サコッシュとショルダーバッグ!どんな違いがあるの?

必要最低限の荷物を収納できる「サコッシュ」

最近では、そのコンパクトさでたくさんの人気を集めています。

しかし、「サコッシュ」と「ショルダーバッグ」の違いってご存知ですか?

サコッシュとショルダーバッグだけじゃなく、案外知らない、さまざまなバッグの違いについてお話ししていきましょう。

そもそもサコッシュとは?

そもそも、「サコッシュ」とは何かご存知でしょうか。

サコッシュの語源はフランスと言われており、もともと自転車のロードレース用に使われていた、ショルダーバッグのようなバッグのことを言います。

近年ではそのデザインの良さや機能性が注目され、さまざまなアウトドアメーカーやファッションブランドなどで販売されるようになりました。

そのため、自転車のロードレースの時だけではなく、アウトドアシーンや、普段使いでもよく見られるようになりました。

サコッシュの特徴と言えば、レース用途で使われるうちに磨かれた薄さ・軽量さと、機能性です。

ロードレースをするうえで邪魔にならないよう薄く・軽く作られる一方、最低限必要なものはきちんと内部に収納出来て、かつ取り出しやすい構造となっています。

いつものファッションに合わせたり、アウトドアを楽しむ時に活躍するサコッシュですが、ショルダーバッグとの違いとは、いったい何なのでしょうか。

それぞれの違いについて、次の項で迫っていきます。

サコッシュとショルダーバッグの違いって何?

それでは、サコッシュとショルダーバッグの違いは何なのでしょうか。

ショルダーバッグとよく似た、ボディバッグとの違いも気になりますよね。

まず、サコッシュは、自転車のロードレース用に作られたものなので、基本的にはマチがない薄いつくりで、肩から下げられるように肩ひもがついています。

反対に、ショルダーバッグにはマチがあるため、収納力に優れており、フラップやファスナーなどもついているつくりになっています。

また、ショルダーバッグと同じような作りで、ショルダーバッグより小さめに作られているものがボディバッグです。

サコッシュ、ショルダーバッグ、ボディバッグは、どれもそれぞれ特徴がありますので、普段使いやアウトドアなど、その時の用途によって使い分けるといいでしょう。

サコッシュはアウトドアにも便利!

サコッシュとショルダーバッグとの違いに「薄さ」がありますが、サコッシュはそのコンパクトさから、アウトドアシーンで使うと大変便利なバッグです。

例えばキャンプの時、サコッシュに「ペグ」を収納してそのまま肩から下げておけば、テントやタープなどを設営する時に効率的に作業ができます。

また、サイクリングや登山、トレッキングをする際には、貴重品やスマートフォンなどをサコッシュに入れておくことで、すぐ取り出せます。

以上のように、サコッシュは、ファッションのアクセントとしての使用方法以外にも、取り回しの良さからアウトドアシーンで大活躍します。

財布やスマートフォンなどの、必要最低限のものを収納しておきたいけど、ショルダーバッグやボディバッグでは大きすぎる場合に、サコッシュを使ってみてはいかがですか。

サコッシュはブランドによって違いがある!

サコッシュは、様々なアウトドアブランドやファッションブランドから、いろいろな種類のものが販売されています。

ここでは、そのメーカーによる違いについてご紹介していきましょう。

■ワイルドシングス サコッシュショルダー

アウトドアでのキャンプや、野外音楽フェスを想定して作られたバッグです。

肩ひもを取りはずすことが可能で、サコッシュ本体を別なカバンのストラップに、カラビナを使って取り付けておくことができます。

■シートゥサミット ウルトラシルスリングバッグ

折り畳んだ時の大きさが5㎝×8㎝と小さめでありながら、容量は16Lもあります。

普段からカバンに忍ばせておいて、荷物が増えてしまった時に使用すると便利なバッグです。

■BEAMS Peters Mountain Works×BEAMS サコッシュ

BEAMSが作っているということもあり、見た目がオシャレなサコッシュです。

機能性のみではなく、オシャレに気をつかいたい方にはピッタリなアイテムです。

■ポーター コッピ サコッシュ

オシャレな方から大人気の、ポーターから販売されているサコッシュです。

ショルダーバッグのようにバッグの裏にマチがついていて、素材はコットンです。

アウトドアでも使えますが、タウンユースにもオススメですよ。

ここでご紹介したサコッシュ以外にも、機能的で、デザインにも優れているものがたくさんあります。

自分好みのバッグをぜひ見つけてみてくださいね。

ショルダーバッグやボディバッグもキャンプなどに大活躍!

必要最低限の荷物だけを持ち運ぶなら、サコッシュが便利ではあります。

しかし、アウトドアではついつい荷物が増えてしまい、カバンに貴重品やスマートフォン、ハンカチ、ティッシュ、ペットボトル、カメラ…と、サコッシュに入らないほど持ち歩く場合があるかもしれません。

このように、もし多めに荷物を持ち運びたい時には、ショルダーバッグやボディバッグがオススメです。

また、野外音楽フェスなどに参加している最中には、会場にかなりの人数が集まるので、気づかぬうちにスリに遭ってしまう危険性もあります。

ライブ中は両手をフリーにしておきたいところですが、スリに遭うリスクを考えると、ポケットにお財布を入れてるのは不安ですよね。

財布以外にも、ドリンクやタオルなど、荷物が増えがちなフェスでは、ショルダーバッグやボディバッグに荷物を全て入れて、肌身離さずいるのが安心と言えるでしょう。

サコッシュとショルダーバッグ、ボディバッグにはそれぞれ違いがありますが、そのシチュエーションに応じて最適なバッグを選ぶようにしましょうね。

ショルダーバッグやその他のバッグの違いは?

これまで、サコッシュ、ショルダーバッグ、ボディバッグについて主にお話ししてきました。

では、その他のバッグには、どのような違いがあるのでしょうか。

■リュックサック

リュックサックは、言わずともみなさんご存知のバッグですよね。

リュックサックも、サコッシュやショルダーバッグなどと同様、アウトドアシーンでもよく使われるアイテムです。

■クラッチバッグ

肩ひものない、コンパクトなバッグです。

主に女性に人気でしたが、最近では男性にも人気があります。

ひと昔前は、「セカンドバッグ」と呼ばれていたバッグです。

■トートバッグ

バッグのハンドルが二つあるタイプのバッグです。

「バッグ」と言えば、トートバッグを想像する女性が多いのではないでしょうか。

■ポシェット

肩ひもが細長い、コンパクトなバッグです。

こちらは主に、女性が使用することが多いです。

■バケットバッグ

バケツのような、円筒形のフォルムをしたバッグです。

最近人気なので、よく見かけることが多いと思います。

いかがですか。

「バッグ」と言っても、さまざまな種類が存在します。

普段のファッションでその違いを楽しんだり、休日のアウトドアなどでも、サコッシュやショルダーバッグだけじゃなくリュックサックを活用したりと、いろいろ楽しんでみてください。

バッグは用途によって選ぼう!

サコッシュは、もともとは自転車のロードレース用に作られたバッグですが、普段のファッションやアウトドアでも活用できるバッグということがお分かりいただけたと思います。

ショルダーバッグやボディバッグとの違いもご紹介しましたが、用途や、どのシーンで使用するかによって、バッグを使い分けることが大切です。

最近では、いろいろなデザインのバッグが販売されていますので、ぜひお気に入りのひとつを見つけてくださいね!