キャンプ料理におすすめ!簡単に誰でも作れるレシピのご紹介

大自然を楽しめるキャンプは、その中でいただくご飯も楽しみの一つでしょう。

みんなで楽しみながら作る料理、ソロキャンプで自分のペースで作る料理など、それぞれの楽しみの中で作る料理はきっと思い出に残る格別な味となるでしょう。

そんな、キャンプで楽しみながら誰でも簡単に作れる料理をご紹介します。

また、キャンプ料理するにあたって、あると便利なグッズもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キャンプに持って行きたいアウトドアチェア!おすすめは?

キャンプなどのアウトドアに持っていくべきアイテムの1つに、チェアがあります。自身にぴったりの...

初めてのダッチオーブン!サビに強いユニフレームがおすすめ

「初めてダッチオーブンを買うけど、どれならサビないのだろう…。」と悩んでいる方はいらっしゃいません...

ストウブのミニココットが大人気?オシャレなレシピ大公開!

最近、アウトドア通の間で話題になっているのが、ストウブのミニココットです。とてもオシャレな見...

キャンプ初心者は道具選びが重要!選び方のポイントをご紹介

テントにテーブル、バーナーなど必要最低限のものを揃えるだけでも、かなりのお金がかかるキャンプ。...

バーベキューがより楽しくなる!役に立つ達人技をご紹介!

達人技と聞くと「なんだか難しそう」「素人が習得するには長い時間を要するのでは?」といったイメージ...

シュラフに迷ったらモンベルのダウンハガー800の1番が良い!

最近では、登山やキャンプなどのアウトドアを題材とした映画や漫画、アニメなどが話題になってきました...

バーベキューを楽しめる!盛り上がり必至のおもしろグッズ!

仲間で集まって行うバーベキューはとても楽しいものですよね。わいわいと火を囲みながら美味しいご...

ケシュアのテントが人気!?ポイントは設置方法やたたみ方?

アウトドアのアイテムとして思いつくのがテントです。自然を満喫するのに重要なアイテムとして注目さ...

キャンプでの焚き火には焚き火台がマスト!おすすめ製品紹介

キャンプの醍醐味と言えば『焚き火』です。燃える炎を眺めていると、不思議と心が癒されてきますよ...

屋外料理の強い味方!sotoダッチオーブンのブログの評判

キャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンで料理をする時の強い味方になってくれるアイテムにダッ...

暖色系LED!スノーピークのほおずきとその口コミをご紹介

キャンプにでかける時、テントの中を明るく照らすのがLEDランタンです。スノーピークからも「ほ...

ヒルバーグのソロテント「ソウロ」魅力とブログでの評価は?

「ヒルバーグ」といえば、ハイエンドなテントメーカーとして有名であり、定番でもあるブランドですよね...

スノーピークのチタンマグカップ!機能や利点、蓋について

アウトドアを始めるのに特別な道具は必要ありませんが、道具から始めるというのもおすすめです。ま...

頼りになって大人気!ユニフレーム「ツーバーナー」の使い方

キャンプやバーベキューなどのアウトドアで料理をする時に、大活躍してくれるのがバーナーです。そ...

コールマンのケロシンランタン!灯油燃料はポンピングが重要

アウトドアで燃料と言えば、OD缶に詰まったLPガスかホワイトガソリンがポピュラーと言えるでしょう...

スポンサーリンク

キャンプで料理をするときにあると便利なグッズは?

まずは、キャンプでの料理で、あると便利なグッズをご紹介します。

●ダッチオーブン

鋳鉄製の鍋であるダッチオーブンは、「煮る・焼く・蒸す」と万能です。

●スキレット

鋳鉄製のフライパンはスキレットといい、ちょっとした焼き物などに使えます。

●ホットサンドメーカー

キャンプの朝食では、手軽に作れるホットサンドの人気が高く、ホットサンドメーカーを使うことで簡単に作ることができます。

●バーベキューコンロ・ガスバーナー

炭タイプは火をおこしたり、炭の始末が少々手間ですが、ガスタイプであれば女性でも簡単に使うことができます。

●保冷バッグ

生ものは傷みやすいことから、保冷が必要になります。

●キッチンツール

包丁、トング、ザル、アルミホイル、お皿、コップなど、必要に応じた道具も用意します。

簡単な料理をするためにも、これくらいのグッズがあると便利でしょう。

なお、ダッチオーブンやスキレットといった鋳鉄製品は「シーズニング」というお手入れが必要となります。

また近年では、クッカーという鍋やフライパンがセットになったものも人気があります。

クッカーは、見た目がおしゃれであり、スタッキング(重ねて収納)ができるのも魅力です。

キャンプで簡単にできる料理【野菜】

まずは簡単に、野菜を丸ごと豪快に蒸し焼きしましょう。

●とうもろこし

とうもろこしは、皮つきのままなら生でオーブンやグリルの上に乗せるだけです。

あまくて、ふっくらジューシーですよ。

●じゃがいも・さつまいも

濡らした新聞紙につつんでから、アルミホイルでくるみ、炭の中で時々ひっくり返しながら火を通しましょう。

しっとりほくほくで食べ過ぎに注意が必要です。

次は、調味料を加えた野菜料理です。

●エリンギ

エリンギは丸ごと焼いてもおいしいのですが、包丁でななめに薄切りして焼くとアワビのようになります。

わさび醤油につけて食べるのがおすすめです。

●たまねぎ

皮をむいた玉ねぎを包丁で十字に切り、真ん中にバターをのせてアルミホイルを二重にして蒸し焼きします。

特に新玉ねぎなら甘さをたっぷりと感じられます。

野菜は、生で食べられるものなら、特別手間がかかりませんからキャンプには助かります。

レタスやサンチュなどはお肉に巻いて食べるのもいいですね。

キャンプで簡単にできる料理【肉・魚】

肉や魚料理も簡単に作ることができます。

まずは、お肉のおすすめ料理からご紹介します。

●牛肉のローストビーフ

【材料】

・牛肉(モモのかたまり) 300g
・塩コショウ 適量
・燻製塩(粗塩) 適量

【用意するもの】

・スキレットかダッチオーブン
・アルミホイル
・タオル

【作り方】

①牛肉に塩コショウをしてなじまる

②スキレットかダッチオーブンで表面に焦げ目をつける

③熱いうちにアルミホイルで二重にしっかりとつつみ、タオルをまく

④30分程置き、タオルとアルミホイルを取る

⑤薄切りにして燻製塩をふりかけて完成

焼いて巻いて待つだけなので、キャンプでも手間なく簡単に作れる一品です。

続きまして、魚料理をご紹介します。

●白身魚のアクアパッツァ

【材料】

・白身魚(タイ、タラなど) 1匹
・貝(あさり、ムール貝など) 200g
・お好みの野菜(たまねぎ、パプリカ、トマトなど) 適量
・ハーブ 適量
・にんにく 1かけ
・オリーブオイル 適量
・白ワイン 80cc
・塩コショウ 適量
・バケット 適量

【用意するもの】

・スキレットかダッチオーブン

【作り方】

①白身魚はうろこと内臓と取り除き洗う

②腹に用意した半分のハーブを詰め、全体的に塩コショウをする

③野菜を適当な大きさにカットし、にんにくはスライスしておく

④ダッチオーブンを熱し、オリーブオイルとにんにくを入れて香りがでたら白身魚を入れる

⑤白身魚をひっくり返したら貝と野菜を入れ、白身魚をいじらないように注意しながら炒める

⑥塩コショウをして残りのハーブを入れてから白ワインを回しかけたら蓋をして待つ

⑦貝がひらき、野菜にも火が通ったら完成

アクアパッツァも、切って炒めて待つだけと簡単に作ることができます。

魚介からでるスープをパンなどにひたして食べるのがおすすめです。

キャンプで簡単にできる料理【デザート】

野菜、お肉や魚料理を食べた後はデザートも簡単に作りましょう。

●焼きリンゴ

【材料】

・リンゴ 1個
・バター 適量
・シナモン 適量
・アイス(お好みで)
・砂糖(お好みで)

【用意するもの】

・アルミホイル
・軍手
・キッチンバサミ

【作り方】

①リンゴをアルミホイルでつつむ(気になる場合は芯をくりぬいても大丈夫です。)

②炭のそばに置いて火が通るのを待つ

③軍手をつけてかたさを確かめて柔らかくなったら取りだす

④アルミホイルをひらき、キッチンバサミでリンゴを食べやすい大きさにカットする

⑤バターとシナモン、お好みでアイスや砂糖をトッピングして完成

炭でリンゴを焼けるのはキャンプならではですね。

また、炭を使うのであれば、焼きマシュマロもおすすめです。

●焼きマシュマロ

【材料】

・マシュマロ 1袋
・チョコレートシロップ(お好みで)
・クッキー(お好みで)

【用意するもの】

・串
・軍手

【作り方】

①串に何個かマシュマロを差して、炭に焦げ目がつくまで焼く

②お好みでチョコレートシロップやクッキーに挟めば完成

素早く簡単にできるのでお子様にも大人気です。

外はかりっと、中はとろりとしますよ。

キャンプで簡単にできる料理【朝食】

キャンプの朝は、より簡単に作れるものがいいでしょう。

特に人気が高いキャンプの朝食をご紹介します。

●ホットサンド

【材料】

・8枚切り食パン 2枚で1セット
・お好みではさむ具材(ハム、チーズなど) 適量

【用意するもの】

・ホットサンドメーカー

【作り方】

①ホットサンドのプレートに食パンを1枚のせる

②お好みの具材をのせて2枚目の食パンをかぶせる

③ホットサンドメーカーをセットして1、2分ごとに両面を焼く

④お好みの焼き加減になったら完成

ホットサンドは、自分好みの具材をはさめるのがいいところです。

●スープスパゲッティ

【材料】

・水 500cc
・スパゲッティ 80g
・粉タイプのスープの素 2袋

【用意するもの】

・ダッチオーブンか鍋
・菜箸かトング

【作り方】

①スパゲッティは半分に折って沸騰したダッチオーブンに入れる

②ゆで時間を基本にお好みのかたさになるまでゆでる

③火を止めて、スープの素を入れて菜箸かトングでしっかりと混ぜて完成

スープスパゲッティであれば、湯切りが必要ないため手間が省けるうえに、スープなのでキャンプの寒い朝でも体が温まります。

朝は忙しく、手込んだ料理は難しい場合もあります。

簡単に手早く朝食を作りたいときには、ぜひホットサンドやスープスパゲッティを試してくださいね。

キャンプの料理は後片づけも簡単に

簡単な料理はご紹介しましたが、料理の後片づけも簡単に済ませたいと思う方は多いでしょう。

キャンプの料理にまつわる後片づけを楽にするためには、少しのポイントをおさえるだけなのです。

そのポイントさえおさえておくことで、料理を始める前から後片づけが楽になるような準備をすることができます。

●後片づけのポイント

①ごみの分別は、料理を始める前に段取りしておく

キャンプ場の利用ルールは場所によりさまざまです。

ごみの分別や、持ち帰り、そのときに合わせて対応できるようにごみ袋の準備を忘れないようにしましょう。

②バーベキューコンロはアルミホイルを敷く

バーベキューコンロは汚れを落とすのがかなりの手間になります。

そこで、コンロ部分にあらかじめ熱に強いアルミホイルを敷いておくことで、炭と灰を丸めて捨てるだけなので、後始末がとても楽になります。

③食器類は家で洗う

使用した食器類は、キッチンペーパーなどで汚れを拭き取る程度にして、あとは家に帰ってからゆっくり洗いましょう。

キャンプ場の炊事場は混み合うこともしばしばあり、特に冬であればキャンプ場の冷たい水で洗うことも避けられるので、家に持ち帰った後にしっかり洗うことをおすすめします。

キャンプの料理は簡単!気軽にチャレンジしよう!

ご紹介しました「キャンプで作れる簡単な料理」は、誰でも簡単に作れるものばかりですから、キャンプ初心者でもチャレンジしやすいでしょう。

少し慣れてきたら、ワンランク上の料理にチャレンジしてみましょう。

大自然の中で、少しの手間をかけて作る料理は味も格別です。

また、料理をする前から後片づけの段取りも考えておくとより手際のよいキャンプとなるでしょう。