【キャンプ用毛布】秋冬シーズンに活躍する選び方とおすすめ6選

家族で始めたファミリーキャンプ。
夏キャンプだけでなく、秋冬キャンプにも挑戦しようと考えている方も多いのではないでしょうか。
秋冬キャンプは夏キャンプとは異なり防寒対策が必須なのですが、準備しておきたいアイテムの一つにキャンプ用毛布があります。
そこで今回は、キャンプに適した毛布の選び方や種類、メーカー別おすすめの毛布など、キャンプ用毛布について詳しくご紹介します。

秋冬シーズンに用意したいキャンプ用毛布の選び方

秋冬シーズンのキャンプで用意したいのがキャンプ用毛布。
テント内でひざ掛けにしたり、焚き火の際の寒さ対策で使ったり、毛布は1枚あると何かと便利です。
そこで、ファミリーキャンプはもちろん、ソロキャンプでも活躍するキャンプ用毛布の選び方についてご紹介します。

保温性・防寒性

秋冬シーズンのキャンプは防寒対策が必須。キャンプ用毛布に使われている素材は、

  • ウール
  • コットン
  • ダウン
  • ポリエステル
  • アクリル
  • フリース

などがあり、それぞれ特徴が異なります。
軽くて保温性が高いダウンや、吸湿性、放湿性に優れ、保温性も高いウールがキャンプ用毛布としてはおすすめですが、価格は高い傾向にあります。
それぞれメリットやデメリットがありますので、肌触りの良さや価格、用途を考えて選ぶといいでしょう。

燃えにくい難燃性

毛布で暖を取りながら焚き火をする場合、燃えやすい素材の毛布だと火の粉が飛んできて毛布に穴が空いてしまったり、火がついて燃えてしまう危険性があります。
秋冬キャンプで焚き火を楽しむためにも、燃えにくいコットン、ウール、織物に難燃加工を施した防炎性素材の毛布を選ぶようにしましょう。

軽量でコンパクト

秋冬キャンプは荷物が多くなりがち。特にファミリーキャンプの場合は人数分の寝袋や地面からの冷気を遮断するマット、暖房器具などのアイテムが必須になりますので、キャンプ用毛布を選ぶ際は軽量でコンパクトに収納できるタイプもおすすめです。収納袋に入れるとクッションや枕になるものもあります。

静電気が起きにくいもの

寒い時期に困るのが静電気。毛布を使うたびに静電気が起きてしまうとストレスを感じてしまうので避けたほうが無難です。
コットン素材は静電気が起きにくく、敏感肌の方も安心です。反対にポリエステルやアクリル素材は静電気を発生しやすいのでご注意ください。

USBの電気毛布もおすすめ

USB給電タイプの電気毛布があるのご存知ですか?
コンセントにさして使う通常の電気毛布とは違い、USBの電気毛布はモバイルバッテリーやポータブル電源があればコンセントなしでも使えるので、持ち運びしやすく、屋外で使用することができるので大変便利です。

寝袋になる毛布も◎

寝袋にもなる多機能毛布もキャンプにおすすめ。
折りたたんで両側のスナップをつなげて筒状にするタイプや、両サイドに付いているストラップで筒状になるタイプ、2枚を連結してダブルサイズの寝袋にするタイプもあるので、毛布を選ぶ際の選択肢の一つとして覚えておくといいでしょう。

キャンプ用毛布の効果的な使い方・持ち運び方

キャンプ用毛布の効果的な使い方・持ち運び方をご紹介します。

  • キャンプ用毛布の効果的な使い方
  • キャンプ用毛布はひざ掛けとしての使い方だけでなく、お持ちの寝袋のインナーシェラフとして使ったり、ラグとしてテントに敷くなど、毛布一つあるだけで色々なシーンに活用できて大変便利です。
    サイズも豊富に揃っているので、使い方を考えてサイズを選ぶといいでしょう。

  • キャンプ用毛布を持ち運ぶ際のコツ
  • 人数分のキャンプ用毛布を用意するとかさばりますし持ち運びも大変です。
    おすすめは、圧縮袋。手で圧縮できる掃除機不要のタイプであれば、キャンプ場でも使いやすく便利です。他にも専用袋に収納して枕やクッションになるタイプや、軽いタイプの毛布を選ぶと持ち運びしやすいでしょう。

秋冬キャンプに活躍するおすすめの毛布

秋冬キャンプに活躍する毛布を、各メーカーよりご紹介します。
おしゃれで使い勝手のいい毛布を厳選してお届けしますので、ぜひ購入の際の参考にしてください。

ザ・ノースフェイス

ザ・ノースフェイスから販売している、キャンプにぴったりの毛布が「Firefly Blanket」。
焚き火や調理など、火を使うシーンでも安心して活用できる難燃性の高い生地を表地に使用。糸に練り込まれているので、洗っても効果は持続します。ボタンを留めればケープにもなりおすすめです。

モンベル

人気アウトドアブランド、モンベルからご紹介するのは「モンベル ダウンマルチブランケット 」。
素材はダウン。高い保温性が特徴で、超軽量で専用袋に入れることでコンパクトに収納できるので、ソロキャンプやツーリングの方にもおすすめです。

オレゴニアンキャンパー

コスパの良さと、シンプルかつかっこいいデザインが人気のオレゴニアンキャンパー。おすすめは「オレゴニアンキャンパー ブランケット ファイヤープルーフ」。
燃えにくい難燃素材なので、焚き火の前でも安心して使えます。肌触りの良い高機能なミンクタッチ毛布素材で、スナップボタンを留めてポンチョとしても活用できるので、寒い秋冬キャンプも暖かく過ごせます。

ユニクロ

2017年に販売されてからキャンパーに支持されているのが、ユニクロの「ヒートテックモウフ」。
ヒートテックを使った毛布で、肌触りも良く、薄くて軽いので持ち運びにも便利です。シングルとダブルの2サイズを展開、自宅で丸洗いできるので汚れが気になるキャンプにも最適です。

寒い冬キャンプに使いたいおすすめの電気毛布

寒い冬キャンプを快適にする電気毛布。おすすめの電気毛布をアルナエとニトリからご紹介します。電気毛布を使用する際は低温やけどにご注意ください。

アルナエ(ALNAE)

おすすめは「ALNAE 電気毛布 USBブランケットです」。
ふわふわ素材が心地よく、静電気防止加工が施されているで冬の嫌な静電気も軽減します。PCやモバイルバッテリーなどのUSBポートから給電でき、ブランケット上部に収納されているヒーター部分は取り外し可能なので汚れても丸洗いができ安心です。

ニトリ

カラダから発散される水分を熱に変える、吸湿発熱素材を使用したNウォーム素材のニトリの電気敷毛布。
電源を入れなくてもくるまっているだけで暖かく手洗い可能、お手頃価格なのも魅力です。

キャンプで便利!寝袋になるおすすめのシュラフ毛布

寝袋になるシュラフ毛布もキャンプで大変便利なのでおすすめです。
色々な素材がありますが、おすすめは「フランネル」。フランネルの特徴をご紹介します。

フランネル

毛足が長いフランネルは軽量で保温性が高いので暖かく、弾力性がある生地なので型崩れしにくいのが特徴です。
フランネル素材のシュラフ毛布なら、肌触りもなめらかで汚れても洗濯できるので、キャンプでも気軽に使えます。
無地はもちろん、花柄やチェック柄など色柄も豊富なのもフランネルの魅力です。

まとめ

秋冬シーズンにおすすめのキャンプ用毛布についてご紹介しました。
秋冬キャンプは防寒対策が必須なので、サッと取り出せる毛布を準備してはいかがでしょうか。
素材から価格まで種類が豊富なので迷ってしまいますが、持ち運びやすさや機能性を重視して選ぶことをおすすめします。気になる製品があればぜひチェックしてみてください。