キャンプの夏をスニーカーで楽しく!おすすめのおしゃれ靴を厳選

キャンプを楽しむためには、使いやすいアイテム、動きやすい服装がベストです。
中でもキャンプで履く靴は、快適に過ごすためにも重要なアイテムの1つです。
今回の記事は、キャンプで活躍するスニーカーの魅力や、選び方、人気のアウトドアスニーカーなどをご紹介します。
家族でおそろいのスニーカーが購入できるブランドなどもお伝えしますので、スニーカー選びのヒントとしてお役に立てたら幸いです。

スニーカーが活躍するキャンプシーンは?

キャンプで履く靴と言えば、脱ぎ履きのしやすいサンダル、川遊びなどもできる長靴、夏の海でのキャンプならビーチサンダル、寒い時期ならばブーツなどいろいろとあります。
それでは普段履く機会の多いスニーカーはどうでしょうか?
他の靴と比べてみても圧倒的に「歩きやすい」スニーカーは、キャンプシーンでも活躍すること間違いなしです。

スニーカーの魅力は、キャンプ道具の持ち運び、アクティビティを楽しむ、散歩などあらゆるキャプシーンで活躍できることと、炭火や焚き火による火の粉から足を守れるところです。
また、虫刺されなどの心配もサンダルに比べると低くなります。

このようにキャンプシーンで多く活躍するスニーカーですが、キャンプ場での最大の敵は「汚れ」です。
キャンプ場は、芝生の上、土の上、砂の上などあらゆる状況が考えられます。
どのような状況であっても、汚れることを前提としたスニーカーを選ぶことが最大のポイントです。
例えば、爽やかな白いスニーカーは、泥よごれなどが目立ち、せっかくの楽しいキャンプもテンションが下がるかもしれません。
スニーカーが汚れることを前提とするならば、黒や茶色、グレーなどの色などの汚れの目立ちにくいものを選ぶことでこのような悩みからは解放されます。

以下に、キャンプにおすすめのスニーカー選びのポイントをまとめています。

キャンプに適したスニーカーの選び方

キャンプ用のスニーカーを選ぶ際の3つのポイントを見てみましょう。

防水性に優れたもの

キャンプ場は基本的に自然の中にあるので、急に雨が降ったり、芝生に露などが付くことも多くなります。

そのような時には水や泥に強い防水性のあるスニーカーが便利です。

ソールが厚いタフなもの

キャンプと一緒に登山やハイキングなどを楽しむ方はソールが厚めでクッション性の高いスニーカーがおすすめです。
ソールが厚いことで砂利道や岩場どを歩く時に安全で安心です。

脱ぎ履きが楽なもの

テントの大きさにもよりますが、テントの入り口は意外と低く、中腰姿勢で靴を脱ぎ履きすることが多くなります。
そのような時は脱ぎ履きの楽なスニーカーがおすすめです。
例えば、かかとが踏めるタイプのスニーカーならば、サンダル感覚で脱ぎ履きできるのでとても便利です。

キャンプで格好良く履きこなす人気のメンズスニーカー

それではキャンプにおすすめのメンズスニーカーをご紹介します。

ナイキ

  • 「エアマックス」
  • ナイキのエアマックスはソールにエアが搭載されていることで、クッション性に優れ、長時間履いていても疲れにくく、またカラーバリエーションが豊富なところがファッション性もあると人気のシリーズです。

  • 「エア ズーム タラリアMID フライニット」
  • 冬のキャンプにおすすめのシリーズです。
    撥水加工が施されたNikeFlyknitアッパーと高反発のクッション性が魅力のスニーカーです。

  • 「エアフォース1」
  • バスケットボール用のシューズとして発売されたエアフォース1は、キャンプシーンにおいても活躍してくれます。
    ナイキの定番であるエアが搭載されていることはもちろん、「GORE-TEX(ゴアテックス)」仕様モデルのエアフォース1は防水性が抜群です。

キーン

  • 「ジャスパー」
  • 見た目におしゃれなスウェード素材のジャスパーは、しっかりとした履き心地と、歩きやすさが人気のスニーカーです。
    また、カラーバリエーションが豊富なところも魅力の1つです。

  • 「リッジ フレックス ウォータープルーフ」
  • 防水性に優れたハイキング用のスニーカーです。
    甲の上部に付けられているジャバラ状のパーツが、歩きやすさを実現し、防水性のあるレザー素材で、ハイキングを楽しむキャンプなどにおすすめです。

  • 「ピレニーズ」
  • ハイカットモデルのスニーカーです。
    クラシカルなデザインとオールレザーが人気です。
    ハイカットのスニーカーは、雨の日や、気温の低い日などで活躍します。

ニューバランス

  • 「ML801G」
  • 厚みのあるソールで不整地を走ることを想定して作られたスニーカーです。
    ゴアテックスにより、防水、防風、透湿性に優れています。

ノースフェイス

  • 「スクランブラーGORE-TEX」
  • ゴアテックス搭載で防水性に優れたスニーカーです。
    マイクロスウェード素材が上品でシックな印象で、ローカット、ハイカットモデルから選ぶ事ができます。
    色はベージュと黒の二色です。

カジュアルキャンプにおすすめのおしゃれなレディーススニーカー

先にご紹介したメンズのスニーカーは、レディース用も多数あります。
キーンのジャスパー、ノースフェイスのスクランブラーは、女性用のサイズも豊富なので、おそろいで履くことができます。
また、レディース用のスニーカーはタウンユースができるデザインで選ぶとおしゃれなスニーカーに出会えます。

コロンビア

  • 「ホーソンレイン2アドバンス オムニテック」
  • 防水性、通気性、クッション性、耐摩耗性に優れたスニーカーです。
    シンプルなデザインでスリムなタイプなので、キャンプのほかにタウンユースとしてもおすすめです。

  • 「カラプヤキャンプレース ウォータープルーフ」
  • 防水機能はもちろん、かかとを踏んでサンダルの様に履くことができるので、テントの出入りなどに便利なタイプです。

MERRELL(メレル)

  • 「ブラバーダ ミッド ウォータープルーフ」
  • パフォーマンス重視のハイキングシューズと履き心地を意識したスニーカーの魅力が合わさったタイプの女性のためのスニーカーです。
    足首を包み込むようなミッドカットの他、ローカットモデルもあります。

  • 「カタリスト キャンバス」
  • クライミングのアプローチシューズからヒントを得たアウトドア用のカジュアルスニーカーです。
    軽量で、キャンバス素材とスエードのコンビネーションがおしゃれと人気です。

キッズキャンパーにおすすめする子供用スニーカー

お子様と一緒にキャンプを楽しむのなら、スニーカー選びも大切なポイントです。
これまでご紹介したメンズ、レディース用のスニーカーはキッズ用を取りそろえているブランドもあり、家族でおそろいのスニーカーでキャンプができます。
お子様のキャンプ用スニーカーを選ぶ時のポイントは、防水性、安全性、脱ぎ履きのしやすさです。
普段履きなれているスニーカーがあるのならば、防水スプレーをかけておくだけでキャンプでも使えます。
また、お子様の場合、夜中の急なトイレなどが考えられるため、スニーカーのほかにサンダルも用意しておくと良いでしょう。

キーン

  • 「ビッグキッズ(リトルキッズ) リッジ フレックス ミッド ウォータープルーフ」
  • トレッキング用のスニーカーですので、お子様の川遊びなどのアウトドアでのアクティビティにおすすめです。
    ビッグキッズのサイズは20~23.5cm、リトルキッズのサイズは15~19.5cmです。

    ノースフェイス

  • 「ウルトラ ローⅢ(キッズ)」
  • スニーカーとソックスが一体化した履き心地のスニーカーです。
    かかとが踏めるので、サンダルの様に履くこともできます。
    4色のカラー展開で、甲の部分のノースフェイスのロゴがかわいいデザインです。