キャンプをおしゃれに!グッズの選び方とポイントをご紹介!

キャンプで他の方のサイトを見て、「おしゃれだなぁ」と思ったことはありませんか。

キャンプで使うグッズはたくさんあり、少しずつ自分の気に入ったグッズを集めていくのもキャンプの魅力でしょう。

これまでは機能性を追及していたキャンパーでも、グッズ全体の統一感やちょっとした色の変化を取り入れるだけでおしゃれになります。

今回は、取り入れやすく、ご自身のキャンプサイトをおしゃれにするグッズをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

これで外のゴミ箱が飛ばない!キャンプ場でできる風対策5撰

みなさんは、キャンプ場でどのようなゴミ箱を使っていますか?外でバーベキューを楽しんでいる間に...

人気のコールマン製バーベキューコンロ!その特徴と使い方は

日本をはじめ、世界中のアウトドアファンから人気があるメーカーとして有名なのが「コールマン」です。...

スノーピークのトルテュが廃盤でもエルフィールド登場!

スノーピークのテントである、トルテュシリーズが2018年廃盤決定となりました。大人数でのキャ...

大人気のスノーピーク製ノクターン!点火方法や魅力をご紹介

アウトドアの人気ブランド、スノーピークを知らないキャンパーはいないでしょう。その製品は高品質...

夏キャンプはご用心!ガスボンベを車に放置すると爆発する?

キャンプの時にちょっとした料理を作ったり、暖かい飲み物が欲しくなった時に大活躍してくれるストーブや...

ペトロマックスhk500の簡単なメンテナンス方法をご紹介!

ペトロマックスhk500はアウトドアの雰囲気を盛り上げてくれる、アウトドアを楽しむ方にとって大人...

ロッジ、コテージどれを選ぶ?宿泊施設の違いって?

キャンプといっても、最近では、宿泊施設を利用するスタイルが増えています。宿泊施設には、「ロッ...

コンロガードは子供にも安心?便利な使い方をご紹介

キャンプの醍醐味といったら、大自然の中で楽しむキャンプ飯ですね。家族でキャンプを楽しみ、自然の...

コールマン・アテナをおすすめするブログから魅力を探ろう!

ファミリーや大人数でキャンプを楽しむなら「2ルームテント」がおすすめです。そのなかでも、...

ペトロマックスhk500を使いこなす!炎上時の対処法とは

灯油を燃料とするペトロマックスのランタン・hk500は、独特の揺らぎのある灯りが特徴です。2...

ロゴスの飯盒を使ったご飯の炊き方!美味しく炊けるコツは?

アウトドアの醍醐味と言ったら食事ではないでしょうか。いつもと違った青空の下で食べる食事は、新...

飯盒炊飯の炊き方をご紹介!炭火でご飯がふっくら美味しく!

皆さんは、アウトドアはお好きですか?屋外でテントを張ったり、ワイワイ遊んだり、自然を満喫した...

バーベキューの主役!おすすめのお肉の種類や部位をご紹介!

バーベキューの主役といえばお肉ですよね。バーベキューではどんなお肉でもご家庭でいただくお...

ヒルバーグの定番「スタイカ」の気になるブログでの評判は?

ヒルバーグと言えば、ハイブランドとしてのイメージが強く、「いつかはヒルバーグを」と思わせる魅力が...

バーベキューを彩る!美味しい食材やおしゃれなアイテムとは

近年、バーベキューのメニューもレパートリーが増えてきました。また、みんなで網を囲んで肉を焼き...

スポンサーリンク

キャンプをおしゃれにするグッズの代表!たき火台

キャンプには、普段の「日常」から離れることができるという魅力があります。

特にたき火は普段できないことなので、キャンプでぜひ取り入れてほしいことの一つです。

たき火の緩やかな光の揺れを楽しみながら夜を過ごすことで、とてもリラックスでき、上質な時間を過ごすことができるでしょう。

最近では、たき火だけではなく、料理などに使えるおしゃれなたき火台が流行しています。

もちろん、たき火だけを楽しむためのたき火台でもおしゃれですが、持ち物を減らせるグッズですので、ご自身がどのようなキャンプサイトを作りたいのかで選ぶことも可能です。

たき火台のデザインもたくさんの種類が販売されているので、選ぶ段階から楽しめますね。

たき火の火を眺めながらお酒を楽しんだり、会話をしたり、夜空を眺めたり、お料理をしたりと、たき火は様々な新しい経験をキャンプに加えてくれることでしょう。

キャンプをより楽しむためには、「非日常を取り入れる」というポイントがあります。

キャンプですることの一つにたき火を取り入れて、もっとおしゃれに過ごしてみませんか?

種類が豊富なグッズ!タープでおしゃれなキャンプに

タープはキャンプサイトのリビングを作るために、必須のアイテムです。

ギアによって販売されている種類も豊富なので、自分の好きな色や素材を選ぶことができます。

シワなく張ってあるタープは美しく、とてもおしゃれで活用できるグッズですので、ぜひ1枚は用意しておきたいですね。

最初はタープを張ることが難しそうに見えてなかなか購入をためらう方もいらっしゃるかもしれませんが、使い始めると手放せなくなります。

真夏には日陰を作ったり、キャンプ当日の雨や、朝露からキャンプ用品を守る役目もありますので活用できます。

キャンプをする人数やキャンプサイトの広さによって、タープの種類や大きさを選ぶ必要性がありますが、いつも食事に使っているテーブルとイスが収まれば問題ありません。

特にヘキサタープは、張った時の美しさ、コンパクトさがおすすめです。

テントの買い替えに抵抗があっても、タープを変えるだけでサイトの印象が変わりますので、気軽に取り入れやすいですね。

シーズンによってタープの色を変えてみるのもよいでしょう。

少し肌寒い季節には暖色を、暑い季節には寒色を、と使い分けてみても素敵です。

機能性もデザイン性も高いチェアが流行中

「ヘリノックス」のチェアが大流行したことは、キャンパーの記憶に新しいことです。

座った時の心地良さと機能性が両立しており、誰しもが一目ぼれして「欲しい!」と思う一品です。

ロースタイル・2人用チェアなど、チェアだけでもたくさんの選択肢があり、おしゃれでリラックスできるキャンプグッズとしてチェアの可能性が広がっています。

アウトドア用チェアは従来から機能性が高かったのですが、少し武骨なイメージが強かったのではないのでしょうか。

現在では様々なキャンプスタイルに合うようなチェアが揃っています。

ロースタイルは地面に近いので、食事をする時には低いテーブルでできます。

また地面にラグを敷くことによって、チェアで食べる人と下に座って食べる人が一緒のテーブルを使えることも活用の幅が広がります。

2人用のチェアにラグをかけて、おしゃれさをワンポイント加えることも流行しています。

おしゃれで機能的なお気に入りのチェアを選び、これからキャンプグッズを変えていく土台にしてもよいですね。

キャンプで1人1個のサブランタンは個人で選べるおしゃれグッズ

メインランタンはガス・オイルランタンだとしても、夜のキャンプサイトを自由に動くためにサブランタンが必要です。

できれば1人1個持っていれば光量が低くても自由に動けますし、「自分の為に選ぶこと」も楽しいのではないのでしょうか?

機能性も高く、おしゃれなものが揃っているLEDランタンは特におすすめです。

現在でも人気を得ているスノーピークの「たねほおずき」、コスパが良いスパイスの「スマイルLEDランタン」はファミリーやポップなグッズを取り入れたい方向けです。

テント内で使用でき、テーブルランプとしても最適なLEDのサブランタンは、お値段も手ごろなものが多く個人で好きなものを選べます。

キャンプサイト全体を統一することも重要ですが、自分のお気に入りが手持ちに1つあるだけでキャンプでの充実感も増すでしょう。

特にファミリーやグループでのキャンプだと自分のものと分かりやすいので、統一感よりも自分の個性をさりげなく出すことができるでしょう。

キャンプサイトを見つけやすく!フラッグなどのグッズでおしゃれに

キャンプサイトで自分のテントを見つけることを容易にしてくれるグッズに、フラッグやガーラントがあります。

お値段もお手頃で種類も多くありますし、「自分がキャンプでしたいおしゃれさ」が決まるまでこのような小物を取り入れることも良いですね。

自分は「目を引くカラフルなものが良い」と思っても、一緒にキャンプをする人が「ナチュラルなものが良い」という場合もあるでしょう。

そのような時に、「どのような色使いが良いか」「どの色がどのくらいの量だといいか」などを確認するために、ガーラントやフラッグを使用することも良い確認になります。

大人数でのキャンプでは、みんなの意見を取り入れて独自のおしゃれなキャンプサイトを作っていけるとよいですね。

人数分の色やグッズのこだわりが反映されるので、きっとおしゃれにできるでしょう。

フラッグやガーラントの色やデザインを決める際も、どのようなフラッグがよいか、ガーラントのデザインなどを話し合うことで、よりおしゃれなサイトを作ることができます。

おしゃれなデザインのガーラントやフラッグが欲しい場合は、オリジナルを作ってみましょう。

カラフルさは小さいグッズから取り入ることも重要

これまでは、キャンプにおしゃれさは求めず、実用性を考えてグッズを購入していた方も多いでしょう。

また、おしゃれにしたいと思っていてもその方法が分からない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、いきなりサイト全体をカラフルにする必要性はありません。

例えばコーヒーを飲む時にコースターを1枚取り入れるだけでも、全く違った印象になることもあります。

手軽にキャンプをおしゃれにしたいときにおすすめなのが「100均」です。

「カラーや他の素材を取り入れたいけれども、どれがいいのか困っている」というときに、100均でしたら安くて様々な色や素材が揃っているので選びやすいでしょう。

ソロキャンプなどで大きくキャンプサイトを変える予定はないけれども、自分なりのおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

コースターやランチョンマットは畳んで持ち運びできるので、荷物は増やしたくないけれどもおしゃれを取り入れたい方向けです。

自分にしっくりくる色合いや素材は、人によって違います。

よく吟味して、自分の好みとキャンプサイトに合うグッズを選びましょう。

様々な色合いの紙コップなどもありますので、特に色合いを試す時に利用しやすいです。

グッズを選んでおしゃれなキャンプサイトにしよう!

キャンプをおしゃれにする様々なグッズをご紹介してきましたが、まずは「どんなグッズを中心にするか」考えましょう。

中心にするグッズを選び、そこから「バランスの良い色使い」や「おしゃれの方向性」を決めて、グッズを揃えていきます。

きっと、一緒にキャンプに行くメンバーにも納得してもらえる、おしゃれなキャンプサイトにすることができるでしょう。