ハイキングに最適なリュックのサイズや形状はこれ!

ハイキングに持って行くリュックのサイズは、一体どのくらいのものが必要で、どのような形状のものが便利なのでしょうか。

もちろん、ハイキングに行く場所や、持ち物によってサイズは変わってきます。

登山のように、大掛かりな装備を持って行くことの少ないハイキングでも、それなりの装備が必要になります。

シーンに合わせて、最適なリュックの形状やサイズについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

釣り初心者におすすめ!ロッドの準備をする際のアドバイス

魚釣りの初心者にとって、初めて行く魚釣りは心配事が尽きませんよね。「先輩や同級生に魚釣りに誘...

モンベルの「登山靴」修理やメンテナンスは万全にしよう!

登山やトレッキングに出かける時、登山靴の点検はとても大切です。登山靴が万全であれば、滑りやす...

釣り餌が無い時でも安心!餌代わりとなる代用品をご紹介!

いざ釣り餌を買おうと思っても「店が閉まっていた」といったことや、釣りをしている途中で「餌を切らし...

日本のサイズとは違うパタゴニアのベビー服はサイズ感に注意

アウトドア商品で、ぺビー服から取り扱っているパタゴニアが人気です。ですが、アメリカサイズでの...

サロモンのハイドレーションパックの付け方を徹底解説!

近年、マラソンがとても人気のスポーツとして注目されています。マラソンはシンプルなスポーツです...

登山にはリュックとともにポーチを持参しよう!おすすめは?

登山には、当然といっていいほどリュックを背負っていくことが多いですよね。足元が悪い山道を歩く...

シーバスゲームの万能ロッド!バリスティック・ベイト85m

「バリスティック・ベイト85m」は、優れたキャスト性能とコントロール性、取り回しのよさから高い評...

アウトドアに履いていきたい通気性の良い靴選び!メンズ編

近年アウトドア人口が急増しています。アウトドアでは、足元が悪い場所を歩くので、靴選びは重要なポ...

コールマンのランタンをメンテ!ジェネレーター等の分解方法

アウトドアでコールマンのガソリンランタンを使っている方も多いことと思います。ここで質問ですが...

【モンベル】登山靴の手入れの方法とスニーカーの違い!

登山をするときに、一番大事と言っても過言ではない道具と言えば「登山靴」ですね。スニーカーと登...

コアな燃料系ストーブ!オプティマス8rの使い方とは?

OPTIMUS(オプティマス)は、アウトドアの調理器具などを扱うスウェーデンのブランドです。...

週末はハイキングを満喫!初心者おすすめのツアーをご紹介!

週末のイベントとして最近注目されているハイキングは、老若男女とわず、どなたでも楽しめます。大...

コロンビアのオムニヒートは自宅で洗濯しても大丈夫?

コロンビアのオムニヒートなど、最近は機能性素材を使った服が増えてきました。スポーツ用の服では保...

初心者におすすめ!モンベル主催ハイキングツアーに行こう!

ハイキングをまだ始めたばかりの方は、自分で計画をたてて山に出かけることに、少し不安を感じるかもし...

コールマン製品が壊れた!修理用の部品と調達方法は?

バーナー・ランタン・テント・タープなどの愛用のコールマン製品が壊れてしまった時、あなたはどうして...

スポンサーリンク

ハイキングに持って行くべきリュックのサイズはどのくらい?

ハイキングに行くとき、実際に、どのくらいのリュックを持っていけば良いのか悩みますよね。

普段使いのリュックでも対応できる場合もありますが、せっかくハイキングに行くのであれば、ちゃんとしたものを持っていると安心です。

ハイキングは、登山に比べ、装備や荷物が少なく済みます。

そのため、リュックの大きさとしては、20L~30L程度のもので、十分目的を達成することができます。

そこで、どの程度の行程で、持ち物がどの程度のときに、どのくらいのサイズのリュックが必要なのかを詳しくご説明していきます。

ハイキングで必ず必要なものといえば、地図やちょっとしたおやつ、この他に水筒などの水分を補給するものがあります。

気候や天候の変化に合わせて調節できるウェアや雨具も必要となってきます。

これらを全て収納する場合でも、20Lのリュックがあれば十分対応がききます。

少し長い行程になるハイキングの場合も、基本的な持ち物は変わりませんが、それぞれの容量が増えてきます。

例えば、おやつも、長い距離になればたくさん持っていきたくなりますし、水分に関しては多くの量が必要となります。

距離が長くなれば気温の変化も大きくなることが考えられますので、もう一枚多く上着を持って行くことになるでしょう。

また、小さなお子様がいる家庭では、その分荷物も増えてしまいます。

ただし、大きければ良いというわけでもありません。

大きいサイズのリュックは、それ自体の重さも重くなってしまいます。

ただでさえ慣れないハイキングであれば、なるべく体に負担の少ないものを選びましょう。

リュックを選ぶとき見るべき形状のポイント!

さて、実際にハイキング用のリュックを選ぶときのポイントですが、先ほどご紹介したように、サイズに関しては、行程や荷物の量にもよりますが、20L~30Lのものを目安にします。

ハイキング用のリュックは、普段使いのリュックと大きく異なる点があります。

先ほど少しだけ触れましたが、ハイキング用の場合は、体に負担の少ないものを選ぶようにしましょう。

簡単に言うと、体にフィットするものを選ぶようにします。

小さな体で、大きなリュックを背負っていると、それだけで疲労が蓄積していきます。

歩くたびに左右に振られるようなリュックでも同じく、疲れが溜まってしまいます。

実際に、販売店で背負ってみて、体にフィットするものを選ぶようにしましょう。

簡単な見分け方としては、背負ったときに、背中とリュックの間に大きな隙間が空いてしまうようであれば、体にフィットしていないことになります。

また、腰の部分にベルトがついているリュックがあります。

このベルトも、リュックをより体にフィットさせるために重要な役目を持っているので、フィット感を確認する際には、しっかり装着して確認するようにします。

この他に、使いやすい機能が搭載されているものがあります。

では、基本的なサイズや形状を決めたところで、細かな機能についてご紹介していきます。

リュックについている装備も重要!

ハイキング用のリュックについて、サイズやフィット感を試していくつかに絞った後、それぞれの機能について検証していきます。

まず、リュックの開け方について検証しましょう。

上部のみが開くタイプや、上半分が開くタイプなどがあります。

おすすめは、フロント部分が大きく開くものを選ぶようにすることです。

フロント部分が大きく開けば、荷物が多い場合でも、欲しいものが簡単に取り出すことができます。

上部のみが開くタイプですと、リュックの底に入れた荷物を取り出すために、中身を全て出さなくてはいけません。

しかし、フロント部分が大きく開くと、必要な荷物を素早く取り出すことができます。

この他に、ポケットが沢山ついているものも便利です。

使う頻度や、大きさによってポケットを使い分けることで、地図や雨具など、素早く出す必要があるものもしっかりと収納することができます。

急な天気の変化で、レインカバーが必要になる場合もありますが、リュックの機能によっては「雨蓋(あまぶた)」と呼ばれる簡易的なカバーを収納しているモデルもあります。

同じサイズのリュックでも、機能に違いがあるので、どのような機能が付いているのか確認してから購入するようにしましょう。

ちょっとしたハイキングに最適な20Lサイズのリュック!

ハイキング用のリュックには、いくつかのサイズや機能があることを理解していただけたでしょう。

では、長い行程ではなく、ちょっとしたハイキングに最適な20Lのリュックについて、詳しくご説明していきます。

20Lのサイズのリュックは、簡単なハイキング用として使用します。

重い荷物や、大きな荷物を入れるには、サイズも小さく、強度も不足する場合が多いので、一人分の荷物を入れる想定で使用します。

そのため、本格的なハイキングや登山、家族分の荷物を一緒に入れる場合などには、少し小さいサイズとなります。

小さい分軽量なため、体への負担も少なく済みます。

しかも、20Lのリュックは、多く販売されていてデザインも豊富にあるため、ハイキングだけでなく、普段使いとしても使うことができ、ハイキングと兼用で使う人に人気があります。

持ち物が少し多くても余裕がある30Lサイズのリュック!

20Lのサイズでは、持ち物があまり入らず不安な場合や、家族分の荷物も一緒に持つお父さんには、30Lのリュックがおすすめです。

これほどの容量になると、防寒着も収納することができるため、暖かい夏の時期以外にも、春や秋といった、少し肌寒い季節でも、ハイキングを楽しむことができます。

また、装備を多く収納できるため、ハイキングのみではなく、低い山であれば登山用のリュックとしても使用することができます。

サイズ的には大きくなるため、普段使いには少しかさばりますが、行程の長いハイキングからちょっとした登山まで対応がきくので人気があり、多くの商品が販売されています。

しかも、20Lのリュックよりもメーカーによる個性が出ているため、それぞれの特徴を見比べることも楽しみの一つです。

見た目はかなり大掛かりな気もしますが、その分フィット感は20Lのものに比べ向上するので、一度使ってしまうと、体の負担が少ない分手放せなくなるアイテムです。

本格的な登山になったらハイキング用よりも大きなサイズが必要になる!

これまで、ハイキングに適しているリュックについてご紹介してきました。

ハイキングには、20L~30Lのサイズのものが適しているとご紹介しましたが、ハイキングに慣れてくると、本格的な登山に挑戦したくなるかもしれません。

そのようなときには、これまでご紹介したリュックでは、収納力が足りなくなります。

本格的な登山になると、持ち物がハイキングの場合と比べ、格段に多くなってきます。

山小屋などで宿泊できる場合であれば、30Lでもなんとかなりますが、場合によってはテントや防寒着を多く持っていくような場合もあります。

それほどの荷物を持っていく場合には、より大きな容量が必要になります。

仮に、テントを持っていくような登山になると、50L~70Lの容量が必要になります。

そのような登山に挑戦するようになったら、ハイキングとは全く異なる装備が必要になってきます。

ハイキングに最適なリュックのサイズは20~30L!フィット感も重要!

登山に比べ、荷物の少ないハイキングには、20L~30Lのサイズのものが最適です。

ハイキングの行程や荷物の量により異なりますが、20Lであれば普段使いにも兼用ができ、30Lであればちょっとした登山にも使うことができます。

また、リュックを選ぶ際には、試着を行い、体にフィットするものを選ぶようにします。

荷物の量と、体に合ったリュックを探し、快適なハイキングを楽しみましょう。