スノーピークのチタンマグカップをブログとレポートから検証

スノーピークは機能性とスタイリッシュなデザインでキャンパーから人気があるアウトドアブランドです。

様々なアウトドア用品が販売されていますが、特にスノーピークの「チタンマグ」について詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか。

今回は、多くのキャンパーが愛用している人気アイテム「チタンマグ」のおすすめポイントをブログとレポートから検証していきます。

スノーピーク「チタンマグ」とは?ラインナップもご紹介!

スノーピークのチタンマグは、スノーピークの物づくりに対する並々ならぬ情熱とこだわりが詰まった薄くて軽いチタン製のマグカップです。

チタンは熱伝導率が低く、熱い飲み物を入れても取っ手や飲み口が熱くなりにくい特徴があります。

チタンは、硬くて伸びにくいという特性上、加工が難しいとされていました。

しかし、軽さや金属臭がしない特性はスノーピークにとってマグカップに使用する理想の素材でした。

そこでスノーピークと燕三条の金属加工職人が新素材に立ち向かい、試行錯誤を繰り返してできたマグカップです。

さらにハンドルにもこだわりがあります。

収納時はハンドルがぴたりと本体に密着し収納性も抜群です。

複雑に曲げた形状のハンドルにすることで握り心地がよく、フォール感もよいです。

またハンドルにも本体と同じチタンを採用しているので、本体とハンドルの素材同士の擦れを最小限に抑えることができます。

本体とハンドルのサイジングは、指を通した際のグリップ感と親指で抑え込む時の力加減を検証した結果、割り出した数値により決定しています。

このように、厳密なこだわりによってスノーピークのチタンマグカップは作られています。

そのように拘って作られたスノーピークのチタンマグカップにはシングルとダブルがあり、大きさのラインナップも220ml、300ml、450mlとあります。

次項では、実際のブログやレポートからそれぞれの特徴とおすすめはどれかなどを検証していきます。

スノーピーク「チタンシングルマグ」の特徴をご紹介!

スノーピークのチタンシングルマグは板厚0.4mmのチタニウムで作られており、驚くほど軽量で持ち運びに便利です。

また、その軽量さや頑丈さからアウトドアに適しています。

口元はカール加工が施されており、口に触れたときにダイレクトに熱が伝わらない設計で口当たりがよい点が魅力的です。

ブログやレポートではシングルを選んだ理由として直火にかけられるからというものが多くありましたが、公式には直火不可となっておりますので直火では使用しないようにしましょう。

見た目もスタイリッシュなので、キャンプシーンは勿論のこと、家やオフィスなど様々なシーンで使用できるアイテムです。

チタンシングルマグはチタンダブルマグと比べると軽量で価格も安いです。

シングルの構造上、ダブルに比べると保温力は低いですが、最適の温度になるのが比較的早いので猫舌の方にはシングルがおすすめです。

「チタンシングル」とは何が違う?スノーピーク「チタンダブルマグ」

スノーピークのチタンダブルマグは、シングルマグに比べ価格が高いですが、それには納得の理由があります。

チタンダブルマグはチタニウムが2層になり間に空気が入っている2重構造になっているため、シングルマグより保温力、保冷力に優れていています。

そのため、氷が溶けにくくなっているので、ウイスキーや焼酎をロックで飲む方におすすめです。

口元は2枚のチタンウォールを溶接処理しているので、シングルマグよりも厚めの口当たりで心地よくフィットします。

さらに折り返しのない飲み口のため液垂れや液残りがありません。

また、2重構造の特性上、熱い飲み物を飲むときにも唇が熱くなりません。

ブログやレポートではチタンダブルマグの300ml、450mlには専用の蓋も販売されています。

蓋をすることで、虫や炭などの混入を防いだり、温かいまま美味しく飲むことができたり、とても便利で使用している方も多数います。

また、蓋の面は傾斜になっており、飲み物が蓋に溜まることがなく、裏面は湯気でできた水滴がカップ内に落ちる設計になっています。

なお、チタンダブルマグは破裂の恐れがあるため、絶対に直火にかけてはいけません。

スノーピーク「チタンマグ」220mlをブログとレポートから検証!

スノーピークのチタンマグ220mlは、重さがシングル45g、ダブル75gととても軽量でコンパクトな仕様をしています。

ブログやレポートでは、コーヒー1カップが200mlのためコーヒー用に使用したり、その軽さから山登り、自転車旅に持参したりする方もいます。

バックパックのカラビナに引っ掛けて使用しても便利です。

他のサイズのマグカップとスタッキングして使用している方も多いです。

また改良されてチタンマグ220mlはチタンマグ300mlのにスタッキング可能になりより便利になりました。

「とにかく軽い」との声が多く、初めて手にした時には驚くほどです。

サイズもコンパクトなので、水筒と一緒に持ち運んで使用する方法もあります。

また、チタンマグ220mlは小さくて軽いので、お子様用に購入している方もいます。

それからあまり飲み物の量が必要ない方もこちらのサイズを選んでいます。

スノーピーク:チタンシングルマグ220ml(定価:1,880円 税別)

スノーピーク:チタンダブルマグ220ml(定価:3,680円 税別)

ちょうどいいサイズ?300mlのチタンマグをブログとレポートから検証!

スノーピークのチタンマグ300mlの重さは、シングル50g、ダブル92gで220mlよりは重たいものの、スノーピークのステンレス製マグカップと比較するとかなり軽量です。

実際に比較してみるとスノーピークのステンレスマグ330mlの重さは200gのため容量は違うもののチタンマグのほうが軽量化されています。

コーヒーやスープ、お吸い物等、何を入れても丁度よいこちらのサイズが一番お手頃なサイズです。

ブログとレポートから500mlのペットボトルをスタッキングして使用するアイディアもあります。

専用の蓋はダブルマグにしかありませんが、シングルマグでも使用している方もいます。

また、こちらのサイズは使いやすい大きさのため、キャンプのみならず家や職場で常用しているとの声が多数あります。

デザインもシンプルで見た目もかっこよく使い勝手もよいサイズのため、プレゼント用で購入する方もいます。

スノーピーク:チタンシングルマグ300ml(定価1,980円 税別)

スノーピーク:チタンダブルマグ300ml(定価3,980円 税別)

氷も入れられる!450mlのチタンマグをブログとレポートから検証!

スノーピークのチタンマグ450mlの重さは、シングル70g、ダブル118gです。

ブログとレポートでは、やや大きめサイズのため、氷を入れて使用するのにはこちらのサイズが最適だとお勧めしている方がいます。

コーヒーや味噌汁、ドライフーズのお粥、350mlのビールなど様々な用途で使用できるためコンパクトさを求めない場合はこちらのサイズがお勧めです。

またインスタントラーメンにも使用している方がいます。

ただし、取っ手は熱くなるので注意が必要です。

マグカップにしてはやや高価と感じるかもしれませんが、使用している方の満足度は高いです。

素材、デザイン、使い勝手を考慮すると購入する価値はあります。

スノーピーク:チタンシングルマグ450ml(定価2,280円 税別)

スノーピーク:チタンダブルマグ450ml(定価4,480円 税別)

お気に入りのチタンマグを見つけよう!

スノーピークのチタンマグは種類が6種類あり、キャンパーは値段、重さ、コンパクトさ、用途を考慮し自分に最適な物をを購入しています。

またサイズ違いで複数持っている方もいます。

スノーピークのチタンマグならキャンプだけでなくオフィスやご自宅など幅広いシーンで活躍することでしょう。