コールマンのランタンが故障しても大丈夫!修理方法をご紹介

キャンプなどのアウトドアシーンを明るく照らしてくれる重要なアイテム、コールマンのランタンは、古くから多くのアウトドアファンに親しまれています。

そんなランタンが故障してしまった時に、諦めて新しいものを購入された方はおられませんか?

実はコールマンのランタンは、自分で部品を調達して修理することが出来るのです。

この記事では、そんなコールマンのランタンの修理方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バーベキューで使える着火剤!おすすめの商品などをご紹介

バーベキューはどんな食材もおいしく調理することができ、にぎやかで楽しいですよね。しかし、バー...

ユニフレームの羽釜で飯を炊く!ブログで話題の羽釜はどう?

ユニークなアウトドアグッズを次々と開発しているユニフレームですが、2018年のカタログには羽釜が追...

プロモンテの登山テントやシュラフはどんな評価のアイテム?

プロモンテは日本の登山向けアイテムを取り扱っているブランドです。登山用のテントやシュラフなど...

ブラックダイヤモンドのアポロを修理するポイント

キャンプの光源として必需品のランタンは、最近はLEDタイプが人気です。その中でもコンパクトな...

ユニフレームのクッカーセットはIHで使える?性能を大解剖!

キャンプで炊くご飯は、失敗やおこげも含めておいしいものですが、できれば失敗したくないですよね。...

コールマンのケロシンランタン!灯油燃料はポンピングが重要

アウトドアで燃料と言えば、OD缶に詰まったLPガスかホワイトガソリンがポピュラーと言えるでしょう...

SOTOのライターがつかない!故障?そんな時の対処方法!

普通のライターよりも強力で、野外での使用には便利なSOTOのガストーチは、アウトドアではもはや定...

コールマンインフレーターマットの特徴と空気入れ法を伝授!

インフレーターマットといえば、エアーマットよりは空気を入れる苦労が少なく、銀マットよりは厚くて寝...

バーベキューをお手軽コンロ感覚で!イワタニ・グリルスター

バーベキューといえば夏の風物詩です。家族や仲間で集まって屋外で食べるお肉や野菜は、一味違った...

サーモスのイージースモーカーで作るおすすめ燻製レシピ!

サーモス(Thermos)と聞くと水筒のイメージが強いと思いますが、サーモスから水筒の真空断熱技...

簡単設営!スノーピーク謹製『ファルpro.air』の口コミは?

キャンプをするのであれば、たいていの場合テントが必要になります。しかしテントといっても、形状...

SOTOのランタンに適切なケースとは?その役割や特徴を学ぶ!

SOTOのランタンを車などに積んで移動するとき、「どんなケースに入れたら良いのか…」と悩む方も多...

スノーピークのカヤードとアメニティドームは名コンビ?

日本生まれのアウトドアメーカー「スノーピーク」の代表的なテントに「アメニティドーム」があります。...

コールマンのガスランタンは野営に良し!マントル交換の方法

キャンプなどのアウトドアで使う照明と言えば、ガスランタンがあります。しかし、ガスランタン...

モンベルのエアマットの空気の入れ方は?使える空気入れは?

テント泊であっても車中泊であっても、快適な眠りは誰しもが追求したいものです。そのようなユーザー...

スポンサーリンク

コールマンのランタンの故障事例

コールマンのランタンで、実際にどのような故障が起きているのでしょうか?

まずは、その症状をまとめてみました。

【点灯しない】

いざコールマンのランタンを使おうという時に、着火しようとしても全く点灯せず使えない時があります。

これでは、せっかくのコールマンのランタンが台無しです。

【ポンピングが出来ない】

ホワイトガソリン式のランタンの場合、燃料タンク内の圧力を上げるために、ポンピングという作業が必要になります。

通常ならポンピングを行っていると、徐々にポンプノブが硬くなってきます。

しかし、いくらポンピングを行ってもスカスカで、燃料タンクの圧力が上がらないことがあります。

この状態では、燃料がうまく行き渡らず燃焼されないので、着火出来なかったり異常燃焼したりしてしまいます。

【炎が安定しない】

使っている時にマントルの炎が安定せず、明るくなったり暗くなったりしてしまう状態があります。

次からは、このような症状の時の修理方法についてご紹介していきます。

ランタンが点灯しない時の修理方法

コールマンのランタンを使う時に、着火しようとしても全く点灯出来ない場合の修理方法についてご紹介します。

〇燃料を確認

燃料がきちんと入っているかどうか、取り付けは大丈夫かを確認して下さい。

燃料が無い状態では当然のことながら着火も出来ませんし、燃料が残り少ない場合でも、うまく着火出来ないことがあります。

〇フィードチューブのクリーニング

フィードチューブが詰まっている場合も、点灯不良を起こします。

その際は、燃料タンクに燃料が入っている状態で、燃料タンクを手に持って左右によく振ります。

こうすることで、ホワイトガソリンの溶剤の性質によって、フィードチューブの目詰まりを解消出来ることがあります。

他の方法として、キャブレタークリーナーのような強めの溶剤を燃料タンク内に吹き付けて、ポンピングで「加圧→減圧」を繰り返してみるのも効果的です。

〇バルブアッセンブリーの取り外し

この方法は上級者向けの方法になりますが、タンクとバルブアッセンブリーを取り外して、フューエルチューブ内と吸い上げ口の清掃を行います。

バルブアッセンブリーはとても柔らかいので、取り外しの際は十分注意して下さい。

ポンピングが出来ない時の修理方法

コールマンのホワイトガソリン式ランタンを使う時の重要な作業である、ポンピングが出来ない時の修理方法についてご紹介します。

〇ポンプカップの交換

ポンピングがうまく出来ない時のほとんどの原因が、このポンプカップというゴムパッキンの劣化が原因です。

ポンプカップの交換方法は、まずポンプ部分をプライヤーなどで左に少し回してから引き抜きます。

ポンプが抜けたら、ポンプカップを押さえている金具を外して、ポンプカップを取り外します。

新しいポンプカップを取り付けて、金具で止めたらポンプ部分を元に戻します。

〇ポンプカップの劣化を防ぐために

ポンプカップはゴム製品なので、乾燥したまま放置すると固まって劣化してしまいます。

劣化を防いで、ポンプカップの寿命を延ばすために、定期的に専用のリュブリカントなどの潤滑油を挿すようにして下さい。

炎が安定しない時の修理方法

コールマンのランタンを使っている時に、明るくなったり暗くなったりしてマントルの炎が安定しない時の修理方法についてご紹介します。

〇マントルの交換

マントルに穴が空いてしまった場合は、うまく着火出来なかったり、異常燃焼する場合があり、マントルを新しいものと交換する必要があります。

マントルの交換方法は、古いマントルを取り外し、交換用のマントルのシワをなるべく伸ばした状態にしてから、ランタンの本体に強く結び付けて、余った余分なヒモは切り取ります。

新しいマントルを取り付けたら空焼きを行います。

空焼きの方法は、ライターなどでマントルの下側から火を着けて燃やし、マントル全体を灰状にして完了です。

〇ジェネレーターの交換

異常燃焼の原因として、ジェネレーターの不良も考えられます。

ジェネレーターの交換方法は、タンク内の燃料を全て抜いてから、ジェネレーターの根元部分をプライヤーで挟んで反時計回りに回して取り外します。

ニードルも同様に取り外し、交換用のジェネレーターを逆の手順で取り付けて完了です。

コールマンのランタンの部品調達方法

コールマンのランタンを自分で修理する時に必要になる部品は、どのように調達したらよいのでしょうか?

その入手方法についてご紹介します。

〇アウトドア専門ショップ

コールマンのランタンが置いてあるアウトドアショップでは、修理に必要な部品も取り揃えてある場合が多く、店頭に無い場合も取り寄せてもらうことが出来ます。

また、専門のスタッフに必要な部品や交換方法などを聞いてみるのも有効です。

〇コールマンのオンラインショップ

コールマンの専用サイトでは、ランタンのそれぞれの修理に必要な部品などの情報を見ることが出来ます。

必要な部品は、そのままコールマンのオンラインショップで購入出来ます。

〇その他のショッピングサイトや専門サイト

amazonやアウトドア用品専門サイトなどでも、修理に必要な各部品を調達することが出来ます。

以上のように、コールマンのランタンに関する部品などは、様々な方法で調達することが出来ます。

自分のランタンの型番をよく確認して、その型番に合ったものを購入するようにして下さい。

どうしても自分で修理するのが難しい場合は、コールマンが修理やメンテナンスをしてくれるサービスもあります。

有料にはなりますが、プロがきちんと修理してくれるので、安心です。

 

オススメのコールマンランタン

ここまで、自分で出来る修理方法やメンテナンスについて解説してきました。

最後に、オススメのコールマンのランタンをご紹介します。

【2500ノーススターLPガスランタン】

コールマンのガス式ランタンの王道で、着火装置が付いているので簡単に使うことが出来ます。

また、マントルの取り付け部分には、上下にワイヤークリップが付いているので簡単に取り付けることも可能です。

さらにマントルは、上下で固定してあるので振動にも強い構造になっています。

光量も大きく、広い範囲を明るく照らしてくれます。

【ワンマントルランタン】

コールマンの定番中の定番のランタンで、ホワイトガソリンを燃料として使います。

メンテナンス次第で何年・何十年も使うことが出来、長寿命なのも魅力なので、昔から多くのアウトドアファンに慣れ親しまれています。

【パワーハウスツーマントルランタン】

こちらもコールマンの定番で、マントルを2つ使うのでとても明るい光を放ちます。

メインランタンとしてベストです。

コールマンランタンを修理して自分愛用の一品を!

コールマンのランタンが故障した時の、各症状の修理方法についてご紹介してきました。

コールマンの象徴ともいえるランタンは、キャンプなどのアウトドアシーンをより魅力的にしてくれる重要なアイテムです。

そんなコールマンのランタンを自分で修理することによって、一生愛用出来る一品にしてみて下さい。