃれなデザインが増え、リュックを普段使いにする人が増えています。

中には、ノートパソコンを収納するためのパッド付スリーブを備えているリュックもあり、ビジネスバッグとしても使うことができるほどです。

アウトドアブランドのリュックは、シーンを問わない万能のアイテムと言えるでしょう。

次項から、20~30Lのリュックを中心に、ハイキングだけでなく普段使いもできるようなおしゃれなリュックをご紹介していきます。

マンモスマークが魅力のマムートおすすめリュック

マムートは150年以上の歴史を持つスイスのアウトドアブランドで、主に登山用品を製造しています。

そのマムートから、ハイキングにも普段使いにも活躍できるおしゃれリュックをご紹介します。

【マムート:エクセロン クーリエ 20L】

・メイン素材:ナイロン・ポリエステル
・収納可能サイズ:A4サイズ収納可
・サイズ:約51×31×12cm
・ポケットの数:2個(外側1、内側1)
・重量:約720g

A4サイズが収納可能でビジネスバッグとしても使用することができるリュックです。

また、フリースで保護されたラップトップコンパートメント付きなのでノートパソコンの持ち運びもできます。

開口部が大きなロールトップになっており、メイン収納部に荷物を出し入れしやすいのも魅力。

軽いハイキングと普段使いを難なく兼用できるアイテムです。

【マムート:バックパック Neon Crag 28L】

・収納可能サイズ:21~30L
・留め具の種類:テープバックル
・表地:Canvas、300D Polyester Ballshadow、420D Nylon
・重量:約990g

スポーツクライミング用に作られた丈夫なリュックです。

内部にはA4サイズのオープンコンパートメントがあり、小物を整理するためのループも付いています。

通気性の良い背面のエアチャンネルやパッド入りの取外し可能なウエストベストなど、荷物が多めのハイキングにも最適な作りです。

30Lまでの容量があるので、1泊ほどの旅行にも使えるマルチなリュックです。

ハイキングにも普段使いにも!おしゃれなカリマーのリュック

カリマーはイギリスのアウトドアブランドで、シンプルなデザインのアイテムが多く若い方から年配の方まで幅広い人気を誇っています。

そんなカリマーから、普段使いとしてもおしゃれなリュックをご紹介します。

【カリマー:サブウェイ デイパック ユニセックス 25L】

・素材:ナイロン(KS 600p)
・収納可能サイズ:約25L
・サイズ:約48×35×13cm
・留め具の種類:ファスナー

軽めのハイキングはもちろん、街でもおしゃれに使えるイギリスデザインのリュックです。

外側全面のポケットの他、内側にはオーガナイザーポケット、ペン入れ2つ、小型ポケット、キーフックも付いているので荷物が整理しやすい設計です。

シンプルでありながら、機能的なリュックは街でもアウトドアでも大活躍しそうです。

【カリマー:デイパック tribute20】

・素材:表地 KS-N840d JB
・収納可能サイズ:11~20L
・サイズ:約48×28×15cm
・留め具の種類: ファスナー
・重量:約770g
・PC収納可

シンプルなスクエア型のリュックです。

上部にはオーガナイザー付きポケットが配置され、頻繁に出し入れする荷物を整理するのに便利です。

さらに、メイン収納部には13インチまでのPCやタブレットを収納できるホルダーが付いています。

サイドにハンドルが付いているので、手持ちバッグとしても使うことができます。

コールマンの人気おしゃれリュック

アウトドアブランドの王道とも言えるコールマン。

コールマンは、テントやバーベキューグリルなどを始めとしたアウトドア用品を多数販売しています。

近年では、アウトドアはもちろん、街中でもコールマンのリュックを背負う姿は多く見られます。

そんなコールマンのおしゃれで機能的なリュックをご紹介します。

【コールマン:アトラス クアドラ】

・素材:ポリエステル
・収納可能サイズ:約20L
・サイズ:約44×28×15cm
・重量:約730g

ユニセックスで使えるスクエア型のリュックです。

開口部が広くマチもしっかりあるので、荷物の出し入れがしやすいのが特徴です。

背面がメッシュになっているので、長時間背負っていても快適。

ポケットも多数あり、サイドのポケットに頻繁に使う物を入れておけるのでとても便利です。

【コールマン:アトラス 25 ヘザー】

・素材:表地メイン/600Dポリエステル、表地底部分/コーデュラポリエステル
・収納可能サイズ:約25L
・サイズ:約45×29×20cm
・重量:約700g

こちらもユニセックスで使えるシンプルなデザインのリュックです。

容量が25Lと、しっかり荷物が入るので、持ち物が多めのハイキングにもぴったりです。

PCスリーブやドリンクホルダー、オーガナイザーポケットなどが付いている機能的なリュック。

年齢を問わず、普段使いとしてもおしゃれなアイテムです。

アークテリクスの洗練されたおしゃれなリュック

最後にご紹介するのは、アークテリクスのリュックです。

アークテリクスは、洗練されたおしゃれなデザインと高品質な生産へのこだわりを持つカナダのアウトドアブランドです。

ハイキングでも街中でも映える、ワンランク上のリュックをご紹介します。

【アークテリクス:アロー22】

・素材:1260D InvistaBallisticSuperpack、ナイロン、Armourlite、Hypalon、HDPEフレームシート
・収納可能サイズ:約22L
・サイズ:約52×33×17cm
・外部収納:ファスナーポケット×1(内にフック×1)、オープンポケット×1、ベルクロポケット×1

斜めにせり上がったような形のリュックで、荷物を入れた時に重心が上部になるよう工夫されています。

また、ファスナーにラミネート加工を施してあるので、雨の水滴などが入り込むのを防いでくれます。

カラーバリエーションも豊富でユニセックスで使用することができます。

【アークテリクス:Granville Daypack 18749】

・素材:ナイロン
・収納可能サイズ:約25L
・サイズ:約H47.5×W27(下部)-40(上部)×D15cm
・重量:約630g
・仕様:マグネット
・内部:ファスナーポケット×3、オープンポケット×2

荷物の出し入れのしやすさ抜群のリュック。

優れた防水性があるので、ハイキングなどのアウトドアに最適です。

キーリング付きのトップポケットを始め多数のポケットがあり、とても使いやすいのが魅力です。

もちろん、ハイキングだけではなく通勤通学にも人目を引くアイテムです。

ハイキングのおしゃれなリュックはアウトドアブランドがおすすめ!

人気アウトドアブランドのリュックをご紹介してきました。

アウトドアブランドのリュックは、おしゃれで機能性が高いアイテムが多数揃っています。

ハイキングで使うリュックの大きさは普段使いもしやすく、A4サイズの書類やノートパソコンが入るアイテムがたくさんあります。

お気に入りのおしゃれなリュックを見つけて、さまざまなシーンで上手に使いこなしましょう!