ゴアテックス(ノースフェイスなど)はどうやって洗濯する?

アウトドアにあまり馴染みがない人でも「ノースフェイス」は聞いたことがあると思います。

有名なアウトドアブランドです。

このノースフェイスが採用している『ゴアテックス』という素材は、アウトドアになくてはならないものです。

今回は、ゴアテックスについてと、その洗濯方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

数人での登山とは一味違う!初心者が一人で山を登るために!

登山初心者の方は登山経験者と一緒に登山を楽しむのがベストですが、周りに登山をする方がいない場合一...

登山のお供にコールマンスポーツスター!使い方もレクチャー

登山の醍醐味の1つに、頂上でコーヒーを飲むことも挙げられますね。淹れ立てのコーヒーをご来光を...

キャンピングカーの冷蔵庫を交換する時に知っておくことは?

キャンピングカーで旅行する際に必要不可欠のアイテムとして、照明やコンロとともに冷蔵庫が挙げられま...

コールマンのエアマットの簡単な空気入れ方法!

キャンプや車中泊でコールマンのエアマットを使う方はいませんか?寝転んだりするときに、このような...

コールマンピーク1の不具合を自分で修理する方法を解説!

アウトドア志向の方に人気のストーブ、コールマンの「ピーク1」。ピーク1は、シンプルで頑丈な作り...

大人気のレキのストック!壊れた時の修理方法と対処法を伝授

レキはドイツのメーカーで創業以来、革新的なストックを次々に開発しています。レキのストックは強度...

アークテリクスリーフをご紹介!アトムもラインナップに!

アウトドアでは、登山用やスキー用、トレッキング用など、それぞれに合った機能を備えたウェアを身に付...

雪山制覇!ラッセル登山の正しいやり方

冬の雪山登山をする時は、ラッセル無しでは行えません。一部の有名ルートなどでは、事前に踏み固め...

大人気のスノーピークのローチェア30!どんな色がある?

キャンプなどのアウトドアに出掛けるとき、座り心地の良い椅子があればゆったりとすることができ、快適...

スノーピークで人気ランタンのノクターン!風で炎が消える?

キャンプで夜を過ごすとき、自然の中は大変暗いので、灯りをともす道具は必需品です。ライトを使用...

ハイキング初心者におすすめ!関西の人気日帰りハイクコース

ハイキングが盛んな日本では、近所の裏山からアルプス、日本一の富士山など至る所にハイキングコースが...

ヒルバーグのアラックで登山やキャンプへ!ブログでも好評!

登山やキャンプをより楽しむために必要なアイテムの1つにテントがあります。山の中では、急な天候...

釣り初心者なら川から始めよう!流域によって異なる魅力!

日本は水が豊富で、いたるところに川が流れています。また、海に囲まれているため、川や海はとても...

テントを選ぼう!登山で使えるおすすめのアイテムをご紹介!

テント泊登山では、日帰り登山では味わえない楽しみや貴重な経験ができます。テント泊登山は、夕焼...

暖色系LED!スノーピークのほおずきとその口コミをご紹介

キャンプにでかける時、テントの中を明るく照らすのがLEDランタンです。スノーピークからも「ほ...

スポンサーリンク

ノースフェイスなどでお馴染みゴアテックス

アウトドアウェアのブランドとして名高い、ノースフェイスなどが採用しているゴアテックスという素材があります。

ゴアテックスとは、WLゴア&アソシエイツ社が作っている防水透湿性素材の商標名です。

アウトドアをしている人であれば、誰でも知っている素材のひとつです。

アウトドアには欠かせないといっても過言ではありません。

なぜ、ゴアテックスはアウトドアになくてはならない存在なのでしょう。

簡単にまとめますと、

・防水(雨の侵入を防いでくれる)
・防風(風を遮断してくれる)
・透湿(湿気を逃がし、蒸れない)

上記の機能が優れているのです。

だったらカッパでも良いのでは?と思われる人もいるかもしれません。

しかし、普通のカッパとは全く性能が異なります。

普通のカッパを着たことがあるのであれば、肌が蒸れてツライ思いをしたことがあるのではないでしょうか。

雨は侵入していないはずなのに、汗で結局体はびっしょりです。

普通のカッパは、透湿性がないのです。

湿気がこもるせいで不快感が増しますし、水分でスマートフォンが壊れてしまうこともあり得ます。

また、体を濡らすということは、体力を消耗し、アウトドアでは危険なことです。

ゴアテックスは、そのような心配がありません。

快適にアウトドアを楽しむためには、ゴアテックスが必需品なのです。

ゴアテックスの難点は、高価であることです。

しかし、ゴアテックスは高価な分、長く使うことができます。

今回の記事では、ゴアテックスを長持ちさせるための洗濯方法、お手入れ方法についてお伝えします。

ゴアテックスは洗濯しない方が良い?

ノースフェイスのマウンテンジャケットにも使われているゴアテックスは、特殊な素材のため、普通の衣料品と洗濯方法が異なります。

撥水機能が付いているため、洗濯しない方が良いと思っている人もいますが、それは間違いです。

洗濯によって、ゴアテックスの機能が劣化することはありません。

ゴアテックスには、強力な撥水加工が施されています。

この撥水機能は、洗濯と乾燥により回復していくのです。

汚れを放置する方が、ゴアテックスの劣化を早めてしまいます。

正しい洗濯方法で、清潔を保つことで機能を長く持続させることができます。

洗濯方法は、まず「洗濯表示」を確認することから始まります。

「洗濯機可」なのか「手洗い」なのかを確認しましょう。

ゴアテックス自体は、洗濯機で洗うことができます。

しかし、ジャケットなどに製品化されている場合、洗濯機で洗うとファスナーやチャックなどが破損することがあります。

そのようなときは「手洗い」表示となります。

ここからは、それぞれの洗濯方法について解説します。

ゴアテックスの洗濯方法

●洗濯機可の場合

ゴアテックスは、透湿性に優れています。

ということは、この素材には、目に見えない細かい穴が空いているのです。

洗濯の際、洗剤がこの細かい穴に入りこんでしまい、穴を塞いでしまうことがあります。

心配な人は、専用の洗剤を使うことをおすすめします。

・NIKWAX(ニクワックス) テックウォッシュ

撥水加工生地専用の洗剤です。

頻繁にアウトドアをする人は1本持っていても良いですね。

専用洗剤がなければ、一般的な液体洗剤を使いましょう。

粉末洗剤は使わないようにしてください。

また、柔軟剤や漂白剤も使用はNGです。

それでは洗濯していきましょう。

①洗濯ネットにゴアテックス製品を入れます。

ウェアが絡まって傷まないように、1つずつネットに入れます。

②中性の液体洗剤を入れます。

③弱流モードがあれば、それを選択します。

④40℃以下のぬるま湯で洗濯を開始しましょう。

⑤すすぎはいつもより多めに行います。

洗剤や汚れ残りを防ぐために、すすぎは丁寧に行ってください。

いつもの2倍程度行いましょう。

●手洗いの場合

①中性の液体洗剤とぬるま湯を洗い桶に入れます。

ぬるま湯はたっぷりにします。

②ゴアテックス製品をそこに入れ、泡立てながらじゃぶじゃぶ洗います。

そのまま15分ほど浸けておきましょう。

③十分にすすぎます。

ぬるま湯で、何度もお湯を変えてすすぎましょう。

泡立たなくなるまで、しっかり細部まですすぎます。

ノースフェイスなどのブランドのウェアは、大事に着続けたいですよね。

お手入れで寿命は延びます。

手順も簡単でしたね。

お持ちのゴアテックスを洗濯したことないという人は、ぜひ明日にでも洗濯してください。

ゴアテックスの洗濯は乾燥も大切

洗濯を終えたら、次は乾燥です。

ゴアテックスは、実は乾燥も大切な工程なのです。

もちろん、忙しい人はいつもの洗濯と同様にベランダなどで干すだけでも大丈夫です。

洗濯表示が『陰干し』になっている場合は、日陰に干してください。

乾燥の際に、ひと手間かけると撥水性が回復します。

ゴアテックスは、温めると撥水性が復活するのです。

ゴアテックス自体は、熱を加えると撥水性が回復しますが、ジャケットなどの製品になっている場合、チャックやロゴなど、プラスチックの素材が溶けてしまうことがあります。

こちらも、洗濯表示を見て、加熱しても大丈夫なのか確認しましょう。

加熱方法としていちばん簡単にできるのは、『乾燥機』です。

乾燥機で20分ほど乾かすだけです。

温度設定ができるのであれば、90℃未満になるようにしてください。

乾燥機がないのであれば、アイロンを使いましょう。

あて布をした上から、アイロンをかけます。

温度設定は、80℃~120℃程度を目安にしてください。

きっちりアイロンをかけなくても大丈夫です。

全体的にさっとかけるだけでも撥水性は回復できます。

ゴアテックス製品の洗濯は、思ったよりも難しくありません。

ゴアテックスを使った製品は、ノースフェイスを始め、一流ブランドで使われているうえ、機能が高いので値段も高めです。

長く使い続けるために、お手入れは怠らないようにしてください。

ノースフェイスのおすすめゴアテックス製品

ゴアテックスの洗濯方法がわかりましたね。

ところで、ノースフェイスのゴアテックス製品はジャケットだけでなく、パンツやキャップ、レインウェア、シューズなど、数多く存在しています。

たくさんある製品の中から、何を選べば良いのかわからなくて迷ってしまうと思います。

そんな人のために、ノースフェイスのおすすめゴアテックス製品をご紹介します。

【ジャケット】

・エクスプローラーギアライトジャケット

アウトドアで万能な防水シェルジャケットです。

落ち着いたデザインで、年代を問わず着用することができます。

・クライムベリーライトジャケット

名前の通り、軽さが特徴です。

軽さを求めたい人は、ぜひ使ってみてください。

・オールマウンテンジャケット

まさに登山向けジャケットです。

着心地や耐久性も良く、残雪期のアイゼンを使用する場面で活躍してくれます。

【パンツ】

・クライムライトジップパンツ

すっきりとした形で、従来のレインパンツのもっさりしたイメージを一新しています。

・オールマウンテンパンツ

登山向けの、軽くて丈夫なシェルパンツです。

透湿性に優れていますので、1年中使うこともできます。

【ハット】

・ゴアテックスハット

登山に行く人は、1つは持っていたいアイテムです。

これがあれば、突然の雨でも困らないですよ。

ノースフェイス以外のブランドも

ノースフェイスのゴアテックス製品についてご紹介しましたが、ゴアテックスを採用しているのはノースフェイスだけではありません。

多くのアウトドアウェアブランドが、ゴアテックス製品を販売しています。

そちらについてもご紹介しておきます。

●patagonia パタゴニア

アメリカのアウトドアメーカーです。

環境への配慮を実践することを明言しています。

●mont-bell モンベル

日本を代表するアウトドアブランドです。

●HAGLOFS ホグロフス

100年以上の歴史を持つ、スウェーデンの老舗です。

●Mammut マムート

スイスのアウトドアブランドです。

マンモスのロゴで有名ですね。

●Arc’teryx アークテリクス

カナダのアウトドアブランドです。

良質の素材を使うことをモットーとし、ハイテク素材や最先端の技術を使用しています。

●OUTDOOR RESEARCH アウトドアリサーチ

斬新なデザインで、多くの画期的な製品を作り出しています。

●PeakPerformance ピークパフォーマンス

スウェーデンのブランドです。

5つのレーベルがありますので、ライフスタイルに合わせた1着が必ず見つかるでしょう。

●AIGLE エーグル

160年の歴史があります。

フランスのブランドです。

●NORRONA ノローナ

ノルウェー生まれのブランドです。

過酷な自然環境で生まれた製品は、どのような環境下でも対応することができます。

ゴアテックスの洗濯方法は、基本的に上記でご紹介した方法で大丈夫です。

ただし、洗濯表示はブランドによって違いますので、必ず確認してくださいね。

洗濯してゴアテックスを長持ちさせよう

アウトドアでは、身につけるものは重要です。

体温の保持や防水性は、生命の維持にも重要な役割を果たすからです。

その点でもゴアテックスは、アウトドアには最適です。

ぜひ適切な洗濯をしてゴアテックスを長持ちさせ、いつでもベストな状態を保つことを意識しましょう。