ダッチオーブンにはリッドリフターが必要?代用品はある?

キャンプ料理の鉄板というと、ダッチオーブン料理です。

焚き火や炭火を使った豪快な料理は、キャンプでしか楽しめませんよね。

ダッチオーブンを使うときに気を付けてほしいのが、火傷です。

熱々のダッチオーブンや蓋は、触ることができませんので専用のアイテムが必要です。

蓋を持ち上げるリッドリフターは、地味な存在ではありますが、あるととても便利なんですよ。

リッドリフターについてと、これを代用できるものについてお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

人気のバーベキューソース!市販されている味を手作りしよう

バーベキューというと、「焼肉のたれ」をつけながら食べることが多いかもしれません。しかし、その...

ユニフレームのライスクッカーで失敗しない!使い方も簡単!

キャンプでの炊飯というと飯盒が思い浮かびますが、飯盒での炊飯は火加減が難しくて失敗しやすいですよ...

故障?SOTOのガストーチがつかない時に試してほしいこと

ガストーチは数多くありますが、SOTOのガストーチを使っているという人もいることでしょう。カ...

バーベキューに使用される肉の種類と調理方法をご紹介!

バーベキューと言えば肉料理が美味しいですよね。生肉や味付け肉、焼き鳥などの串焼きから加工肉ま...

バーベキューを楽しもう!肉以外のおすすめメニューとは?

バーベキューといったら「肉」を思い浮かべるのが一般的です。バーベキューを1シーズンに何度も行...

キャンプで子供が喜ぶ遊びとは?!大人も一緒に楽しもう

キャンプといえば、子供から大人まで楽しめるイベントですよね。しかし、大自然の中にはテレビやお...

SOTOのライターのガス補充の方法と注意点を徹底解説!

アウトドアギアの中でも、SOTOの燃焼器具であるバーナーやライターは有名です。その中でも、S...

キャンプ場に泊まりながら伊豆をバイクで巡る旅のススメ

伊豆は言わずと知れた日本の観光地です。観光地だけではなく、レジャースポットや温泉も充実し、キ...

大切なタープから雨漏りが!その修理の方法は!?

夏場の強烈な日差しや、急な雨から守ってくれるアウトドアの頼もしい味方といえば、タープですね。し...

コールマンのマットは空気入れが簡単!キャンプで快眠しよう

コールマンは、キャンパーに人気の高いアウトドアブランドです。もとはガソリンランプの販売を行...

ダッチオーブンをシーズニング!炭火や薪で行うのが正しい?

キャンプにあると嬉しい、ダッチオーブン!しかし、ダッチオーブンのお手入れの1つでもある、シー...

マムート・ゴブリンのサイズ感と口コミ・お手入れ方法とは?

アウトドアブランドの人気が高まる中、ひときわ注目を集めているブランド「マムート」は、可愛らしいロ...

「SOTO」のミニ焚き火台「テトラ」の特徴とブログの評判

人気のアウトドアメーカー「SOTO」のアイテムの一つに「テトラ」というミニ焚き火台があります。...

初めてのダッチオーブン!サビに強いユニフレームがおすすめ

「初めてダッチオーブンを買うけど、どれならサビないのだろう…。」と悩んでいる方はいらっしゃいません...

人気のコールマンコクーン2!設営方法を動画から学ぶ

キャンプに必需品のテントというと、代表的なものにコールマンのシリーズが挙げられます。中でもコ...

スポンサーリンク

熱々のダッチオーブンは持ち上げるためのアイテムが必要

ダッチオーブンは、ひとつあるだけでさまざまな調理ができる万能鍋です。

頑丈で直火での調理に向いているため、アウトドアで使用されることが多いですね。

ダッチオーブンがあると、アウトドア料理の幅が広がり、さまざまな料理にチャレンジしたくなります。

テントなどの設営に慣れてくると、時間を持て余してしまうこともあるキャンプの時間を、凝った料理に費やしてみるのも悪くないですね。

しかし、「重い」「手入れが大変」という声があるのも事実です。

同じ金属製の調理器具であるスキレットの方が小さくて扱いやすい、とダッチオーブンの代用としてスキレットを使うという人も多いようです。

ダッチオーブンやスキレットは金属製の鍋ですので、加熱した際に直に触ることはできません。

そのため、ダッチオーブンなどを使うときは、ダッチオーブンをつかむためのアイテムが必要になります。

それが、リッドリフターや耐熱手袋などです。

ダッチオーブンの蓋を持ち上げるリッドリフター

リッドリフターは、脇役のアイテムなのであまり注目されることはありませんが、ダッチオーブンをお持ちであれば持っていた方が良いアイテムです。

リッドリフターとは、ダッチオーブンの蓋を安全に取り外すためのアイテムです。

ダッチオーブンの蓋は炭火を載せて使用することがありますので、安全に持ち上げられないと大変危険です。

リッドリフターは、炭を載せた蓋を回転させたり、炭の灰を落とさずに蓋を外す際に必要になります。

金属製の細長い形状で、先端が引っかけられるタイプと挟んで固定するタイプがあります。

しかし、蓋に炭火を載せる、という使い方をしないのであれば、必要ないこともあります。

家庭内で使用されるのであれば、そこまで蓋が高温になるということは考えにくいため、耐熱の皮手袋でも十分代用できるでしょう。

最近では、炭をつかめるほど高性能な耐熱手袋も登場しているようです。

家の中では、長い棒状のリッドリフターを使用すると、かえって邪魔になってしまうことも考えられます。

しかしながら、キャンプで使用するのであれば、リッドリフターは持っておいた方が良いアイテムであることを重ねてお伝えしておきます。

アメリカの大手ダッチオーブン!ロッジのリッドリフター

ダッチオーブンを取り扱っているメーカーは、ほぼ一緒にリッドリフターも取り扱っています。

同じメーカーのリッドリフターを買いそろえるのが無難ですが、使いやすさやデザイン性など、それぞれのメーカーのこだわりがありますので、ショップで形状などを確認してみると良いですよ。

いくつかリッドリフターをご紹介します。

●ロッジ

ダッチオーブンといえばロッジ、といっても良いくらい有名なのがロッジです。

ロッジは2種類のリッドリフターを取り扱っています。

・リッドリフター(型番:A5)

引っかけるタイプのリッドリフターです。

ロッジの「10 1/4サイズ」のダッチオーブンやスキレットには対応していないため、そのサイズをお使いであればほかのリフターや耐熱手袋で代用する必要があります。

持ち手の部分に横棒が付いており、十字架のような形になっているのが特徴です。

この横棒が付いていることによって、蓋が持ち上がりやすくなります。

・デラックスリッドリフター(型番:A5DDL)

大きいので、12インチ以上の大きなダッチオーブンにおすすめです。

安定しているため、しっかりと蓋をつかんで持ち上げられる安心感があります。

持ち手に明るいイエローのカバーが付いているのは、暗い中でも見つけやすくする工夫です。

独自の形状で代用できないものも!日本のメーカーのリッドリフター

次にご紹介するのは、日本のメーカーです。

●スノーピーク/リフター Pro

蓋を持ち上げる機能だけでなく、そのまま蓋の裏側を汚さずに立たせて置けるリフターです。

ちょっと蓋を取り外したい、というときにとても便利です。

●ユニフレーム/ステンレスリフター

ステンレスと天然木で作られたリフターです。

持ち手の木材が太めなので、持ち上げやすく手に馴染みます。

●SOTO/リッドリフター ST-900

ステンレス製で、独特な形状のリフターです。

持ち手は滑りにくいように、シリコン樹脂が使用されています。

ただ、独自の形状をしているため、ほかのメーカーのダッチオーブンのリフターをこのリフターで代用することはできないようです。

SOTOのダッチオーブンしか持っていないという人にはおすすめです。

●ロゴス/ウッドグリップリフター

木製の持ち手のリフターです。

比較的安価で手に入れられるため、ロゴスのダッチオーブンを買うときにセットで買っておくと良いですよ。

耐熱手袋があればリッドリフターの代用になる

ダッチオーブンの蓋を使って料理をするのであれば、リッドリフターはあった方が良いアイテムです。

しかし、実際にリッドリフターを使っている人の中には「便利だけど出番は一瞬」という人もいます。

この一瞬にリッドリフターの価値があるのですが、やはり「もったいない」「できるだけ荷物を少なくしたい」「何かで代用したい」と思う人もいるでしょう。

かさばらず、しかもダッチオーブンを安心して取り扱えるアイテムというと、おすすめなのが耐熱グローブです。

ダッチオーブンを取り扱う際は、一般的なキッチン用のミトンやタオルなどで代用するのは危険です。

耐熱グローブであれば、熱に強くグリップも効きますので安全に作業することができます。

●ロッジ/レザーグローブ

綿の裏地でライニングされ、熱に強いです。

手首まで覆ってくれるので、安心して作業できます。

●グリップスワニー/グローブ G-1

過酷な状況のアウトドアにおいて、さまざまな作業に適応したグローブです。

日本人の骨格に合うように生産されているため、フィット感も抜群です。

●スノーピーク/ファイヤーサイドグローブ

インナーグローブが取り外して洗えるため、清潔に使うことができるという、メイドインジャパンならではの気配りがあります。

●スタンコ/耐火グローブ

アメリカでは、アウトドアや薪ストーブ、溶接業界から熱い支持を得ているというスタンコ。

耐熱グローブの品質にも定評があります。

ブラックとブルーは耐熱温度が約400℃、オレンジは約300℃となっています。

忘れ物をしてしまった時の緊急対応としての代用品

キャンプに行ったとき、忘れ物をしてしまった、という失敗は多くのキャンパーが経験していることでしょう。

ダッチオーブン料理がしたくてキャンプに行ったのに、リッドリフターを忘れてしまった、ということがあるかもしれません。

これでは、熱くなったダッチオーブンの蓋を開けることができません。

そんなときは、緊急的な対応になりますが、ほかのアイテムで代用することも考えてみましょう。

『ペグハンマー』を使ってみましょう。

ペグハンマーは、テントやタープを設営するときに使用するペグ打ち用のハンマーです。

テントを張る際に必要になるため、キャンパーには必需品です。

このペグハンマーは、ハンマーの片側がペグ抜きのためカギ型になっているものがあります。

このカギの部分をダッチオーブンの蓋の取っ手に引っかけて、持ち上げることができるのです。

ただ、ペグハンマーはダッチオーブンの蓋を持ち上げるための器具ではありませんので、安全性については確保されていません。

この方法はあくまでもほかに方法がないときの、緊急的な対応と考えてください。

火は魅力的だけど対策はしっかり

アウトドアの魅力として焚き火や炭火を挙げる人は多く、火のないキャンプは考えられませんよね。

しかし、火を使うからにはしっかりと安全の対策をすることも大切です。

リッドリフターや耐熱手袋などの耐火アイテムを使って、安全にキャンプを楽しみましょう。