クーラーボックススタンドは必要?木製・アルミ製のオススメ

クーラーボックススタンドはキャンパーさんによって、持参すべきかどうか迷うキャンプ道具の1つでもあります。

大切な食材が入ったクーラーボックスを直置きしてしまうのは、少し不安でもありますよね?

ですが、キャンプ道具を揃える中で、コスパや積載量からもついつい省いてしまいがちなのがクーラーボックススタンドです。

そこで、今回はクーラーボックススタンドを持参するメリットや、木製のクーラーボックススタンドを含め、様々なオススメのクーラーボックススタンドについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキュー料理を振舞おう!簡単美味しいレシピで人気者に

夏といえば、「バーベキュー」ではないでしょうか。まぶしい太陽の下、自然の清々しい空気の中で、...

ウォータージャグはキャンプの必須アイテム?徹底調査!

アウトドアやキャンプで、あると便利なアイテムはキャンパーや使用状況によって違います。そんな便...

コールマン火器のポンプカップを皮に!メリットはあるのか?

コールマン製のランタンやツーバーナーといった火器類に不可欠なのはポンピングです。点火のために...

愛用のコールマンのバーナーを上手にメンテナンスする方法

キャンプなどのアウトドアに大活躍してくれるのが、コールマンのバーナーですね。コールマンのバー...

ロゴスのポールでも折れることがある!?対処法を伝授!

もし、テントやタープを設営する際に使うポールが強風などで「折れる」「曲がる」などのアクシデントに遭...

キャンプもおしゃれに楽しむ!男女別服のコーデ例をご紹介!

いざ、親しい仲間でキャンプに行くことが決まった際に、どんな服を着ていけばいいのか悩みませんか。...

タープといえばロゴス?コールマン?2つの特徴や魅力を紹介

キャンプギアというとテントがまず思いつくと思いますが、タープもそろえたいギアの1つです。しか...

ランタン用マントル!そこから出る放射線の安全性は?

キャンプでは、ランタンが必需品です。ガソリンやガス、LEDを利用したものなど、様々なタイプの...

コールマンのランタンはなぜ人気が高い?どのように使う?

ランタンはキャンパーなら誰もが憧れるアイテムです。今はLEDを使ったものや、バッ...

シュラフに迷ったらモンベルのダウンハガー800の1番が良い!

最近では、登山やキャンプなどのアウトドアを題材とした映画や漫画、アニメなどが話題になってきました...

キャンプ料理におすすめ!簡単に誰でも作れるレシピのご紹介

大自然を楽しめるキャンプは、その中でいただくご飯も楽しみの一つでしょう。みんなで楽しみながら...

キャンプはトレーラーで楽しむ?ブログからその魅力を探ろう

キャンプ場などで、乗用車とトレーラーが連結している「キャンピングトレーラー」を見たことはありませ...

スノーピークのイベントに参加したい!ブログから情報収集!

国内のアウトドアブランドである「スノーピーク」が開催しているイベントがあるのをご存知ですか。...

ヒルバーグのテント「アルタイ」気になるブログでの評判は?

「ヒルバーグ」と言えば、アウトドア好きなら一度は耳にしたことのある名前ではないでしょうか。ハ...

バーナー以外もすごかった!SOTOのガスランタンの使い方

キャンプなどのアウトドアで、大活躍してくれる優秀なバーナーが人気のSOTOですが、実はバーナーだ...

スポンサーリンク

クーラーボックススタンドを持参するメリット

クーラーボックススタンドは木製も含め様々な種類がありますが、「あえて持参していない」という人もいるのではないでしょうか?

ですが、クーラーボックスには大切な食材が入っていますし、直置きしてしまうと「地面からの熱・虫・雨や結露による泥汚れ」などの心配も出てきます。

そんなトラブルを防いでくれるのが、「クーラーボックススタンド」です。

持参した食材を守るクーラーボックスを守る役目もある、クーラーボックススタンドを持参するメリットについてご紹介します。

【クーラーボックススタンドを持参するメリット】

○クーラーボックスの保冷性能がアップする

いくら高性能なクーラーボックスでも、直置きしてしまうとうまく保冷性能を発揮出来ません。

夏場などは特に、持参した食材の品質を保つためにも、タープ内などの日陰に置いた上で、さらにクーラーボックススタンドで、地面からの熱を受けにくくする事がポイントです。

そうする事で、クーラーボックスの保冷性能をしっかり発揮する事が出来ます。

○食材の出し入れを楽にしてくれる

キャンプのスタイルにもよりますが、調理中に食材を出し入れする際に、何度も立ったりかがんだりするのは大変です。

スタンドを利用して少しでも高い位置にクーラーボックスを置く事で、そういったストレスからも解放されます。

○クーラーボックスの汚れを防いでくれる

天候によっては、キャンプ場の地面の状態が良くない事もあります。

ぬかるんだ地面にそのままのクーラーボックスを置くのは抵抗がありますし、収納する時にも大変です。

クーラーボックススタンドは、そういったクーラーボックスの汚れ防止にも最適です。

クーラーボックススタンドは木製が手軽

そんな中で、手軽で自分でも簡単に自作出来るのが「木製」のクーラーボックススタンドです。

DIYが好きな人でも、あまり経験が無い方でも、このようなスタンドは比較的、手軽に作れるため、キャンプ道具を作ってみたいという人にもオススメです。

また、キャンプ道具を揃えるのにもコストがかさみますので、コストをおさえてキャンプ道具を揃えたい人にも最適です。

そして、木製のキャンプ道具は温かみがある雰囲気で、キャンプを楽しむ事が出来る上に、使い込むとあじが出てくるのも木ならではの良さでもあります。

自作でコストを抑えつつ、オリジナルのスタンドを作るのは、お財布に優しい方法でオススメです。

ですが、おしゃれなアウトドアブランドでキャンプ道具を揃えていくのも素敵ですよね。

そこで、次にオススメの木製キャンプ用品を専門としているアウトドアブランドをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

オススメの木製キャンプ用品専門店『196』

キャンプ道具は様々なアウトドアブランドから、多彩なアイテムが出ています。

お気に入りのブランドがあるキャンパーさんもいると思いますが、そんな中で今回は『196(イチ・キュー・ロク)』という「木製のキャンプ用品を専門」にしているアウトドアブランドをご紹介します。

【196(イチ・キュー・ロク) ひのきのキャンプ専門店とは?】

196(イチ・キュー・ロク)は、「キャンプサイトに木の温かみを!」をコンセプトにした、四万十ひのきや土佐ひのきを使ったキャンプ用品を製造しているアウトドアブランドです。

製造・販売をしているのは、キャンプを知り尽くした、ヘビーキャンパーさん達です。

使用している四万十ひのきは、通常のひのきよりも高価なブランドひのきとして取り扱われています。

そして、キャンプ用品の中でも、クッキングツールや食べ物・口に直接触れる道具は四万十ひのきを使って作られています。

それ以外の道具はコストや強度を考えて、土佐ひのきやひのき以外の木材を使用して、パフォーマンスの高いキャンプ道具を製造しています。

【クーラーボックススタンドはとてもシンプル】

様々なキャンプ用品が揃えられている中で、196で販売されているクーラーボックススタンドはとてもシンプルです。

こちらのクーラーボックススタンドは、土佐ひのきを使用した2本の木材をクーラーボックスの下に置いて使用します。

シンプルな作りですが、大きめサイズなので特大のクーラーボックス(コールマンのスチールベルト、YETI、iglooなど)でも、しっかり支えられます。

そして、何よりも商品自体がシンプルなので、収納や持ち運びには最適です。

[サイズ]長さ45cm×縦4cm×横4cm

[重さ]620g(2本分)

[素材]土佐ひのき

木製以外のオススメのクーラーボックススタンド

クーラーボックススタンドは、持っているクーラーボックスの大きさや重さなど、種類に合った最適な物を選ぶ事が大切です。

そこで、木製以外でもオススメのクーラーボックススタンドをご紹介します。

【木製以外のオススメのクーラーボックススタンド】

○ロゴス フラットクーラースタンド

[総重量]約1.0kg

[組立サイズ]約49.5×34×42cm

[台分サイズ]約45.5×34cm

[収納サイズ]約34.5×64×2.5cm

[主素材]

・フレーム/アルミ
・ベルト/ポリエステル

軽量アルミフレーム採用で、持ち運びにも便利です。

さらに、フラット収納なので、クーラーボックスと重ねて収納する事も出来ます。

○ソト システムスタンドST-601

[総重量]1.2kg

[組立サイズ]907×102×82mm

[耐荷重]50kg

[素材]

・クロスバー・ポール/アルミアルマイト加工
・センターブロック/樹脂

ツーバーナースタンドやウォータージャグスタンドとしても併用が出来る、便利なスタンドです。

さらに、組み立てもわずか数十秒と、とても簡単です。

○キャプテンスタッグ アルミクーラースタンド

[総重量]2.2kg

[サイズ]

・使用時500×500×325mm (スタンドが低い状態)
・使用時390×120×440mm (スタンドが高い状態)

[収納サイズ]約670×120×90mm

[耐荷重]120kg

[素材]アルミニウム

クッション材/EVE樹脂

樹脂部/ポリプロピレン

大型クーラーボックスを使用する時にオススメのスタンドです。

さらに、スタンド幅がクーラーボックスに合わせて2段階調整出来るので、便利です。

スタンドがスリムな棒状に収納出来るので、携帯性もバッチリです。

おしゃれなクーラーボックススタンド

「キャンプ道具を揃えるなら、見た目にもこだわりたい!」というキャンパーさんのために、おしゃれなクーラーボックススタンドをご紹介します。

【おしゃれなクーラーボックススタンド】

○ネイチャートーンズ フォールディングマルチスタンドⅡ

[総重量]3.7kg

[サイズ]

・天板 300×400mm
・使用時 200mm(天板高さ)
・折り畳み時 340×420×75mm

[耐荷重]40kg

こちらは見た目のおしゃれさだけではなく使い勝手良く、細やかな細工が嬉しいスタンドです。

前面に小テーブルとコップ掛けがついていて、クーラーボックス内の整理や飲み物を注ぐ台として使用するのにも便利です。

さらに、小テーブルを180度可動させると、2段ラックとしても使えるマルチなスタンドです。

ネイチャートーンズは、おしゃれキャンパーさんにも人気のアウトドアブランドです。

クーラーボックススタンドは他にも、大きめのクーラーボックススタンドとして使えるツーバーナースタンド『THE WIDE STAND for-2burner&coolerbox』や、WEB限定の『The coolerbox Stand Premium』などがあります。

もちろん、木製のスタンドもシンプルで温かみがありますが、シーンや好みに合わせて、好きなアウトドアブランドで統一してみるのも素敵です。

クーラーボックススタンドに代用出来るアイテム

クーラーボックススタンドは、アウトドアでいつも使っている物だったり、家庭にある物でも代用が可能です。

購入しようかどうか迷っている人も、キャンプ道具の中で代用出来る物がないか、探してみるのも良いかもしれません。

そこで、今回はクーラーボックススタンドに代用出来るアイテムをご紹介します。

【クーラーボックススタンドに代用出来るアイテム】

○アウトドアベンチ(折り畳みベンチ)

コンパクトに折り畳めるアウトドアベンチは、キャンプでも使っている人も多いのではないでしょうか?

1人用~複数人で使用する物までありますが、お手持ちのクーラーボックスの大きさに合った物を選んで、スタンドとして代用する事が出来ます。

さらに、元々人が座る物ですので、耐荷重がしっかりしているのもオススメポイントです。

○ニトリ キッチンラックNT

キッチン周りの小物などを置いたりするラックで、サイズは4種類あります。

大きさは違っても4種類とも耐荷重は5kgなので、小さめのクーラーボックスを置くのに向いています。

価格も数百円とお手頃なので、スタンド以外にもちょっとした小物置きやソロテーブルなど、用途に合わせてまとめ買いもオススメです。

おしゃれさや木製の手軽さも良いですが、コスパを重視するなら、既に持っている物や低価格で代用出来る物を探してみるのも良いかもしれません。

クーラーボックススタンドは持参するのがオススメ

意外と忘れてしまいがちなクーラーボックススタンドですが、夏場は特に食材の品質を保つためにもスタンドは必要です。

代用や手作りでコストを抑えるのも良いですし、おしゃれなスタンドで自分好みのアイテムで統一するのも素敵です。

そして、キャンプで思い切りアウトドアの雰囲気を楽しみたい人は、木製で統一していくのもオススメです。

さらに、シンプルで使いやすく、使っていくうちにあじが出てくるのが木製ならではの良さでもあります。

シーンや好みのスタイルに合わせたスタンドを選んで、雰囲気のあるキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?