キャンプをおしゃれに楽しもう!雑貨を使って楽しく演出!

アウトドア雑誌やSNSで、まるでキャンプとは思えないような演出を見かけることもあるでしょう。

そんなキャンプをおしゃれに見せる方法の一つに、雑貨の存在が大きく挙げられます。

では、キャンプをおしゃれに見せる雑貨にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

また、手軽におしゃれなキャンプを体験できる方法もご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コールマンのインフレーターマットの上手なたたみ方とは?

キャンプや車中泊で便利な、コールマンのインフレーターマット。上手く空気が抜けず、困ったことはあ...

バーベキューグリルは炭とカセットガスの併用がおすすめ!

バーベキューグリルと言えば、まず第一に炭用グリルを想像しますよね。確かに、肉などを焼くには炭...

憧れのコールマンアテナシリーズ!みんなの口コミが知りたい

家族や仲間と、泊まりでアウトドアハイキングなどに出掛ける時、無くてはならないものの一つが大きめなテ...

アウトドアはロゴスの飯盒で決まり!上手な使い方をご紹介!

アウトドアは、皆さんお好きですか?屋外でテントを張ったり、ワイワイ遊んだり、自然を満喫したり...

登山の定番ビブラム!ハーフソールってどんな種類のもの?

登山をしている方は、ビブラムソールを愛用している方が多いのではないでしょうか。ビブラムは、さ...

人気のヒルバーグのタープ!その魅力は自由自在な張り方

ヒルバーグと言えば、軽くて丈夫、設営もしやすいテントで有名なブランドですよね。今回は、ヒルバ...

ダッチオーブンといえばユニフレーム!お手入れもラクチン!

ユニフレームはアウトドア用品のメーカーで、特に調理器具には定評があります。そのユニフレームが...

アルコールバーナーはチタン一択?特性について知りたい!

アウトドアのアイテムとして、アルコールバーナーが注目されています。そのアルコールバーナーには、...

バーベキューに適したファッションとは?【春のコーデ編】

家族や仲間とのバーベキューが盛り上がる季節は、やはり春から夏ですよね。春は気候が穏やかで、快...

ユニフレームの人気タープの特徴と張り方を徹底解説!

ユニフレームは新潟県に本社を置く、株式会社新越ワークスが運営する日本の人気アウトドアメーカーです...

キャンプで簡単で美味しい料理を作ろう!下準備のコツ!

キャンプの醍醐味といえば、なんといっても大自然の中で食べるお料理ですよね。いざ、調理を開始す...

知らないと危険!コールマンのガス缶の処理と捨て方とは?

キャンプでランタンを灯しながら、バーベキューやキャンプならではの料理を堪能して、楽しい時間を過ご...

コールマンのアタッチメントヒーターを改造しよう!

コールマンは、テントやランタンなど様々なアウトドア商品を販売しています。さらに、付属品として...

トランギアのアルコールバーナーでおいしい料理を作ろう!

キャンプでの楽しみの一つと言ったら料理ですよね。本格的なストーブでの料理もいいですが、トラン...

大人気のスノーピーク!修理の保証期間が永久!?

スノーピークは、キャンプ経験者でしたら誰しもが知っている有名アウトドアブランドです。アウトド...

スポンサーリンク

キャンプをおしゃれに見せるコツ

キャンプをおしゃれに見せるためには、小さなリビングを作ることをイメージすると良いでしょう。

リビングはくつろぐ空間になりますので、雑貨やアイテムをどのように配置するか、またどのような素材、雰囲気に作り上げたいかを考えてみましょう。

それによって、持ち込む雑貨も変わってきます。

ウッディな雰囲気や、可愛らしい雰囲気、落ち着いた雰囲気など、好みはさまざまですが、大切なのは色の統一性を図ることです。

あまりに色を使いすぎると、落ち着かず、おしゃれからはかけ離れた雰囲気になってしまいます。

ポイントは、雑貨や道具をできるだけ同系色で揃えることです。

そして、できれば2色程度の同系色の組み合わせがおしゃれを演出するポイントになります。

キャンプご飯をおしゃれに彩る雑貨

では、キャンプの楽しみの醍醐味である、キャンプご飯を彩るおしゃれ雑貨のおすすめをご紹介します。

食器をおしゃれに見せるのであれば、ホーローや木のカラトリーがおすすめです。

そして、百均でも手に入る紙ナフキンもお皿と一緒にセットしましょう。

この些細な気遣いが、ワンランクアップした雰囲気を作り出します。

また、おしゃれな食事雑貨の極みとして外せないのが、コーヒーグッズです。

ぜひ手挽きのコーヒーミルを持参して、自然の中で挽きたての豆からコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

そして、調理道具はスキレットをおすすめします。

スキレットは、じっくりと熱が食材にいきわたるので、素材そのものの旨味を引き出してくれます。

どんな料理もワンランクアップした美味しい出来栄えとなり、キャンパーに好評です。

そして、調理したまま食卓に並べられるので、洗い物も少なく済むうえに見た目もおしゃれです。

最後に、テーブルクロスも忘れないようにしましょう。

もし、テーブル自体の柄や色が、その日のキャンプのテーマにそぐわなくても、テーブルクロスだけでもイメージが変わります。

その日のキャンプの雰囲気をイメージする際には、テーブルクロスの色や柄を確認するのも、おしゃれに見せるポイントになります。

キャンプの室内をおしゃれに彩る雑貨

キャンプの室内をおしゃれに見せるには、収納に気を配る必要があります。

テントの室内は、どうしても荷物がごちゃごちゃとしてしまいがちです。

そこで、使わない道具を収納しておける雑貨があったら、すっきりとおしゃれなリビングを演出できるでしょう。

そんな収納に一役買ってくれる雑貨が、「アンモボックス」です。

もともとは、アメリカの弾薬保管BOXで使用されていた箱のため、丈夫です。

小物がたくさん収納できるので、調理用品や調味料など細かい物がしまえます。

また、百均などで販売されているマルチ収納小物入れなどは、シンプルでいろいろなサイズがあるので、テプラなどで名前をつけて統一するのもおしゃれに見えます。

さらに、大きな物を収納するアイテムでおすすめなのがりんご箱です。

木のりんご箱は、見た目も可愛くとてもおしゃれで、使い方によってはテーブルとしても代用できるので便利です。

ぜひ、収納できる雑貨も取り入れて、室内をすっきり見せましょう。

キャンプの夜をおしゃれに彩る雑貨

キャンプをおしゃれに見せるアイテムとして、灯りも外せないポイントです。

灯りにもさまざまなタイプがありますが、おしゃれを演出するのであればランタンを使用したいですよね。

ランタンには、LEDの電気タイプと、ガス、オイルを使うタイプのものがあります。

初心者の方であれば、スイッチひとつで作動し、安全性の高いLEDタイプがおすすめです。

もう少し光量の高いガスやオイルを使用したランタンになると、一酸化中毒などに気をつける必要がありますが、部屋を照らすアイテムとしては効果的です。

また、キャンドルもおしゃれを演出する雑貨になります。

アロマが含まれたキャンドルであれば、香りも楽しむことができるのでおすすめです。

ただし、キャンドルの場合は、周りを照らすというより雰囲気を楽しむアイテムになるので、さりげなくテーブルで灯すような使い方になるでしょう。

キャンプに必需品のテントのおしゃれ度をアップするには?

キャンプをおしゃれに楽しむには、雑貨や道具の他に、どのようなテントを選ぶかも重要です。

例えば、グランピングテントという外から見るとサーカス小屋のような形をしているワンポールテントが人気を博しています。

室内もとても広く、天井も高いため、テント独特の窮屈なイメージは覆されるでしょう。

中にストーブを持ち込んだり、テーブルやイス、ソファーを並べて、屋外にいるとは思えないような空間を作り出すことができます。

これらのテントは、主に海外製ものが多いですが、日本国内でコストパフォーマンスの良い国内ブランド「North Eagle」からも、ワンポールテントが発売されています。

ワンポールテントならではの設営が手軽さがあり、フライシートだけでもタープの役割を果たすため、使い勝手の良さとそのコストパフォーマンスが注目されています。

このように、おしゃれを演出するキャンプを企画するのであれば、今までのテントとは一味違うワンポールテントに挑戦してみてはいかがでしょうか。

手軽におしゃれなキャンプを楽しみたい!キャンプサイトのご紹介

おしゃれなキャンプを演出するには、それなりに雑貨や道具が必要であることがわかりました。

しかし、「まずは手軽にふらっとおしゃれキャンプがしてみたい!」という方のために、おしゃれなキャンプサイトをご紹介します。

気分を変えて、いつもと違うキャンプ場に足を運ぶというのも、参考になることが多々あるでしょう。

●豊洲THE THIRD PARK

都内で手ぶらで気軽にバーベキューやキャンプを楽しめるサイトです。

キャンプというと山の中でするイメージですが、高層ビルに囲まれた都会の雰囲気の中でするキャンプもとてもおしゃれでおすすめです。

住所:東京都江東区豊洲6-1-23

●北軽井沢スウィートグラス

北米インディアンの住居である「ティビ」というテントに泊まることができ、辺り一面森に囲まれた絵本に入り込んだようなキャンプサイトです。

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4448

●満願ビレッジオートキャンプ場

米国製のトレーラーハウスや、木製トレーラーハウスが用意されているので、アメリカンな気分で手軽にキャンプを楽しめます。

住所:埼玉県秩父群皆野町大字下日野沢3902-1

これらのキャンプ場は、テントを所有していなくても気軽に楽しめます。

これから道具や雑貨、テントを揃えようと計画している方は、まずはこのようなキャンプサイトを利用してみるのも良いでしょう。

キャンプをおしゃれに楽しもう!

雑誌やSNSで見かけるような、おしゃれなキャンプを楽しむ方たちは、雑貨やその風合い、色を統一させるといったような心がけをしていることがわかりました。

キャンプは、自分のイメージ次第で、どのような雰囲気にも演出することのできる楽しいイベントです。

雑貨や、道具で工夫をして、自身のイメージするおしゃれなキャンプに近づけてみてください。