キャンプをおしゃれに楽しもう!雑貨を使って楽しく演出!

アウトドア雑誌やSNSで、まるでキャンプとは思えないような演出を見かけることもあるでしょう。

そんなキャンプをおしゃれに見せる方法の一つに、雑貨の存在が大きく挙げられます。

では、キャンプをおしゃれに見せる雑貨にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

また、手軽におしゃれなキャンプを体験できる方法もご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バックパックのカバーは飛行機で荷物を預けるときに必要?

よく見かけるようになった旅のスタイルといえば、バックパックを背負い、気軽に移動していくバックパッ...

外出先のトイレで活躍!今話題の携帯ウォシュレットの選び方

旅行や出張などで外出する時、トイレの問題で気になるのが、ウォシュレットの有無ではないでしょうか。...

スノーピークで人気ランタンのノクターン!風で炎が消える?

キャンプで夜を過ごすとき、自然の中は大変暗いので、灯りをともす道具は必需品です。ライトを使用...

モンベルのアルパインクッカーは収納に便利なスクエア形状!

登山の際に、ご飯を作るためにクッカーを使う方は多いと思います。しかし、一般的なクッカーは円筒...

バーベキューをより楽しむために!おしゃれなグッズをご紹介

休日を利用して家族や仲間たちとバーベキューを楽しむ方が増えています。楽しく会話をしながら屋外...

スノーピークのランタン天とは?その魅力とメンテナンス方法

スノーピークはキャンパーなら誰もが知る、憧れのアウトドアブランドです。高品質なユーザー目線の...

トランギアストームクッカーには蓋がない!何で代用するの?

アウトドアギアの1つには、クッカーがありますね。そのクッカーのなかで、人気に火をつけているの...

キャンプの必需品!クーラーボックスの保温方法を解説!

キャンプ、海水浴、バーベキューなど、近年アウトドアが大人気となっています。そこで必需品となっ...

スノーピークの焚火台とグリルブリッジとは?代用品はある?

スノーピークと言えば、キャンパーなら誰もが知る日本発の憧れのメーカーです。その製品は高品質で...

ナンガのオーロラライトはブログの意見を参考に選ぼう!

ナンガは、安全で品質が良いダウン製品を国内で生産しているメーカーです。登山家を中心に、近年で...

キャンプの焚き火台は代用でOK!人気の手作り焚き火台

キャンプの醍醐味の1つとも言えるのが、焚き火ですよね。その焚き火をする上で重要となるのが、焚...

バーベキュー用テーブルを使って4つのスタイルを楽しむ!

キャンプの楽しいひととき、特にバーベキューはハイライトですよね。バーベキューのスタイルはいく...

周りと差がつくキャンプ料理!朝食におすすめな簡単メニュー

キャンプ料理のメインは夕食だけにあらずです。自然豊かな景色と美味しい空気の中で食べる朝食は、...

これで外のゴミ箱が飛ばない!キャンプ場でできる風対策5撰

みなさんは、キャンプ場でどのようなゴミ箱を使っていますか?外でバーベキューを楽しんでいる間に...

簡単・おすすめ!バーベキューでピザ窯デビューをしよう

バーベキューといえば、肉や野菜を焼いて楽しむものですが、少し変わったバーベキューをしたいと思った...

スポンサーリンク

キャンプをおしゃれに見せるコツ

キャンプをおしゃれに見せるためには、小さなリビングを作ることをイメージすると良いでしょう。

リビングはくつろぐ空間になりますので、雑貨やアイテムをどのように配置するか、またどのような素材、雰囲気に作り上げたいかを考えてみましょう。

それによって、持ち込む雑貨も変わってきます。

ウッディな雰囲気や、可愛らしい雰囲気、落ち着いた雰囲気など、好みはさまざまですが、大切なのは色の統一性を図ることです。

あまりに色を使いすぎると、落ち着かず、おしゃれからはかけ離れた雰囲気になってしまいます。

ポイントは、雑貨や道具をできるだけ同系色で揃えることです。

そして、できれば2色程度の同系色の組み合わせがおしゃれを演出するポイントになります。

キャンプご飯をおしゃれに彩る雑貨

では、キャンプの楽しみの醍醐味である、キャンプご飯を彩るおしゃれ雑貨のおすすめをご紹介します。

食器をおしゃれに見せるのであれば、ホーローや木のカラトリーがおすすめです。

そして、百均でも手に入る紙ナフキンもお皿と一緒にセットしましょう。

この些細な気遣いが、ワンランクアップした雰囲気を作り出します。

また、おしゃれな食事雑貨の極みとして外せないのが、コーヒーグッズです。

ぜひ手挽きのコーヒーミルを持参して、自然の中で挽きたての豆からコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

そして、調理道具はスキレットをおすすめします。

スキレットは、じっくりと熱が食材にいきわたるので、素材そのものの旨味を引き出してくれます。

どんな料理もワンランクアップした美味しい出来栄えとなり、キャンパーに好評です。

そして、調理したまま食卓に並べられるので、洗い物も少なく済むうえに見た目もおしゃれです。

最後に、テーブルクロスも忘れないようにしましょう。

もし、テーブル自体の柄や色が、その日のキャンプのテーマにそぐわなくても、テーブルクロスだけでもイメージが変わります。

その日のキャンプの雰囲気をイメージする際には、テーブルクロスの色や柄を確認するのも、おしゃれに見せるポイントになります。

キャンプの室内をおしゃれに彩る雑貨

キャンプの室内をおしゃれに見せるには、収納に気を配る必要があります。

テントの室内は、どうしても荷物がごちゃごちゃとしてしまいがちです。

そこで、使わない道具を収納しておける雑貨があったら、すっきりとおしゃれなリビングを演出できるでしょう。

そんな収納に一役買ってくれる雑貨が、「アンモボックス」です。

もともとは、アメリカの弾薬保管BOXで使用されていた箱のため、丈夫です。

小物がたくさん収納できるので、調理用品や調味料など細かい物がしまえます。

また、百均などで販売されているマルチ収納小物入れなどは、シンプルでいろいろなサイズがあるので、テプラなどで名前をつけて統一するのもおしゃれに見えます。

さらに、大きな物を収納するアイテムでおすすめなのがりんご箱です。

木のりんご箱は、見た目も可愛くとてもおしゃれで、使い方によってはテーブルとしても代用できるので便利です。

ぜひ、収納できる雑貨も取り入れて、室内をすっきり見せましょう。

キャンプの夜をおしゃれに彩る雑貨

キャンプをおしゃれに見せるアイテムとして、灯りも外せないポイントです。

灯りにもさまざまなタイプがありますが、おしゃれを演出するのであればランタンを使用したいですよね。

ランタンには、LEDの電気タイプと、ガス、オイルを使うタイプのものがあります。

初心者の方であれば、スイッチひとつで作動し、安全性の高いLEDタイプがおすすめです。

もう少し光量の高いガスやオイルを使用したランタンになると、一酸化中毒などに気をつける必要がありますが、部屋を照らすアイテムとしては効果的です。

また、キャンドルもおしゃれを演出する雑貨になります。

アロマが含まれたキャンドルであれば、香りも楽しむことができるのでおすすめです。

ただし、キャンドルの場合は、周りを照らすというより雰囲気を楽しむアイテムになるので、さりげなくテーブルで灯すような使い方になるでしょう。

キャンプに必需品のテントのおしゃれ度をアップするには?

キャンプをおしゃれに楽しむには、雑貨や道具の他に、どのようなテントを選ぶかも重要です。

例えば、グランピングテントという外から見るとサーカス小屋のような形をしているワンポールテントが人気を博しています。

室内もとても広く、天井も高いため、テント独特の窮屈なイメージは覆されるでしょう。

中にストーブを持ち込んだり、テーブルやイス、ソファーを並べて、屋外にいるとは思えないような空間を作り出すことができます。

これらのテントは、主に海外製ものが多いですが、日本国内でコストパフォーマンスの良い国内ブランド「North Eagle」からも、ワンポールテントが発売されています。

ワンポールテントならではの設営が手軽さがあり、フライシートだけでもタープの役割を果たすため、使い勝手の良さとそのコストパフォーマンスが注目されています。

このように、おしゃれを演出するキャンプを企画するのであれば、今までのテントとは一味違うワンポールテントに挑戦してみてはいかがでしょうか。

手軽におしゃれなキャンプを楽しみたい!キャンプサイトのご紹介

おしゃれなキャンプを演出するには、それなりに雑貨や道具が必要であることがわかりました。

しかし、「まずは手軽にふらっとおしゃれキャンプがしてみたい!」という方のために、おしゃれなキャンプサイトをご紹介します。

気分を変えて、いつもと違うキャンプ場に足を運ぶというのも、参考になることが多々あるでしょう。

●豊洲THE THIRD PARK

都内で手ぶらで気軽にバーベキューやキャンプを楽しめるサイトです。

キャンプというと山の中でするイメージですが、高層ビルに囲まれた都会の雰囲気の中でするキャンプもとてもおしゃれでおすすめです。

住所:東京都江東区豊洲6-1-23

●北軽井沢スウィートグラス

北米インディアンの住居である「ティビ」というテントに泊まることができ、辺り一面森に囲まれた絵本に入り込んだようなキャンプサイトです。

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4448

●満願ビレッジオートキャンプ場

米国製のトレーラーハウスや、木製トレーラーハウスが用意されているので、アメリカンな気分で手軽にキャンプを楽しめます。

住所:埼玉県秩父群皆野町大字下日野沢3902-1

これらのキャンプ場は、テントを所有していなくても気軽に楽しめます。

これから道具や雑貨、テントを揃えようと計画している方は、まずはこのようなキャンプサイトを利用してみるのも良いでしょう。

キャンプをおしゃれに楽しもう!

雑誌やSNSで見かけるような、おしゃれなキャンプを楽しむ方たちは、雑貨やその風合い、色を統一させるといったような心がけをしていることがわかりました。

キャンプは、自分のイメージ次第で、どのような雰囲気にも演出することのできる楽しいイベントです。

雑貨や、道具で工夫をして、自身のイメージするおしゃれなキャンプに近づけてみてください。