キャンプ用フライパンはコスパ最強のニトリがおすすめ!

キャンプで使うフライパンにはいろいろな種類があるので、購入するのに迷う方も多いと思います。

そこでおすすめなのが、ニトリのフライパンです。

「お、ねだん以上。ニトリ」のキャッチフレーズで有名なニトリだけあって、値段以上の価値があります。

この記事では、ニトリのキャンプ用フライパンが人気の理由や、二層鋼グリルパンについて、人気の理由などをご説明します。

また、ニトリで人気のスキレットやそのほかのフライパンについてや注意点についてなどもご紹介します。

キャンプ用フライパンでニトリが人気の理由

家具やインテリア商品を取り扱うニトリですが、多くのフライパンを取り扱っているので、キャンプ用として使うこともできます。

大きさや素材なども充実し、使いやすいフライパンが見つかるので人気があります。

「ニトリキャンプフライパン」「ニトリフライパンキャンプ」などと調べると「二層鋼グリルパン」「スキレット」などの商品が人気なことがわかります。

価格の安さだけでなく、値段以上のフライパンを使えるのが人気の理由です。下記で人気のフライパンの特徴についてなどをご紹介します。

ニトリで人気のキャンプ用フライパン「二層鋼グリルパン」とは?

ニトリでキャンプ用のフライパンとして人気があるのが「二層鋼グリルパン」です。

片手サイズのフライパンで、16cmと20cmのサイズがあります。ソロキャンプでも大きすぎず、高さが4.4cmあるので家族キャンプでもちょっとした料理を作るのに使えます。

また、キャンプではフライパンを持ち運ぶことになりますし、家庭で調理するのとは違った使い方をするので耐久性の強さも必要になります。

二層鋼グリルパンは構造が簡単で丈夫なので、キャンプの使用にもおすすめです。

二層鋼グリルパンが注目される理由

二層鋼グリルパンが注目される理由には、耐久性があること以外に5つの理由があります。

なぜニトリの二層鋼グリルパンが注目されるのかを知ることで魅力が理解できます。

「軽量」「焚き火でも使用可能」「くっつきにくい」「洗剤で洗える」「安い」という注目される理由について詳しく説明します。

軽量

鉄のフライパンなどは重量があり使いにくいと感じる方も多いと思いますが、二層鋼グリルパンは軽いので片手でも楽に持つことができ扱いやすいです。

16cmの二層鋼グリルパンで重さが約260g、20cmの二層鋼グリルパンで重さが約390gです。

また、キャンプは荷物が多いので、できるだけ軽くしたいと思う方も多いと思います。二層鋼グリルパンは軽いので持ち運びにも便利です。

焚き火でも使用可能

フライパンは取っ手部分が、木製やフェノール樹脂などでできているものが多くこのようなものは焚き火で直接使うと溶けたり、焦げたりするので使えません。

二層鋼グリルパンは取っ手部分がステンレスでできているので、焚き火で使ってもこのような心配がありません。

また、IHにも対応しているので家庭でも使用できます。キャンプだけでなく家庭用として併用して使うことができるのも魅力の1つです。

くっつきにくい

二層鋼グリルパンはこびりつきにくい2層鋼の作りで、表面に凹凸があるので食材などがくっつきにくいです。

食材だけでなく、汚れもくっつきにくいので後片付けも簡単です。

また、ステンレスとアルミニウムが主な素材でどちらも錆びにくい素材なのでお手入れしやすいです。

洗剤で洗える

鉄でできたフライパンは洗剤で洗えないのでお手入れが大変ですが、二層鋼グリルパンは洗剤を使ってゴシゴシと洗うことができるので後片付けも簡単です。

二層鋼グリルパンはコーティングする必要はないので、面倒な手間がなくお手入れも楽です。

安い

キャンプで使うアウトドア用のフライパンは高価なものが多いですが、ニトリの二層鋼グリルパンは価格が安く、購入しやすいのも注目される理由の1つです。

機能もしっかりしているのに安いので、コスパは最強です。フライパンにはいろいろな種類があり迷う方も多いと思いますが、価格が安いのでとりあえず用意するのにもおすすめのフライパンです。

ニトリアウトドアフライパンは「スキレット」も人気

ニトリの「スキレット」も人気があり、キャンパーの間では略され「ニトスキ」とも呼ばれています。

スキレットは厚みのある鉄で作られたフライパンで、鉄のフライパンなので二層鋼グリルパンなどのフライパンとは違った魅力があります。

スキレットは熱伝導が低いので、熱の伝わりが遅い素材です。そのため、温度のムラができにくく、火力の強い部分だけ焦げたり、火力の弱い部分だけ生焼けになるなどの失敗がしにくいです。

また、蓄熱性、保温性が高いので、じっくりと火を通したり、料理を作ったあとにスキレットのまま食卓に並べればおしゃれですし、温かいまま料理を楽しめます。

スキレットも多くのメーカーから販売されていますが、ニトリのスキレットにはどんな魅力があるのでしょうか。下記でニトスキの魅力についてご説明します。

ニトスキの魅力

ニトリのスキレットの魅力はなんといっても価格が安いことです。お手頃価格で購入できるので、気軽に挑戦しやすく人気があります。

また、ニトリのスキレットはシンプルなのでデザインに左右されないのも魅力の1つです。

持ち手が短めなので、盛り付けのプレートとしても使いやすく、ふた付きタイプもあり料理しやすいです。

家族分など多数購入しても重ねて収納できるので、場所をとらず持ち運ぶことができるのも嬉しいポイントです。

使用前のシーズニングに注意

スキレットは鉄なのでとても錆びやすいためシーズニングをする必要があります。

シーズニングは油をなじませて膜を作ってスキレットを錆びさせないようにしますが、やり方を間違えるとシーズニングの意味がありません。購入後の工程と使用後の工程をそれぞれご紹介します。

<購入後>

  1. 錆止めを落とす
  2. スキレットは売られているときに錆びないように錆止めが塗られているので、中性洗剤をスポンジにつけしっかり洗います。

  3. 洗剤を流し水気を飛ばす
  4. 洗剤をしっかり流したら水気を拭き取って火にかけ、水分を蒸発させます。

  5. 油をひいて火にかけ炒める
  6. 食用油をひいて火にかけ、玉ねぎや生姜など香りの強い野菜を強火で炒めます。野菜は食べるために焼くのではないので、使わない部分などで構いません。

  7. 油をなじませる
  8. 油が全体になじんだら火を止め炒めた野菜を捨てて、持ち手などスキレット全体に油を塗り弱火でなじませます。

  9. 湿気のない場所で保管
  10. スキレットが冷めたら新聞紙などでくるんで湿気のない場所で保管しましょう。

<使用後>

  1. 汚れを落とす
  2. 使用後は洗剤を使わず、スポンジを使ってお湯や水でやさしく汚れを落とします。スチールたわしなどでゴシゴシと洗わないように気をつけましょう。

  3. 水分を飛ばす
  4. 洗い終わったら水気をしっかり拭き取り、火にかけて水分を飛ばします。

  5. 油を塗る
  6. 油を裏面や取っ手など全部の面に薄く塗り、弱火にかけなじませます。

  7. 湿気のない場所で保管
  8. スキレットが冷めたら新聞紙などでくるんで湿気のない場所で保管しましょう。

他にもたくさん!ニトリでおすすめするキャンプ用フライパン

ニトリはフライパンも多く取り扱いがあり、キャンプでもガス火があればどのタイプのフライパンも使えるので、好みの大きさや深さのものを選べます。

その中でもおすすめなのが、アルミグリルパンです。18cmの大きさで、重さが約310gです。

取っ手の部分もアルミニウムでできているので、キャンプでも使いやすいです。

また、IH対応ですし、オーブンや魚焼きグリルでも使えるので、キャンプだけではなく家でも使えます。

キャンプ用フライパンをニトリで購入する際の注意点

ニトリのフライパンはキャンプにおすすめですが、キャンプ用に購入するときは、ニトリのフライパンはあくまでも家庭用に作られたフライパンだということを忘れてはいけません。

アウトドアメーカーで作られているフライパンは、キャンプでタフに使うために耐久性が優れていたり、取っ手が折り畳めるなど携帯性に優れていますが、ニトリのフライパンはアウトドアでの使用を想定していないので、購入する際は同じスペックを求めないように注意が必要です。