【女性必見】キャンプと生理がかぶる時の対策3選と持ち物

:2022/01/26

生理が予定していたキャンプとかぶると心配で気持ちが落ちてしまう方もいらっしゃると思いますが、しっかり対策をしてキャンプを楽しみましょう。

この記事では、キャンプで生理になると困る理由や対策方法、キャンプでお風呂はどうするかについてをご説明します。

生理中のキャンプに持っていくと便利な持ち物や知恵袋も紹介します。ぜひ参考にして生理中のキャンプも楽しみましょう。

キャンプで生理になると困る理由

生理の症状は人それぞれではありますが、どのような理由で生理中にキャンプに行くのに困ることが多いのでしょうか。

生理中にキャンプに行くのに困る理由がわかればその対策もできると思います。下記でキャンプで困る理由を2つご紹介します。

また、自分が困る理由を考えてみることも大切です。自分がキャンプに行くことを想像し、どのような状況になることが困るのかを考えてみましょう。

トイレ

キャンプサイトからトイレが遠いこともありこれが困る理由になります。生理中はすぐにトイレに行きたいと思うこともあると思いますが、トイレが遠いと行くまでに時間がかかり漏れてしまうことがあります。

トイレが遠いと不安な気持ちを持ちながら過ごすことになるので、楽しむこともできません。

生理中にキャンプに行く場合は、できるだけトイレから近いキャンプサイトを選ぶことがおすすめです。

体調

キャンプでは、しゃがんだり立ったり、荷物を運んだりと動くことが多いですが、生理中はおなかが痛かったり、腰まわりが重いなど人によってさまざまな症状があるので、つらいと感じる方も多くいます。

動きたい気持ちはあるけれど、体を動かすのは避けたいという状況に困る方が多いのです。このような時は周りに生理中だということを伝え、自分にできることを無理せずすることがおすすめです。

また、生理の症状はさまざまなので、人によっては症状がかなり重く寝ていたいというような場合もあると思います。無理してキャンプに行っても楽しめなくなってしまうので、断るというのも選択の一つです。

キャンプ時の生理対策

生理中急に立ち上がったときなどに、ドバっと経血がでてトイレに駆け込んだことはありませんか。

キャンプでは動き回ることが多いので、このようなことになるのが心配ですよね。特に経血量が多い方は心配になると思います。

そこでキャンプのときにおすすめの生理対策をご紹介します。

夜用を使う

生理ナプキンには種類があり、夜用は量が多い時、長時間ナプキンが交換できない時用などに作られているので、キャンプではより量を吸収し漏れをブロックしてくれるタイプのナプキンを使うことがおすすめです。

サニタリーショーツを履く

量を吸収するナプキンをつけてもショーツがピタッとしていないと、ナプキンがずれたりして隙間から漏れてしまうことがあります。

サニタリーショーツを履くことでナプキンのズレが生じにくくなり漏れにくくなります。また、マチの部分が防水布になっていたり、2重構造になっているので、経血がしみにくくなっています。

タンポンや月経カップを使う

使える方はタンポンや月経カップを使うのがおすすめです。生理中でも動き回っても漏れる心配がないので快適に過ごすことができます。

また、タンポンや月経カップを使っていれば海などの水の中に入ることもできるので、生理だからと諦めずに楽しむことができます。

生理中のキャンプのお風呂について

キャンプでは荷物を運んだり、テントを設営して汗をかいたり、バーベキューや焚き火などをして体にニオイがついていることが多く、寝る前にお風呂に入ってスッキリさせたいですよね。

シャワーや温泉がついているキャンプ場もありますが、生理中は入っていいのか迷う方も多いと思います。

シャワールームがある場合は、生理中でもいつも家で使うように洗うことができますが、温泉や銭湯の場合はタンポンや月経カップを使って入る必要があります。

ただし、月経中の入浴を禁止している施設もあります。禁止されている場合は入浴はさけましょう。

また、生理中はデリケートな状態になっているので、お風呂に入ったあとは雑菌が繁殖しないようタンポンや月経カップはすぐに外し新しいものに交換しましょう。

生理の時にあると便利な物

生理の時に持っていくべきアイテム、あると便利な持ち物をご紹介します。

  • ナプキン、タンポン、月経カップ
  • もしものためにナプキン、タンポンは必要な個数以上に持っていきましょう。また、月経カップを使っている場合も、ナプキンやタンポンが必要になることもあるかもしれないので、もしものための予備を持っていきましょう。

  • サニタリーショーツ
  • 漏れてしまった時用にサニタリーショーツの予備も持っておけば安心です。

  • 痛み止め
  • 生理中はおなかや腰が痛くなることも多いので、痛み止めを持っておけば安心です。

  • ウェットティッシュ
  • ウェットティッシュは経血が漏れてしまった時などにも使えるのであると便利です。

  • ゴミ袋
  • キャンプ場では生理用品を捨てる場所がないことも多いです。持ち帰りができるように、中身の見えない黒いゴミ袋などを持っていきましょう。

  • 生理用品を入れる袋
  • トイレに生理用品を置く棚がないこともあります。置く場所がないと落とす心配もありますしとても不便なので、かけられる袋があると便利です。

キャンプと生理がかぶったときの知恵袋

キャンプと生理がかぶると憂鬱な気持ちになってしまう方が多いですが、しっかり対策をしておけば生理中でもキャンプが楽しめます。

上記で漏れの対策方法についてご紹介しましたが、最後に生理の痛みを和らげるおすすめの知恵をご紹介します。

生理痛がひどくなる原因の一つに冷えがあります。体が冷えないように、カイロをはったり、湯たんぽを使ったりしておなか周りを温めましょう。

冷たい飲み物は体を冷やすので、できるだけ温かい飲み物を飲むようにしましょう。

また、じっとしていると痛みばかりが気になってしまいます。軽く体を動かすことで意識が他にいき痛みを忘れさせます。無理なく動ける範囲でキャンプの準備をしたり、遊びを楽しみましょう。

こちらも合わせてご覧ください。