バーベキューをお手軽コンロ感覚で!イワタニ・グリルスター

バーベキューといえば夏の風物詩です。

家族や仲間で集まって屋外で食べるお肉や野菜は、一味違った美味しさです。

しかし、バーベキューは火起こしが面倒で、片付けも大変です。

そこで、イワタニから販売されているグリルスターをおすすめします。

ガスコンロ感覚ですぐに点火できて、片付けも洗い物だけと、非常に手軽にバーベキューが楽しめますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプ飯!ちょっとした工夫で料理をオシャレに!

キャンプと言えば、自然と触れ合うのはもちろん、料理も楽しみの一つではないでしょうか。 美味しい...

バーベキューの食材で子供に人気のものとは?レシピもご紹介

近年、家族や仲間とバーベキューを楽しむ方がたくさんいますよね。 バーベキューの主役といえば、ず...

バーベキューの後片付けをラクにする?焼き網の使い捨てとは

バーベキューは、仲間や家族とのコミュニケーションを取るのに最適なイベントですよね。 しかし...

サザエの美味しい焼き方!海鮮バーベキューを楽しむ方法

バーベキューのイメージといえば、肉や野菜を焼いて楽しむことでしょう。 そこで、普段なかなか食べ...

イスカのシュラフは素材によってたたみ方や性能が違う?

イスカは、日本のシュラフメーカーとして有名です。 シュラフのみを扱っているため、その品質には徹...

コールマンのタープテントで快適に!張り方をアレンジしよう

キャンパーたちの多くが、テントと一緒にタープテントを設営しますよね。 タープテントによって、よ...

タトンカタープ1tcの設営方法!基本的なロープの張り方も!

キャンプで手軽にくつろげる場所を作れるタープは、便利そうであこがれてしまいますよね。 しかし、...

ランタンはガソリンタイプが主流!?燃料の残りはどうする?

アウトドアの際は、様々な光を演出してくれるランタンが活躍します。 なかでもガソリンランタンは、多...

ユニフレームのスキレット!特徴とお手入れ方法を詳しく紹介

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで、調理するときに役立つスキレット。 ユニフレームのスキ...

ユニフレームのスキレットで作れる料理が多彩すぎる!

スキレットはアウトドアで使えるだけでなく、自宅でも使えるおしゃれな調理器具として人気です。 さ...

キャンプの持ち物で個人的に用意するべきものって何だろう?

キャンプに必要な持ち物は、参加者と協力して用意する物と個人的に用意する物がありますよね。 キャ...

キャンプでの焼き鳥の上手な焼き方とバーベキューのコツ!

キャンプでのバーベキュー料理はメニューが単調になりがちです。 そんな中、今回ご紹介するのは焼き...

あのスノーピーク『トルテュPRO』が廃盤!まだ入手可能?

あの美しいシルエットと充実した機能から人気の高いスノーピーク「トルテュPRO」が、2018年で廃...

コールマンのガソリンランタンを長持ちさせる使い方

コールマンのガソリンランタンはその歴史も古く、キャンプ用品の中でも長く愛されています。 そんなガ...

低価格なヨーレイカのテント!機能面などの評判はどうなの?

長い間キャンプや登山を楽しむ方には馴染みがあるかもしれない、ヨーレイカ。 あまり経験がない方で...

スポンサーリンク

夏の風物詩・バーベキュー!

夏はなんといってもアウトドアが楽しい季節です。

カラッと晴れた青空の下ではテンションもぐんと上がり、海派も山派も思い出づくりにエンジョイできます。

さて、夏のアウトドアを満喫してお腹が空いたら、やはりバーベキューを楽しみたいですよね。

網焼きしたお肉や野菜は家で食べるものとは一味違って、ついつい食べ過ぎたりしてしまいます。

そんなバーベキューですが、準備や片づけに手間取ってしまいやすい点だけがマイナスですよね。

火起こしは慣れていないと時間がかかってしまって、小一時間かけてやっと火を起こしたと思ったら汗だくで、もう動けないほどへとへとになってしまう場合もあるかもしれません。

また、バーベキューを終えたあとのグリルは油にまみれていますし、そこら中に焦げ付きがあってどこから片付けたらいいのかと途方に暮れてしまうかもしれません。

そんなバーベキューの苦労を軽減できたら、もっとアウトドアを楽しめると思っている方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、カセットコンロで有名なイワタニから販売されている『グリルスター』というツインバーナーです。

次の項からは、グリルスターについて詳細にお伝えしていきます。

火起こしが面倒なバーベキューをガスコンロ感覚で!イワタニのツインバーナー

炭火を使うバーベキューは、火を起こしてから調理ができる状態まで炭火を安定させるのに時間がかかってしまいがちです。

そのためキャンプでは、火起こし係の人はあまり遊べなかったり、逆に全員で火起こしをしていると手持ち無沙汰になる人が出てきたりと、微妙な間を生んでしまう原因になってしまいますよね。

そこで、さっと火をおこしてすぐに食べ始めることのできるイワタニのグリルスターをご紹介します。

グリルスターはガスコンロと同じようにボタン一つで火がつきます。

バーベキューをする前後にたっぷり時間をかけて炭火の用意をしなくてもバーベキューを楽しめますから、アウトドアでの遊びを満喫したいのであればイワタニのグリルスターが便利ですよ。

ごはんを待てない小さい子どもがいるキャンプでも活躍しそうですね。

燃料はカセットコンロのガスでOK!炭不要のバーベキューを楽しむ

グリルスターはカセットコンロで有名なイワタニから販売されているツインバーナーで、燃料としてカセットコンロ用のガスボンベを2本使用します。

この2本の燃料で、片方のバーナーを最高火力にしたままの状態でおよそ70分間使用できます。

炭火の場合、一般的には1時間で1キロの炭を消費すると言われていますので、重さの面でも荷物の量の面でもカセットガスのほうが便利だと言えます。

また、火力調整が簡単であるのもグリルスターのメリットと言えます。

炭火ではバーベキューをしている最中にも継ぎ足すための炭を用意しなければならなかったり、火の勢いを調整することが難しいためお肉を焦がしてしまったり、逆になかなか焼けなかったり、いろいろな作業が必要になります。

グリルスターは家庭用コンロのようにつまみを操作すれば火力の調整が可能なので、焼くものに合わせて火力を逐一調整することもできますよ。

また、バーナーが二口あるため、片方は強火で片方は弱火というように使い分けることもできます。

イワタニのグリルスターはバーベキューだけじゃない!

屋外でのバーベキューをお手軽に楽しむことができるイワタニのグリルスターですが、楽しめるのはバーベキューだけではありません。

先程の項でお伝えしたとおり、コンロのバーナーは2口あります。

そのため、片方でバーベキューを楽しみながら、もう片方で鍋料理や煮込み料理を作ることもできるのです。

アウトドアでの鍋料理といえば、スキレットでアヒージョにすればおしゃれな昼食を楽しめますし、大鍋でカレーを作れば子どもたちが喜びます。

バーベキューというと焼き物ばかりになりがちですが、そこに一品加えればよりリッチな気分の食事を楽しめるのではないでしょうか。

バーナー同士の間は十分に離れているので、径が26cmまでの鍋であれば干渉せずに使えます。

片付けも簡単!カセットコンロベースのバーベキューグリル

バーベキューを終えて満腹になったら、次は片付けをしなければなりません。

しかし、炭火を使うバーベキューグリルを片付けるとなると、灰や燃え残った炭を確実に安全に処理しなければなりません。

また、焼き網は黒焦げで油まみれに、グリル本体にも油がべっとりついていて、どこから手を付ければいいかわからず、見ているだけで片付ける意欲が削がれてしまいますよね。

その点、イワタニのグリルスターは、片付けも簡単です。

カセットコンロをベースにしたガス式のバーベキューグリルですから、灰や炭の処理にあたふたする必要がありませんし、洗い物はコンパクトなグリルプレートとゴトク、水受け皿だけなので、巨大な焼き網や鉄板を洗う時のような苦労はしなくてすみます。

そのままビニール袋に収納して、家に帰ってから洗うこともできますよ。

そのうえグリルプレートはフッ素樹脂加工が施されていますから、家庭用フライパンのようにサッと汚れが落ちます。

ゴトクや水受け皿もホーローなので、汚れがこびりつきにくいです。

以上のようにバーベキューのネックとなる片付けが簡単になりますから、もし毎週バーベキューをしたとしても辛くありませんよ。

イワタニのグリルスターは持ち運び簡単なキャスター付き!

最後に、グリルスターの具体的なスペックを確認してみましょう。

【イワタニ:グリルスター】

本体寸法:W 816 × D 519 × H 1072 mm

本体重量:約11.3kg(スタンド含)

ガス消費量:236g/h×2

連続燃焼時間:約70分(片側バーナー使用時)

付属アタッチメント:バーベキューグリル、ゴトク、移動用キャスター付き折りたたみスタンド

寸法は、ツインバーナーだけあってかなり大きめです。

しかし、スタンドにキャスターが付いているため、簡単に持ち運びができます。

また、スタンドは自由に取り外しができますので、グリルスター本体だけをテーブルの上にのせてバーベキューをすることもできますよ。

つまり、食卓や自由にテーブルが使えるタイプのキャンプサイトでも使用できますので、使用の幅が広がりますね。

オプションで焼き肉プレートや網焼きプレート、たこ焼きプレートも販売されていますから、ホットプレートやカセットコンロ代わりに自宅で使うこともおすすめです。

燃料のカセットガスは、ずっと強火で使った場合にはおおよそ1時間で2本消費します。

これを目安に、予備用のカセットガスも忘れずに持ち込むようにしましょう。

もし予備のカセットガスがなくなっても、近所のコンビニ等でカセットガスを購入できます。

燃料を入手しやすいこともメリットだと言えますね。

イワタニのグリルスターでお手軽バーベキューを楽しもう!

この記事では、イワタニから販売されているバーベキューグリル「グリルスター」をご紹介してきました。

炭火を使うバーベキューグリルよりも手軽にバーベキューを開始できて、あっという間に撤収できます。

このように、調理にかかる時間を短縮できますから、アウトドアで遊ぶ時間を大切にする方におすすめです。

ぜひお試しください。