キャンプ初心者でも安心!簡単にできるおすすめ料理はこれ!

初めてキャンプで料理を作るとしたら、どのようなものが頭に浮かびますか。

定番なところでは、バーベキューやカレーなどがありますよね。

しかしながら、初めてのキャンプで張り切って凝ったものを作ろうとしても、失敗することもあるかもしれません。

こちらでは、キャンプ初心者の方でも、必要な道具や適した食材、キャンプ料理の注意点などをふまえ、簡単に試せるキャンプ料理をご紹介していきます。

初心者が揃えると安心なキャンプ料理用調理器具とは?

自宅にいる時とは違い、キャンプで料理する際には最低限の調理道具で料理をしなければなりません。

そこで、最初に揃えておけば後々困ることのない調理器具をご紹介します。

●バーベキューコンロ・グリル

食材を網に置くだけで調理できるため、キャンプ初心者にはおすすめです。

定番のバーベキューが楽しむことができるアイテムです。

●ツーバーナー

自宅で料理するときの環境に近いので、料理の失敗は少なくて済むでしょう。

ふた口あれば、初めてのキャンプの場合でも段取りよく料理ができます。

少人数の場合はシングルバーナーでも十分に役立ってくれます。

●クッカー

アウトドア専用の鍋で、できればフライパンや大小の鍋がセットのものを揃えると、後々買い足さずに済みます。

アルミ製やステンレス製、チタン製などがありますが、それぞれの特性を踏まえご自分の使用目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

●ケトル

直火で使用可能なものを選ぶと便利です。

暖かい飲み物や、インスタントラーメンなどを作るときに活躍します。

●調理ツール

包丁やおたま、フライ返し、菜箸など普段使いのものでもよいですが、キャンプ用にセットになったものがあるとより便利です。

キャンプ用調理器具の中には、スタッキング可能な調理器具や食器がセットになったものも販売されています。

ご自分のキャンプスタイルに合った調理器具を探してみてくださいね。

初めてのキャンプ料理は事前に作るものを考えておこう!

キャンプ初心者の方がキャンプ料理を失敗しないようにするには、事前に作る料理を決めておくと無駄が少なくなります。

もしも、現地で調達することを前提にしていると、買いたい食材がなかったり、何を買うべきか迷ったり、タイムロスにもつながります。

作る料理にどんな食材が必要か、お手持ちの調理器具で調理可能か、調味料は何が必要かなどをあらかじめ考えておくだけで時間の短縮になります。

さらには、時間の短縮だけでなく、無駄な出費をしないことにもつながります。

張り切って初めから難易度の高い料理にチャレンジしてしまうと、不慣れなせいで失敗してしまうこともあるでしょう。

失敗しないためにも、初めは簡単に作れる料理から試してみましょう。

それから、徐々に難しい料理にチャレンジしていきましょう。

せっかくキャンプにいくのですから、料理にはできるだけ時間を割かずに、テントの設営やリビングスペースの確保などを優先して時間を使いたいですね。

食材の下準備は事前に済ませておくと時間短縮に

キャンプで作る料理を考えたら、次にやっておきたいことは食材の下準備です。

キャンプ料理では、キャンプ場での作業を少なくしておくことが肝心となります。

例えば、

・トマトであれば普通のトマトではなくミニトマトを買って包丁を使わずに済ませる
・使う野菜はあらかじめ切っておく

などです。

野菜の廃棄部分を省いてあらかじめ切っておいたり、個別にチャック付きビニール袋などに入れて持ち運んだり、肉などが入った白トレーを袋に変えておくなど、これだけでも帰宅の際にはかさばらなくて済みますよね。

また、肉に下味をつけておけば、味をつけておくだけでなく雑菌の繁殖も防ぐメリットも生まれます。

さらには、いも類など火の通りにくい食材にはレンジで火を通しておくのもよいですね。

できる限り、事前にできる下準備を済ませておくことでゴミを減らせ、エコにつながりますのでぜひ実践してみてください。

初心者に限らず、中級者上級者になるほど下準備はより無駄のないものになりそうですね。

網を使って簡単に!初心者でもできるキャンプ料理

こちらでは、初心者でも気軽にできる、バーベキューグリルなどの網を使ったキャンプ料理をご紹介します。

●焼き鳥

自宅では煙を気にしてあまりする機会のない焼き鳥は、ぜひ試してみたいキャンプ料理です。

味付けも塩コショウと、たれがあればシンプルに調理が可能です。

事前に肉と野菜をさしておけば、キャンプ場では焼くだけなので時間の短縮にもなります。

●クルマエビの塩焼き

クルマエビに串をさして焼くだけの簡単料理なので、誰でも簡単にできます。

肉と野菜以外に魚介類を塩焼きにするだけでも、食事のバランスも見栄えもよくなりますのでおすすめです。

●アクアパッツア

魚介類に他の野菜やキノコ類と合わせて、アルミホイルで包んで焼くだけなので簡単です。

干物を使うとうまみが凝縮されているのでよりおいしくなります。

ちなみに、アルミホイルは厚手のものを使うと裂ける心配がなく安心です。

こちらでご紹介したものだけでなく、アルミホイルに色々な食材を包んで網の上で焼けば、料理のバリエーションが広がります。

レシピは探すとたくさん見つかりますので、お好みのものを見つけてくださいね。

火を使わない?安心して試せる簡単キャンプ料理

小さなお子様がいてあまり火を使いたくない、朝食は火を使わずに簡単に済ませたい、そのような方向けにキャンプ初心者でも簡単なおすすめ料理を、こちらではご紹介します。

●ホットドッグ

ソーセージは湯煎でも大丈夫なので直火にかけずに手軽に調理ができます。

ソーセージのかわりに魚肉ソーセージでもおいしく食べられます。

ひと手間かけてパンを焼いておけば、さらにおいしくなりますね。

●サンドウィッチ

パンと具材があればすぐにできるので、こちらも作りやすいキャンプ料理です。

お好みの具材次第で、様々なパターンが試せるのでおすすめです。

●生春巻き

肉を茹でて事前準備をしておけば、野菜と一緒に巻くだけで簡単にできます。

生ハムなどを使えば火を使うこともなく失敗も少なめです。

マヨネーズやケチャップはもちろんですが、好きなソースやたれを用意しておくと味のバリエーションが増えます。

放っておくだけで楽チン!初心者おススメの煮込み料理

こちらでは、食材をすべて鍋に入れて見込むだけの、初心者でも簡単にできるキャンプの煮込み料理をご紹介していきます。

●煮込みハンバーグ

ハンバーグも手軽にできるおいしいキャンプ料理ですが、ハンバーグを煮込むだけでスープ料理としてもアレンジできます。

ハンバーグやソースを一から作るのもよいですが、時短をしたい方は市販のハンバーグを用意して、市販のレトルトのナポリタンソースと野菜を煮込むだけでも簡単に調理ができます。

●ポトフ

お好みの野菜とチキンやウィンナーなどを入れて煮込むだけなので、簡単に作れます。

初心者や料理が苦手な方でもあまり失敗することのない料理です。

スープとしてだけでなく、具沢山にすればたっぷり栄養もとれます。

●おでん

おでんのたねを用意して、だしで煮込めば完成しますのでおすすめのキャンプ料理です。

大根あらかじめ下茹でをしておくと、時短につながりますので事前に下準備をしておくとよいでしょう。

初心者でもキャンプ料理は難しくない!

こちらではあえて、バーベキューやカレーなどの定番のキャンプ料理以外をご紹介しました。

キャンプで料理をしたことがなくても、事前に下準備をしておけば失敗が少なく済むことがおわかりいただけたでしょうか。

こちらの記事を参考に、まずはご自分に合った使い勝手のよい調理器具になれ、手軽で簡単にできる料理から試してみてください。

それから簡単な料理での経験をもとに、さらにステップアップした料理にもチャレンジしてみてくださいね。